ほんほん

書物こそ梁山泊である

ほんほん52

◆ミカラデタサビ。いろんなことがミカラデタサビである。できるだけ、そう念(おも)うようになった。齢(よわい)のせいだ。侘びたくもあり、寂びたくもある。とはいえ、読みたい本も言い残していることも、かなりある。
◆コロナのせいにしてからのことか、それともオンラインでそこそこ何でもできると踏んだせいなのか、このところ仕事場に来ない連中が多い。7、8年前から、ずいぶん安易に休むようになっているなと思っていたが、たいていは体調のせいらしく、それならまあ仕方がないかと言い聞かせてきたのだけれど、そんなに休んでいるのにかえって本当に体が悪くなるようで、そのうち病院に行く。そんなことをしていてどうするのかと心配していたら、そこにコロナ・エピデミックが到来して、これらいっさいが正当化されていくように解釈されていった。いや、うちの仕事場だけでなく、仕事相手の職場にもそれを感じる。
◆そんなふうにすることが「働き方改革」やSDGsだと言うのなら、そういう明るいヴィジョンにもとづいた「本位のルール」を遵守する世の中とは、ぼくはとても付き合えない。そういう世なら好きに「世捨て人」していたい。これが高齢特有の老いの繰り言だというなら(まあ、そうだろうが)、それでかまやしない。いやいや、松岡さん、実はわれわれも困っているんです、何かヒントをくださいと言うなら、そういう諸君には21世紀の梁山泊こそがおもしろいということを伝えたい。
◆横尾忠則の『原郷の森』(文藝春秋)が途方もなくおもしろかった。横尾さんの書くもの、たとえば日記や書評もいろいろ読ませてもらったけれど、これはそれらを縦横にまたいだ抜群の集大成の、霊界シンポジウムだった。横尾さんが『神曲』の地獄篇よろしく、ピカソや三島や柴田錬三郎や、川端やデュシャンや日野原センセイや、北斎やキリコやウォーホルと忌憚なく言いたいことを言い合うのである。舞台の仕立てはありきたりなのだが、寄って集(たか)っての座談に加わる参加者たちの発言が本人の主義主張を適確に持ち出しているように横尾さんが仕組んでいるので、霊界シンポの議論のやりとりは、どこもかしこも本位を抉(えぐ)った芸術論としても危機を突く文明論としても、格別だった。なるほど、老いの繰り言はこういうふうに繰るとよかったのか。
◆ポール・デイヴィスの『生物の中の悪魔』(SBクリエイティブ)は、情報生命を解いて出色。生命史にひそむデーモンと情報との一蓮托生を、ここまで迫った試みは少ない。
◆森山未來くんと話した。東京オリンピック開会式の「2分間のソロダンス」があまりにすばらしかったので、遅ればせながらこちらから声をかけ、本楼に出向いてもらって話しこんだのだが、3時間ほどずっと喋りづめだったのに、一分の隙もなかった。いや、というよりも、その「一分の隙」にささっと詰めてくる言葉が高速で、すこぶる刺激に富んでいて、なんとも嬉しかった。この男、すでにしてそうなっているだろうが、さらにそうとうのアーティストになるだろう。
◆末木文美士(すえき・ふみひこ)の本を片っ端から読んでいる。読んでいるだけでは足りなくて、三井寺で2年にわたって末木さんに話しをしてもらうことにした。「還生(げんしょう)の会」と名付けた。日本仏教とはどういうものかを語ってもらう。三井寺の福家長吏とともにぼくが聞き手になり、石山寺の鷲尾座主以下の参加者にコメントをしてもらう。東京でも開くつもりだ。近江ARSのメンバーは、全員が『日本仏教入門』(角川選書)を事前共読をした。ぼくはいま、本気で仏教を一から学びなおしたい。
◆こちらは自分の欠陥を補うためだが、ほったらかしにしていたカール・バルトの読み、および内村鑑三とカール・シュミットの読み直しも始めた。危機神学と境界心性とアルチザン政治学を少しばかり体に突き刺しておくためだ。宗教と政治はもとより裏腹で、その裏腹がいまやかなり薄氷のように表裏一体になってきた。どちらがどちらを破っても、何かが波及していくだろう。この脆い関係は国連やSDGsではどうにもならない。あと十数年以内に、表裏一体が世界を惑わせていく。
◆山本耀司の次の秋冬メンズコレクションの招待状は、黒とアイボリーのトートバックに印刷されている。それがこともあろうに、ぼくが以前に書いた「日本はクソである」という一文なのだ。そんなことをしてショーを愉しみにくるお客さんたちはきっと困るだろうに、ヨウジはそういうことをする。どんな服をどんな男たちが着てお披露目されるのか知らないけれど(だから、こっそり見にいくが)、きっとそこは一陣の風が擦過するような梁山泊になっていることだろう。
◆千夜千冊が1800夜になった。23人のファッションデザイナーを扱ったスザンナ・フランケルの『ヴィジョナリーズ』(Pヴァイン)にした。20年前の本だけれど、世界のモードデザインはそこで止まったままなのである。リアルクローズが蔓延したというよりも、ユニクロが勝ったのだ。
◆故あって高倉健の生きざまとインタヴュー映像を追っている。しばらく健さんと向き合っていると(たとえば『ホタル』映画化についての呟き)、当方、とても深い溜息が出るので困っているが、世の中の「稀有」や「マレビト」とはどういうことかを感じるには欠かせない。
◆もうひとつ、追っていたものがある。甲本ヒロトだ。ブルーハーツからクロマニヨンズまで、年嵩(としかさ)がいってからの心境の吐露なども、あらかた見た。頷けたこと、少なくない。真島昌利が鍵、甲本が鍵穴である。
◆次の千夜千冊エディションは『読書の裏側』だ。何をもって裏側としたのかは手にとって確かめられたい。第1章が「配剤を読む」。何を配剤と見ているのかを感じられたい。口絵に町口覚さんのディレクションで、製本屋の圧搾機が登場する。書物はもとよりフェチの行方を孕んでいなければならない。書物こそ梁山泊である。

> アーカイブ

閉じる

システムの科学

ハーバート・サイモン

パーソナルメディア 1969・1999

Herbert A. Simon
The Science of The Artificial 1969・1981・1996
[訳]高宮晋・稲葉元吉・吉原英樹 他

 いまさらハーバート・サイモンでもあるまいなどと思うのは、やや早計だ。そう思うのは、おそらくこの本を読んだことがないか、ろくにシステムやデザインについてこれまで考えてこなかったか、そのどちらかだろう。
 まず、30年前のぼくの初読時の印象を言う。ぼくはこの本で、システムの意味、分解可能なシステムのもつ特性、脳と記憶とコンピュータの関係、情報をプロセッシングするという仕組の基礎、思考の心理学がありうるということ、階層の設定の合理性、デザインの科学の可能性とアーティフィシャル・サイエンスの可能性、そして、これについてはあとでもふれるが、複雑性とは何かということを、ひとつながりの文脈で初めて学んだものだった。ずばり、目を洗われた。
 まだ『遊』の準備にとりかかっていないときだったから、昭和44年のこと、虎ノ門に移ったMACに勤めていたころだ。そのころはシステム工学や知識工学という用語自体が輸入まもないころで、渡辺茂のソフトウェア工学や北川敏男の数理科学とともに、ぼくはひどくシステムやソフトウェアやプログラムの“真相”に憧れていた。

 しかし以上のことは、1970年前後という、いまから30年も前の初読の印象なので、しかもテーマがシステム工学やアーティフィシャル・サイエンスだったから、当時は目を洗われただろうけれど、さすがにいまどき読むのでは大半が常識以下の内容になっているだろうと思われるにちがいない。
 むろん、そういうところがないわけではないが、しかし、鍛えあげられた「思考のエンジニアリングの巨人」がもたらした名著というものは、やはりたいしたもの、そうとうによくできている。不満があるとすれば、合理的楽観主義や楽観的機能主義が気になるというところだが、科学というものは、もともとこの二つのラティオから発するのだから、そこにケチをつけたのでは、先がない。

 ハーバート・サイモンが経済分野のノーベル賞をもらった経営学者であって、『経営行動』という大著によって長らく経営学や組織論の分野をリードしていたこと、ダートマス会議において世界初の認知科学の夜明けを告げたこと、人間の認知限界こそが組織をつくる原動力だと発言しつづけたことなどについては、ここでは忘れてもいいだろう。
 そういうことをヌキにして、この本はシステム思考が苦手な者が読むとよい。ここではそのポイントをおおまかに紹介することにする。サイモンの巧みな文脈は省略する。社会科学者がどのようにラティオをつかうかという楽しみにとっておかれたい。

 サイモンが強調したことは、第1に、アーティフィシャル(人工的・人為的)であるということは、そのシステムや部品が静的で孤立的であったり、自然と正反対の性質をもっているということではなくて、むしろシンセティック(合成的)な動向の一部にいることを意味しているということである。
 第2に、ということは、自然と人工のあいだには、必ず一種のインターフェースめくもの(本書が翻訳された当時は「接面」と訳されていた)があって、そのインターフェースは自然とも人工ともつかない相互乗り入れ的な組み立てになっているということである。サイモンはこのことを説明するために、脳と視覚神経の関係から機械とボタンの関係まで、あれこれの例を出している。
 第3に、どんなシステムも(自然も人工も)、独立し自立しているということはない。つねに擬似独立的に見えるだけである。このことは、シミュレーションによる理解こそがシステムの理解にとってきわめて重要になるということを告げている。ぼくは晩生(おくて)だったようで、この本によって初めてシミュレーションの意味を動的に知ったものだった。しかしサイモンが「シミュレーションは新しい知識源となるだろう」とも予告したことは、ジャン・ボードリヤールの“シミュラークル”の議論とともに、いまもって新しい。
 第4に、サイモンはまた、外的な刺激と、これを記号的に解釈できる人間の理解の速度には、重要な相関関係があることに気がついた。
 これはコンピュータの将来を考えるうえでも重要なことで、仮にどんなに高速大容量のコンピュータができても、またどんなに便利な個人用コンピュータができても(1970年前後の当時はパソコンなどはまったくなく、やっとマイコン=マイクロ・コンピュータの可能性が議論されていた程度だった)、人間は知覚的にしか計算結果を理解しないだろうという予測になっている。
 とくにサイモンは、将来のコンピュータの発達がどうであれ、人間の「概念生成」の速度の遅さに照明をあてていて、この「概念生成」をどうするかという新たな方法の発見に読者の関心を促そうとしていた。これって、まさに編集工学の出現を待っているかのような指摘であろう。

 このくらいでも十分にこの本を読む価値があるとおもわれるのだが、サイモンの提起はもうちょっと濃い。
 第5に、記憶の科学の徹底的な充実こそが、今後の社会や組織や学習の鍵を握ると予告した。これはべつだんサイモンに言われずとも、どんな脳科学者も考えていることではあるのだが、サイモンはそのことを社会・組織・個性の将来に直結させた。
 第6に、ここがこの本のもうひとつの魅力だったのだが、デザインとシステムの関係を多角的に問うた。一言でいえば、デザインとはアーティフィシャル・サイエンスではないかというのがサイモンの見方で、しかしそのようにデザインを見るには、「オーダーに対する論理のパラドックスを解くデザイン」か、「そのパラドックスを孕むデザイン」をすることしか、実はデザインの仕事はないのではないかというのである。
 このデザイン論は画期的だった。あまりに機能主義的な見方だととられかねないところはあるが、デザインが最適化を求めるための一種の叙述論理だという見方は、当時はむろん、いまでももっと検討されてよい。
 第7に、サイモンはこのようなデザインの見方を社会や組織や人間の心理にも適用可能だと考えた。いまでこそ、会社のデザインとか政治のグランドデザインという用語がとびかうが、そのようにデザインという用語を社会に拡張したのは、この本だった。とくにデザインには実は「資源配分」という事前の作業が含まれているのではないかという指摘は唸らせた。
 第8に、さきにも書いたことだが、ここには「複雑性」に関するごくごく早期の注目があった。サブシステムによって複雑性がつくられていること、進化や環境変化などの自然選択には必ずや複雑性が関与していること、結合や分解のあいだにも複雑性が介在していること、複雑性は自己増殖すること――。すでにこういうことが指摘されていた。この複雑性に対する予見の数々は、この本を久々に読み返してみて、あらためて驚いた。
 第9に、こうしてサイモンは、のちにマーヴィン・ミンスキーが『心の社会』(第452夜)でまとめようとしたことを早くに先取りし、システムの科学とは結局は心のシステムの解明にあたるのだという結論を導いた。
 この結論は、正直いうとサイモンもミンスキーも甘いところではあるのだが、では、認知科学やシステム科学や心理学が、また政治や経営やスポーツや学習が、ゆめゆめ心なんぞを対象にしていないのかというと、まったくそんなことはなく、やはり結局は心の充実を対象にしているのである。だからシステムの科学の時代の到来を告げたサイモンの狙いが、社会における人間行動のひとつの指針の提供にあったからといって、目くじらをたてることはない。

 ざっとこんなところがポイントになるだろうか。まあ、騙されたとおもって読んでみてほしい。
 ところで、本書は増補版の翻訳である。ファースト・エディションが1969年だったのに対して、本書はこれにサイモンが書き足して1981年のセカンド・エディションになっている。ただのよくある書き足しかとおもったが、そうではなかった。厳密に読みくらべたわけではないからおおまかな印象でしかないが、このファースト・エディションとセカンド・エディションのあいだには、社会科学がどのように時代の成果を吸収していくかという、編集工学にとっては見逃せない「ブリコラージュ」(レヴィ=ストロース)が介在したと思われる。
 また、増補版の本書にはノーベル賞記念講演として有名な「企業組織における合理的意思決定」が収録されているのだが、ここには“アメリカ合衆国というシステム”の合理的選択の秘密が窺えるようで、ぼくは警戒をこめてここを読んだ。