あの3.11から、私たちが問いかけつづけているもの

東日本大震災から5日後の2012年3月16日、
尾池和夫の『新版 活動期に入った地震列島』(1405夜)から始まった、
3.11以降の日本と世界が直面している課題に道筋をつけるためのブックガイド。
大震災直後、次々に思いつく言葉を却下したくなったほど
「胸の津波」が止むことがなかったセイゴオが、
あの時あの場所で起きたこと、あらめて問われたものを読み解く。
1980年代に書かれた名著から、最新の原子力問題や現地ルポまで
脱・原発と原発推進の双方の書籍を取り上げることで、
既存の枠組みにとらわれない読みを試みる。
地震、津波、原発、環境、エネルギー、リスクといったキーワードを巡りながら、
「みちのく・東北」と「母国・日本」の再生ロードをたどる。

蝦夷追われし北上の深く靡きしみちのくのトキをカクしたゲンパツが地震とツナミのフクシマ後、春を恨まずとはいうけれどいまもかの地は揺れている。

No著者書名 
1466 夜 岡野弘彦美しく愛しき日本
1465 夜 池澤夏樹春を恨んだりはしない
1464 夜 文藝春秋8月臨時増刊号つなみ
1463 夜 ダニー・ラフェリエールハイチ震災日記
1462 夜 御中虫関揺れる
1461 夜 外岡秀俊3・11複合被災
1460 夜 石井光太遺体
1459 夜 河北新報社河北新報のいちばん長い日

背景画像:鯰絵+衛星写真

No著者書名 
1458 夜 内田樹・中沢新一・平川克美大津波と原発
1457 夜 長谷川公一脱原子力社会へ
1456 夜 スチュアート・ブランド地球の論点
1455 夜 関曠野フクシマ以後
1454 夜 小出裕章隠される原子力
1453 夜 鈴木智彦ヤクザと原発
1448 夜 ラングトン・ウィナー鯨と原子炉
1447 夜 開沼博「フクシマ」論
1446 夜 堀江邦夫・水木しげる福島原発の闇
1439 夜 ジャン-ピエール・デュピュイツナミの小形而上学

背景画像:鯰絵+衛星写真

No著者書名 
1438 夜 メアリー=ルイーズ・エンゲルス反核シスター
1434 夜 有馬哲夫原発・正力・CIA
1433 夜 高木仁三郎原発事故はなぜくりかえすのか
1432 夜 小田実被災の思想・難死の思想
1420 夜 小島毅義経の東アジア
1419 夜 入間田宣夫編平泉・衣川と京・福原
1418 夜 梅原猛日本の深層
1417 夜 森崎和江北上幻想
1416 夜 工藤雅樹平泉藤原氏
1415 夜 高橋富雄征夷大将軍
1414 夜 伊坂幸太郎・斎藤純・佐藤賢一・高橋克彦ほか東日本大震災

背景画像:鯰絵+衛星写真

No著者書名 
1414 夜 伊坂幸太郎・斎藤純・佐藤賢一・高橋克彦ほか東日本大震災
1413 夜 高橋崇蝦(えみし)夷
1412 夜 赤坂憲雄東北学/忘れられた東北
1411 夜 山下文男津波てんでんこ
1410 夜 文藝春秋5月特別号東日本大震災・日本人の再出発
1409 夜 鷲田清一<弱さ>のちから
1408 夜 鈴木比佐雄・菊田守・長津功三良・山本十四尾編鎮魂詩四〇四人集
1407 夜 高村薫新リア王
1406 夜 新潟日報社特別取材班原発と地震
1405 夜 尾池和夫新版 活動期に入った地震列島

背景画像:鯰絵+衛星写真

No著者書名 
0110 夜 レイ・ブラッドベリ華氏451度
0089 夜 吉本隆明芸術的抵抗と挫折
1159 夜 石岡瑛子I DESIGN(私デザイン)

背景画像:鯰絵+衛星写真