ほんほん

ぼくは「本数寄」なのである

ほんほん54(最終回)

◆慶応義塾大学出版会から「世界を読み解く一冊の本」というシリーズが刊行されている。『旧約聖書』『クルアーン』『三教指帰』『西遊記』『カンタベリー物語』『百科全書』『言海』『伝奇集』『一九八四年』『薔薇の名前』の10冊だ。えっ、たった10冊かよと思うだろうが、その10冊に空海、チョーサー、大槻文彦、エーコが入っているのが絶妙な特色だと思ったほうがいい。ただし原著やその翻訳ではない。それぞれ著者が別にいて、これらを解読している。藤井淳の『三教指帰』を読んだが、なかなかユニークな視点になっていた。
◆千夜千冊では「世界を読み解く一冊」をできるだけ選んできた。これまで書いてきた1800冊の中の300冊から500冊くらいが、そういう本だったと思う。吉本隆明は、本はたいてい自分のかかわりとの関係で読むものだけれど、自分が関心のない本にめぐりあうにはどうすればいいかという問いに対して、それは「書物に含まれている世界」が決めてくれるのだと答えていた。すぐれた本は「書き手が世界をあらわしたくて書いているものだ」というのだ。その通りだろう。
◆ボルヘスは、本は記号の集合体であるけれど、そこに読み手がかかわるとその記号は千変万化に息づいていくと言った。エーコは、本はスプーンやハンマーやハサミ同様に500年前とまったく変わっていない形態のものだけれど、それは「スプーンがあれ以上の形をとれないこと」と同様に、実にすばらしい究極の姿なのであるとみなしていたのだ。
◆たしかに「本」はあの形がいい。四角くて、表紙と裏表紙にページがぎゅっと挟まれて、ちょっと重たげで、本棚に並べると背中が何かを訴えている。これは「物実」(ものざね)もしくは「憑坐」(よりまし)なのだ。
◆ぼくが「本」という形をとったブツにぞっこんになったのは、20代半ばに自分の6畳・3畳のアパートで本棚を手作りしたときあたりからで、そのとき、わずかな蔵書を少しずつカバー自装したせいだった。カバー自装というのは、中身は気にいったのに外見が気にいらない本に適当なカバー材を選んできて、そこにレタリングセットや油性ペンでタイトルなどを付けていったことをいう。物実らしくしておきたかったのだ。これで護法童子が走りまわるようになった。これで「本」と一緒に暮らすようになった。
◆そういうふうになったのは、やっぱり10代に本に夢中になったからで、それがもしギターや算数に夢中になっていたら、別の生き方をしていたのだろうと思う。昆虫学者になっていた可能性もあるし、聴診器や注射器が手放せない診療所に暮らすようになったかもしれない。
◆ぼくは家庭用品や生活用品にからっきし関心がない。自分の部屋にそういうものを揃えたくなかった。もっとはっきり言うと、「生活する」に関心がない。生活は好きな仲間と一緒にいたいという、ただそれだけだ。リラダンとタルホの影響が滲みこんだせいだろう。これがわが生き方だ。だからぼくの日々はいまだにロクな用品に囲まれていない。自動車や電子機器はスタッフに頼っているし、たいていの日々は誰かが介添をしてくれている。つまりは生活オンチなのである。このオンチのせいで生活用品が自分の周辺に不可欠だと思えない。
◆では何が不可欠かというと、それが「本」だった。本が炊飯器で、本が大工道具で、本が食い道楽で、本が旅行で、本が恋愛で、本がうたた寝なのである。そんなことだから、当時から部屋には本だけがふえるだけだったのだ。本以外で大事なのはジャケットとタバコくらい。
◆こんなふうなので、そうとうな読書家ですねえ、さぞかし希覯本や珍本が集まったでしょうねと言われるが、そうなのではない。たしかに読書はするが、たくさんの本を読みたいとは当初から思っていなかった。いまも冊数はカンケーない。「読書するという状態」に、科学や文学や音楽の秘密が隠れていると思っているので、その読書状態をなんとか持続させ拡張させていくための日々をおくることが好きなのだ。だから希覯本はいっさい集めない。文庫本でも十分なのである。
◆もう少し正確に言うと「読むこと」が好きなのだ。もっと正確に言うと「読み」が好きなのだ。さまざまな民族言語による言葉が組み合わさって、それが人麻呂やシェイクスピアやジャン・ジュネやガルシア・マルケスや阿木耀子になってきたということ、その多様性のプロセスと成果を読むことが好きなのだ。
◆これはどちらかといえば、植物や動物の進化を読んでいるのに近い。だから批評したり書評したりするのは、実はほとんど気が向かない。千夜千冊も一度も書評をしようと思って書いてはこなかった。空き番だらけの「本の進化の木」をひとつひとつ埋めているような気分なのだ。
◆ただし、またまた別のことを言うようだが、この文明の流れのなかで、言葉や「読み」が進化してきたなどとは思っていない。人類の思索や表現が進歩してきたとも見ていない。そういう進歩史観はもっていない。むしろ言葉が意味からずれ、何かを隠さざるをえなくなっていく様子や、書くことが「逸脱」をおこしていくのを読むことに、大いなる興味があったのである。
◆つまりは、ぼくの「本好き」は「本数寄」なのである。何かを数寄の状態にしていくための本なのだ。遁世の数寄なのだ。それが70年以上もずうっと続いてきた。千夜千冊はやめられないだろう。また、どこかに本棚を作って進ぜるという仕事も、きっと続くだろう。最近は「本の寺」に関心がある。まったくもって大変なビョーキに罹ったものだ。
◆さて一方、この「ほんほん」コラムはそろそろ「お開き」にしたいと思った。ブックウォッチャーを続けるのもどうかなという気にもなったのだ。別のコラムを始めるかもしれないけれど、どういうものかはわからない。そのときはそのときで、どうぞ御贔屓に。

> アーカイブ

閉じる

建築書

ウィトルーウィウス

東海大学出版会 1969・1979

Vitruvius
De Architectura Libri Decem 前1世紀
[訳]森田慶一

 これより古い建築はあるが、これより古い建築書はない。わずかに漢代中国に断片や規矩(きく)術が遺るくらいである。
 だから本書は世界建築学史上において、きわめて貴重な一冊だということになる。建築書としてだけではなく、ユークリッドの『幾何原論』、プトレマイオスの『アルマゲスト』と並ぶ“世界模型の原理”を打ち立てた決定的な記念碑でもあった。こんな建築書はその後は1452年にアルベルティが『建築十書』を著わすまで、まったく出現しなかった。だいたいアルベルティの書名にして、この『建築書』が十書で構成されていることの踏襲だった。
 ただ残念なことに、著者のウィトルーウィウス(表記はヴィトルヴィウスとも)についてはいまのところ出自も経歴も何もわかっていない。紀元前後か紀元前1世紀ころの人物だったということが推定できる程度なのだ。きっとユリウス=カエサルやアウグストゥスの依頼で、大規模な建築や技術開発にかかわっていただろう。さぞかしブルネッレスキやミケランジェロほどの大活躍をしたのだろうかと思われる。
 したがってここで重要なのはウィトルーウィウス個人のことではなくて、当時の状況的な集合人物としてのウィトルーウィウスということになる。とくにそのころ「建築」architecturaとは、たんなる建築術だけではなくて、「諸技術の原理的知識を擁した職人たちの制作を促し指導しうる工匠の術の全般にかかわること」をさしていたということ、すなわち都市文化の全知全能をめぐるための技法書が「建築書」だったということを知っておく必要がある。

 ぼくが本書に出会ったのは1969年だった。この年、東海大学出版会から本書の前身にあたる『ウィトルーウィウス建築書』が東海大学古典叢書の一冊として翻訳刊行された。
 三宿の三徳荘で貧乏暮らしをしていた身にはとうてい手の出ないものだったが、数年前から東海大学の仕事をしていた縁で、大学の広報部長さんに貰った。「ふうん、君こんなもんに関心があるのか、建築をめざしてるの?」と言われた。函入りの分厚い立派な一冊は対訳になっていて、まさに古代ローマのありとあらゆる知音というべきが地響きをたてていた。
 すぐに読んだわけではなかったが、フランシス・イエイツにも鼓舞され、いつしか通読していたうちに、言いようのない感銘をうけていた。これは博物学であって百科全書であり、建築技法書であって軍事書であり、かつ天文学にも自然学にも人間学にも芸術論にもなっている。
 最初にガーンとやられたのは、ウィトルーウィウスの言う建築術が、タクシス、ディアテシス、オイコノミアの3つによって成立していたということだったように憶う。タクシスは「建築構成された肢体が度に適うこと」を、ディアテシスは「配置と組立てに齟齬がないこと」を、オイコノミアは「建築肢体の外貌がシンメトリーをどのように含むかということ」をあらわしている。これはどう見ても完璧な取り組みである。
 これだけでもぼくとしては満足なのだが、ウィトルーウィウスはこの原理にもとづいて、こんなふうな分類と定義をしてみせる。
 まずは建築家が携わるべき部門を(1)建物をつくる、(2)日時計をつくる、(3)器械をつくる、に分ける。日時計と器械がルーチンになっているところがこの時代を特徴づけている。
 (1)の建物は、さらに「公用地の公共建造物」と「私人の家」に分けられて、公共建築物の建て方には、①防御的、②宗教的、③実用的の3種の意図を用意する。これも完璧だ。
 そのうえでこれらに付与されるべきデザイン性として、ウィトルーウィウスは「強さ」(フィルミタス)と「用」(ウティリタス)の重要性をあげ、それこそが「美の理」(ウェヌスタス)の追求すべきものだと主張した。この「美」「強さ」「用」は、のちにヘンリー・ウォットンによってディライト(喜び)、ファームネス(堅固)、コモディティ(利便)と名付けなおされたものでもあるが、しかしながらぼくならば、ウォットンの言い換えよりもウィトルーウィウスの直截に軍配をあげる。

 けれどもここまでは、まさにギリシア的というかヘレニズム的というか、当時の建築家なら考えそうなことだった。ヘレニズムというのはこのくらいの度量も雅量も力量ももっていた。ぼくが感銘をうけたのはこの先のとんでもない先駆性なのである。
 なんとウィトルーウィウスはこれら「建てること」の行為と原理には、そもそも「意味が与えられる意匠」と「意味を与える意匠」という二つの自覚と統合が必要だとみなしたのだ! 
 デザインには「意味の所与」と「意味の付与」とがめざされなければいけないと言ったのだ。まるでシニフィアンとシニフィエだ。おいおい、これはソシュールからメルロ=ポンティをへて今日に至った現代思想そのものではないか。

 ウィトルーウィウスは「あらゆる建造空間は原始的な小屋から出発する」と考えていた。それゆえ人間がどのように最初の定住をしたかということを洞察しきっていた。
 その洞察が「意味が与えられるデザイン」と「意味を与えるデザイン」の洞察につながっていた。ぼくは『建築書』第二書の次のようなくだりを読んで、腰を抜かしたものだった。
 要約すると、こうなのだ。「人間は前かがみではなく直立して歩き回るようになって、手が何を生み出しうるかに気がついたのである」「ついで人間は火の発見によって、初めて相互の往来をするようになったのだ」「この往来が人々に会合をもたらし、集住をもたらした」「こうして最初は木の葉で屋根を葺き、洞窟を探してこれをさらに掘り、しだいに原始的な小屋づくりを始めるようになったのである」。
 「そもそも人間は模倣的であって学習的である」「それゆえどんな住まいの工夫についても、相互に見逃すはずはなく、二股の枝に梁を渡すこと、泥を塗りこめて壁をつくること、雨水を流すための屋根に傾斜をつけることなどは、あっというまに流行したはずである」「問題はこうした住まいの仕組みが確立しても、それが外国に流れて真似されるとき、その地に材料が不足していることにある」「こうして、その地の建築家は新たな工夫に到達するものなのである」「意味が与えられるもの、意味を与えるものを人々が発見するのは、このときである」!
 これはもう、人間の原初の試みの意味のほとんどのことをウィトルーウィウスは書いてしまったというべきだ。

 ウィトルーウィウスの時代はヘレニズムの時代にあたる。すでにギリシア建築は全盛期をおえている。
 ここでヘレニズムを説明する気はないが、紀元前322年のアレキサンドロスの死から紀元前30年のアウグストゥスによるローマ帝国設立までの約300年が、ふつうはヘレニック期にあたる。そのヘレニズムの特色はいろいろあるが、一言でいえば「人間が住む世界」における「知の変化と拡張」を意識的に追求した時期ということになるだろう。これでだいたいは当たっている。
 アレクサンドリアの「ムセイオン」(図書館)に万巻の書物が備わったのをはじめ、地球を測ったヒッパルコスやポセイドニオスやアリスタルコス、幾何学のユークリッドやアルキメデスやアポロニウス、大旅行を企てたピューテアース、デモクリトスやエピクロスの原子哲学者らの実験精神や、ミロのヴィーナスからガンダーラに芽生えた彫刻まで、それらいずれもが「人間の範疇」と「知の変化の範疇」を心得ていた

 とくにヘレニズムを特徴づけるのは都市建築群、なかでも神殿と劇場である。
 コスのアスクレピオス神域の復元図やペルガモンの遺跡群を見ていると、ヘレニズムとはその世界観そのものが宗教的舞台装置だったのではないかと思えてくる。エフェソスの劇場なんて25000人の収容力なのだ。
 デーメトリアスのように都市が二重性をもとうとして、すこぶる動的であったことも注目される。これはいわゆる「シェノイキスモス」とよばれている構造感覚で、都市が二つ以上の共同体を繋いで一個の動的拡張を図ったのである。ヘレニック・バロックとでも言いたくなるほどだ。
 ともかくもヘレニズムの都市建築は、神殿であれ劇場であれ都市そのものであれ、第1には世界内包的であり、第2に動的で、それでいて第3に精緻な構造を好んだのである。ウィトルーウィウスがこの精神の延長にいたことはまちがいがない。
 世界内包的で動的で、それでいて精緻きわまりない構造というもの――。これって、ひょっとして今日の日本がめざすべき構造感覚ではなかったか。