ほんほん

ぼくは「本数寄」なのである

ほんほん54(最終回)

◆慶応義塾大学出版会から「世界を読み解く一冊の本」というシリーズが刊行されている。『旧約聖書』『クルアーン』『三教指帰』『西遊記』『カンタベリー物語』『百科全書』『言海』『伝奇集』『一九八四年』『薔薇の名前』の10冊だ。えっ、たった10冊かよと思うだろうが、その10冊に空海、チョーサー、大槻文彦、エーコが入っているのが絶妙な特色だと思ったほうがいい。ただし原著やその翻訳ではない。それぞれ著者が別にいて、これらを解読している。藤井淳の『三教指帰』を読んだが、なかなかユニークな視点になっていた。
◆千夜千冊では「世界を読み解く一冊」をできるだけ選んできた。これまで書いてきた1800冊の中の300冊から500冊くらいが、そういう本だったと思う。吉本隆明は、本はたいてい自分のかかわりとの関係で読むものだけれど、自分が関心のない本にめぐりあうにはどうすればいいかという問いに対して、それは「書物に含まれている世界」が決めてくれるのだと答えていた。すぐれた本は「書き手が世界をあらわしたくて書いているものだ」というのだ。その通りだろう。
◆ボルヘスは、本は記号の集合体であるけれど、そこに読み手がかかわるとその記号は千変万化に息づいていくと言った。エーコは、本はスプーンやハンマーやハサミ同様に500年前とまったく変わっていない形態のものだけれど、それは「スプーンがあれ以上の形をとれないこと」と同様に、実にすばらしい究極の姿なのであるとみなしていたのだ。
◆たしかに「本」はあの形がいい。四角くて、表紙と裏表紙にページがぎゅっと挟まれて、ちょっと重たげで、本棚に並べると背中が何かを訴えている。これは「物実」(ものざね)もしくは「憑坐」(よりまし)なのだ。
◆ぼくが「本」という形をとったブツにぞっこんになったのは、20代半ばに自分の6畳・3畳のアパートで本棚を手作りしたときあたりからで、そのとき、わずかな蔵書を少しずつカバー自装したせいだった。カバー自装というのは、中身は気にいったのに外見が気にいらない本に適当なカバー材を選んできて、そこにレタリングセットや油性ペンでタイトルなどを付けていったことをいう。物実らしくしておきたかったのだ。これで護法童子が走りまわるようになった。これで「本」と一緒に暮らすようになった。
◆そういうふうになったのは、やっぱり10代に本に夢中になったからで、それがもしギターや算数に夢中になっていたら、別の生き方をしていたのだろうと思う。昆虫学者になっていた可能性もあるし、聴診器や注射器が手放せない診療所に暮らすようになったかもしれない。
◆ぼくは家庭用品や生活用品にからっきし関心がない。自分の部屋にそういうものを揃えたくなかった。もっとはっきり言うと、「生活する」に関心がない。生活は好きな仲間と一緒にいたいという、ただそれだけだ。リラダンとタルホの影響が滲みこんだせいだろう。これがわが生き方だ。だからぼくの日々はいまだにロクな用品に囲まれていない。自動車や電子機器はスタッフに頼っているし、たいていの日々は誰かが介添をしてくれている。つまりは生活オンチなのである。このオンチのせいで生活用品が自分の周辺に不可欠だと思えない。
◆では何が不可欠かというと、それが「本」だった。本が炊飯器で、本が大工道具で、本が食い道楽で、本が旅行で、本が恋愛で、本がうたた寝なのである。そんなことだから、当時から部屋には本だけがふえるだけだったのだ。本以外で大事なのはジャケットとタバコくらい。
◆こんなふうなので、そうとうな読書家ですねえ、さぞかし希覯本や珍本が集まったでしょうねと言われるが、そうなのではない。たしかに読書はするが、たくさんの本を読みたいとは当初から思っていなかった。いまも冊数はカンケーない。「読書するという状態」に、科学や文学や音楽の秘密が隠れていると思っているので、その読書状態をなんとか持続させ拡張させていくための日々をおくることが好きなのだ。だから希覯本はいっさい集めない。文庫本でも十分なのである。
◆もう少し正確に言うと「読むこと」が好きなのだ。もっと正確に言うと「読み」が好きなのだ。さまざまな民族言語による言葉が組み合わさって、それが人麻呂やシェイクスピアやジャン・ジュネやガルシア・マルケスや阿木耀子になってきたということ、その多様性のプロセスと成果を読むことが好きなのだ。
◆これはどちらかといえば、植物や動物の進化を読んでいるのに近い。だから批評したり書評したりするのは、実はほとんど気が向かない。千夜千冊も一度も書評をしようと思って書いてはこなかった。空き番だらけの「本の進化の木」をひとつひとつ埋めているような気分なのだ。
◆ただし、またまた別のことを言うようだが、この文明の流れのなかで、言葉や「読み」が進化してきたなどとは思っていない。人類の思索や表現が進歩してきたとも見ていない。そういう進歩史観はもっていない。むしろ言葉が意味からずれ、何かを隠さざるをえなくなっていく様子や、書くことが「逸脱」をおこしていくのを読むことに、大いなる興味があったのである。
◆つまりは、ぼくの「本好き」は「本数寄」なのである。何かを数寄の状態にしていくための本なのだ。遁世の数寄なのだ。それが70年以上もずうっと続いてきた。千夜千冊はやめられないだろう。また、どこかに本棚を作って進ぜるという仕事も、きっと続くだろう。最近は「本の寺」に関心がある。まったくもって大変なビョーキに罹ったものだ。
◆さて一方、この「ほんほん」コラムはそろそろ「お開き」にしたいと思った。ブックウォッチャーを続けるのもどうかなという気にもなったのだ。別のコラムを始めるかもしれないけれど、どういうものかはわからない。そのときはそのときで、どうぞ御贔屓に。

> アーカイブ

閉じる

イスラーム経済論

ムハンマド・バーキルッ=サドル

未知谷 1993

Muhammad Baqir-s-Sadr
Iqtisad-na
[訳]黒田壽郎

 ぼくはいつかイスラム文化と日本文化の交錯するところを書きたいとおもっている。
 たとえばイスラム文化というのは基本的には省略文化なのであるが、またそのイスラミック・カリグラフィが音声とも信仰ともつながっている特異な文字文化をもっているのであるが、そのことは日本における省略文化や書文化とどのように比較できるのか、いまのところはそういうことに誰も着手していそうもないからだ。いずれは、そのへんのこと、ゆっくり追ってみたい。
 しかし、イスラム文化はその根底においてムスリムたちの宗教・哲学・歴史・社会・経済に深く結びついている。イスラムにかぎっては、他のいっさいの自由資本主義国にとってあたりまえのことがあてはまらないことがある。そこがなかなか推理が及ばない。だからこそイスラムを見ることは未知の国の探検に似て、ぞくぞくするのだが。

 さて本書だが、一度読んだだけではまだ信じられないことがいっぱい書いてある。本書を、同じ著者による『イスラーム哲学』とともに読んで、哲学はともかくも、その経済システムがこんなふうに実在していることに、ぼくはまだ驚いたままなのだ。
 イスラムの社会にイスラム経済なんてものはない、経済はどんな国でも経済なんだ、という意見が資本主義にどっぷりつかっている経済学者たちから何度か提出されてきたことは、よく知っている。ぼくも多少は疑いはした。
 にもかかわらず、どうも本書に書かれたイスラム経済の特徴が、たとえどんな濃度であれ、どんな局部らであれ、実際に動いていることは事実なようなのだ。ましてかつてのイスラーム社会では、その経済システムが全面開花していたようなのだ。それが21世紀になってしだいに再生しつつあるとしたら、これは世界中の資本主義諸国にとって脅威である。
 とはいえ、だからといってサミュエル・ハンチントンがイスラム資本主義と儒教資本主義は、アングロサクソン型の資本主義やライン型の資本主義とはまったくちがっているのだから、これらはいずれ正面衝突するだろう、と『文明の衝突』で言ったようなことがおこるとは、思わない。ハンチントンがイスラム経済をちょっとでも理解しているとも思えない。

 本書があきらかにしているイスラム経済の特徴は、ぼくの読解ではほぼ次のような点にある。
 ひとつひとつ吟味してみると、あれっこれはコミュニズムじゃないのかとも見えるところがあるし、いやこれはハイパーコミュニズムあるいはハイパーファシズムとでもいうべきものだとも見える。また、そうか、これがイスラムのイスラムたるゆえんなのかとも見える。
 むろんイスラム圏内の経済がすべてこういうふうになっているというのではなく(著者もそう書いている)、あえて一部の特徴を列挙すればこういうふうに見えるということである。が、いずれにしても、やけに未来的なのだ。
 たとえば、次のような特徴がイスラム経済をかたちづくっているとしたら、これは“楽園”である。

◇さまざまな規制によって資本の集中と退蔵を禁止するための措置がある。
◇労働の市場商品性が否定されている。
◇労働成果が帰属する先がどこかに集中することを排除している。
◇土地を私的に所有することに制限をもうけていて、土地私有が集中することを避けている。
◇貨幣が自己増殖することを否定し、逆に退蔵することも否定している。
◇利子を禁止して利息つきの資本を認めない。これがイスラム経済における資本を工業商業プロジェクトにスムーズに転化させている。
◇資本の所有権は死後に親族に移転するのを容認する。
◇国家はすべての生産機関を公共セクターに役立てるための統率ができる。

 これだけでは、どうも「システムとしての経済のしくみ」が整合的に見えないが、それはぼくが勝手なピックアップをしているだけであって、著者のせいではない。それでも資本主義経済では想定がつかない特徴が際立っている。
 なぜこんな特徴が生じうるかというと、ようするに、イスラム国家とムスリム共同体とのあいだには、かなりヴィジョンに満ちた財務関係がイスラム法によって規定されているか、もしくは潜在しているということなのだ。ともかく驚くべきことである。

 イスラム経済はイスラム法によって支えられているのだから、イスラム法なきイスラム経済はない。ゴリゴリの資本主義者はそこを強調する。けれども、その特徴のいくつかが資本主義に部分的にとりこまれる可能性はあるとも言わなくてはならない。
 そんなことは、そもそもイスラム商人が発明した複式簿記のしくみがヴェネチアやジェノヴァノの商人をへてヨーロッパにもたらされた歴史からも予想のつくことなのである。

 ぼくがイスラム経済を理解することがなぜ必要であるかは、まだあまりわかっていない。
 けれども、近いうちにそうとうに深入りする必要があるようにも見えている。かつて井筒俊彦さんがお元気だったころ、そのことをうっすら実感していたのだが、なんだかんだとその実感の確認を先送りしてきた。
 が、やはり深入りする必要がある。
 それはたとえば、鎌倉の御家人制度や華僑(華人)の経済システムやユダヤ経済史を詳細に理解することが、ぼくにとってどれほど重要であるかということに近いようで、実はそれとはまったくちがう重要性をもっているような気がするからだ。
 もっとも、その理由は、本書に書いてあるようなイスラム経済の特徴のいくつかに、われわれが「資本主義なんてどこかおかしいんじゃないか」とおもっている疑問を解くようなヒントが隠されていると見えるからでは、ない。法と経済と信仰の関係をゆっくり考えたいからである。

参考¶同じ著者の『イスラーム哲学』(未知谷)が必読。また黒田美代子がスーク=アレッポを紹介した『商人たちの共和国』(藤原書店)が参考になる。