ほんほん

ひさびさ千夜、古代史番組、湖北めぐり

ほんほん51

◆この一カ月、千夜千冊を書きそこねていた。いくつか理由はあるが、それでノルマがはたせなかったという説明にはならない。階段の昇り降りがへたくそだったとか、散髪がどうにもうまくいかなかったとかいうのに似ている。ずっと前のことだが、急に俳句が詠めなくなったり、人前で話すとなんとも食い違うということがあったりしたが、そういうことに近かったのだろうと思う。ロシアのことを書いて取り戻すことにした。
◆関口宏・吉村武彦と一緒に『一番新しい古代史』という番組をやることになった。BS・TBSの毎週土曜日のお昼から放映される。3チームが次々に用意するフリップ上の古代史クロニクルを関口さんが入念に辿っていくのを、ところどころで吉村さんが解説を加え、ところどころでぼくが勝手なイメージをふくらませるというやりかたで進む。1時間番組だが、30分ほどのリハのあと、本番用をだいたい90分か100分を撮って、それをプロダクション・チームが多少の取捨選択をして、絵やキャプションを付けて仕上げる。おかげで事前に、吉村さんの著書を読むのが仕事になった。これは仁義でもある。さきほどは岩波新書の『聖徳太子』と『女帝の古代日本』を再読した。
◆古代史の本はキリなくある。記紀・風土記・六国史をはじめとする史書をべつにすると、多くは研究者たちのもので、ぼくは研究者ではないからこれまでバラバラに、かつ好きに読んできた。なかにはとんでもない仮説に走ったものも少なくないが、それらにもけっこう目を通した。数えたこともないけれど、500冊や1000冊はとっくに超えているだろう。さあ、それで通史的にはどうまとまったのかというと、まとまるわけがない。とくにぼくは古代史の流れよりも古代観念の渦のありかたに関心があるので、万葉の歌や折口の文章に耽るのが醍醐味になってきたから、その手の読書がそうとう多い。これは通史的にはなりえない。間歇泉のような息吹とのつきあいなのだ。
◆それでもふりかえってみると、やはり内藤湖南・津田左右吉・石母田正・井上光貞・直木孝次郎・西嶋定生・小林敏男というふうに発表順・テーマ別にアタマの中に並べなおして、定番史観を眺めてきたようにも思う。研究じみてつまらないように思われるかもしれないけれど、いろいろ読んでいくと、そうなるのだ。それがまた歴史観の錬磨には有効なのだ。しかし、こういう並べなおし読書だけでは何も飛躍がない。歴史は通史がまとまればそれでおもしろいというわけではなく、『鎌倉殿の13人』ではないけれど、自分なりの人物像やドラマ性もギャップも想定できて、かつ一挙に細部に入り込んだり、巨きく俯瞰もできるようにならなければ、歴史を展いているという実感がもてない。
◆こうして結局は、火焔土器の本、スサノオをめぐる本、司馬遷、三韓や加耶についての本、仏教的言説、貴族の日記、新井白石、頼山陽を読み、松本清張や黒岩重吾や山本七平や安彦良和の『ナジム』(徳間書店)にも目を走らせるということになったのである。日本の古代史、実はまだまだ謎が解けてはない。わかってきたのはせいぜい3割くらいだろう。番組がどのくらい光をあてられるかはわからないけれど、多少はご期待いただきたい。
◆近江ARSのメンバーの用意周到な仕立てのおかげで、久々に湖北をめぐった。長浜・菅浦・大音(おおと)・石道寺(しゃくどうじ)・木之本を訪れた。長浜はわが父松岡太十郎の故郷なのである。いまの体力からすると3日の行程は少しきついのだが、存分な準備とサポートによって、いろいろ深い体感をものすることができた。劈頭に願養寺(松岡家の菩提寺)と梨の木墓地(松岡家の墓)に参ったのが、ぼくに湖北のヌミノーゼを散らしてくれた。
◆湖北は汚れていなかった。50年前の白洲正子の感嘆がほぼ残っていた。雨模様の夕方に近江孤篷庵(禅寺・遠州流)で時を偲んだときに、そのことがしっかり伝わってきた。しかしその一方で湖北が何かに堪えているようにも感じて、そこに多少のお手伝いをしなければと思った。帰って和泉佳奈子にも話したことである。
◆「東洋経済」が「世界激震! 先を知るための読書案内」を特集した。「ウクライナ危機の行方がわかる」と銘打って、橋爪大三郎・岡部芳彦・斎藤幸平・佐藤優・羽場久美子・輿那覇潤・津上俊哉・鶴岡路人といった面々が顔をそろえて危機を乗り越えるための本を推薦しているのだが、かなり知られた本が多く、やや失望した。橋爪・佐藤『世界史の分岐点』(SBクリエイティブ)、ウォルター・シャイテル『暴力と不平等の人類史』(東洋経済新報社)、輿那覇『平成史』(文藝春秋)、田中孝幸『13歳からの地政学』(東洋経済新報社)、六鹿茂夫『黒海地域の国際関係』(名古屋大学出版会)、ヨラム・パゾーニ『ナショナリズムの美徳』(東洋経済新報社)、福嶋亮太『ハロー、ユーラシア』(講談社)、イワン・クラステラ『アフター・ヨーロッパ』(岩波書店)、羽場『ヨーロッパの分断と統合』(中央公論新社)、秋山信将・高橋杉雄『「核の忘却」の終わり』(勁草書房)、橋爪『中国VSアメリカ』(河出書房新社)あたりがお薦めだろうか。ドゥーギンとプーチンの間を埋めるチャールズ・クローヴァーの『ユーラシアニズム』(NHK出版)が入っていないのは、どうしたことか。

> アーカイブ

閉じる

文明のなかの博物学

西村三郎

紀伊国屋書店 1999

 モーラ。
 ぼくはモーラに徹することをつねに心掛けてきた。いつもではないが、必ずや定期的にモーラに挑む。
 モーラは神の名前でも、女の名前でもない。モーラとは「網羅」のことで、日本では古来よりモーラを「尽し」とよんできた。『古事記』から水戸光圀の『大日本史』にいたるまで、平安の『口遊(くちずさみ)』から馬琴の『南総里見八犬伝』にいたるまで、また塙保己一の『群書類従』や大槻文彦の『言海』のように、現象や産物や流行や言語を尽して並べることは、それ自体がメソッドであってコンテンツだったのである。
 ぼく自身のモーラ作業は『全宇宙誌』あたりに始まって、『アート・ジャパネスク』『日本の組織』『情報の歴史』というふうにエスカレートして、その後は60万冊から200万冊におよぶ書籍を“知図”として配置する「ISIS図書街」や、最近になってとりくんでいるDVD一人語りで日本史を18巻にわたって走り抜ける「松岡正剛の高速日本史」企画(NTT-EI発売)などになっている。モーラの形も変わってきた。
 なぜこんなにもモーラに挑むかととえば、モーラをしてみなければ見えてこないものがたくさんあるからだ。とくに方法である。たとえば「見立て」の手法はモーラから生まれるし、「かぎり」はモーラが見えなければ限れない。もっと大きいのはモーラによってのみ「世界模型」が見えてくるということである。

 ふつうモーラは「網羅主義」などと揶揄されて、およそ工夫のないダサイ方法だとみなされている。だが、これはまったくまちがっている。むしろモーラの工夫こそが歴史を変えてきた。そう見るべきなのだ。
 その代表的な例が博物誌百科事典本草学辞書である。その対象範囲はまことに広い。なぜならそもそもアリステレスがモーラであって、仏典がモーラなのである。『倶舎論』やフランシス・ベーコンの「森の森」がモーラであって、ダンテの『神曲』や『本草綱目』がモーラなのである。どうしてモーラなき思想や方法の解発がありうるか。
 けれども、近代を迎えてモーラの方法論にも変化があらわれる。たとえば精密な図版をつくること、たとえばリンネのように分類を精緻にすることである。このように新たな体系化をめざしたものを博物学というのだが、本書はその博物学の歴史を主題別に組み直して叙述したもので、とくに博物学的モーラのレベルがたえず東西でシンクロしていたことを強調した。

 著者は在野の研究者である。海洋生物学や海の歴史が初期の研究だったようだが、転じて東西の博物学を渉猟し、そこに重大な対角線と補助線を掘り当てた。
 これまではこの手の博物学史ものは、上野益三や木村陽二郎や荒俣宏の努力によって克明な個別史の探求や周辺地図の見取図がそのつどスケッチされていたけれど、これでいよいよ決定版が届いたというより、ここにおいてやっと東洋と西洋の博物学上の平行現象が初めて俯瞰されたと評価したい。
 著者をここまで東西博物学のシンクロニシティの解明に走らせたのは、日文研の山田慶児さんによる示唆だったようだ。ぼくは詳しいことは知らないのだが、憶測するに、山田さんが東洋の自然学や朱子学や本草学を研究する日本人にもたらした影響力と示唆力は、それだけでもいくつもの賞に値するのではないかとおもう。ついでに言うが、そのような「知のディレクション能力」の評価こそが長らく日本に欠けていた。
 それはともかくも、本書自体も近世近代の博物学と博物誌の例をモーラした。

 いろいろ知らなかったことも書いてあったが、記述は歴史の順番ではなく、ヨーロッパ大博物学時代から入って(リンネの研究についても著書がある)、その時期の江戸の博物趣味の流行を述べ、次に日本の博物学に影響を与えた中国の本草学にふれ、ここでやっとヨーロッパにおける博物学史をふりかえる。
 下巻では、ふたたび近世における東西博物学に戻って、その大流行を引き起こした原因をさぐり、そのうえでその後の発展が東西でまったく異なったものになっていった理由に入っていくという順番になっている。
 とくに下巻がおもしろく、江戸後期の平賀源内や貝原益軒を嚆矢とする博物趣味の流行を俳諧の流行や方言の流行と結びつけているあたりが頷かせた。北村季吟の『山之井』など、たしかに季語の集積回路と分類分別を試みてそこに解説を加え、そこかしこに『本草綱目』を引いていたし、逆に、貝原好古と益軒のような本草学者が季寄せを編集するときは、『日本歳時記』(貞享5年)のように俳諧の体裁を借りていた。
 また安永年間になってからは、たしかに大和言葉や方言の収集がさかんになって、谷川士清の『和訓栞』や安原貞室の『嘉多言=かたこと』や小林一茶の『方言雑集』が刊行されていた。とくに最初の全国的な方言辞典であった会田吾山の『物類称呼』は安永4年なのである。なるほど、こういう流行と博物学ブームは互いに影響しあっていたようなのだ。

 東西の博物趣味のシンクロについてはいくつもの指摘がなされているのだが、たとえば17世紀半ばの西ヨーロッパにおける未曾有のチューリップ・ブームに対しては、ほとんど同時期の日本におけるツバキ・ブームが対応する。
 ツバキは日本が原産ではあるけれど、かつて一度もブームになったことはない。それが元和・寛永期になると突如として爆発的な流行になる。落語の元祖として有名な安楽庵策伝の『百椿集』と書の名人でもあった烏丸光広の『百椿図』の刊行が、寛永7年と8年の1630年とその翌年だから、これはオランダにチューリップ時代が狂い咲きのように始まった時期とまったく重なっている。すぐに伊賀守松平忠晴の『百椿図譜』が追いかけた。
 なぜツバキが流行したか。おそらくは先行する桃山慶長期の茶の湯に椿を茶花とする動向が目立ったことが引き金になっているにちがいない。
 しかしいったん椿が気になってくれば、ここからはモーラなのである。それは東も西も同じことだった。
 著者はこのような東西がシンクロしている背景を調べ、それらは時代が緊張から解放されて相対的な安定期に入った直後のブームであったことを刻印してみせた。西欧ならばそれは「神経の回復」とよばれた時期だったし、日本ならば「元和偃武」とよばれていた弛緩期だったのである。

 モーラ。
 この異様で熱血な、静かな猛然。
 しかし、モーラしてみるということは、実は飛車角金銀ばかりに役割をもたせないで歴史の特質を眺めるという歴史観に深々とつながっている。飛車角金銀ではなくて、むしろ「歩」を次々につかって、その歩をどこで「と金」にするかを考えていくという方法なのだ。
 それは、まさしく歴史が動いている動向そのものでもある。歴史はその渦中では隣りあっている現象を互いに把握していない。モーラはそれらを改めて並べなおし、図版にし、新たな分類軸と見出しを発見する。そして、隣りあったものたちに互いの顔を知らせあう。
 この未知の“隣人隣物隣象”たちが、「えっ、こんなところでお会いできるなんて」などと顔を赫らめる瞬間が嬉しくて、ぼくは明日もモーラの一部を埋める作業に向かっていく。