ほんほん

拾読と老軽ニュース

ほんほん53

◆拾読(しゅうどく)という読み方がある。拾い読み(ピックアップ・リーディング)のことだ。パラパラとページをめくるイメージがあるかもしれないが、そうとはかぎらない。アタマの中のエンジンの「読みモード」スイッチを「早送り」にする。だから速読なのではない。意味の読み取りはノーマルスピードのままなのだ。だから映画のビデオを早送りで見るのとは違う。あれでは会話が聞き取れない。拾読は文字が見えている。
◆最近の拾い読み、いくつか。デイビッド・バリー『動物たちのナビゲーションの謎を解く』(インターシフト)。動物がGPSを持っているのではなく、GPSが分化して動物になったのだ。真木太一編『日本の風』(朝倉書店)。農業気象学のベテランが50をこえる風の意味を「見える」ものにした。風の工学だ。エンツォ・トラヴェルソ『一人称の過去』(未来社)。歴史が「私」の語りによって創造的な可能性を孕みつつも、政治的な曖昧度を広げすぎて一人称の力を失っていく問題を扱った。『全体主義』や『ヨーロッパの内戦』などの歴史学者が歴史語りの人称を問うたのである。鵜飼秀徳『仏教の大東亜戦争』(文春新書)。耳が痛い仏教関係者もいるかもしれないが、この「殺生とは何か」を通らなければ仏教力は浮上しない。
◆また、いくつか。ポール・フルネル『編集者とタブレット』(東京創元社)。紙の本が好きなら必読だ。久しぶりにナンシー関のシリーズ(角川文庫)。『何をいまさら』『何の因果で』『何が何だか』『何もそこまで』など。鬱憤抜きのためにはもってこいである。ぼくは拾読はたいていリクライニングチェアでしているのだが、ナンシー関はそこでは女王さまである。ラニ・シン編『ハリー・スミスは語る』(カンパニー社)。後藤護君が送ってくれた一冊で、黒魔術っぽいけれど、平岡正明っぽい。拾い読みしてすぐに、そうか宇川直宏がずっと以前に話していたあれかと思い出した。野嶋剛『新中国論』(平凡社新書)。香港と台湾を嬲(なぶ)る習近平の意図をまとめたものだが、抉ってはいない。山極寿一『人間社会、ここがおかしい』(毎日文庫)。例によってゴリラが人間を見破っていく。
◆ナンシー関や山極寿一ではないが、何かがおかしいはずなのに、何かがヘンなはずなのに、その原因や正体かがわからないことは多い。科学はそこから始まるのだけれど、このところ「おかしいぞ」が多すぎて、これは文明のせいだとか現在日本のせいだなどと大ざっぱになってきて、まずい。
◆最近のニュース。湊部屋の逸ノ城が優勝したのに盛り上らない。それでいいのか。安倍晋三元首相が応援演説中に銃撃され即死。狙撃犯は母が貢いだ旧統一教会を恨んでの犯行だったようだが、世論のオピニオンは「民主主義への挑戦だ」と言う。それでいいのか。参院選は自民圧勝。維新に中条きよし、れいわに水道橋博士、参政党に神谷宗弊、N党にガーシー。何に向かうのか。コロナまたまた感染爆発して第7波、わが周辺にもちらほら感染者や濃厚接触者が出てきたが、ぼくはいまだマスク着用頻度がきわめて低い。ぼくはこれでいいのか。
◆ロシアとウクライナの歴史と現状について、先だって佐藤優さんに『情報の歴史21』を使いながら本楼で話してもらった。グラゴール文字文化とキリル文化の話、ガリツィア(紅ルーシ)のナショナリズムとイエズス会の話、マイダン革命の奥のウクライナ民族主義者ステパン・バンデラの話などに聞きいった。話は読書指南にもなっていて、防衛研究所の『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)よりも、エマニュエル・トッド『第三次世界大戦はもう始まっている』(文春新書)、副島隆彦『プーチンを罠にはめ、策略に陥れた英米ディープステイト』(秀和システム)を読んだほうがいい、あの戦争の背景思想を知りたければ片山杜秀の『皇国史観』(文春新書)に書いてあることを読んだほうがいいと薦めていた。佐藤さんの話は「謎」が組み合わさるようになっていて、あいかわらず愉快だ。
◆最近のぼくの「老軽(ローカル)ニュース」少々。弁当一人前が一度で平らげられない。残して夜中に半分を食べる。メガネのフレームを太めの黒縁にした。気分転換だ。遠近と近々を誂えた。BS「一番新しい古代史」が終了。やたらに評判がよかったらしい。おしっこが一日10回以上になった。ガマンも効かないので、会合などで何食わぬ顔で立つための「芸」が必要になってきた。早く喋れず、声も響かない。息継ぎと発話のタイミングもずれる。それに座布団がないと、どこに坐ってもお尻が痛い。数年前から痩せているせいだ。そろそろ人前に我が身を晒せないのである。でもタバコは着々ふえている。それはそれ、寝床に入ると黒猫ナカグロがゆっくりくっついて寝る。爺さんどうしの二人寝である。
◆15離が始まって半分まで来た。離学衆も指南陣もいい。37期の花伝所がおわった。これまでになく充実している。新しい世代の活躍も目立ってきた。イシス編集学校が「ぼく」の代わりなのだ。これはコレクティブ・ブレインの創発なのだろうか、やっとの人麻呂代作集団の出現なのだろうか、面影編集一座の旗揚げなのだろうか。とりあえずは、こう言っておく。「師範代、出番ですよ」。

> アーカイブ

閉じる

文明のなかの博物学

西村三郎

紀伊国屋書店 1999

 モーラ。
 ぼくはモーラに徹することをつねに心掛けてきた。いつもではないが、必ずや定期的にモーラに挑む。
 モーラは神の名前でも、女の名前でもない。モーラとは「網羅」のことで、日本では古来よりモーラを「尽し」とよんできた。『古事記』から水戸光圀の『大日本史』にいたるまで、平安の『口遊(くちずさみ)』から馬琴の『南総里見八犬伝』にいたるまで、また塙保己一の『群書類従』や大槻文彦の『言海』のように、現象や産物や流行や言語を尽して並べることは、それ自体がメソッドであってコンテンツだったのである。
 ぼく自身のモーラ作業は『全宇宙誌』あたりに始まって、『アート・ジャパネスク』『日本の組織』『情報の歴史』というふうにエスカレートして、その後は60万冊から200万冊におよぶ書籍を“知図”として配置する「ISIS図書街」や、最近になってとりくんでいるDVD一人語りで日本史を18巻にわたって走り抜ける「松岡正剛の高速日本史」企画(NTT-EI発売)などになっている。モーラの形も変わってきた。
 なぜこんなにもモーラに挑むかととえば、モーラをしてみなければ見えてこないものがたくさんあるからだ。とくに方法である。たとえば「見立て」の手法はモーラから生まれるし、「かぎり」はモーラが見えなければ限れない。もっと大きいのはモーラによってのみ「世界模型」が見えてくるということである。

 ふつうモーラは「網羅主義」などと揶揄されて、およそ工夫のないダサイ方法だとみなされている。だが、これはまったくまちがっている。むしろモーラの工夫こそが歴史を変えてきた。そう見るべきなのだ。
 その代表的な例が博物誌百科事典本草学辞書である。その対象範囲はまことに広い。なぜならそもそもアリステレスがモーラであって、仏典がモーラなのである。『倶舎論』やフランシス・ベーコンの「森の森」がモーラであって、ダンテの『神曲』や『本草綱目』がモーラなのである。どうしてモーラなき思想や方法の解発がありうるか。
 けれども、近代を迎えてモーラの方法論にも変化があらわれる。たとえば精密な図版をつくること、たとえばリンネのように分類を精緻にすることである。このように新たな体系化をめざしたものを博物学というのだが、本書はその博物学の歴史を主題別に組み直して叙述したもので、とくに博物学的モーラのレベルがたえず東西でシンクロしていたことを強調した。

 著者は在野の研究者である。海洋生物学や海の歴史が初期の研究だったようだが、転じて東西の博物学を渉猟し、そこに重大な対角線と補助線を掘り当てた。
 これまではこの手の博物学史ものは、上野益三や木村陽二郎や荒俣宏の努力によって克明な個別史の探求や周辺地図の見取図がそのつどスケッチされていたけれど、これでいよいよ決定版が届いたというより、ここにおいてやっと東洋と西洋の博物学上の平行現象が初めて俯瞰されたと評価したい。
 著者をここまで東西博物学のシンクロニシティの解明に走らせたのは、日文研の山田慶児さんによる示唆だったようだ。ぼくは詳しいことは知らないのだが、憶測するに、山田さんが東洋の自然学や朱子学や本草学を研究する日本人にもたらした影響力と示唆力は、それだけでもいくつもの賞に値するのではないかとおもう。ついでに言うが、そのような「知のディレクション能力」の評価こそが長らく日本に欠けていた。
 それはともかくも、本書自体も近世近代の博物学と博物誌の例をモーラした。

 いろいろ知らなかったことも書いてあったが、記述は歴史の順番ではなく、ヨーロッパ大博物学時代から入って(リンネの研究についても著書がある)、その時期の江戸の博物趣味の流行を述べ、次に日本の博物学に影響を与えた中国の本草学にふれ、ここでやっとヨーロッパにおける博物学史をふりかえる。
 下巻では、ふたたび近世における東西博物学に戻って、その大流行を引き起こした原因をさぐり、そのうえでその後の発展が東西でまったく異なったものになっていった理由に入っていくという順番になっている。
 とくに下巻がおもしろく、江戸後期の平賀源内や貝原益軒を嚆矢とする博物趣味の流行を俳諧の流行や方言の流行と結びつけているあたりが頷かせた。北村季吟の『山之井』など、たしかに季語の集積回路と分類分別を試みてそこに解説を加え、そこかしこに『本草綱目』を引いていたし、逆に、貝原好古と益軒のような本草学者が季寄せを編集するときは、『日本歳時記』(貞享5年)のように俳諧の体裁を借りていた。
 また安永年間になってからは、たしかに大和言葉や方言の収集がさかんになって、谷川士清の『和訓栞』や安原貞室の『嘉多言=かたこと』や小林一茶の『方言雑集』が刊行されていた。とくに最初の全国的な方言辞典であった会田吾山の『物類称呼』は安永4年なのである。なるほど、こういう流行と博物学ブームは互いに影響しあっていたようなのだ。

 東西の博物趣味のシンクロについてはいくつもの指摘がなされているのだが、たとえば17世紀半ばの西ヨーロッパにおける未曾有のチューリップ・ブームに対しては、ほとんど同時期の日本におけるツバキ・ブームが対応する。
 ツバキは日本が原産ではあるけれど、かつて一度もブームになったことはない。それが元和・寛永期になると突如として爆発的な流行になる。落語の元祖として有名な安楽庵策伝の『百椿集』と書の名人でもあった烏丸光広の『百椿図』の刊行が、寛永7年と8年の1630年とその翌年だから、これはオランダにチューリップ時代が狂い咲きのように始まった時期とまったく重なっている。すぐに伊賀守松平忠晴の『百椿図譜』が追いかけた。
 なぜツバキが流行したか。おそらくは先行する桃山慶長期の茶の湯に椿を茶花とする動向が目立ったことが引き金になっているにちがいない。
 しかしいったん椿が気になってくれば、ここからはモーラなのである。それは東も西も同じことだった。
 著者はこのような東西がシンクロしている背景を調べ、それらは時代が緊張から解放されて相対的な安定期に入った直後のブームであったことを刻印してみせた。西欧ならばそれは「神経の回復」とよばれた時期だったし、日本ならば「元和偃武」とよばれていた弛緩期だったのである。

 モーラ。
 この異様で熱血な、静かな猛然。
 しかし、モーラしてみるということは、実は飛車角金銀ばかりに役割をもたせないで歴史の特質を眺めるという歴史観に深々とつながっている。飛車角金銀ではなくて、むしろ「歩」を次々につかって、その歩をどこで「と金」にするかを考えていくという方法なのだ。
 それは、まさしく歴史が動いている動向そのものでもある。歴史はその渦中では隣りあっている現象を互いに把握していない。モーラはそれらを改めて並べなおし、図版にし、新たな分類軸と見出しを発見する。そして、隣りあったものたちに互いの顔を知らせあう。
 この未知の“隣人隣物隣象”たちが、「えっ、こんなところでお会いできるなんて」などと顔を赫らめる瞬間が嬉しくて、ぼくは明日もモーラの一部を埋める作業に向かっていく。