ほんほん

拾読と老軽ニュース

ほんほん53

◆拾読(しゅうどく)という読み方がある。拾い読み(ピックアップ・リーディング)のことだ。パラパラとページをめくるイメージがあるかもしれないが、そうとはかぎらない。アタマの中のエンジンの「読みモード」スイッチを「早送り」にする。だから速読なのではない。意味の読み取りはノーマルスピードのままなのだ。だから映画のビデオを早送りで見るのとは違う。あれでは会話が聞き取れない。拾読は文字が見えている。
◆最近の拾い読み、いくつか。デイビッド・バリー『動物たちのナビゲーションの謎を解く』(インターシフト)。動物がGPSを持っているのではなく、GPSが分化して動物になったのだ。真木太一編『日本の風』(朝倉書店)。農業気象学のベテランが50をこえる風の意味を「見える」ものにした。風の工学だ。エンツォ・トラヴェルソ『一人称の過去』(未来社)。歴史が「私」の語りによって創造的な可能性を孕みつつも、政治的な曖昧度を広げすぎて一人称の力を失っていく問題を扱った。『全体主義』や『ヨーロッパの内戦』などの歴史学者が歴史語りの人称を問うたのである。鵜飼秀徳『仏教の大東亜戦争』(文春新書)。耳が痛い仏教関係者もいるかもしれないが、この「殺生とは何か」を通らなければ仏教力は浮上しない。
◆また、いくつか。ポール・フルネル『編集者とタブレット』(東京創元社)。紙の本が好きなら必読だ。久しぶりにナンシー関のシリーズ(角川文庫)。『何をいまさら』『何の因果で』『何が何だか』『何もそこまで』など。鬱憤抜きのためにはもってこいである。ぼくは拾読はたいていリクライニングチェアでしているのだが、ナンシー関はそこでは女王さまである。ラニ・シン編『ハリー・スミスは語る』(カンパニー社)。後藤護君が送ってくれた一冊で、黒魔術っぽいけれど、平岡正明っぽい。拾い読みしてすぐに、そうか宇川直宏がずっと以前に話していたあれかと思い出した。野嶋剛『新中国論』(平凡社新書)。香港と台湾を嬲(なぶ)る習近平の意図をまとめたものだが、抉ってはいない。山極寿一『人間社会、ここがおかしい』(毎日文庫)。例によってゴリラが人間を見破っていく。
◆ナンシー関や山極寿一ではないが、何かがおかしいはずなのに、何かがヘンなはずなのに、その原因や正体かがわからないことは多い。科学はそこから始まるのだけれど、このところ「おかしいぞ」が多すぎて、これは文明のせいだとか現在日本のせいだなどと大ざっぱになってきて、まずい。
◆最近のニュース。湊部屋の逸ノ城が優勝したのに盛り上らない。それでいいのか。安倍晋三元首相が応援演説中に銃撃され即死。狙撃犯は母が貢いだ旧統一教会を恨んでの犯行だったようだが、世論のオピニオンは「民主主義への挑戦だ」と言う。それでいいのか。参院選は自民圧勝。維新に中条きよし、れいわに水道橋博士、参政党に神谷宗弊、N党にガーシー。何に向かうのか。コロナまたまた感染爆発して第7波、わが周辺にもちらほら感染者や濃厚接触者が出てきたが、ぼくはいまだマスク着用頻度がきわめて低い。ぼくはこれでいいのか。
◆ロシアとウクライナの歴史と現状について、先だって佐藤優さんに『情報の歴史21』を使いながら本楼で話してもらった。グラゴール文字文化とキリル文化の話、ガリツィア(紅ルーシ)のナショナリズムとイエズス会の話、マイダン革命の奥のウクライナ民族主義者ステパン・バンデラの話などに聞きいった。話は読書指南にもなっていて、防衛研究所の『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)よりも、エマニュエル・トッド『第三次世界大戦はもう始まっている』(文春新書)、副島隆彦『プーチンを罠にはめ、策略に陥れた英米ディープステイト』(秀和システム)を読んだほうがいい、あの戦争の背景思想を知りたければ片山杜秀の『皇国史観』(文春新書)に書いてあることを読んだほうがいいと薦めていた。佐藤さんの話は「謎」が組み合わさるようになっていて、あいかわらず愉快だ。
◆最近のぼくの「老軽(ローカル)ニュース」少々。弁当一人前が一度で平らげられない。残して夜中に半分を食べる。メガネのフレームを太めの黒縁にした。気分転換だ。遠近と近々を誂えた。BS「一番新しい古代史」が終了。やたらに評判がよかったらしい。おしっこが一日10回以上になった。ガマンも効かないので、会合などで何食わぬ顔で立つための「芸」が必要になってきた。早く喋れず、声も響かない。息継ぎと発話のタイミングもずれる。それに座布団がないと、どこに坐ってもお尻が痛い。数年前から痩せているせいだ。そろそろ人前に我が身を晒せないのである。でもタバコは着々ふえている。それはそれ、寝床に入ると黒猫ナカグロがゆっくりくっついて寝る。爺さんどうしの二人寝である。
◆15離が始まって半分まで来た。離学衆も指南陣もいい。37期の花伝所がおわった。これまでになく充実している。新しい世代の活躍も目立ってきた。イシス編集学校が「ぼく」の代わりなのだ。これはコレクティブ・ブレインの創発なのだろうか、やっとの人麻呂代作集団の出現なのだろうか、面影編集一座の旗揚げなのだろうか。とりあえずは、こう言っておく。「師範代、出番ですよ」。

> アーカイブ

閉じる

ウェブ・ユーザビリティ

ヤコブ・ニールセン

MdN 2000

Jakob Nielsen
Designing Web Usability 1999
[訳]篠原稔和 監修・株式会社グエル

 2000年があけた朝、インターネットには約1000万のウェブサイトが“店”を出していた。それから半年で2倍以上に膨れ上がった。
 このぶんだと2002年には1億サイトになる。ページ数でいえばいまがざっと100億ページくらいだろうから、この数倍もしくは数十倍にまで膨れあがるはずである。
 こんなサイトの数はもはやユーザーには使いようがない。これはもはや天体なのだ。ガンジスの真砂だ。でなければたんなる化物である。おまけにそのうちの8割以上はゴミといってよい。
 では、デキのよいサイトにめぐりあうにはどうすればいいか。いい手はないものか。ところがこれが見当がつきにくい。たとえば映画については、カメラワークや役者のうまさや監督の狙いなどは、観客にもある程度はつかめるのに、ウェブサイトについてはいったい何がデキがいいのか、その判断がユーザーには見えてはきていない。いやいや、サイトをつくっている当人たちにもわかっていないのである。いつまでも退屈させられるか、適当に妥協して時間をつぶしているか、たいていはそのいずれかなのだ。

 そこで本書の著者ヤコブ・ニールセンが乗り出した。“インターネット伝道師”の異名のある著者は、80年代後半からハイパーテキストをいじりだし、パソコン・ネットワークにおけるユーザビリティを調査研究しつづけてきた。
 その成果はこれまでもしょっちゅう自分のホームページに紹介していたのだが、ウェブのユーザビリティを本格的に案内するには本を書くしかないとおもって綴ったのが、この本である。たちまち全米ベストセラーになったけれど、ウェブ・ユーザビリティをユーザーに教えるにはアンチデジタルな「本に頼るのが一番」だったというのが、ユーザビリティ獲得の難しさを皮肉に告げている。

 この本は、編集工学的には100点満点で40点ほどのデキだが、ウェブ的には70点以上の“正解”と“注告”になっている。むろんこの正解と注告の意味はユーザビリティを重視したうえでのことで、デザイナーの独創性やウェブエディターの冒険性から判断されているのではない。
 けれども、やはりウェブにはユーザーの活用視点が必要である。俗にウェブ感覚といわれるものだ。とくにしばらくのあいだは、そうでなければ誰もついてこなくなる。すなわち、ユーザーがサイトの“そこ”を走っている、見ている、読んでいる、考えているという擬似感覚をつくる必要がある。それが現状のウェブ技術と結びつかなければならない。この組み合わせをまちがうと、まことに一人よがりのウェブサイトになり、やがて廃墟になっていく。
 こういう失敗がおこるのは、もともとウェブブラウザーが理想にほど遠いインターフェースになっているのが大きな原因で、そのためプルダウンメニューひとつとっても、ブックマークをリスト化することそのことが、とんでもなく煩わしい。
 しかしいまのところは、そういうお粗末な技術をあやして使うしかないのだから、そこで冒険をウェブデザイナーが引き取りすぎるのは、またそのことをプロデューサーやウェブエディターが煽りすぎるのは危険なのである。
 ぼくも1999年1月9日からのISIS第I期の実験で「編集の国」をつくってみて、いかにウェブ・ユーザビリティがすべてを左右しているかを知らされた。この「千夜千冊」もこの実験から生まれたもので、さいわい好評のうちに迎えられてきたようだが、そのほかのメニューには賑わいがなかったものもある。そこで第II期ISISでは一転、「エンサイクロメディア」というとっておきのブックコスモスをお見せするつもりだが、そこではヤコブ・ニールセンの正解と注告を多少は守りたいとおもっている。

 本書の大前提は、ウェブというメディアの特徴を「短い文章で数多くの関連項目にリンクを張るたのしみがあるメディア」というふうにとらえるところにある。
 それだけなら何をすべきかは明快なのだが、ところがもうひとつの特徴がある。それは、ウェブは「広く浅い知識より、一つの知識をいかようにも広め深めていくことが可能なメディア」でもあるということだ。この二つの異なる特徴をいかしたウェブサイトをつくるので、あれこれのワザが試されるということになる。
 おまけに、もうひとつ別の問題がある。ウェブとは「ハイパーテキストの世界」と同義だが、そのハイパーテキストをハイパーテキストっぽく書いたり、演出したりするライターやエディターがまだまだ少なすぎるのだ。映画をつくるには、映画の特徴にふさわしいカメラワークができる技術者と、それにふさわしいシナリオを書ける者や、それにふさわしい役者などがいなくてはならないが、そのようなクリエイティブ・スタッフがウェブには育っていない。また、ウェブをつくる側にそのようなプロの自覚がない。こういう問題もある。
 そこで勇躍、編集技法と編集的デザイン技法のマスターが問われることになるのだが、ぼくが見ているかぎりはなかなかそのような集中的な季節には突入していない。マンガやアニメやビデオに至らない。ロボットやロックに及ばない。ぼくが『遊』をつくったころのような研究もない。とくに日本語サイトはタテ書き表示が困難なことをはじめ、あまりうまいブレークスルーが出てこない。
 というわけで、ニールセンの注告に耳を貸さざるをえなくなるということなのである。

 本書でニールセンが勧めているのは、まずもってウェブサイトはできるだけ単一のインターフェースにしたほうがいいということである。
 そのためには、コンテンツデザインとナビゲーションデザインの特性を明確に分けておくほうがいい。ここが狂うから、かえって単一性を失っていく。そして、その両方のデザインに共通していることとして、ウェブデザインとは「応答時間を速くするためのデザイン」だということを確信するべきだ、とニールセンは言う。
 が、これが難しい。たとえば、小さなヴィジュアルを合言葉のように頻繁に繰り返し使用できるようにすることはダウンロードを楽にするのだが、それをコンテンツとナビゲーションの両方のしくみに通用させるのが、難しい。けれども、それができなければユーザーの退避率は上がるばかりなのである。退避とはユーザーがそのページの途中で逃げ出すことをいう。だいたいどんなサイトであれ、32K~33Kでの退避率は10パーセント以上になっているという調査結果がある。
 かくていろいろ工夫がいることになる。
 まずトップページでユーザーがそこで何をしたくなるかを強く明示する必要がある。イメージにはALTテキスト属性を使うべきである。それにはページ冒頭部で、ブラウザーがレイアウトされた情報のすべてを入手するようにしなければならない。ということはすべてのイメージにWIDTH属性とHEIGHT属性が含むように設計されるべきなのである。
 こういう観点からは、トップページの前におくスプラッシュページに凝るなんてことは、もってのほかだということになる。

 次に、ユーザーはハイパーテキストのリンクを遊びにくるのだから、リンク機能そのものに編集構造を与える。
 リンクで最も重要なことは、そのサイトのリンク機能によってユーザーが何を予想するかということを、作り手がしっかりと把握することである。そのためには「出発のレトリック」と「到着のレトリック」の二つのちがいが見えていなければならない。むろんリンクにはリンクタイトルがいるが、それらリンクタイトルによって、ユーザーがなぜ現在の文脈から離れるべきか、離れるとどのような価値が待っているかという「出発のレトリック」が伝わり、他方、そうやってリンクの宛先に入った瞬間に、自分が到着した文脈がすぐに理解できるための「到着のレトリック」がユーザーに伝わる必要がある。この二つのレトリックがすばやいアフォーダンスによって連動していなければならない
 そのリンクにも最低でも3つがある。「埋めこみリンク」「構造リンク」「連想リンク」である。「埋めこみリンク」はページ内リンクのことで、アンダーラインが引かれた単語や画像が、詳細な情報のあるページの入口になる。「構造リンク」はナビゲーションのためのリンクで、階層を移動するためのリンクになる。これはコンテンツには直接の関係はない。なくてよい。むしろユーザーのアタマの中の活性的編集性を構造的にキックするものでなくてはならない。「連想リンク」は“脇見”をおもしろくさせるためのもので、ニールセンはあまり重視していないが、実は最もサイトの特質があらわれるものなので、いちがいにルールは決められない。が、編集工学的にはここには全力を傾注すべきなのである。ぼくと編集工学研究所がつくった「京都デジタルアーカイブMIYAKO」の連想ボタンなどが参考になるだろう。

 いずれにしてもホームページからしかサイトに入れないようではそのサイトは一巻の終わりである。どこにも入口がなければならないし、どこでもリンク(いわゆる深層リンク)が活躍していなくてはいけない。
 外部サイトからのリンクも見逃せない。賑わいには一元さんだけではダメで、フリの客も入ってもらわなければならない。これを促進にするにはすべてのページのURLを固定することである。ユーザーはリンクが必ず無際限につかえるものとおもって、ページのURLをハイパーテキストリンクとしてコピーし、自分のページに貼りつけるとおもえるようにするためだ。これに加えて、どうしてもユーザー登録や購読料を必要としたいなら、自由にアクセスできるURLを別に用意する。
 ニールセンはこうしたことをあれこれ詳細に検討しながら、話を進めていく。そして、サブサイトを含めたサイトの統一感をだすためには、なんといっても「スタイルシート」を使うべきだということをさかんに勧める。スタイルシートがどれほど役立つかは、ウェブエディターとウェブデザイナーの腕次第。なんともいえない。
 と、まあ、そういうことをあれこれガイドしながら本書が締めくくったことは、次のHOMEという4つの頭文字だった。
  High-quality content
  Often updated
  Minimal download time
  Ease of use
 実にシンプルでごもっとも。反対する気はない。けれども、これだけではより見やすくて便利なホームページがつくれるだけなのである。そこにはウェブ・レボリューションは、ない。それでも本書が役に立つだろうとおもうのは、現在のウェブサイトがあまりに野放図であるからだ。
 最後に一言。このニールセンという人はサン・マイクロシステムズのドン・ゲントナーとアンチ・マッキントッシュ・インターフェース運動を始めた男である。したがって、アップルがどうしても好きだという人は、本書を読まないほうがいいかもしれない。それでもちょっと気になるというなら、まず301ページのコラムから読むといい。