ほんほん

ぼくは「本数寄」なのである

ほんほん54(最終回)

◆慶応義塾大学出版会から「世界を読み解く一冊の本」というシリーズが刊行されている。『旧約聖書』『クルアーン』『三教指帰』『西遊記』『カンタベリー物語』『百科全書』『言海』『伝奇集』『一九八四年』『薔薇の名前』の10冊だ。えっ、たった10冊かよと思うだろうが、その10冊に空海、チョーサー、大槻文彦、エーコが入っているのが絶妙な特色だと思ったほうがいい。ただし原著やその翻訳ではない。それぞれ著者が別にいて、これらを解読している。藤井淳の『三教指帰』を読んだが、なかなかユニークな視点になっていた。
◆千夜千冊では「世界を読み解く一冊」をできるだけ選んできた。これまで書いてきた1800冊の中の300冊から500冊くらいが、そういう本だったと思う。吉本隆明は、本はたいてい自分のかかわりとの関係で読むものだけれど、自分が関心のない本にめぐりあうにはどうすればいいかという問いに対して、それは「書物に含まれている世界」が決めてくれるのだと答えていた。すぐれた本は「書き手が世界をあらわしたくて書いているものだ」というのだ。その通りだろう。
◆ボルヘスは、本は記号の集合体であるけれど、そこに読み手がかかわるとその記号は千変万化に息づいていくと言った。エーコは、本はスプーンやハンマーやハサミ同様に500年前とまったく変わっていない形態のものだけれど、それは「スプーンがあれ以上の形をとれないこと」と同様に、実にすばらしい究極の姿なのであるとみなしていたのだ。
◆たしかに「本」はあの形がいい。四角くて、表紙と裏表紙にページがぎゅっと挟まれて、ちょっと重たげで、本棚に並べると背中が何かを訴えている。これは「物実」(ものざね)もしくは「憑坐」(よりまし)なのだ。
◆ぼくが「本」という形をとったブツにぞっこんになったのは、20代半ばに自分の6畳・3畳のアパートで本棚を手作りしたときあたりからで、そのとき、わずかな蔵書を少しずつカバー自装したせいだった。カバー自装というのは、中身は気にいったのに外見が気にいらない本に適当なカバー材を選んできて、そこにレタリングセットや油性ペンでタイトルなどを付けていったことをいう。物実らしくしておきたかったのだ。これで護法童子が走りまわるようになった。これで「本」と一緒に暮らすようになった。
◆そういうふうになったのは、やっぱり10代に本に夢中になったからで、それがもしギターや算数に夢中になっていたら、別の生き方をしていたのだろうと思う。昆虫学者になっていた可能性もあるし、聴診器や注射器が手放せない診療所に暮らすようになったかもしれない。
◆ぼくは家庭用品や生活用品にからっきし関心がない。自分の部屋にそういうものを揃えたくなかった。もっとはっきり言うと、「生活する」に関心がない。生活は好きな仲間と一緒にいたいという、ただそれだけだ。リラダンとタルホの影響が滲みこんだせいだろう。これがわが生き方だ。だからぼくの日々はいまだにロクな用品に囲まれていない。自動車や電子機器はスタッフに頼っているし、たいていの日々は誰かが介添をしてくれている。つまりは生活オンチなのである。このオンチのせいで生活用品が自分の周辺に不可欠だと思えない。
◆では何が不可欠かというと、それが「本」だった。本が炊飯器で、本が大工道具で、本が食い道楽で、本が旅行で、本が恋愛で、本がうたた寝なのである。そんなことだから、当時から部屋には本だけがふえるだけだったのだ。本以外で大事なのはジャケットとタバコくらい。
◆こんなふうなので、そうとうな読書家ですねえ、さぞかし希覯本や珍本が集まったでしょうねと言われるが、そうなのではない。たしかに読書はするが、たくさんの本を読みたいとは当初から思っていなかった。いまも冊数はカンケーない。「読書するという状態」に、科学や文学や音楽の秘密が隠れていると思っているので、その読書状態をなんとか持続させ拡張させていくための日々をおくることが好きなのだ。だから希覯本はいっさい集めない。文庫本でも十分なのである。
◆もう少し正確に言うと「読むこと」が好きなのだ。もっと正確に言うと「読み」が好きなのだ。さまざまな民族言語による言葉が組み合わさって、それが人麻呂やシェイクスピアやジャン・ジュネやガルシア・マルケスや阿木耀子になってきたということ、その多様性のプロセスと成果を読むことが好きなのだ。
◆これはどちらかといえば、植物や動物の進化を読んでいるのに近い。だから批評したり書評したりするのは、実はほとんど気が向かない。千夜千冊も一度も書評をしようと思って書いてはこなかった。空き番だらけの「本の進化の木」をひとつひとつ埋めているような気分なのだ。
◆ただし、またまた別のことを言うようだが、この文明の流れのなかで、言葉や「読み」が進化してきたなどとは思っていない。人類の思索や表現が進歩してきたとも見ていない。そういう進歩史観はもっていない。むしろ言葉が意味からずれ、何かを隠さざるをえなくなっていく様子や、書くことが「逸脱」をおこしていくのを読むことに、大いなる興味があったのである。
◆つまりは、ぼくの「本好き」は「本数寄」なのである。何かを数寄の状態にしていくための本なのだ。遁世の数寄なのだ。それが70年以上もずうっと続いてきた。千夜千冊はやめられないだろう。また、どこかに本棚を作って進ぜるという仕事も、きっと続くだろう。最近は「本の寺」に関心がある。まったくもって大変なビョーキに罹ったものだ。
◆さて一方、この「ほんほん」コラムはそろそろ「お開き」にしたいと思った。ブックウォッチャーを続けるのもどうかなという気にもなったのだ。別のコラムを始めるかもしれないけれど、どういうものかはわからない。そのときはそのときで、どうぞ御贔屓に。

> アーカイブ

閉じる

システムの科学

ハーバート・サイモン

パーソナルメディア 1969・1999

Herbert A. Simon
The Science of The Artificial 1969・1981・1996
[訳]高宮晋・稲葉元吉・吉原英樹 他

 いまさらハーバート・サイモンでもあるまいなどと思うのは、やや早計だ。そう思うのは、おそらくこの本を読んだことがないか、ろくにシステムやデザインについてこれまで考えてこなかったか、そのどちらかだろう。
 まず、30年前のぼくの初読時の印象を言う。ぼくはこの本で、システムの意味、分解可能なシステムのもつ特性、脳と記憶とコンピュータの関係、情報をプロセッシングするという仕組の基礎、思考の心理学がありうるということ、階層の設定の合理性、デザインの科学の可能性とアーティフィシャル・サイエンスの可能性、そして、これについてはあとでもふれるが、複雑性とは何かということを、ひとつながりの文脈で初めて学んだものだった。ずばり、目を洗われた。
 まだ『遊』の準備にとりかかっていないときだったから、昭和44年のこと、虎ノ門に移ったMACに勤めていたころだ。そのころはシステム工学や知識工学という用語自体が輸入まもないころで、渡辺茂のソフトウェア工学や北川敏男の数理科学とともに、ぼくはひどくシステムやソフトウェアやプログラムの“真相”に憧れていた。

 しかし以上のことは、1970年前後という、いまから30年も前の初読の印象なので、しかもテーマがシステム工学やアーティフィシャル・サイエンスだったから、当時は目を洗われただろうけれど、さすがにいまどき読むのでは大半が常識以下の内容になっているだろうと思われるにちがいない。
 むろん、そういうところがないわけではないが、しかし、鍛えあげられた「思考のエンジニアリングの巨人」がもたらした名著というものは、やはりたいしたもの、そうとうによくできている。不満があるとすれば、合理的楽観主義や楽観的機能主義が気になるというところだが、科学というものは、もともとこの二つのラティオから発するのだから、そこにケチをつけたのでは、先がない。

 ハーバート・サイモンが経済分野のノーベル賞をもらった経営学者であって、『経営行動』という大著によって長らく経営学や組織論の分野をリードしていたこと、ダートマス会議において世界初の認知科学の夜明けを告げたこと、人間の認知限界こそが組織をつくる原動力だと発言しつづけたことなどについては、ここでは忘れてもいいだろう。
 そういうことをヌキにして、この本はシステム思考が苦手な者が読むとよい。ここではそのポイントをおおまかに紹介することにする。サイモンの巧みな文脈は省略する。社会科学者がどのようにラティオをつかうかという楽しみにとっておかれたい。

 サイモンが強調したことは、第1に、アーティフィシャル(人工的・人為的)であるということは、そのシステムや部品が静的で孤立的であったり、自然と正反対の性質をもっているということではなくて、むしろシンセティック(合成的)な動向の一部にいることを意味しているということである。
 第2に、ということは、自然と人工のあいだには、必ず一種のインターフェースめくもの(本書が翻訳された当時は「接面」と訳されていた)があって、そのインターフェースは自然とも人工ともつかない相互乗り入れ的な組み立てになっているということである。サイモンはこのことを説明するために、脳と視覚神経の関係から機械とボタンの関係まで、あれこれの例を出している。
 第3に、どんなシステムも(自然も人工も)、独立し自立しているということはない。つねに擬似独立的に見えるだけである。このことは、シミュレーションによる理解こそがシステムの理解にとってきわめて重要になるということを告げている。ぼくは晩生(おくて)だったようで、この本によって初めてシミュレーションの意味を動的に知ったものだった。しかしサイモンが「シミュレーションは新しい知識源となるだろう」とも予告したことは、ジャン・ボードリヤールの“シミュラークル”の議論とともに、いまもって新しい。
 第4に、サイモンはまた、外的な刺激と、これを記号的に解釈できる人間の理解の速度には、重要な相関関係があることに気がついた。
 これはコンピュータの将来を考えるうえでも重要なことで、仮にどんなに高速大容量のコンピュータができても、またどんなに便利な個人用コンピュータができても(1970年前後の当時はパソコンなどはまったくなく、やっとマイコン=マイクロ・コンピュータの可能性が議論されていた程度だった)、人間は知覚的にしか計算結果を理解しないだろうという予測になっている。
 とくにサイモンは、将来のコンピュータの発達がどうであれ、人間の「概念生成」の速度の遅さに照明をあてていて、この「概念生成」をどうするかという新たな方法の発見に読者の関心を促そうとしていた。これって、まさに編集工学の出現を待っているかのような指摘であろう。

 このくらいでも十分にこの本を読む価値があるとおもわれるのだが、サイモンの提起はもうちょっと濃い。
 第5に、記憶の科学の徹底的な充実こそが、今後の社会や組織や学習の鍵を握ると予告した。これはべつだんサイモンに言われずとも、どんな脳科学者も考えていることではあるのだが、サイモンはそのことを社会・組織・個性の将来に直結させた。
 第6に、ここがこの本のもうひとつの魅力だったのだが、デザインとシステムの関係を多角的に問うた。一言でいえば、デザインとはアーティフィシャル・サイエンスではないかというのがサイモンの見方で、しかしそのようにデザインを見るには、「オーダーに対する論理のパラドックスを解くデザイン」か、「そのパラドックスを孕むデザイン」をすることしか、実はデザインの仕事はないのではないかというのである。
 このデザイン論は画期的だった。あまりに機能主義的な見方だととられかねないところはあるが、デザインが最適化を求めるための一種の叙述論理だという見方は、当時はむろん、いまでももっと検討されてよい。
 第7に、サイモンはこのようなデザインの見方を社会や組織や人間の心理にも適用可能だと考えた。いまでこそ、会社のデザインとか政治のグランドデザインという用語がとびかうが、そのようにデザインという用語を社会に拡張したのは、この本だった。とくにデザインには実は「資源配分」という事前の作業が含まれているのではないかという指摘は唸らせた。
 第8に、さきにも書いたことだが、ここには「複雑性」に関するごくごく早期の注目があった。サブシステムによって複雑性がつくられていること、進化や環境変化などの自然選択には必ずや複雑性が関与していること、結合や分解のあいだにも複雑性が介在していること、複雑性は自己増殖すること――。すでにこういうことが指摘されていた。この複雑性に対する予見の数々は、この本を久々に読み返してみて、あらためて驚いた。
 第9に、こうしてサイモンは、のちにマーヴィン・ミンスキーが『心の社会』(第452夜)でまとめようとしたことを早くに先取りし、システムの科学とは結局は心のシステムの解明にあたるのだという結論を導いた。
 この結論は、正直いうとサイモンもミンスキーも甘いところではあるのだが、では、認知科学やシステム科学や心理学が、また政治や経営やスポーツや学習が、ゆめゆめ心なんぞを対象にしていないのかというと、まったくそんなことはなく、やはり結局は心の充実を対象にしているのである。だからシステムの科学の時代の到来を告げたサイモンの狙いが、社会における人間行動のひとつの指針の提供にあったからといって、目くじらをたてることはない。

 ざっとこんなところがポイントになるだろうか。まあ、騙されたとおもって読んでみてほしい。
 ところで、本書は増補版の翻訳である。ファースト・エディションが1969年だったのに対して、本書はこれにサイモンが書き足して1981年のセカンド・エディションになっている。ただのよくある書き足しかとおもったが、そうではなかった。厳密に読みくらべたわけではないからおおまかな印象でしかないが、このファースト・エディションとセカンド・エディションのあいだには、社会科学がどのように時代の成果を吸収していくかという、編集工学にとっては見逃せない「ブリコラージュ」(レヴィ=ストロース)が介在したと思われる。
 また、増補版の本書にはノーベル賞記念講演として有名な「企業組織における合理的意思決定」が収録されているのだが、ここには“アメリカ合衆国というシステム”の合理的選択の秘密が窺えるようで、ぼくは警戒をこめてここを読んだ。