ほんほん

書物こそ梁山泊である

ほんほん52

◆ミカラデタサビ。いろんなことがミカラデタサビである。できるだけ、そう念(おも)うようになった。齢(よわい)のせいだ。侘びたくもあり、寂びたくもある。とはいえ、読みたい本も言い残していることも、かなりある。
◆コロナのせいにしてからのことか、それともオンラインでそこそこ何でもできると踏んだせいなのか、このところ仕事場に来ない連中が多い。7、8年前から、ずいぶん安易に休むようになっているなと思っていたが、たいていは体調のせいらしく、それならまあ仕方がないかと言い聞かせてきたのだけれど、そんなに休んでいるのにかえって本当に体が悪くなるようで、そのうち病院に行く。そんなことをしていてどうするのかと心配していたら、そこにコロナ・エピデミックが到来して、これらいっさいが正当化されていくように解釈されていった。いや、うちの仕事場だけでなく、仕事相手の職場にもそれを感じる。
◆そんなふうにすることが「働き方改革」やSDGsだと言うのなら、そういう明るいヴィジョンにもとづいた「本位のルール」を遵守する世の中とは、ぼくはとても付き合えない。そういう世なら好きに「世捨て人」していたい。これが高齢特有の老いの繰り言だというなら(まあ、そうだろうが)、それでかまやしない。いやいや、松岡さん、実はわれわれも困っているんです、何かヒントをくださいと言うなら、そういう諸君には21世紀の梁山泊こそがおもしろいということを伝えたい。
◆横尾忠則の『原郷の森』(文藝春秋)が途方もなくおもしろかった。横尾さんの書くもの、たとえば日記や書評もいろいろ読ませてもらったけれど、これはそれらを縦横にまたいだ抜群の集大成の、霊界シンポジウムだった。横尾さんが『神曲』の地獄篇よろしく、ピカソや三島や柴田錬三郎や、川端やデュシャンや日野原センセイや、北斎やキリコやウォーホルと忌憚なく言いたいことを言い合うのである。舞台の仕立てはありきたりなのだが、寄って集(たか)っての座談に加わる参加者たちの発言が本人の主義主張を適確に持ち出しているように横尾さんが仕組んでいるので、霊界シンポの議論のやりとりは、どこもかしこも本位を抉(えぐ)った芸術論としても危機を突く文明論としても、格別だった。なるほど、老いの繰り言はこういうふうに繰るとよかったのか。
◆ポール・デイヴィスの『生物の中の悪魔』(SBクリエイティブ)は、情報生命を解いて出色。生命史にひそむデーモンと情報との一蓮托生を、ここまで迫った試みは少ない。
◆森山未來くんと話した。東京オリンピック開会式の「2分間のソロダンス」があまりにすばらしかったので、遅ればせながらこちらから声をかけ、本楼に出向いてもらって話しこんだのだが、3時間ほどずっと喋りづめだったのに、一分の隙もなかった。いや、というよりも、その「一分の隙」にささっと詰めてくる言葉が高速で、すこぶる刺激に富んでいて、なんとも嬉しかった。この男、すでにしてそうなっているだろうが、さらにそうとうのアーティストになるだろう。
◆末木文美士(すえき・ふみひこ)の本を片っ端から読んでいる。読んでいるだけでは足りなくて、三井寺で2年にわたって末木さんに話しをしてもらうことにした。「還生(げんしょう)の会」と名付けた。日本仏教とはどういうものかを語ってもらう。三井寺の福家長吏とともにぼくが聞き手になり、石山寺の鷲尾座主以下の参加者にコメントをしてもらう。東京でも開くつもりだ。近江ARSのメンバーは、全員が『日本仏教入門』(角川選書)を事前共読をした。ぼくはいま、本気で仏教を一から学びなおしたい。
◆こちらは自分の欠陥を補うためだが、ほったらかしにしていたカール・バルトの読み、および内村鑑三とカール・シュミットの読み直しも始めた。危機神学と境界心性とアルチザン政治学を少しばかり体に突き刺しておくためだ。宗教と政治はもとより裏腹で、その裏腹がいまやかなり薄氷のように表裏一体になってきた。どちらがどちらを破っても、何かが波及していくだろう。この脆い関係は国連やSDGsではどうにもならない。あと十数年以内に、表裏一体が世界を惑わせていく。
◆山本耀司の次の秋冬メンズコレクションの招待状は、黒とアイボリーのトートバックに印刷されている。それがこともあろうに、ぼくが以前に書いた「日本はクソである」という一文なのだ。そんなことをしてショーを愉しみにくるお客さんたちはきっと困るだろうに、ヨウジはそういうことをする。どんな服をどんな男たちが着てお披露目されるのか知らないけれど(だから、こっそり見にいくが)、きっとそこは一陣の風が擦過するような梁山泊になっていることだろう。
◆千夜千冊が1800夜になった。23人のファッションデザイナーを扱ったスザンナ・フランケルの『ヴィジョナリーズ』(Pヴァイン)にした。20年前の本だけれど、世界のモードデザインはそこで止まったままなのである。リアルクローズが蔓延したというよりも、ユニクロが勝ったのだ。
◆故あって高倉健の生きざまとインタヴュー映像を追っている。しばらく健さんと向き合っていると(たとえば『ホタル』映画化についての呟き)、当方、とても深い溜息が出るので困っているが、世の中の「稀有」や「マレビト」とはどういうことかを感じるには欠かせない。
◆もうひとつ、追っていたものがある。甲本ヒロトだ。ブルーハーツからクロマニヨンズまで、年嵩(としかさ)がいってからの心境の吐露なども、あらかた見た。頷けたこと、少なくない。真島昌利が鍵、甲本が鍵穴である。
◆次の千夜千冊エディションは『読書の裏側』だ。何をもって裏側としたのかは手にとって確かめられたい。第1章が「配剤を読む」。何を配剤と見ているのかを感じられたい。口絵に町口覚さんのディレクションで、製本屋の圧搾機が登場する。書物はもとよりフェチの行方を孕んでいなければならない。書物こそ梁山泊である。

> アーカイブ

閉じる

「編集知」の世紀

寺田元一

日本評論社 2003

 先だってのイシス編集学校の師範代選考会(二〇〇三年六月)には編集者や主婦や地域リーダーやデザイナーの顔触れに交じって、ちょっと変わった応募者がいた。
 東急エージェンシーのマーケティング・プランナー、旦那さんが高エネルギー研究所の物理学者だという食の専門家で「遊」の探求者、セキスイハイムのトップセールスマンで竹内久美子の好きな営業リーダー、東大工学部で化学エネルギーを研究していた旭化成のプラント設計技師、いろいろな病院の事務長をしている廣松渉派、日本写真印刷の制作室を仕切っている篆刻技師、編集学校の教室でカミングアウトをしてしまったゲイの内科医師、水戸芸術館のプランニング・ディレクターの恩寵派、新日本石油でマネジメント・モデルをつくっているカルト映画派、各地の大型開発を手掛けてきた建築設計マネージャーで編集派、などなどである。
 みんな、おもしろい。師範代になってもらうための面談をしながら、いよいよ編集学校も本格的に多彩になってきたと実感した。すこし社会的にもなってきた。みんな仕事をもっていたり、主婦や学生であったりするのだが、その一方で編集師範をやってみたいというのだ。こうなると、もう、ぼくの編集工学の基本構想がどうのこうのというよりも、次々に自律的な相乗効果があらわれているのだという気がする。編集とはもともとがそういうものなのだ。
 一方、そろそろ誰かが編集工学や編集的世界像をもっとラディカルに、もっと大胆に、もっと尾鰭をつけてまとめてくれたり、システム化してくれたり、アプリの開発をしてくれたりするとありがたいなという気にもなっている。

 すでに第六七一夜の米山優『情報学の基礎』(大村書店)がぼくの編集工学を全面展開していたことを案内したように、そうした試みはしだいに陽の目を見つつあり、ぼくが読んでもなるほどと納得できることがふえてきた。卒論に松岡正剛を選んだ学生も、知っているかぎりでもすでに九人がいる。
 言い出しっぺとしては、そうした成果がぜひとも稔って学界や思想界や、芸術分野や芸能界やメディア業界に、あるいは無名なものの群れの一隅に、あたかもソリトンのごとく波及してほしいと思うばかりである。
 本書もそうした一冊で、著者とはまだ面識がないのだが、手紙とともに贈本されてきた。十八世紀フランスの「市民的公共圏と百科全書の知」を解読するにあたっては、松岡さんの「編集知」の考え方が参考になるので使わせてもらったという手紙だ。とくに序論には、ぼくの著書からの引用とともに著者による松岡解説が試みられていて、この著者にとって「編集知」という概念が必要になっていたことが説明されている。
 ぼくより十歳ほど年下の著者の略歴は、東大で科学哲学をやったあと一橋大学とモンペリエ第三大学で博士号をとって、いくつかの大学勤務をへて、いまは名古屋市立大学にいるようだ。興味深いのはマルセ太郎の芸や人物に惹かれているらしいことで、森正の『マルセ太郎・記憶は弱者にあり』(明石書店)にも名を連ねていた。マルセ太郎は田中泯と木幡和枝が主宰する中野の「プランB」で、長らく独演会をやっていた。
 余談ながら、そういえば米山優も名古屋大学である。いま最もラディカルなインダストリアル・デザイナーの川崎和男は名古屋市立大学である(二〇〇三年現在)。先頭をきって編集学校を瑞々しい振動体にしてくれたのは名古屋の女性起業家リーダーの久野美奈子や主婦の太田眞千代や版画家の小島伸吾だった。どうやら中部の一角には、時ならぬ編集的活火山があるらしい。
 
 本書の内容は一言でいえば、ディドロやダランベールの時代の知に活気があったのは、必ずしも上からの「啓蒙知」が君臨していたせいではなくて、むしろ横に広がり、縦に重なった知のクロス・レファランスをつくりつづけた「編集知」が稼働しつづけたからだったということを、さまざまな史料にもとづいて証そうとしたものである。
 それをハーバーマスの「市民的公共圏」の構想と松岡正剛の「編集的世界観」の見取り図を軸に、最初はサロン・カフェ・劇場に何がおこっていたかをさぐり、ついでそのように動きはじめた知がどのように「情報文化のメディア化」として印刷出版されていったかに光をあてた。とくに重要だと思われたのは、そのような場面には必ず「ヌーヴェリスト」(ゴシップが好きで短いコメントをする者たち)や「ギャルソン」(無名のちょっとした文士たち)が登場して、新たな動向の撹拌や波及に一役買っていたことである。
 こうして著者は、いったい「公論」や「世論」というものは、そもそもが「編集知」として活性化していくものなのではないかということを力説した。中村雄二郎が初期の
常識の編集的役割や創発性に注目していたことが思いあわされる。加えて著者はベンチャー的な起業活動も見落とせないと言う。ぼくは知らなかったのだが、十八世紀フランスはいってみれば最初のベンチャー・スピリットが謳歌されたスモールマネジメント時代だったのである。
 ヴォルテールやモンテスキューやルソーだけが啓蒙者ではなかったというのは、まさにそうだと思う。本来の啓蒙とは、無知蒙昧な民衆を尊大な言葉やうっとりするような意匠で刺激して、いつのまにか踊らせることなどではなかったのだ。もともと「知」はどこにも及んでいるものなのだ。

 あらためていえば、世の歴史のなかで「知の時代」でない時代などというものもない。ヘラクレイトスの時代も明恵の時代も、朱子の時代もゲーテの時代も、レンブラントの時代も孫文の時代も、ずっと「知の時代」だったのだ。
 問題は、そういう知には最初から流行もあり凹凸もあるということ、それらの知の乗り物や運び手にはたえずいちじるしい変化があらわれてキャリアーを交代しているということ、また、ときには劇的なほどのキーワードとホットワードのダイナミックな変更がおこるということなのである。
 このダイナミックな変更には「知」を分母や分子に分けたり、系統樹に仕立てたり、アルファベット順にソートしておくという方法がつかわれる(『百科全書』はアルファベット順だった)。こうした「知」の組み替えを情報編集の歴史と変遷とみれば、それらの動向のすべてには「もうひとつの編集知のアーキテクチャとネットワーク」が動いていたとも見えてくる。フーコーの『知の考古学』はそうした事情を明るみに出した成果であった。
 
 最近、ぼくは井口尊仁君の勧めによってデジタオ・ブックレット「松岡正剛編集セカイ読本」というシリーズを、毎月三冊ずつ刊行することにした(高速本・中速本・低速本に分かれている)。ジャストシステム社をスピンアウトした井口君らが開発したオンデマンド出版のシステムで始まったものではあるが、書店がほしがってくれるため、なかなかの話題になっているらしい(後記=井口君はその後「セカイカメラ」を開発し、頓智ドットのCEOやテレパシー社のCEOになった)。
 そのシリーズに『分母の消息』が入っている。「時代の思想」と「時代をまたぐ思想」とを、同じ分母(デノミネーター)でとらえて対角線を結ぶように記述するという試みをしておいた。デノミネーションといえば分母の変更をさす。世界史上の編集知というものは、そもそもこういう「分母の姿」をそのつど胚胎し、変更しているものだということを書いた。
 たとえば、ここに一曲の歌があるとして、その歌を分子にしたとき、何を分母にもってくるか。音楽性、時代性、言語性が分母にくるたびに分子の意味は変わる。都市、消費生活、政治動向が分母になっても変わる。そうした分母と分子の動静関係こそが時代と時代を超えるものを結んでいくわけなのである。それゆえこうした分母の編集知の動向に気がつくことは、たんに分子の知で結ばれているだけの知を追いかけるよりも、その時代の情報をずっと痛快に読みやすくしてくれる。
 本書は編集知をもって十八世紀のフランスの知の出入りを解読しているものではあるが、それがそのまま時代をまたいで、たとえばライプニッツに突き刺さり、グノーシスをひっくりかえし、空海や西田幾多郎を折り紙にしてしまってもよかったのである。著者にはそうした知も渦巻いている。それらの成果については、今後を期待しておくことにする。

夏の大三角形

デジタオ・ブックレット 松岡正剛編集セカイ読本
低速本 「帝塚山講義」
中速本 「本の読み方」
高速本 「分母の消息」

 われわれは、雑音の海をダイナミックに航海しつづける一艘の小舟という句読点なのである。また巨大な文脈に惑溺しそうな一個の編集子としての引用句なのである。
 これらは必ずしも孤立しはしない。また、必ずしも世界を見失うものではない。そこには分母の動向がぴったりくっついている。そこには波の共有があり、光の共振があり、風の共感がある。たしかに局所には高波が生じ、カタストロフィがおこり、波濤は逆巻くが、それらも含めて情報はひとつながりの風波となって、むしろ非局所的に伝達されるはずなのだ。
 知は思いがけないところでゆさぶられ、忘れたころに書き合わされ、予想のないところで一団を形成するものなのだ。
 そのような知は学者や作家に宿っているとはかぎらない。人格に宿るだけでもない。知は、とりわけ編集知は、ときにコーヒーハウスそのものであり、ときに隣りあう帽子屋と楽器屋であり、ときにノートの片隅であって、ときに部品の集合なのである。分母の消息は、そういうところにも求められる。知を組み立て、知を裏返し、知を書きなおしていくこと、それが今も昔も本来の啓蒙であって、本来の編集なのである。