ほんほん

書物こそ梁山泊である

ほんほん52

◆ミカラデタサビ。いろんなことがミカラデタサビである。できるだけ、そう念(おも)うようになった。齢(よわい)のせいだ。侘びたくもあり、寂びたくもある。とはいえ、読みたい本も言い残していることも、かなりある。
◆コロナのせいにしてからのことか、それともオンラインでそこそこ何でもできると踏んだせいなのか、このところ仕事場に来ない連中が多い。7、8年前から、ずいぶん安易に休むようになっているなと思っていたが、たいていは体調のせいらしく、それならまあ仕方がないかと言い聞かせてきたのだけれど、そんなに休んでいるのにかえって本当に体が悪くなるようで、そのうち病院に行く。そんなことをしていてどうするのかと心配していたら、そこにコロナ・エピデミックが到来して、これらいっさいが正当化されていくように解釈されていった。いや、うちの仕事場だけでなく、仕事相手の職場にもそれを感じる。
◆そんなふうにすることが「働き方改革」やSDGsだと言うのなら、そういう明るいヴィジョンにもとづいた「本位のルール」を遵守する世の中とは、ぼくはとても付き合えない。そういう世なら好きに「世捨て人」していたい。これが高齢特有の老いの繰り言だというなら(まあ、そうだろうが)、それでかまやしない。いやいや、松岡さん、実はわれわれも困っているんです、何かヒントをくださいと言うなら、そういう諸君には21世紀の梁山泊こそがおもしろいということを伝えたい。
◆横尾忠則の『原郷の森』(文藝春秋)が途方もなくおもしろかった。横尾さんの書くもの、たとえば日記や書評もいろいろ読ませてもらったけれど、これはそれらを縦横にまたいだ抜群の集大成の、霊界シンポジウムだった。横尾さんが『神曲』の地獄篇よろしく、ピカソや三島や柴田錬三郎や、川端やデュシャンや日野原センセイや、北斎やキリコやウォーホルと忌憚なく言いたいことを言い合うのである。舞台の仕立てはありきたりなのだが、寄って集(たか)っての座談に加わる参加者たちの発言が本人の主義主張を適確に持ち出しているように横尾さんが仕組んでいるので、霊界シンポの議論のやりとりは、どこもかしこも本位を抉(えぐ)った芸術論としても危機を突く文明論としても、格別だった。なるほど、老いの繰り言はこういうふうに繰るとよかったのか。
◆ポール・デイヴィスの『生物の中の悪魔』(SBクリエイティブ)は、情報生命を解いて出色。生命史にひそむデーモンと情報との一蓮托生を、ここまで迫った試みは少ない。
◆森山未來くんと話した。東京オリンピック開会式の「2分間のソロダンス」があまりにすばらしかったので、遅ればせながらこちらから声をかけ、本楼に出向いてもらって話しこんだのだが、3時間ほどずっと喋りづめだったのに、一分の隙もなかった。いや、というよりも、その「一分の隙」にささっと詰めてくる言葉が高速で、すこぶる刺激に富んでいて、なんとも嬉しかった。この男、すでにしてそうなっているだろうが、さらにそうとうのアーティストになるだろう。
◆末木文美士(すえき・ふみひこ)の本を片っ端から読んでいる。読んでいるだけでは足りなくて、三井寺で2年にわたって末木さんに話しをしてもらうことにした。「還生(げんしょう)の会」と名付けた。日本仏教とはどういうものかを語ってもらう。三井寺の福家長吏とともにぼくが聞き手になり、石山寺の鷲尾座主以下の参加者にコメントをしてもらう。東京でも開くつもりだ。近江ARSのメンバーは、全員が『日本仏教入門』(角川選書)を事前共読をした。ぼくはいま、本気で仏教を一から学びなおしたい。
◆こちらは自分の欠陥を補うためだが、ほったらかしにしていたカール・バルトの読み、および内村鑑三とカール・シュミットの読み直しも始めた。危機神学と境界心性とアルチザン政治学を少しばかり体に突き刺しておくためだ。宗教と政治はもとより裏腹で、その裏腹がいまやかなり薄氷のように表裏一体になってきた。どちらがどちらを破っても、何かが波及していくだろう。この脆い関係は国連やSDGsではどうにもならない。あと十数年以内に、表裏一体が世界を惑わせていく。
◆山本耀司の次の秋冬メンズコレクションの招待状は、黒とアイボリーのトートバックに印刷されている。それがこともあろうに、ぼくが以前に書いた「日本はクソである」という一文なのだ。そんなことをしてショーを愉しみにくるお客さんたちはきっと困るだろうに、ヨウジはそういうことをする。どんな服をどんな男たちが着てお披露目されるのか知らないけれど(だから、こっそり見にいくが)、きっとそこは一陣の風が擦過するような梁山泊になっていることだろう。
◆千夜千冊が1800夜になった。23人のファッションデザイナーを扱ったスザンナ・フランケルの『ヴィジョナリーズ』(Pヴァイン)にした。20年前の本だけれど、世界のモードデザインはそこで止まったままなのである。リアルクローズが蔓延したというよりも、ユニクロが勝ったのだ。
◆故あって高倉健の生きざまとインタヴュー映像を追っている。しばらく健さんと向き合っていると(たとえば『ホタル』映画化についての呟き)、当方、とても深い溜息が出るので困っているが、世の中の「稀有」や「マレビト」とはどういうことかを感じるには欠かせない。
◆もうひとつ、追っていたものがある。甲本ヒロトだ。ブルーハーツからクロマニヨンズまで、年嵩(としかさ)がいってからの心境の吐露なども、あらかた見た。頷けたこと、少なくない。真島昌利が鍵、甲本が鍵穴である。
◆次の千夜千冊エディションは『読書の裏側』だ。何をもって裏側としたのかは手にとって確かめられたい。第1章が「配剤を読む」。何を配剤と見ているのかを感じられたい。口絵に町口覚さんのディレクションで、製本屋の圧搾機が登場する。書物はもとよりフェチの行方を孕んでいなければならない。書物こそ梁山泊である。

> アーカイブ

閉じる

三大陸周遊記

イブン・バットゥータ

角川文庫 1961

Ibn' Battuta
Travels in Asia and Africa 1325~ 1354
[訳]前嶋信次

 稲垣足穂に『黄漠奇聞』がある。舞台は架空の砂漠都市バブルクンドとなっているが、あきらかにバグダードを暗示していた。これでバグダードに憧れた。なぜ憧れたかと思い返してみると、子供のころにアリババやシンドバッドに胸をときめかせていた。そのせいだ。
 その後、アラビアのロレンスを除いて、いっこうにアラブものともイスラムものとも縁がなかったのだが、井筒俊彦さんのイスラム哲学史を読んでから一挙にその界隈を出入りするようになり、スフラワルディの照明学派に堪能するや、だんだんイスラムの知に深入りするようになった。
 その後、故あって20世紀におけるモロッコのタンジール(タンジャ)という街の歴史や役割を調べているうちに、イブン・バットゥータがそこで生まれ育っていたことを知って、これはこれはと旅行記を読む気になった。

イブン・バットゥータの旅程

 もとはベルベル人の部族に連なる家系のバットゥータは、22歳で聖地メッカの巡礼を思い立つ。
 そのメッカ巡礼の旅行体験で比類のない興奮をおぼえたことが薨じて、じっとしていられなくなったらしく、バットゥータは一念発起、西アジア、バルカン、中央アジア、インドをへて、スマトラに渡ってからは海路で福建は泉州に上陸、ついに北京にまで入って、ユーラシアの未知の社会をことごとく踏破してしまった。マルコ・ポーロの北京入りの約50年後のこと、1300年代初頭だ。
 やっとモロッコに戻ってきたのは46歳。この旅程の長さには信じがたいものがある。
 それからも旅癖は止みがたく、アフリカの奥地に入ってニジェル河を溯り、サハラを踏査してフェズに至っている。こんな前代未聞の体験を書き残しておかない手はないのだが、それを思い立ったのはバットゥータ自身ではなく、モロッコの為政者のマリーン朝のアブ・イナーン王だった。
 王はバットゥータに何度も口述をさせ、これをカリグラフィも得意だったという秘書官イブン・ジュザイに筆記させ、編集させた。それが『三大陸周遊記』である。
 以前、河出書房から「世界探検紀行全集」という、函を手にするだけでどぎまぎするような全集が”冒険刊行”されていたものだったが(はたして全巻刊行されたのか)、『三大陸周遊記』はその第2巻に入っていた。いまは手元にないので確かめられないけれど、抄訳だったのではないかとおもう。

 バットゥータはイスハハーン、シーラーズ、クーファをへて、バグダードに入った。
 城内の11にのぼる壮麗なモスクや大礼拝堂、おびただしい数の浴場、東岸の市場の賑わい、ニザーミヤ学院などのアカデミー、アッバース朝歴代のカリフの墓などが、次々にバットゥータを圧した。バクダードは当時は「サラームの都」とよばれていた。「平安京」といった意味である。
 ところが、ちょうどイラク(イルハン国)の王アブ・サイード・バハードル・カーンが来ていた時で、バットゥータはこの王の一行に付き従って、あっけなくバグダードを後にしてしまう。
 ぼくからすると、なあんだ残念、という短いバグダード滞在ではあったのだが、実はバットゥータはどこに滞在しているときの記録もあまり濃くしない。ぐだぐだしていない。薄いというわけでも急いでいるというわけでもなく、どんどこどんどこ「世界の表情」を直截に記述することだけを心掛けている。きっとそれがジュザイの編集センスでもあったのだろう。
 こうしてバグダードについての記述はあっさり終わったのだけれど、本書はぼくの中に得がたいものを残した。ユーラシア中世の各地を片っ端から訪れ、王たちの暮らしぶり、どこにもいる宦官たちのありさま、つねに付きまとう言葉の異常、そのころはまさに魔法に見えたであろう幻術師たちのマジック・パフォーマンスの見聞、もはやわれわれには遺跡でしかなくなってしまった当時の建造物の報告‥‥。
 こうした文物や出来事の数々を、ぼくも当時の気象と雑踏とともにバットゥータの肩越しに一緒に見て回れたことが、なにより得がたかったのだ。
 とくに本書を読んだときに最も驚いたのは、どこに行ってもムスリムがひしめき、イスラム文化が細部にわたって入りこんでいることだった。ぼくは、こんなにもイスラムというものがユーラシア全域を隈なく覆っていたとは知らなかったのである。まるで「イスラムの血管」「ムスリムの神経網」なのだ。
 つまりはユーラシアでは、イスラム教徒であることこそが最大のパスポートであって、バットゥータはそのパスポートをもってユーラシアを制覇したのだった。

 ところで、ぼくはこの本を25年前の『遊』でも採り上げた。「存在と精神の系譜」という特集号である。そのときは「われらがイエロー・サブマリン」というタイトルにした。
 この「存在と精神の系譜」は、のちに『遊学』(大和書房)という893ページのものすごく分厚い単行本にもしたのだが、その再録のときは「大歩行者からの消息」という別のタイトルにした。どちらも気にいっている。
 イブン・バットゥータだけではない。すでにこれまでの「千夜千冊」に採り上げた著者で、「存在と精神の系譜」すなわち『遊学』でも採り上げた人物はけっこう多い。これからもさらにふえるであろう。「であろう」などと他人事のように書いたのは、「千夜千冊」の書籍選定は数日前まで決めない方針であるからだ。数日ごとに数冊の選本対象をアタマに浮かべて、これを当日に絞り上げ、書く直前にどのように書くかを決めている。
 ちなみに、ここまでで「千夜千冊」に採り上げた『遊学』収録の著者たちを、当時のタイトルで示すと次のようになる。
 ( )内が『遊』掲載時のタイトル、「 」が『遊学』再録時のタイトルである。ぼくは自分の文章やそのタイトリングにあっては、たえずこうした変更をかけている。

  エピクロス「偏倚原子と自由原子」
    (気紛れ粒子の語る存在学)
  イブン・バットゥータ「大歩行者からの消息」
    (われらがイエロー・サブマリン)
  レオナルド・ダ・ヴィンチ「禿鷹ロボットの男色論」
    (禿鷹レオナルドの人工精神作戦)
  ウィリアム・シェイクスピア「エリザベス朝の人工知能
    論」
    (謎と噂のための沙翁作劇術)
  ヨハネス・ケプラー「月の人と遊星模型主義」
    (ルナティック・アスロノーマーK)
  ジョナサン・スウィフト「頭に水かたまる反哲学」
    (頭に水がたまっている男の反哲学)
  ドゥニ・ディドロ「ガーゼとガーゼ製造機」
    (ガーゼとガーゼ製造機の関係)
  バブティスタ・ド・ラマルク「進化に隠された退行序列」
    (鉱物の逆進化を映す枠のない窓)
  ノヴァーリス「雰囲気は結晶である」
    (鉱物的郷愁の真只中に入っていく方法)
  ハンス・アンデルセン「さまよえる靴屋の伝説」
    (靴墨には何を使うべきか)
  ニコライ・ゴーゴリ「オブジェとクロロホルム」
    (アカーキー・アカーキエヴィッチの街)
  クロード・ベルナール「一粒三〇〇メートルの健康」
    (一粒三〇〇メートルの生命論)
  エルンスト・マッハ「物質の記録・機械の告白」
    (物質でも感覚でもない世界の記述者)
  オスカー・ワイルド「機会のアナキズム」
    (機会と見当の美学者)
  ルドルフ・シュタイナー「アーカシャ年代記より」
    (創作宇宙劇「アーカシャ年代記」)
  モーリス・メーテルリンク「オカルティズムに告げる」
    (埋もれた『埋宮』についての紹介)
  国木田独歩「少年と自然主義」
    (少年の悲哀を知る者の闘争)
  アルフレッド・ジャリ「超男性オナニー・マシーン」
    (永遠なるオナニー・マシーン)
  ロード・ダンセイニ「神々の陽気な虚無主義」
    (レストラン「ダンセイニ」宣伝会議)
  カジミール・マレーヴィッチ「無のシュプレマティズム」
    (わっはっはの白い四角形)
  アルバート・アインシュタイン「重力の制御装置」
    (「場所と屍体」をめぐって)
  レオン・トロツキー「革命と観察言明命題」
    (言明命題と観察言明命題)
  折口信夫「いつまで客神を待つべきか」
    (わが「約束の地」は座布団の上にあり)
  マルセル・デュシャン「作品という領土主義」
    (芸術家がゲリラになれない理由)
  ルイ・ド・ブロイ「地と図をもった波動界」
    (「光=物質」の等号を求めた侯爵)
  ジョルジュ・バタイユ「蕩尽の普遍経済学」
    (エロスは連続への架橋であるか)
  ホルヘ・ルイス・ボルヘス「自分の尾をかじる文学」
    (不眠症文学者に送った手紙)
  ウェルナー・ハイゼンベルク「不確定性原理の混乱」
    (灯火は何を照らしているか)
  シモーヌ・ヴェイユ「消費する女たちの蜂起」
    (男を泣かせる女に逢いたい)

 すべてのタイトルに変更をかけていたことがわかってもらえたとおもう。どちらのタイトルがいいかということではない。このくらいの変化がないと、自分で推敲していてもおもしろくないということなのだ。
 いまふりかえってみると、いずれの項目もそれぞれ思い出深い書き方をしたけれど、これは人物を中心にして「存在と精神」を綴ったもので、「千夜千冊」のように一冊の著書を相手にしたのではなかった。それにあのときは142人を対象にしたのだが、今度は1000冊。おのずから書きっぷりはずいぶん変わらざるをえないのだ。

 というわけで、イブン・バットゥータについても当時は勝手なことを書いて終わっていたのだが、ことバットゥータに関しては著書も本書一冊しか残されていないので、本当なら書くことは同じか近いものになるはずだ。
 しかし、そうはいかないのである。読む時・書く時が異なれば、感想だってずいぶん変わる。
 あれを書いた1978年前後のころ、バットゥータのタイトルを「われらがイエロー・サブマリン」としたのも、そのころのぼくがビートルズの「イエロー・サブマリン」の軽快なビートに乗って、『三大陸周遊記』をネモ船長のように愉しんだからだった。けれども、いまはそういう気分ではない。
 書物には記憶が塗りこめられている。その記憶をデリートし、別のものにカット&ペーストしたいときもある。
 イスラムの古典旅行記そのものだって、実は書物自体が扇風器をつけて時空を悠々旅をしているはずなのである。