ほんほん

ぼくは「本数寄」なのである

ほんほん54(最終回)

◆慶応義塾大学出版会から「世界を読み解く一冊の本」というシリーズが刊行されている。『旧約聖書』『クルアーン』『三教指帰』『西遊記』『カンタベリー物語』『百科全書』『言海』『伝奇集』『一九八四年』『薔薇の名前』の10冊だ。えっ、たった10冊かよと思うだろうが、その10冊に空海、チョーサー、大槻文彦、エーコが入っているのが絶妙な特色だと思ったほうがいい。ただし原著やその翻訳ではない。それぞれ著者が別にいて、これらを解読している。藤井淳の『三教指帰』を読んだが、なかなかユニークな視点になっていた。
◆千夜千冊では「世界を読み解く一冊」をできるだけ選んできた。これまで書いてきた1800冊の中の300冊から500冊くらいが、そういう本だったと思う。吉本隆明は、本はたいてい自分のかかわりとの関係で読むものだけれど、自分が関心のない本にめぐりあうにはどうすればいいかという問いに対して、それは「書物に含まれている世界」が決めてくれるのだと答えていた。すぐれた本は「書き手が世界をあらわしたくて書いているものだ」というのだ。その通りだろう。
◆ボルヘスは、本は記号の集合体であるけれど、そこに読み手がかかわるとその記号は千変万化に息づいていくと言った。エーコは、本はスプーンやハンマーやハサミ同様に500年前とまったく変わっていない形態のものだけれど、それは「スプーンがあれ以上の形をとれないこと」と同様に、実にすばらしい究極の姿なのであるとみなしていたのだ。
◆たしかに「本」はあの形がいい。四角くて、表紙と裏表紙にページがぎゅっと挟まれて、ちょっと重たげで、本棚に並べると背中が何かを訴えている。これは「物実」(ものざね)もしくは「憑坐」(よりまし)なのだ。
◆ぼくが「本」という形をとったブツにぞっこんになったのは、20代半ばに自分の6畳・3畳のアパートで本棚を手作りしたときあたりからで、そのとき、わずかな蔵書を少しずつカバー自装したせいだった。カバー自装というのは、中身は気にいったのに外見が気にいらない本に適当なカバー材を選んできて、そこにレタリングセットや油性ペンでタイトルなどを付けていったことをいう。物実らしくしておきたかったのだ。これで護法童子が走りまわるようになった。これで「本」と一緒に暮らすようになった。
◆そういうふうになったのは、やっぱり10代に本に夢中になったからで、それがもしギターや算数に夢中になっていたら、別の生き方をしていたのだろうと思う。昆虫学者になっていた可能性もあるし、聴診器や注射器が手放せない診療所に暮らすようになったかもしれない。
◆ぼくは家庭用品や生活用品にからっきし関心がない。自分の部屋にそういうものを揃えたくなかった。もっとはっきり言うと、「生活する」に関心がない。生活は好きな仲間と一緒にいたいという、ただそれだけだ。リラダンとタルホの影響が滲みこんだせいだろう。これがわが生き方だ。だからぼくの日々はいまだにロクな用品に囲まれていない。自動車や電子機器はスタッフに頼っているし、たいていの日々は誰かが介添をしてくれている。つまりは生活オンチなのである。このオンチのせいで生活用品が自分の周辺に不可欠だと思えない。
◆では何が不可欠かというと、それが「本」だった。本が炊飯器で、本が大工道具で、本が食い道楽で、本が旅行で、本が恋愛で、本がうたた寝なのである。そんなことだから、当時から部屋には本だけがふえるだけだったのだ。本以外で大事なのはジャケットとタバコくらい。
◆こんなふうなので、そうとうな読書家ですねえ、さぞかし希覯本や珍本が集まったでしょうねと言われるが、そうなのではない。たしかに読書はするが、たくさんの本を読みたいとは当初から思っていなかった。いまも冊数はカンケーない。「読書するという状態」に、科学や文学や音楽の秘密が隠れていると思っているので、その読書状態をなんとか持続させ拡張させていくための日々をおくることが好きなのだ。だから希覯本はいっさい集めない。文庫本でも十分なのである。
◆もう少し正確に言うと「読むこと」が好きなのだ。もっと正確に言うと「読み」が好きなのだ。さまざまな民族言語による言葉が組み合わさって、それが人麻呂やシェイクスピアやジャン・ジュネやガルシア・マルケスや阿木耀子になってきたということ、その多様性のプロセスと成果を読むことが好きなのだ。
◆これはどちらかといえば、植物や動物の進化を読んでいるのに近い。だから批評したり書評したりするのは、実はほとんど気が向かない。千夜千冊も一度も書評をしようと思って書いてはこなかった。空き番だらけの「本の進化の木」をひとつひとつ埋めているような気分なのだ。
◆ただし、またまた別のことを言うようだが、この文明の流れのなかで、言葉や「読み」が進化してきたなどとは思っていない。人類の思索や表現が進歩してきたとも見ていない。そういう進歩史観はもっていない。むしろ言葉が意味からずれ、何かを隠さざるをえなくなっていく様子や、書くことが「逸脱」をおこしていくのを読むことに、大いなる興味があったのである。
◆つまりは、ぼくの「本好き」は「本数寄」なのである。何かを数寄の状態にしていくための本なのだ。遁世の数寄なのだ。それが70年以上もずうっと続いてきた。千夜千冊はやめられないだろう。また、どこかに本棚を作って進ぜるという仕事も、きっと続くだろう。最近は「本の寺」に関心がある。まったくもって大変なビョーキに罹ったものだ。
◆さて一方、この「ほんほん」コラムはそろそろ「お開き」にしたいと思った。ブックウォッチャーを続けるのもどうかなという気にもなったのだ。別のコラムを始めるかもしれないけれど、どういうものかはわからない。そのときはそのときで、どうぞ御贔屓に。

> アーカイブ

閉じる

心の社会

マーヴィン・ミンスキー

産業図書 1990

Marvin Minsky
The Society of Mind 1985
[訳]安西祐一郎

 心とは何かということを説明するには、むしろ「心でないもの」が心になっていくしくみを説明するほうがよい。その「心でないもの」をミンスキーは「エージェント」(agent)とよんだ。
 カップを取って紅茶を飲みたいときは、掴むことを受けもつエージェントはカップを掴もうとし、平衡をとるエージェントは紅茶をこぼさないようにし、喉の渇きをうけもつエージェントは紅茶の温かい液体の潤いを想像し、手を動かすエージェントは口もとにカップを持っていこうとする。
 紅茶を飲むという行為には、これをロボットの動きの設計に移すとすぐわかるのだが、おそらく一〇〇回ほどのプロセスが動く。そのプロセスのひとつひとつにエージェントがあるわけではないが、人間の心の動きが適切なパターンを伴うには、いずれにしてもかなり多くのエージェントが連動してインタラクティブにはたらくのだろうと想定できる。重要なことは、その一つずつのエージェントには知能はないということである。しかし、いくつものエージェントが組み合わさっていくうちに知能や心が生じていくらしい。ミンスキーの言う心とは、おおむね「知能をもった心」といった意味である。本能的なものや動物的な反応は対象にしていない。

 マーヴィン・ミンスキーは早くから認知科学界のレジェンドだった。専攻はハーバードとプリンストンで学んだ数学だが、一九五七年にMITに来て、コンピュータ科学と人工知能研究のための研究所を創設すると、この分野のリーダーとなった。
 これで認知科学や人工知能が記念すべき産声をあげた。クロード・シャノンやハーバート・サイモンらが参加した有名なダートマス会議(一九五六)は、この研究所のための進軍ラッパのようなものだった。
 初期の開発としては、世界初のヘッドマウント型のGUIや共焦点顕微鏡があるけれど、シーモア・パパートと組んだLOGO(簡易プログラミング言語)やニューラル・ネットワークの解析回路を応用した「パーセプトロン」が話題を呼んだ。ぼくがいっとき夢中になったものだ。
 七〇年代に入って、ミンスキーとパパートは一挙に「心の社会」理論の組み立てに傾注した。これらの動向を見ていたアイザック・アシモフは「自分が出会った人物のなかで自分より聡明な者が、二人いた。一人はマーヴィン・ミンスキー、もう一人はカール・セーガンだ」と言った。よほどめざましかったのである。
 
 心を構成しているだろう「心でないもの」たちがエージェントとして動いているとして、たくさんのエージェントがあるだけでは心や知能は生じない。そこで「心の社会」理論は、こんなふうなことを推測した。
 第一にはエージェントにはきっといくつかの階層があるにちがいない。そこでは、下位のエージェントの動きが上位のエージェントに伝えられていく。その階層をまたぐたびに「意味」が見えるのだろう。
 第二に、エージェントは自分が何をしているかを知らないという性質をもっているのだろうけれど、そこに「自分が何をしているかを知っているエージェンシー」が組み合わさる必要がある。そのエージェンシーがどこに待ち伏せているかを突きとめるのは容易ではないが、もしそのようなエージェンシーがないと、われわれは自分が何をしているのかとか、何を考えているのかという自覚をすることがないはずだ。
 第三に、これらのしくみが動くうちに、おそらく仮りの「自己」のようなものが設定されるのだろう。しかし、心を探究するにあたって、この「自己」を探究してしまうことは避けなければなるまい。なぜなら、この「自己」はあくまで仮設的なもので、それによってエージェントのしくみが作動するための蝶番のような役割をはたしているにちがいないからだ。生物物理学における自己組織化理論やオートポイエーシス理論において想定された「自己」が思いあわされる。
 第四に、エージェントには考えを推進するためのエージェントばかりでなく、何を考えないようにしようとか(押さえ込み)、これまで考えてきたことはこれでいいのだろうかとか(点検)というような、つまりは「抑制のエージェント」や「検閲のエージェント」があるはずである。このことは従来の脳科学や心の理論では看過されてきた。
 第五に、これらのエージェントは「階層」や「自己」や「抑制」や「検閲」などの機能をフル動員しながらも、何かそのような進み方(これをミンスキーはKラインとよぶ)をすればいいのだという確信をもてるような“報酬”を受けられるようになっているのではないかと推測できる。すなわち、心というものは、つねに「もっとの社会」(Society of More)をめざしているにちがいない。
 このような説明をしておいたうえで、ミンスキーは(パパートも)「われわれはどのように心をつかって何かを考えようとしているのか」という複雑な課題に少しずつ向かっていった。心がどういうメカニズムをもっているかではなく、すでに機能しているであろう心をつかって、われわれは何ができるようになっているのか、そのことに向かったのである。
 
 本書が、いまだ人工知能の夢が潰えていないころの試みであることは、読んでいるとよくわかる。ミンスキーの指図にしたがって自分の思索の手続きが順番に見えてくる。つまりは、本書はデキのよい心理小説の構成プランを読んでいるような気分になれるのだ。ぼくはその特徴がよくあらわれていることに感心した。
 そのような特徴をもったことについては、おそらくもうひとつ理由がある。ミンスキーは心の社会の成立の仕方を「世界↓感覚↓知覚↓認識↓認知」というふうに順次的に見るのではなく、むしろ「感覚↓“記述”↓期待」というふうに見ようとしているからだ。人間というものが脳の中で何をいちいち記述しているのか、ミンスキーはあえてそこに集中して本書を構成プラン的に記述した。シナリオをあかし、ト書や場面転換の特徴や衣裳のことも書きこんだ。小説や映画を構成している監督のような気分で本書が読めるのは、そういうせいなのだ。
 そういう本書を読んで影響をうけたことがいくつかあるのだが、ミンスキーがノームとニームという用語(道具)を巧みにつかって思考のなかで動く情報の機能を説明したことに感心した。

 心は「心でないもの」をエージェントにしている。「心でないもの」をいろいろ組み合わせて「心っぽいもの」を構成している。これがミンスキーの仮説の根幹にある見方なのである。
 エージェントには複数のエージェントがあって、それぞれが「どの情報をどのように処理するか」という役割をもっている。ただし、各エージェントがうまく動くには、各エージェントが扱う情報に「かたち」や「向き」や「性質」を用意する仕掛けが必要になる。その代表的な仕掛けがノームやニームなのである。
 ノーム(nome)というのは、その情報を出力したときに一定のエージェントに決められた反応をおこさせるようになっている仕掛けのことをいう。いわば連絡係だ。この連絡係は知能のためのちょっとした制度化を受けもっている。
 これに対してニーム(neme)は、その情報の出力によって心のなかの状態がばらばらではあっても、とりあえずは断片的に表現できるようにする仕掛けをいう。まだ十全な知の組み立てができていなくとも、とりあえずの“試し運転”ができるようにする仕掛けである。このニームの役割をどのように見るかということについて、当時のぼくも刺激を受けながらあれこれ仮説をめぐらしたものだった。ミンスキーはニームの役割に、さらにいくつかのサブ機能が分担されていると見た。

 そもそもひとつながりの情報や知識は、われわれの意識の奥ではつねに多様なエージェントに分配されている。
 たとえば「リンゴ」という情報は、色、形、おいしさ、故事、それにまつわる体験の記憶といったいくつもの情報断片としてそれぞれのスタック(棚)に分配されていて、それぞれのエージェントの管理に任されている。そこで、われわれが「リンゴ」と聞いたときは、これらのエージェントたちはほぼ同時に起動する。ということは、このように多くのエージェントを同時に動かす多発型の発信点のようなものが、きっとわれわれのどこかにあるはずなのである。ミンスキーはそういう発信点にあたるものを「ポリニーム」とよんだ。
 ポリニームは相手先に確認通信を送る役割をもつ。かんたんなコンファームをする。たとえば「天文学者はスターと結婚した」という文章を聞いたときは、一瞬だけだろうが、スターという言葉が星をめぐるスタックにも配信されているのだということを思い出す。ついで、この迷いを早々に打ち消していく。そういう役割だ。問題はこのようなポリニームが何をきっかけに突出し、逆にポリニームなどを気にしないで思考できるようになるかということである。
 ミンスキーもそのことが気になるとみえ、ある情報の文脈がわれわれの前を通りすぎていくときに、われわれがたくみに何かを手掛かりにポリニームを発見したりわざと出没させないようにしているのは、きっと何かの兆候を見きわめる小エージェントの機能もあるのだろうと見て、それを「ミクロニーム」とよんだ。ミクロニームは偵察的な役割なのである。
 これらはおもしろい見方だったけれど、このようにニームを分割してしだいに小さくしていくと考えたのは、ミンスキーの失敗だった。ニームはそこにもっと小さなニームをもっているのではなく、むしろなんらかの脈絡でトポグラフィックにネットワークされているはずなのだ。

 ところでノームについで、ミンスキーが「プロノーム」(pronome)を提案したのは、ぼくが編集工学を組み上げるにあたっての大きなヒントになった。
 プロノームは、われわれが喋ったり考えたりするときに、心のなかでいままさに活性化しつつある“あの流れ”をうまく取り出すために、何か一時的につかまっている思考の手摺りのようなものをいう。バレリーナが練習をするときに掴む鏡の前の手摺りバーのようなもの、それがプロノームなのだ。
 たしかにわれわれは、何をしているときも何を考えているときも、いろいろなプロノームを使っている。どんなプロノームを使えているかが、思索のちがいをもたらすといってもよいくらいだ。おそらくは跳び箱のようなプロノーム、吊り輪のようなプロノーム、自転車のハンドルのようなプロノーム、そういうものがいくつもあるのであろう。編集工学においても、手摺りとしてのプロノームをどのように独自につくりあげていくかというのが重要になった。

 ノームやニームとはべつに、もうひとつ印象に残ったのは「割り込み」(interruption)ということである。
 われわれはあることを考えていても、誰かとある話をしているときも、それをいったん中断して、異なる注意を喚起させたり思考したりすることができる。そしてまた、元の思考に戻ることができる。これが「割り込み」だ。
 なぜ「割り込み」がおこせるかということは、一つの考えの流れを別の流れが観察しているということを暗示する。あたかも話し中の電話を保留して、回線を変えて別の話をし、また戻るようなものなのだが、われわれの脳のなかでは、その回線どうしが何らかの観察関係にある。ミンスキーはこの「割り込み」が各民族の言語に代名詞を発達させたのではないかと推理している。そうでもあろう。
 われわれはどんな言葉を喋っているときも、何かを考えているときも、実は多様な「言い換えの分岐ネットワーク」の渦中を進んでいるのであって、つまりスイッチをいろいろ入れながら言い換えの枝分かれのうちの一つを選択しているわけなのであって、いざというときは、そのネットワークの枝を別の枝が観察できるようになっているはずなのだ。ここでは説明しないが(詳しくは『知の編集工学』を読んでもらいたい)、ぼくはこのAの枝をBの枝から見るというエクササイズをかなり徹底してやってみたことがある。それで気づいたのは、アタマの中のA視点とB視点の相互関係を観察するのは、そんなに困難なものではないということだった。
 つまり、われわれは「割り込み」ができるのではなく、もともと「割り込み」のような分岐性によって思考や認識をしているというべきなのである。これを一言でいうのなら、思考というものは――「心は」と言ってもいいのだが――割れ目からできている、ということなのである。ミンスキーは、遠いリヒテンベルクや寺田寅彦とつながっていたわけなのである。

参考¶マーヴィン・ミンスキーの「フレーム理論」をはじめとする華々しい業績については、ジェレミー・バーンスタインの『心をもった機械』(岩波書店)が伝記的なことを含めて、詳しい。とくに1956年にミンスキー、マッカーシー、シャノンらが提唱して開催されたダートマス会議をめぐるあたりは、佳日の人工知能派の俊英が何を考えようとしたかを如実に伝えてくれる。その後のミンスキーはMITに移ってシーモア・パパートやディヴィド・マーを招き、黄金時代をつくった。その研究態度はつねに先端的で、かつ理知的であり、最近の「感情のゴール生成機能」の研究でもいまなお未到の分野を走っている。ぼくはモントレーのTEDで出会って以来、何度かその話を聞いてきたが、いつも考えこむような姿勢で抱えているテーマの解剖に向かっていたのが印象的だった。