ほんほん

拾読と老軽ニュース

ほんほん53

◆拾読(しゅうどく)という読み方がある。拾い読み(ピックアップ・リーディング)のことだ。パラパラとページをめくるイメージがあるかもしれないが、そうとはかぎらない。アタマの中のエンジンの「読みモード」スイッチを「早送り」にする。だから速読なのではない。意味の読み取りはノーマルスピードのままなのだ。だから映画のビデオを早送りで見るのとは違う。あれでは会話が聞き取れない。拾読は文字が見えている。
◆最近の拾い読み、いくつか。デイビッド・バリー『動物たちのナビゲーションの謎を解く』(インターシフト)。動物がGPSを持っているのではなく、GPSが分化して動物になったのだ。真木太一編『日本の風』(朝倉書店)。農業気象学のベテランが50をこえる風の意味を「見える」ものにした。風の工学だ。エンツォ・トラヴェルソ『一人称の過去』(未来社)。歴史が「私」の語りによって創造的な可能性を孕みつつも、政治的な曖昧度を広げすぎて一人称の力を失っていく問題を扱った。『全体主義』や『ヨーロッパの内戦』などの歴史学者が歴史語りの人称を問うたのである。鵜飼秀徳『仏教の大東亜戦争』(文春新書)。耳が痛い仏教関係者もいるかもしれないが、この「殺生とは何か」を通らなければ仏教力は浮上しない。
◆また、いくつか。ポール・フルネル『編集者とタブレット』(東京創元社)。紙の本が好きなら必読だ。久しぶりにナンシー関のシリーズ(角川文庫)。『何をいまさら』『何の因果で』『何が何だか』『何もそこまで』など。鬱憤抜きのためにはもってこいである。ぼくは拾読はたいていリクライニングチェアでしているのだが、ナンシー関はそこでは女王さまである。ラニ・シン編『ハリー・スミスは語る』(カンパニー社)。後藤護君が送ってくれた一冊で、黒魔術っぽいけれど、平岡正明っぽい。拾い読みしてすぐに、そうか宇川直宏がずっと以前に話していたあれかと思い出した。野嶋剛『新中国論』(平凡社新書)。香港と台湾を嬲(なぶ)る習近平の意図をまとめたものだが、抉ってはいない。山極寿一『人間社会、ここがおかしい』(毎日文庫)。例によってゴリラが人間を見破っていく。
◆ナンシー関や山極寿一ではないが、何かがおかしいはずなのに、何かがヘンなはずなのに、その原因や正体かがわからないことは多い。科学はそこから始まるのだけれど、このところ「おかしいぞ」が多すぎて、これは文明のせいだとか現在日本のせいだなどと大ざっぱになってきて、まずい。
◆最近のニュース。湊部屋の逸ノ城が優勝したのに盛り上らない。それでいいのか。安倍晋三元首相が応援演説中に銃撃され即死。狙撃犯は母が貢いだ旧統一教会を恨んでの犯行だったようだが、世論のオピニオンは「民主主義への挑戦だ」と言う。それでいいのか。参院選は自民圧勝。維新に中条きよし、れいわに水道橋博士、参政党に神谷宗弊、N党にガーシー。何に向かうのか。コロナまたまた感染爆発して第7波、わが周辺にもちらほら感染者や濃厚接触者が出てきたが、ぼくはいまだマスク着用頻度がきわめて低い。ぼくはこれでいいのか。
◆ロシアとウクライナの歴史と現状について、先だって佐藤優さんに『情報の歴史21』を使いながら本楼で話してもらった。グラゴール文字文化とキリル文化の話、ガリツィア(紅ルーシ)のナショナリズムとイエズス会の話、マイダン革命の奥のウクライナ民族主義者ステパン・バンデラの話などに聞きいった。話は読書指南にもなっていて、防衛研究所の『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)よりも、エマニュエル・トッド『第三次世界大戦はもう始まっている』(文春新書)、副島隆彦『プーチンを罠にはめ、策略に陥れた英米ディープステイト』(秀和システム)を読んだほうがいい、あの戦争の背景思想を知りたければ片山杜秀の『皇国史観』(文春新書)に書いてあることを読んだほうがいいと薦めていた。佐藤さんの話は「謎」が組み合わさるようになっていて、あいかわらず愉快だ。
◆最近のぼくの「老軽(ローカル)ニュース」少々。弁当一人前が一度で平らげられない。残して夜中に半分を食べる。メガネのフレームを太めの黒縁にした。気分転換だ。遠近と近々を誂えた。BS「一番新しい古代史」が終了。やたらに評判がよかったらしい。おしっこが一日10回以上になった。ガマンも効かないので、会合などで何食わぬ顔で立つための「芸」が必要になってきた。早く喋れず、声も響かない。息継ぎと発話のタイミングもずれる。それに座布団がないと、どこに坐ってもお尻が痛い。数年前から痩せているせいだ。そろそろ人前に我が身を晒せないのである。でもタバコは着々ふえている。それはそれ、寝床に入ると黒猫ナカグロがゆっくりくっついて寝る。爺さんどうしの二人寝である。
◆15離が始まって半分まで来た。離学衆も指南陣もいい。37期の花伝所がおわった。これまでになく充実している。新しい世代の活躍も目立ってきた。イシス編集学校が「ぼく」の代わりなのだ。これはコレクティブ・ブレインの創発なのだろうか、やっとの人麻呂代作集団の出現なのだろうか、面影編集一座の旗揚げなのだろうか。とりあえずは、こう言っておく。「師範代、出番ですよ」。

> アーカイブ

閉じる

アジア史概説

宮崎市定

学生社 1973

 一冊の書物が誕生するにあたっては、それなりの小さな苦難や意外が付きまとう。
 本書についてもその壮大な内容を浴びるにあたって、どのような苦難や意外がそこに付きまとったかということを知ると、もっと内容が身に染みてくる。『アジア史概説』の誕生の苦難と意外は、その時代背景から見ると看過できない大きさをもっていた。

 いまぼくの手元にある本書は、1973年に学生社から刊行された同名の著書が中央公論社によって文庫化されたものである。
 そのころ学生社は尾鍋輝彦の『西洋史概説』を出していて、これと一対にするために宮崎市定の『アジア史概説』が選ばれた。しかし、宮崎はこれを書き下ろしたのではなかった。すでに1947年に人文書林という版元から出された正続2冊の旧版『アジヤ史概説』があって、これに手直しを入れて原稿とした。
 ところが実は、この人文書林の旧版『アジヤ史概説』は、さらにそれ以前の稿本を元にしたものだった。この稿本はもともと『大東亜史概説』となるはずだったもので、時の文部省が『国史概説』と一対にするべく企画し、その要請にもとづいて執筆するようになっていた。けれども、あらかたのその執筆がおわったところで敗戦となり、幻の一書となっていたものなのである。
 宮崎市定の研究の第一人者の礪波護によると、事情は次のようなものだった。

 1942年7月、文部省の教学局で『大東亜史概説』編纂の計画が持ち上がった。
 文部省の狙いはこれを上梓したら、大東亜共栄圏の各国語に翻訳して、その国の民衆に読ませようということにあった。そのため東京帝大の池内宏、京都帝大の羽田亨らが編纂責任者となって、鈴木俊・山本達郎・宮崎市定・安部健夫の4人に執筆が委嘱された。
 文部省の意向による大東亜とは、ビルマ以東の領域をさす。また叙述の内容としては、世界で最も古い文化をもつ日本を扇の要の中心において、皇国の文化が朝鮮・支那からアジア各地へ光被していくような歴史書を期待した。
 いくら戦争中とはいえ、宮崎らがそんな逆立ちしたようなアジア史が書けるはずはない。4人は鳩首を揃えて苦心のあげく、叙述の範囲をビルマ以東にかぎらずにアジア全域に広げ、また日本を扇の要とするのではなく最古の文明を西アジアにおいて、それがしだいに東に広まって、最後の日本に執着して最高度の完成度を結晶させたというふうな執筆プランにすることにした。
 この答申に対して、文部省は大東亜の範囲が広がるのならいくら広がってもかまわないという、甚だおめでたい回答だったらしい。西アジアが発祥点で日本が終着点であるということにも、まったく反論をしてこなかった。いささか拍子抜けしたと、のちに宮崎は感想を述べている。

 ともかくもこれでスタートを切った『アジヤ史概説』は、全体を4時代4部として、各人が一部を管理して多くの執筆者を動員して第一次原稿を書いてもらい、それをもとに4人が第二次草稿を仕上げるという手筈をとった。
 第一部の上古から中国古代までを担当した宮崎の第二次草稿が、こうして1944年に完成したのだが、日本はそのまま激戦に突入、出版どころではなくなり、翌年には敗戦を迎えて、出版企画そのものが雲散霧消してしまったのである。
 敗戦後、戦争責任を問う動きが激しくなった。しかし宮崎はタイプ化された草稿を決して提出することなく、ひたすら手元に隠しつづけた。
 ほとぼりが収まってきた1947年、安部健夫が連れてきた人文書林が宮崎の草稿を入手して、『アジヤ史概説・正篇』が出版された。本文庫版の緒論から第3章にあたる。続篇は安部が書く予定だったのだが、病気に罹ってしまった。そこで宮崎がかつての断片をもとにしながらも構想を新たに一気に執筆した。これが旧版『アジヤ史概説・続篇』で、そのまま学生社版となり、さらに本文庫の第4章から第7章にあたるものになった。ここは、『大東亜史概説』とはまったく離れて執筆されたのである。たしかにいま読んでも、この部分は文体も展開のつながりも、前半とは少しちがっている。
 しかしさて、ここからが宮崎市定という史学者の凄いところを案内する話になるのだが、前半部分が『大東亜史』のために書かれたとはいいながらも、またいくぶん差別的記述が残照したままであるとはいえ、その全容を動かす記述はいま読んでもまったく遜色のない堂々とした宮崎史学になっている。このことこそが、本書を読むに、深く考えさせられる価値になるところなのである。

 さて、このような前歴を知ったうえで本書の中身をどう伝えるかというと、きっとアジアという大陸が自身の歴史を自己記述したらどうなるかというような、いわば“地球上で最も大きな歴史教科書問題”に立ち向かうということになって、とうていぼくにはそんな芸当はできそうもない。
 そこでごくごく蓮っ葉な感想を言うにとどめるが、まず言っておきたいのは、内藤湖南の支那史論がもはや堅くて読めないと感じる世代ばかりが蔓延(はびこ)っている以上、本書こそは現代日本人のアジア史ステーションとしたほうがいいということだ。
 ステーションという意味は、これが正しいアジア史だという意味ではない。このような宮崎市定の記述にしばし浸ってアジアの歴史を一挙に通過する無数の列車に乗るために、この一書というテキスト体験をステーションとしてみたら、ここから派生するどんな問題にも濃くも薄くも、速くも遅くも自由に飛び乗れるようになるのではないか、そういう意味である。

 そもそも宮崎史学の特徴は「交通」なのである。交通史観あるいは交渉史観という評判もある。
 宮崎にとってはヨーロッパと西アジアは同時に見るべき歴史の屏風であり、インド・中国・ベトナム・日本も同時交通的に眺めるべきパノラマなのである。宮崎には「地上人類の知能はほぼ平均しており、先進国つねに先進国たらず、後進国つねに後進国たらず、先進国の優位は交通によってたちまち後進国の奪い去るところとなるのである」というような根本的な視点が貫いている。
 この動く視点が、ここをステーションとしてもびくともしないほどのアジア史中央駅をつくっている。
 実際にも、本書のいたるところに高速アジア交通のドップラー・エフェクトともいうべき事象例が示されている。それはヘレニズムの移動とか大乗仏教の波及といったおおまかなものではなく、王奔の纂奪と儒教貨幣経済とペルシア文化の交錯であり、西突厥の主権制度と高句麗の政治保護感覚と南シナ海の航海感覚の乗り入れであり、オスマントルコのカリフの愛したミニアチュールと中国屏風と日本の漆器の乗り換えや着替えぐあいといった、まるでそこを指で押してそのまま指にくっつけた事象を高速に1000キロ、5000キロを移動させるような、それらをまた別の指が触知するような、そういうドップラー的な動く視点なのだ。

 宮崎は本書の結語に、こんなことを書いている。「インドと日本の世界史上の位置ははなはだ似たものがある」というふうに。
 このことを、ではわれわれはどれほど説明できるかということを考えてみるとよい。たとえば徳川幕府とムガール帝国がどのような近世をもったのか、インドにとっての喜望峰の航路の出現と、日本における太平洋航路の出現がどういう意味をもたらしたのか、そういうことを考えてみるとよい。そうすれば、イギリス領インド帝国の成立と明治維新がたった10年のちがいで、何か似たような出来事を体験していることも見えてくる。
これは一例である。しかし、本書は随所にこのような一例を孕ませている。宮崎市定がつくったアジア・ステーションに発着する列車に、一度は飛び乗ってみることだ。

参考¶宮崎史学を知るには、実はいくつもの駅がある。複合駅なのだ。ぼくは最初は『水滸伝』(中公新書)だった。つづいて本書、それから『史記を語る』(岩波新書)で吉川幸次郎や貝塚茂樹とは別種の魅力を感じて『謎の七支刀』(中公新書)、『中国史』(岩波全書)、『隋の煬帝』(人物往来社)などと読んで、最近は『東洋的古代』『東洋的近世』(中公文庫)にはまった。