ほんほん

ひさびさ千夜、古代史番組、湖北めぐり

ほんほん51

◆この一カ月、千夜千冊を書きそこねていた。いくつか理由はあるが、それでノルマがはたせなかったという説明にはならない。階段の昇り降りがへたくそだったとか、散髪がどうにもうまくいかなかったとかいうのに似ている。ずっと前のことだが、急に俳句が詠めなくなったり、人前で話すとなんとも食い違うということがあったりしたが、そういうことに近かったのだろうと思う。ロシアのことを書いて取り戻すことにした。
◆関口宏・吉村武彦と一緒に『一番新しい古代史』という番組をやることになった。BS・TBSの毎週土曜日のお昼から放映される。3チームが次々に用意するフリップ上の古代史クロニクルを関口さんが入念に辿っていくのを、ところどころで吉村さんが解説を加え、ところどころでぼくが勝手なイメージをふくらませるというやりかたで進む。1時間番組だが、30分ほどのリハのあと、本番用をだいたい90分か100分を撮って、それをプロダクション・チームが多少の取捨選択をして、絵やキャプションを付けて仕上げる。おかげで事前に、吉村さんの著書を読むのが仕事になった。これは仁義でもある。さきほどは岩波新書の『聖徳太子』と『女帝の古代日本』を再読した。
◆古代史の本はキリなくある。記紀・風土記・六国史をはじめとする史書をべつにすると、多くは研究者たちのもので、ぼくは研究者ではないからこれまでバラバラに、かつ好きに読んできた。なかにはとんでもない仮説に走ったものも少なくないが、それらにもけっこう目を通した。数えたこともないけれど、500冊や1000冊はとっくに超えているだろう。さあ、それで通史的にはどうまとまったのかというと、まとまるわけがない。とくにぼくは古代史の流れよりも古代観念の渦のありかたに関心があるので、万葉の歌や折口の文章に耽るのが醍醐味になってきたから、その手の読書がそうとう多い。これは通史的にはなりえない。間歇泉のような息吹とのつきあいなのだ。
◆それでもふりかえってみると、やはり内藤湖南・津田左右吉・石母田正・井上光貞・直木孝次郎・西嶋定生・小林敏男というふうに発表順・テーマ別にアタマの中に並べなおして、定番史観を眺めてきたようにも思う。研究じみてつまらないように思われるかもしれないけれど、いろいろ読んでいくと、そうなるのだ。それがまた歴史観の錬磨には有効なのだ。しかし、こういう並べなおし読書だけでは何も飛躍がない。歴史は通史がまとまればそれでおもしろいというわけではなく、『鎌倉殿の13人』ではないけれど、自分なりの人物像やドラマ性もギャップも想定できて、かつ一挙に細部に入り込んだり、巨きく俯瞰もできるようにならなければ、歴史を展いているという実感がもてない。
◆こうして結局は、火焔土器の本、スサノオをめぐる本、司馬遷、三韓や加耶についての本、仏教的言説、貴族の日記、新井白石、頼山陽を読み、松本清張や黒岩重吾や山本七平や安彦良和の『ナジム』(徳間書店)にも目を走らせるということになったのである。日本の古代史、実はまだまだ謎が解けてはない。わかってきたのはせいぜい3割くらいだろう。番組がどのくらい光をあてられるかはわからないけれど、多少はご期待いただきたい。
◆近江ARSのメンバーの用意周到な仕立てのおかげで、久々に湖北をめぐった。長浜・菅浦・大音(おおと)・石道寺(しゃくどうじ)・木之本を訪れた。長浜はわが父松岡太十郎の故郷なのである。いまの体力からすると3日の行程は少しきついのだが、存分な準備とサポートによって、いろいろ深い体感をものすることができた。劈頭に願養寺(松岡家の菩提寺)と梨の木墓地(松岡家の墓)に参ったのが、ぼくに湖北のヌミノーゼを散らしてくれた。
◆湖北は汚れていなかった。50年前の白洲正子の感嘆がほぼ残っていた。雨模様の夕方に近江孤篷庵(禅寺・遠州流)で時を偲んだときに、そのことがしっかり伝わってきた。しかしその一方で湖北が何かに堪えているようにも感じて、そこに多少のお手伝いをしなければと思った。帰って和泉佳奈子にも話したことである。
◆「東洋経済」が「世界激震! 先を知るための読書案内」を特集した。「ウクライナ危機の行方がわかる」と銘打って、橋爪大三郎・岡部芳彦・斎藤幸平・佐藤優・羽場久美子・輿那覇潤・津上俊哉・鶴岡路人といった面々が顔をそろえて危機を乗り越えるための本を推薦しているのだが、かなり知られた本が多く、やや失望した。橋爪・佐藤『世界史の分岐点』(SBクリエイティブ)、ウォルター・シャイテル『暴力と不平等の人類史』(東洋経済新報社)、輿那覇『平成史』(文藝春秋)、田中孝幸『13歳からの地政学』(東洋経済新報社)、六鹿茂夫『黒海地域の国際関係』(名古屋大学出版会)、ヨラム・パゾーニ『ナショナリズムの美徳』(東洋経済新報社)、福嶋亮太『ハロー、ユーラシア』(講談社)、イワン・クラステラ『アフター・ヨーロッパ』(岩波書店)、羽場『ヨーロッパの分断と統合』(中央公論新社)、秋山信将・高橋杉雄『「核の忘却」の終わり』(勁草書房)、橋爪『中国VSアメリカ』(河出書房新社)あたりがお薦めだろうか。ドゥーギンとプーチンの間を埋めるチャールズ・クローヴァーの『ユーラシアニズム』(NHK出版)が入っていないのは、どうしたことか。

> アーカイブ

閉じる

テンプル騎士団

レジーヌ・ペルヌー

白水社クセジュ文庫 1977

Regine Pernoud
Les Templiers 1974
[訳]橋口倫介

 ぼくの「好き勝手なヨーロッパ学」とでもいうべきものがあるとすれば、いくつかの事蹟や現象や人物にときどき執着したことにもとづいているのだろうとおもう。
 関心をもった順にいうと、最初は未来派とゲーテと数学者ガウスとパリ・コミューンあたりだったとおもう。ついで中世のダンス・マカブル、フンボルト兄弟、修道女ヒルデガルドの体験、七二人訳聖書、ウィリアム・ブレイクダダ古代都市アレキサンドリア、ピタゴラス教団、照明学派イシュラーク、ダンテ原始キリスト教団、ウィリアム・ターナー、ケルト神話、それにつづいてイギリス国教会、バロック、ブルームズベイリー・グループ、文学キャバレー、ドビュッシー、アーサー王伝説、ファン・アイク兄弟、写真技術の歴史ジョン・ラスキンなどに興味が集中した。
 これらはひとつとして大学で習ったものがない。すべて20代の読書で耽った。一冊の本がありさえすれば、いつだってわれわれはケルト神話にも飛べるし、フンボルトの観相学にも遊べるし、パリ・コミューンにも入れるものなのだ。

 ぼくは、いまおもうとほとんど夢遊病だとしかおもえないような理由で、早稲田大学のフランス文学科に入った。マルセル・プルーストをやってみたいという動機である。
 もっとも、この動機はすぐに挫折した。挫折したというより、実はフランス文化を教える日本人に失望したのだが、いまおもうと、失望というには早すぎた。
 ともかくそういう挫折と失望があったので、それで、次から次へとヨーロッパの事象や人物に関心の的が移っていったのである。とくに理由はない。その後、40代が近づくにつれ中国の山水画やインド哲学や日本文化に異常な関心をもつようになるけれども、当時は世界史やヨーロッパの歴史を通観するというのではなくて、ただひたすら興味のある人物や文物に自分の注意と焦点をカーソル・オーバーさせては、それに関連する本を数冊ずつ読むということをやっていた。
 あえて理屈をつければ、ぼく自身の中にひそむ”何かの魂”と一番近いものを探して、ぼくの日々から一番遠い世界に蹲っているものに関心をもったということなのだろうか。それは仏文科で習うことよりよっぽど興奮できるものたちばかりだった。

 それらのひとつにテンプル騎士団があったわけである。 十字軍や教皇の歴史やエルサレムの歴史に関心があったわけではない。ただテンプル騎士団が気になっただけだった。
 ここでは書かないが、テンプル騎士団はいまのぼくには蹲っているものではなくなっている。それは、ドルイド僧からカタリ派からエックハルト神学へという橋の、またカリフの理想都市構想からラテン王国の構想をへてピューリタンたちが新大陸に抱いた構想へという橋の、さらにはトルコ文化とフランス革命を比較したいという奇妙な道筋にかかる橋の、それらの橋の交差するあたりに、海市のごとく見えている。
 けれども、かつてはテンプル騎士団は、その和訳である「聖堂騎士団」という異様な響きのせいなのか、ただたんにぼくにその単一世界に入ってみたいと思わせただけなのである。
 本書もひたすらテンプル騎士団の事歴だけが書いてある。そもそもクセジュ文庫というのは、ぼくのような怪しい空想や連想などしないものなのだ。だからこそ、忠実で威厳のある読書対象となるのでもあった。
 しかし、読書という「いそしみ」には、しばしばこのような歴史への端座をもってその記すところに耳を傾けるということもあるもので、それは、ああだこうだと茶を飲みおわっていっとき夕刻の蝉時雨を聴くようなものなのだ。それはそれで大事なひとときなのである。

 長らくイスラム教徒の手に落ち、ついではセルジューク・トルコ の支配下におかれたエルサレムを、十字軍が奪還したのが1099年である。これでエルサレム巡礼がやっと再興しそうになったのだが、この巡礼ルートにはあいかわらず危険がともなっていた。
 テンプル騎士団が結成されたのは、この巡礼ルートの守護のためだった。1120年ころのこと、初期の9人の仲間にはシャンパーニュ伯ユーグ、クレルヴォー修道院長ベルナールの伯父モンペール、アンジェ領主フールクらがいた。かれらは自分たちのことを「キリストの貧しき騎士たち」とよんで、この仕事に障害を捧げることをエルサレム大司教とエルサレム王に誓った。
 誓いをたてること、それがこのような騎士団が最初にやることである。王はこの騎士たちのためにソロモン王の神殿とよばれていた神殿を与えた。以来、かれらは「タンプリエ」(神殿を守る騎士たち)とよばれることになる。
 こうした騎士団がヨーロッパで初めて誕生したわけではない。すでに聖アウグスティヌスの戒律を遵法する「ヨハネ騎士団」(オスピタリエ)がある。

 テンプル騎士団の最初の”出陣”は、予想に反してバルセロナ解放をめざした。不正をしていると見えた相手なら、そこがたとえ地の涯であろうと、騎士団は正義を行使しに出掛けたのだ。
 が、テンプル騎士団が脚光を浴びたのはルイ7世の第2回十字軍遠征のときである。このとき、のちに騎士団総長になるフランス管区長デ・バールが130人の騎士を集めて駆けつけた。そのうち40人がアスカロンに突入を果たす。
 アスカロンは当時のイスラム圏にとっての地中海沿岸最後の拠点である。イスラムの太守であったトルコ軍はこのアスカロンを守るために周辺の巡礼道を脅かし、エルサレム王ボードワン3世はアスカロンをつぶそうとする。そこへ先頭をきって突入を果たしたのがテンプル騎士団なのである。
 ところがこの40人はトルコ兵に逆襲をうけ、全員が殺される。アフガンに最初に入ったアメリカの部隊が全員惨殺されたようなものである。このニュースがヨーロッパを走ったのだ。
 しかし実は、テンプル騎士団の歴史はすべてが「殉死の歴史」でもあって、このあとも騎士たちは十字軍結成のたびにこれに参画して、勇猛に突入をくりかえすのだが、ことごとく撃退されたのである。とくにイスラムの英雄サラディンの前にも全員虐殺の憂き目を負っている。

 それでも騎士団は、その後も、リチャード獅子心王の封臣を総長とした第3回十字軍、イノケンティウス3世が発動した第4回十字軍、エルサレム王ジャン・ド・ブリエンヌがエジプトを攻撃した第5回十字軍、フリードリヒ2世登場後の第6回十字軍というふうに、平均して10年おきに行軍に加わっていく。
 けれども、テンプル騎士団の軍事的成果はつねに乏しいままだった。にもかかわらず、それは軍隊としての軍事訓練と軍事作戦に一日の長がなかったというだけで、とくに不名誉なことではなかったというところに、この騎士団の宿命的ともいうべき歴史上の独自性がひそんでいた。まるで10年おきに結成されては全滅していく白虎隊のようなのだ。
殉死が目的であったわけはない。それは結果にすぎず、テンプル騎士団の名声はむしろ別なところにあった。名声はその神秘的な組織性と象徴性にあったのだ。

 まず、騎士団は総長(メートル)によって統括されている。誰が総長になるかということが、当時の騎士道の全幅の条件に照らされて決定された。
 総長は側近プリュドム(賢者)、従軍司祭、蹄鉄従士、歩卒などによって守られる。かれらこそ殉死を覚悟の親衛隊である。
 騎士団メンバーはすべて修道騎士である。すなわち修道僧。ただし延暦寺の荒法師のような連中ではなく、厳格な規律戒律を実行することに誇りをもっている。とくに総長に対しては有期契約による絶対服従を誓った。その総長が健康その他の不如意で執務につけない場合は、互選によってセネシャルという総長代行がつく。
 全員が特異な城館に住んでいたことも噂になった。信仰共同体であり、精神軍事組織なのである。おまけにマントは白く、制服は黒または茶の同型衣。朝は「主の祈り」を13回唱え、各時課に7回、晩課に9回を祈り、いくつかの特殊な”マントラ”をもっていた。その他の生活は軍隊式である。
 騎士団は各地に支部をもち、それぞれ下部組織コンフレリー(信心会)と騎士団領と馬と船をもつ。民間からはこのコンフレリーに入りたがる者が続出したという。のみならず、騎士団とコンフレリーの全体はきわめて多様な経済活動をしていたようで、各地で市を開催するほか、ブドウ酒やパンやチーズなどの独自の自製品を大量にもち、かつ独自の貸付制度や為替手形のような制度も発案して、金融にも手を広げていた。

 テンプル騎士団は第22代の総長ジャク・ド・モレーの火あぶりをもって解体する。14世紀初頭、教皇クレメンス5世、フランス国王フィリップ美王時代である。
 解体の理由はテンプル騎士団が秘儀に耽り、男色を奨励し、魔法をつかったというもので、いわば魔女扱いならぬ魔男扱いをされたせいである。金融活動や職人組合をはじめとする各種の互助会活動に目がつけられたとも憶測されている。
 いずれにしてもテンプル騎士団の全財産は没収され、ヨハネ騎士団に移される。そのぶん、この騎士団にまつわるあることないことの伝説がヨーロッパ中を席巻し、そこから例の鉄仮面物語、怪傑ゾロ伝承の原型、三銃士物語の原型などが派生した。
 ぼくはその後はあまり追いかけてないのだが、騎士団には行く先々に書きつけた特殊な壁文字、すなわち「秘文字」もあったといわれる。かつて北原白秋、日夏耿之介、塚本邦雄が詩文の中に憧れたことである。

参考¶テンプル騎士団の全体像を浮き上がらせるには、入手しやすい図書が十分になっているとはいいがたい。まず同じクセジュ文庫に『騎士道』『十字軍』『十字軍の研究』『中世ヨーロッパの生活』『異端審問』『秘密結社』(白水社)などがあるが、これらと本書をあわせても全貌は見えない。そこでわが国の騎士団研究の第一人者・橋口倫介の『騎士団』(近藤出版社)、『騎士の城』(人物往来社)、『十字軍』(岩波新書)や、レオン・クリスティアニの『異端小史』(ドン・ボスコ社)、篠田雄次郎『聖堂騎士団』(中公新書)、阿部謹也『ドイツ中世後期の世界』(未来社)などを併読する。ところがこれでは騎士団の背後の騎士道がわからない。そこで騎士道ものを読むことになるのだが、これは参考図書がものすごく多い。シドニー・ペインターの『フランス騎士道』(松柏社)、ドイツ騎士団の歴史を扱ったフリードリヒ・フォン・ラウマーの大著『騎士の時代』(法政大学出版会)、それにグラント・オーデンの『西洋騎士道事典』(原書房)をあげておく。