ほんほん

ひさびさ千夜、古代史番組、湖北めぐり

ほんほん51

◆この一カ月、千夜千冊を書きそこねていた。いくつか理由はあるが、それでノルマがはたせなかったという説明にはならない。階段の昇り降りがへたくそだったとか、散髪がどうにもうまくいかなかったとかいうのに似ている。ずっと前のことだが、急に俳句が詠めなくなったり、人前で話すとなんとも食い違うということがあったりしたが、そういうことに近かったのだろうと思う。ロシアのことを書いて取り戻すことにした。
◆関口宏・吉村武彦と一緒に『一番新しい古代史』という番組をやることになった。BS・TBSの毎週土曜日のお昼から放映される。3チームが次々に用意するフリップ上の古代史クロニクルを関口さんが入念に辿っていくのを、ところどころで吉村さんが解説を加え、ところどころでぼくが勝手なイメージをふくらませるというやりかたで進む。1時間番組だが、30分ほどのリハのあと、本番用をだいたい90分か100分を撮って、それをプロダクション・チームが多少の取捨選択をして、絵やキャプションを付けて仕上げる。おかげで事前に、吉村さんの著書を読むのが仕事になった。これは仁義でもある。さきほどは岩波新書の『聖徳太子』と『女帝の古代日本』を再読した。
◆古代史の本はキリなくある。記紀・風土記・六国史をはじめとする史書をべつにすると、多くは研究者たちのもので、ぼくは研究者ではないからこれまでバラバラに、かつ好きに読んできた。なかにはとんでもない仮説に走ったものも少なくないが、それらにもけっこう目を通した。数えたこともないけれど、500冊や1000冊はとっくに超えているだろう。さあ、それで通史的にはどうまとまったのかというと、まとまるわけがない。とくにぼくは古代史の流れよりも古代観念の渦のありかたに関心があるので、万葉の歌や折口の文章に耽るのが醍醐味になってきたから、その手の読書がそうとう多い。これは通史的にはなりえない。間歇泉のような息吹とのつきあいなのだ。
◆それでもふりかえってみると、やはり内藤湖南・津田左右吉・石母田正・井上光貞・直木孝次郎・西嶋定生・小林敏男というふうに発表順・テーマ別にアタマの中に並べなおして、定番史観を眺めてきたようにも思う。研究じみてつまらないように思われるかもしれないけれど、いろいろ読んでいくと、そうなるのだ。それがまた歴史観の錬磨には有効なのだ。しかし、こういう並べなおし読書だけでは何も飛躍がない。歴史は通史がまとまればそれでおもしろいというわけではなく、『鎌倉殿の13人』ではないけれど、自分なりの人物像やドラマ性もギャップも想定できて、かつ一挙に細部に入り込んだり、巨きく俯瞰もできるようにならなければ、歴史を展いているという実感がもてない。
◆こうして結局は、火焔土器の本、スサノオをめぐる本、司馬遷、三韓や加耶についての本、仏教的言説、貴族の日記、新井白石、頼山陽を読み、松本清張や黒岩重吾や山本七平や安彦良和の『ナジム』(徳間書店)にも目を走らせるということになったのである。日本の古代史、実はまだまだ謎が解けてはない。わかってきたのはせいぜい3割くらいだろう。番組がどのくらい光をあてられるかはわからないけれど、多少はご期待いただきたい。
◆近江ARSのメンバーの用意周到な仕立てのおかげで、久々に湖北をめぐった。長浜・菅浦・大音(おおと)・石道寺(しゃくどうじ)・木之本を訪れた。長浜はわが父松岡太十郎の故郷なのである。いまの体力からすると3日の行程は少しきついのだが、存分な準備とサポートによって、いろいろ深い体感をものすることができた。劈頭に願養寺(松岡家の菩提寺)と梨の木墓地(松岡家の墓)に参ったのが、ぼくに湖北のヌミノーゼを散らしてくれた。
◆湖北は汚れていなかった。50年前の白洲正子の感嘆がほぼ残っていた。雨模様の夕方に近江孤篷庵(禅寺・遠州流)で時を偲んだときに、そのことがしっかり伝わってきた。しかしその一方で湖北が何かに堪えているようにも感じて、そこに多少のお手伝いをしなければと思った。帰って和泉佳奈子にも話したことである。
◆「東洋経済」が「世界激震! 先を知るための読書案内」を特集した。「ウクライナ危機の行方がわかる」と銘打って、橋爪大三郎・岡部芳彦・斎藤幸平・佐藤優・羽場久美子・輿那覇潤・津上俊哉・鶴岡路人といった面々が顔をそろえて危機を乗り越えるための本を推薦しているのだが、かなり知られた本が多く、やや失望した。橋爪・佐藤『世界史の分岐点』(SBクリエイティブ)、ウォルター・シャイテル『暴力と不平等の人類史』(東洋経済新報社)、輿那覇『平成史』(文藝春秋)、田中孝幸『13歳からの地政学』(東洋経済新報社)、六鹿茂夫『黒海地域の国際関係』(名古屋大学出版会)、ヨラム・パゾーニ『ナショナリズムの美徳』(東洋経済新報社)、福嶋亮太『ハロー、ユーラシア』(講談社)、イワン・クラステラ『アフター・ヨーロッパ』(岩波書店)、羽場『ヨーロッパの分断と統合』(中央公論新社)、秋山信将・高橋杉雄『「核の忘却」の終わり』(勁草書房)、橋爪『中国VSアメリカ』(河出書房新社)あたりがお薦めだろうか。ドゥーギンとプーチンの間を埋めるチャールズ・クローヴァーの『ユーラシアニズム』(NHK出版)が入っていないのは、どうしたことか。

> アーカイブ

閉じる

人はなぜ話すのか

ロジャー・C・シャンク

白揚社 1996

Roger C. Schank
Tell Me A Story 1990
[訳]長尾確・長尾加寿恵

 われわれはよほどの事情がないかぎり、毎日、何かを話している。人間は話しまくるサルであって、話を聞きわける哺乳類なのである。けれども、われわれは自分がどのように話をしているのか、知ってはいない。
 20世紀後半のAI(人工知能)の難産と破産をめぐる報告が、いまなおまことしやかに罷りとおっているなか、ギョーカイ(認知科学ギョーカイのこと)の連中ならいまさらロジャー・シャンクでもないじゃないかと訝るかもしれないが、ぼくは必ずしもそうは思わない。といって、かつてのシャンクを有名にさせたイェール大学でのスクリプト理論を持ち上げようというのではない。シャンクはシャンクなりにAI以降の試みを確実に積み上げていて、そこではスクリプト理論を修正強化するアイディアも練っている。その後どこまで進んだかは知らないが、この本の段階では、それなりに編集工学と共鳴するところがあった。

 シャンクの前提は「知識とは話である」ということにある。もうひとつの前提は「アクセスできない情報は情報ではない」ということだ。
 「話」とは、話そうとするときにイメージから取り出される情報の単位のことだ。そこに、その取り出しにつかわれたインデックス、相手との会話を通して掴む話の進め方、話の連鎖のさせ方(これがスクリプト)、いったん活性化した話がほかの話の単位をとりこむ構造などが引き連れられる。こういうものの連合体が知識のまぎれもない実体であり、話の正体なのである。もっと正確に知識や話を説明することはできるが、このシャンクの説明でおおよそのことは把握されている。
 シャンクは、このような数々の「話」の集合と離散によって統括されている知識の構造を追求して、これをなんとかシステム化(アーキテクチャ化)していこうとした。いくつかの試みがあった。これがちょっと参考になる。ざっとかいつまむ。
 
 第1に、3つの「話し手」のモデルを想定した。その3つのモデルは、知識のインデックスをちゃんと引いてこようとする「司書のモデル」、気に入った話なら同じ話でもちょっとずつ変えて話したりおおげさに話したりするような「おじいさんのモデル」、話のいちいちの内容よりそれらの話に共通する階段を取り出そうとする「論理学者のモデル」、この3つだ。
 第2にシャンクは、これらの3つのモデルの特徴を検討していくと、司書であれおじいさんであれ論理学者であれ、知識へのアプローチは「応答」の積み重ねによってできていること、その応答が進むのは「連想」がはたらくからであることに気がつく。
 司書・おじいさん・論理学者以外にも、たとえば法律家、夕食の支度をする主婦、何かに夢中になった子供、利益をあげようとする企業家、スコアをもつスポーツをふくむゲームプレイヤーなどを入れてもよかったろうが、これはたいした問題ではない。設計すべきシステムをやや複雑にするだけのことである。それより「応答」と「連想」こそが知識の秘密を握っていることに辿りついたことが大きい。

 シャンクが第3に考えたことは、「話をすること」と「理解すること」は機能的にはまったく同じだということだ。これは少し注文をつければ「話を書くこと」も勘定に入れるべきだったのだが、それをのぞくと、やはり重要な見方をあらわしている。そして次の点に進んだことがさらに収穫だった。
 すなわち第4に、われわれは話をするときには「なんとなくぴったりしたもの」を探そうとしているのではないか、もっと正確にいえば、話をするとは「それに似たような立場や経験を見つけるための観点」を用いようとして、その観点を動かそうとしているのではないかということに気がついたことだ。
 この見方が、いい。「ぴったりしたもの」とは何かということは定義できない。なぜなら、当人がその場面で探している姿に依存するからだ。しかし、その「ぴったりしたもの」を求めて動いている観点を追跡することはできなくはない。ぼくはこれを「注意のカーソル」と名付けたが、ぼく自身、自分がどのようにそのカーソルをアタマのなかで動かしたのか、ずいぶん時間をかけて追跡し、その軌跡が取り出せることを確信したものだった。
 余談になるが、この「観点を動かす」というニーズから世界中の母国語の文法が生成していった。母国語文法とは、その文化の民衆が動かしやすい観点にそってできあがったものなのである。ソシュールもチョムスキーも時枝誠記もピアジェも杉本つとむも、このことをこそ研究してきた。しかしながらそのことはさておいて、つまりこの問題を「言語学」という立派で重たい体系にしないで、会話や話の進め方こそが情報や知識を動かすメカニズムにあたっているということに問題を集中させたことが、かえってシャンクに成果をもたらしたのである。
 
 さて、ここからはこうした「話し手」や「話にひそむ応答と連想や観点の動き」をいったんおいて、話そのものの分類にとりかかる。
 そこで第5に、話は次の5つの傾向をもつと仮定される。
 
  ①表向きの話
  ②創案あるいは脚色した話
  ③直接の体験あるいは共同の体験によって得た話
  ④なんらかの方法によって間接的に得た話
  ⑤文化として共有される話
 
 ①は結婚式のスピーチや会議の報告などが代表的なもので、スクリプトが一番はっきりしている。スクリプトというのはシャンクが格別におもいをこめて構築したスクリプト理論の主軸になるものだが、ここでは「状況の変化に応じて次におこりうる予測を集めた知識構造のこと」というふうに見ておけばいい。
 ②は作家や虚言癖の者や井戸端のおばさんが得意なもので、スクリプトが次々に変わり、拡張や削除をともないながら進む話のことをいう。③はわれわれが子供のころから試みてきたものだが、要点が特定しにくいという特徴がある。そのかわりランダムな連想にいろどられ、いつもフレッシュな装いをもつ。④は説明するまでもなく情報源にかかわりなく、ニュースや噂や人づての話を構成して話すもの、⑤はかつては同時代に語られていただろうが、しだいに思い出や引用の対象になることが多くなっていく話のことである。
 シャンクはこのようなおおざっぱな分類をしたうえで、われわれが「創造」だとおもうものの多くが、この5つの話を相互に関係づけることで得られるはずだということを指摘した。
 そして、ここからはいわゆる「創造性」とか「創造力」などという理想だけが先行しがちになる空語にこだわることから離れ、「関係を付ける」「編集する」「話の統合と分散」「話の成長」といったことに関心を進め、いささか機能主義っぽいところはあるのだが、次のような設定をしていく。
 第6に、人々が話をする目的を設定した。これはごく簡単なもので、ぼくにはやや不満なのだが、こうなっている。括弧内にその機能を付与しておいた。
 
①自分がゴール(自己感情の浄化、注意を自分に向けさせる、賛成を求める、忠告を求める、自分の過去・現在・未来を描写する)
②相手がゴール(重要な事柄の表現、聞き手にある感情をもたせる、聞き手を夢中にさせる、聞き手に情報を譲る、話し手と聞き手が行動をおこすため)
③会話がゴール(会議、共同行動や分担行動の指示と確認、グループ・家族・集団などのなごみ)
 
 ここからシャンクが導くのは、こうしたゴールのちがいによっても進められる話のなかには、共通して「理解のアルゴリズム」に対する「察知のアルゴリズム」が対応しているのではないかということだった。
 たしかにそうだ。われわれはついつい自分の理解度や相手の理解度に目を向けすぎて、そこに察知が動きまわっていることに気がつきにくい。この察知のアルゴリズムがちゃんと機能すれば、実は話というものは自分の話しぐあいと相手の頷きぐあいだけの関係にも、注目すべき編集が進行していることに気がつくはずなのである。
 しかしシャンクはこの重要な場面にはあまり踏みこまずに、ここからは「理解のアルゴリズム」と「察知のアルゴリズム」の両方をインデックスでつなぐことに関心を向けていく。
 こうして第7に、人々が「信念」だとおもっているものは、その人の「インデックスの数」や「インデックスの構造」にすぎないということを説明していく。これは哲学に対する大胆な挑戦か、ないしは軽率な断定ということになるが、シャンクは平気だ(オルテガが「信念」は「おもいこみ」、観念は「おもいつき」だとみごとに喝破したことについては、すでに第199夜でのべておいた)。シャンクは「主題ごとにインデックスのついた一覧表」を、これ以降、信念とか確信というふうによんでいく。
 
 以上であらかたの準備をおえたシャンクは、「理解が進むための話」とは、結局は次の3つの進行によって表示されているのではないかと考える。
 
①インデックスを照合して話を検索している
②古い話の空隙の箇所に新たな話の要素をあてはめている
③あいまいな理解を深めるために裏付けを求めている
 
 ここでは「理解」の本質を「理解しようとしている局面をより持続的な記憶に統合すること」とみなしていることがよくわかる。
 この点についてシャンクはエイベルソンとの『スクリプト、プラン、ゴール、そして理解』(未訳)や『ダイナミック・メモリ』(近代科学社)という本のなかでもうすこし詳しい分析をしているのだが、詳しくしようとしてかえって失敗してしまっているところもあるので、あえて参照することもない。研究開発者というものはガイドラインを詳細設計にしていくプロセスでしばしば目鼻の付けかたに失敗するものなのである。こういうときは、これはぼくが大事にしていることなのだが、ガイドラインにこそ最も重大な細部や超部分があらわれていることに着目するべきなのだ。
 ともかくも、これらを総決算していよいよ「知識」「理解」「知性」というものの本体の説明に入る。「知識」を素材にして「理解」が進み、そこに「知性」がどういうふうにかかわっていくかという説明だ。ここからはぼくが『知の編集工学』(朝日文庫)や『知の編集術』(講談社現代新書)で、編集を八段階に分けたことと深く関連してくるのだが(ぼくはこれを「編集八段錦」と名付けた)、そこにはあれこれの相違もあって、興味がつきない。ここではシャンクの実用的な説だけを紹介しておく。
 
①想起する(まずはデータを探す、そして見つける)
②照合する(データを部分的に関係付ける、何かに適合させる)
③理解する(話のコンシステンシー=一貫性を見出す)
④説明する(予測の束との関連を検討する)
⑤計画する(話を行動に移すことで話が理解されているかを確かめる)
⑥変更する(コミュニケーションによって話を一般化し、結晶化し、精緻化する)
⑦統合する(話したことと聞いたこととが相互に立体化し、興味という世界が確立していく)
 
 最も重要なのは④の「説明する」だろう。なぜならこの説明によって、人々は自分が予測してきたデータの束ではうまくいかないとか、相手が理解しないといった〝失敗〟を体験し、初めて理解の本体に一歩も二歩も入っていくことができるからである。
 といったわけで、ロジャー・シャンクが「話」というものに焦点をあてて知識や理解の秘密にとりくんでいったことのなかには、いまなお参考にすべきものがいろいろひそんでいた。大事なことは、われわれがわれわれ自身の「理解の秘密」に気がつき、「知」や「分」(「自分」や「分際」の分)の編集性に気がつくことなのである。