ほんほん

ぼくは「本数寄」なのである

ほんほん54(最終回)

◆慶応義塾大学出版会から「世界を読み解く一冊の本」というシリーズが刊行されている。『旧約聖書』『クルアーン』『三教指帰』『西遊記』『カンタベリー物語』『百科全書』『言海』『伝奇集』『一九八四年』『薔薇の名前』の10冊だ。えっ、たった10冊かよと思うだろうが、その10冊に空海、チョーサー、大槻文彦、エーコが入っているのが絶妙な特色だと思ったほうがいい。ただし原著やその翻訳ではない。それぞれ著者が別にいて、これらを解読している。藤井淳の『三教指帰』を読んだが、なかなかユニークな視点になっていた。
◆千夜千冊では「世界を読み解く一冊」をできるだけ選んできた。これまで書いてきた1800冊の中の300冊から500冊くらいが、そういう本だったと思う。吉本隆明は、本はたいてい自分のかかわりとの関係で読むものだけれど、自分が関心のない本にめぐりあうにはどうすればいいかという問いに対して、それは「書物に含まれている世界」が決めてくれるのだと答えていた。すぐれた本は「書き手が世界をあらわしたくて書いているものだ」というのだ。その通りだろう。
◆ボルヘスは、本は記号の集合体であるけれど、そこに読み手がかかわるとその記号は千変万化に息づいていくと言った。エーコは、本はスプーンやハンマーやハサミ同様に500年前とまったく変わっていない形態のものだけれど、それは「スプーンがあれ以上の形をとれないこと」と同様に、実にすばらしい究極の姿なのであるとみなしていたのだ。
◆たしかに「本」はあの形がいい。四角くて、表紙と裏表紙にページがぎゅっと挟まれて、ちょっと重たげで、本棚に並べると背中が何かを訴えている。これは「物実」(ものざね)もしくは「憑坐」(よりまし)なのだ。
◆ぼくが「本」という形をとったブツにぞっこんになったのは、20代半ばに自分の6畳・3畳のアパートで本棚を手作りしたときあたりからで、そのとき、わずかな蔵書を少しずつカバー自装したせいだった。カバー自装というのは、中身は気にいったのに外見が気にいらない本に適当なカバー材を選んできて、そこにレタリングセットや油性ペンでタイトルなどを付けていったことをいう。物実らしくしておきたかったのだ。これで護法童子が走りまわるようになった。これで「本」と一緒に暮らすようになった。
◆そういうふうになったのは、やっぱり10代に本に夢中になったからで、それがもしギターや算数に夢中になっていたら、別の生き方をしていたのだろうと思う。昆虫学者になっていた可能性もあるし、聴診器や注射器が手放せない診療所に暮らすようになったかもしれない。
◆ぼくは家庭用品や生活用品にからっきし関心がない。自分の部屋にそういうものを揃えたくなかった。もっとはっきり言うと、「生活する」に関心がない。生活は好きな仲間と一緒にいたいという、ただそれだけだ。リラダンとタルホの影響が滲みこんだせいだろう。これがわが生き方だ。だからぼくの日々はいまだにロクな用品に囲まれていない。自動車や電子機器はスタッフに頼っているし、たいていの日々は誰かが介添をしてくれている。つまりは生活オンチなのである。このオンチのせいで生活用品が自分の周辺に不可欠だと思えない。
◆では何が不可欠かというと、それが「本」だった。本が炊飯器で、本が大工道具で、本が食い道楽で、本が旅行で、本が恋愛で、本がうたた寝なのである。そんなことだから、当時から部屋には本だけがふえるだけだったのだ。本以外で大事なのはジャケットとタバコくらい。
◆こんなふうなので、そうとうな読書家ですねえ、さぞかし希覯本や珍本が集まったでしょうねと言われるが、そうなのではない。たしかに読書はするが、たくさんの本を読みたいとは当初から思っていなかった。いまも冊数はカンケーない。「読書するという状態」に、科学や文学や音楽の秘密が隠れていると思っているので、その読書状態をなんとか持続させ拡張させていくための日々をおくることが好きなのだ。だから希覯本はいっさい集めない。文庫本でも十分なのである。
◆もう少し正確に言うと「読むこと」が好きなのだ。もっと正確に言うと「読み」が好きなのだ。さまざまな民族言語による言葉が組み合わさって、それが人麻呂やシェイクスピアやジャン・ジュネやガルシア・マルケスや阿木耀子になってきたということ、その多様性のプロセスと成果を読むことが好きなのだ。
◆これはどちらかといえば、植物や動物の進化を読んでいるのに近い。だから批評したり書評したりするのは、実はほとんど気が向かない。千夜千冊も一度も書評をしようと思って書いてはこなかった。空き番だらけの「本の進化の木」をひとつひとつ埋めているような気分なのだ。
◆ただし、またまた別のことを言うようだが、この文明の流れのなかで、言葉や「読み」が進化してきたなどとは思っていない。人類の思索や表現が進歩してきたとも見ていない。そういう進歩史観はもっていない。むしろ言葉が意味からずれ、何かを隠さざるをえなくなっていく様子や、書くことが「逸脱」をおこしていくのを読むことに、大いなる興味があったのである。
◆つまりは、ぼくの「本好き」は「本数寄」なのである。何かを数寄の状態にしていくための本なのだ。遁世の数寄なのだ。それが70年以上もずうっと続いてきた。千夜千冊はやめられないだろう。また、どこかに本棚を作って進ぜるという仕事も、きっと続くだろう。最近は「本の寺」に関心がある。まったくもって大変なビョーキに罹ったものだ。
◆さて一方、この「ほんほん」コラムはそろそろ「お開き」にしたいと思った。ブックウォッチャーを続けるのもどうかなという気にもなったのだ。別のコラムを始めるかもしれないけれど、どういうものかはわからない。そのときはそのときで、どうぞ御贔屓に。

> アーカイブ

閉じる

「編集知」の世紀

寺田元一

日本評論社 2003

 先だってのイシス編集学校の師範代選考会(二〇〇三年六月)には編集者や主婦や地域リーダーやデザイナーの顔触れに交じって、ちょっと変わった応募者がいた。
 東急エージェンシーのマーケティング・プランナー、旦那さんが高エネルギー研究所の物理学者だという食の専門家で「遊」の探求者、セキスイハイムのトップセールスマンで竹内久美子の好きな営業リーダー、東大工学部で化学エネルギーを研究していた旭化成のプラント設計技師、いろいろな病院の事務長をしている廣松渉派、日本写真印刷の制作室を仕切っている篆刻技師、編集学校の教室でカミングアウトをしてしまったゲイの内科医師、水戸芸術館のプランニング・ディレクターの恩寵派、新日本石油でマネジメント・モデルをつくっているカルト映画派、各地の大型開発を手掛けてきた建築設計マネージャーで編集派、などなどである。
 みんな、おもしろい。師範代になってもらうための面談をしながら、いよいよ編集学校も本格的に多彩になってきたと実感した。すこし社会的にもなってきた。みんな仕事をもっていたり、主婦や学生であったりするのだが、その一方で編集師範をやってみたいというのだ。こうなると、もう、ぼくの編集工学の基本構想がどうのこうのというよりも、次々に自律的な相乗効果があらわれているのだという気がする。編集とはもともとがそういうものなのだ。
 一方、そろそろ誰かが編集工学や編集的世界像をもっとラディカルに、もっと大胆に、もっと尾鰭をつけてまとめてくれたり、システム化してくれたり、アプリの開発をしてくれたりするとありがたいなという気にもなっている。

 すでに第六七一夜の米山優『情報学の基礎』(大村書店)がぼくの編集工学を全面展開していたことを案内したように、そうした試みはしだいに陽の目を見つつあり、ぼくが読んでもなるほどと納得できることがふえてきた。卒論に松岡正剛を選んだ学生も、知っているかぎりでもすでに九人がいる。
 言い出しっぺとしては、そうした成果がぜひとも稔って学界や思想界や、芸術分野や芸能界やメディア業界に、あるいは無名なものの群れの一隅に、あたかもソリトンのごとく波及してほしいと思うばかりである。
 本書もそうした一冊で、著者とはまだ面識がないのだが、手紙とともに贈本されてきた。十八世紀フランスの「市民的公共圏と百科全書の知」を解読するにあたっては、松岡さんの「編集知」の考え方が参考になるので使わせてもらったという手紙だ。とくに序論には、ぼくの著書からの引用とともに著者による松岡解説が試みられていて、この著者にとって「編集知」という概念が必要になっていたことが説明されている。
 ぼくより十歳ほど年下の著者の略歴は、東大で科学哲学をやったあと一橋大学とモンペリエ第三大学で博士号をとって、いくつかの大学勤務をへて、いまは名古屋市立大学にいるようだ。興味深いのはマルセ太郎の芸や人物に惹かれているらしいことで、森正の『マルセ太郎・記憶は弱者にあり』(明石書店)にも名を連ねていた。マルセ太郎は田中泯と木幡和枝が主宰する中野の「プランB」で、長らく独演会をやっていた。
 余談ながら、そういえば米山優も名古屋大学である。いま最もラディカルなインダストリアル・デザイナーの川崎和男は名古屋市立大学である(二〇〇三年現在)。先頭をきって編集学校を瑞々しい振動体にしてくれたのは名古屋の女性起業家リーダーの久野美奈子や主婦の太田眞千代や版画家の小島伸吾だった。どうやら中部の一角には、時ならぬ編集的活火山があるらしい。
 
 本書の内容は一言でいえば、ディドロやダランベールの時代の知に活気があったのは、必ずしも上からの「啓蒙知」が君臨していたせいではなくて、むしろ横に広がり、縦に重なった知のクロス・レファランスをつくりつづけた「編集知」が稼働しつづけたからだったということを、さまざまな史料にもとづいて証そうとしたものである。
 それをハーバーマスの「市民的公共圏」の構想と松岡正剛の「編集的世界観」の見取り図を軸に、最初はサロン・カフェ・劇場に何がおこっていたかをさぐり、ついでそのように動きはじめた知がどのように「情報文化のメディア化」として印刷出版されていったかに光をあてた。とくに重要だと思われたのは、そのような場面には必ず「ヌーヴェリスト」(ゴシップが好きで短いコメントをする者たち)や「ギャルソン」(無名のちょっとした文士たち)が登場して、新たな動向の撹拌や波及に一役買っていたことである。
 こうして著者は、いったい「公論」や「世論」というものは、そもそもが「編集知」として活性化していくものなのではないかということを力説した。中村雄二郎が初期の
常識の編集的役割や創発性に注目していたことが思いあわされる。加えて著者はベンチャー的な起業活動も見落とせないと言う。ぼくは知らなかったのだが、十八世紀フランスはいってみれば最初のベンチャー・スピリットが謳歌されたスモールマネジメント時代だったのである。
 ヴォルテールやモンテスキューやルソーだけが啓蒙者ではなかったというのは、まさにそうだと思う。本来の啓蒙とは、無知蒙昧な民衆を尊大な言葉やうっとりするような意匠で刺激して、いつのまにか踊らせることなどではなかったのだ。もともと「知」はどこにも及んでいるものなのだ。

 あらためていえば、世の歴史のなかで「知の時代」でない時代などというものもない。ヘラクレイトスの時代も明恵の時代も、朱子の時代もゲーテの時代も、レンブラントの時代も孫文の時代も、ずっと「知の時代」だったのだ。
 問題は、そういう知には最初から流行もあり凹凸もあるということ、それらの知の乗り物や運び手にはたえずいちじるしい変化があらわれてキャリアーを交代しているということ、また、ときには劇的なほどのキーワードとホットワードのダイナミックな変更がおこるということなのである。
 このダイナミックな変更には「知」を分母や分子に分けたり、系統樹に仕立てたり、アルファベット順にソートしておくという方法がつかわれる(『百科全書』はアルファベット順だった)。こうした「知」の組み替えを情報編集の歴史と変遷とみれば、それらの動向のすべてには「もうひとつの編集知のアーキテクチャとネットワーク」が動いていたとも見えてくる。フーコーの『知の考古学』はそうした事情を明るみに出した成果であった。
 
 最近、ぼくは井口尊仁君の勧めによってデジタオ・ブックレット「松岡正剛編集セカイ読本」というシリーズを、毎月三冊ずつ刊行することにした(高速本・中速本・低速本に分かれている)。ジャストシステム社をスピンアウトした井口君らが開発したオンデマンド出版のシステムで始まったものではあるが、書店がほしがってくれるため、なかなかの話題になっているらしい(後記=井口君はその後「セカイカメラ」を開発し、頓智ドットのCEOやテレパシー社のCEOになった)。
 そのシリーズに『分母の消息』が入っている。「時代の思想」と「時代をまたぐ思想」とを、同じ分母(デノミネーター)でとらえて対角線を結ぶように記述するという試みをしておいた。デノミネーションといえば分母の変更をさす。世界史上の編集知というものは、そもそもこういう「分母の姿」をそのつど胚胎し、変更しているものだということを書いた。
 たとえば、ここに一曲の歌があるとして、その歌を分子にしたとき、何を分母にもってくるか。音楽性、時代性、言語性が分母にくるたびに分子の意味は変わる。都市、消費生活、政治動向が分母になっても変わる。そうした分母と分子の動静関係こそが時代と時代を超えるものを結んでいくわけなのである。それゆえこうした分母の編集知の動向に気がつくことは、たんに分子の知で結ばれているだけの知を追いかけるよりも、その時代の情報をずっと痛快に読みやすくしてくれる。
 本書は編集知をもって十八世紀のフランスの知の出入りを解読しているものではあるが、それがそのまま時代をまたいで、たとえばライプニッツに突き刺さり、グノーシスをひっくりかえし、空海や西田幾多郎を折り紙にしてしまってもよかったのである。著者にはそうした知も渦巻いている。それらの成果については、今後を期待しておくことにする。

夏の大三角形

デジタオ・ブックレット 松岡正剛編集セカイ読本
低速本 「帝塚山講義」
中速本 「本の読み方」
高速本 「分母の消息」

 われわれは、雑音の海をダイナミックに航海しつづける一艘の小舟という句読点なのである。また巨大な文脈に惑溺しそうな一個の編集子としての引用句なのである。
 これらは必ずしも孤立しはしない。また、必ずしも世界を見失うものではない。そこには分母の動向がぴったりくっついている。そこには波の共有があり、光の共振があり、風の共感がある。たしかに局所には高波が生じ、カタストロフィがおこり、波濤は逆巻くが、それらも含めて情報はひとつながりの風波となって、むしろ非局所的に伝達されるはずなのだ。
 知は思いがけないところでゆさぶられ、忘れたころに書き合わされ、予想のないところで一団を形成するものなのだ。
 そのような知は学者や作家に宿っているとはかぎらない。人格に宿るだけでもない。知は、とりわけ編集知は、ときにコーヒーハウスそのものであり、ときに隣りあう帽子屋と楽器屋であり、ときにノートの片隅であって、ときに部品の集合なのである。分母の消息は、そういうところにも求められる。知を組み立て、知を裏返し、知を書きなおしていくこと、それが今も昔も本来の啓蒙であって、本来の編集なのである。