ほんほん

拾読と老軽ニュース

ほんほん53

◆拾読(しゅうどく)という読み方がある。拾い読み(ピックアップ・リーディング)のことだ。パラパラとページをめくるイメージがあるかもしれないが、そうとはかぎらない。アタマの中のエンジンの「読みモード」スイッチを「早送り」にする。だから速読なのではない。意味の読み取りはノーマルスピードのままなのだ。だから映画のビデオを早送りで見るのとは違う。あれでは会話が聞き取れない。拾読は文字が見えている。
◆最近の拾い読み、いくつか。デイビッド・バリー『動物たちのナビゲーションの謎を解く』(インターシフト)。動物がGPSを持っているのではなく、GPSが分化して動物になったのだ。真木太一編『日本の風』(朝倉書店)。農業気象学のベテランが50をこえる風の意味を「見える」ものにした。風の工学だ。エンツォ・トラヴェルソ『一人称の過去』(未来社)。歴史が「私」の語りによって創造的な可能性を孕みつつも、政治的な曖昧度を広げすぎて一人称の力を失っていく問題を扱った。『全体主義』や『ヨーロッパの内戦』などの歴史学者が歴史語りの人称を問うたのである。鵜飼秀徳『仏教の大東亜戦争』(文春新書)。耳が痛い仏教関係者もいるかもしれないが、この「殺生とは何か」を通らなければ仏教力は浮上しない。
◆また、いくつか。ポール・フルネル『編集者とタブレット』(東京創元社)。紙の本が好きなら必読だ。久しぶりにナンシー関のシリーズ(角川文庫)。『何をいまさら』『何の因果で』『何が何だか』『何もそこまで』など。鬱憤抜きのためにはもってこいである。ぼくは拾読はたいていリクライニングチェアでしているのだが、ナンシー関はそこでは女王さまである。ラニ・シン編『ハリー・スミスは語る』(カンパニー社)。後藤護君が送ってくれた一冊で、黒魔術っぽいけれど、平岡正明っぽい。拾い読みしてすぐに、そうか宇川直宏がずっと以前に話していたあれかと思い出した。野嶋剛『新中国論』(平凡社新書)。香港と台湾を嬲(なぶ)る習近平の意図をまとめたものだが、抉ってはいない。山極寿一『人間社会、ここがおかしい』(毎日文庫)。例によってゴリラが人間を見破っていく。
◆ナンシー関や山極寿一ではないが、何かがおかしいはずなのに、何かがヘンなはずなのに、その原因や正体かがわからないことは多い。科学はそこから始まるのだけれど、このところ「おかしいぞ」が多すぎて、これは文明のせいだとか現在日本のせいだなどと大ざっぱになってきて、まずい。
◆最近のニュース。湊部屋の逸ノ城が優勝したのに盛り上らない。それでいいのか。安倍晋三元首相が応援演説中に銃撃され即死。狙撃犯は母が貢いだ旧統一教会を恨んでの犯行だったようだが、世論のオピニオンは「民主主義への挑戦だ」と言う。それでいいのか。参院選は自民圧勝。維新に中条きよし、れいわに水道橋博士、参政党に神谷宗弊、N党にガーシー。何に向かうのか。コロナまたまた感染爆発して第7波、わが周辺にもちらほら感染者や濃厚接触者が出てきたが、ぼくはいまだマスク着用頻度がきわめて低い。ぼくはこれでいいのか。
◆ロシアとウクライナの歴史と現状について、先だって佐藤優さんに『情報の歴史21』を使いながら本楼で話してもらった。グラゴール文字文化とキリル文化の話、ガリツィア(紅ルーシ)のナショナリズムとイエズス会の話、マイダン革命の奥のウクライナ民族主義者ステパン・バンデラの話などに聞きいった。話は読書指南にもなっていて、防衛研究所の『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)よりも、エマニュエル・トッド『第三次世界大戦はもう始まっている』(文春新書)、副島隆彦『プーチンを罠にはめ、策略に陥れた英米ディープステイト』(秀和システム)を読んだほうがいい、あの戦争の背景思想を知りたければ片山杜秀の『皇国史観』(文春新書)に書いてあることを読んだほうがいいと薦めていた。佐藤さんの話は「謎」が組み合わさるようになっていて、あいかわらず愉快だ。
◆最近のぼくの「老軽(ローカル)ニュース」少々。弁当一人前が一度で平らげられない。残して夜中に半分を食べる。メガネのフレームを太めの黒縁にした。気分転換だ。遠近と近々を誂えた。BS「一番新しい古代史」が終了。やたらに評判がよかったらしい。おしっこが一日10回以上になった。ガマンも効かないので、会合などで何食わぬ顔で立つための「芸」が必要になってきた。早く喋れず、声も響かない。息継ぎと発話のタイミングもずれる。それに座布団がないと、どこに坐ってもお尻が痛い。数年前から痩せているせいだ。そろそろ人前に我が身を晒せないのである。でもタバコは着々ふえている。それはそれ、寝床に入ると黒猫ナカグロがゆっくりくっついて寝る。爺さんどうしの二人寝である。
◆15離が始まって半分まで来た。離学衆も指南陣もいい。37期の花伝所がおわった。これまでになく充実している。新しい世代の活躍も目立ってきた。イシス編集学校が「ぼく」の代わりなのだ。これはコレクティブ・ブレインの創発なのだろうか、やっとの人麻呂代作集団の出現なのだろうか、面影編集一座の旗揚げなのだろうか。とりあえずは、こう言っておく。「師範代、出番ですよ」。

> アーカイブ

閉じる

カメラ・オブスクラ年代記

ジョン・ハモンド

朝日選書 2000

John H. Hammond
Camera Obscura 1981
[訳]川島昭夫

 17世紀のイエズス会師にして、エジプト文字の研究者、かつ支那学と神秘数学とイシス学に通じたエンサイクロペディストだったアタナシウス・キルヒャーに溺れていたころ、ぼくはカメラ・オブスクラとラテルナ・マギカの、二つの光学装置にぞっこんだった。ラテルナ・マギカとは幻燈器のことをいう。
 ロンドンに行ったとき、心はやらせてまっさきに駆けつけたのも、ヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアムの覗き眼鏡と、ナショナル・ギャラリーの透視法箱と、ロンドン科学博物館の書物型カメラ・オブスクラだった。ロンドン最初の日は、カメラ・オブスクラがあるかどうかを確かめられなかったというただそれだけの理由で、大英博物館に行かなかったほどである。
 カメラとはラテン語で「部屋」という意味である。オブスクラは「暗い」という意味だった。暗い部屋、それがピンホールによって影像を映し出したカメラ・オブスクラというマジック・ボックスの意味である。まさしくカメラの曾祖父にあたる。

 この影像の原理に最初に気がついたのは、おそらく紀元前5世紀の墨子であった。墨子はピンホール影像を正確に理解した。経書にそうした記述が見られる。
 ついでアリストレスがこれに気がついた。ただし、アリストレスは日食のときの木の間から洩れる三日月形の日食像を知り、それが指をまるめてもおこることを確認しただけで、その原理の説明もできなかったし、ピンホール影像を人工的につくれることにも、まったく気がつかなかった。ヨーロッパがこの原理を理解するのは、なんと16世紀のことだった。
 原理をある程度は解説できたのは10世紀イスラムのアルハンゼンである。ぼくは、『遊』第1期のころ、キルヒャーとともに、アルハンゼンにも夢中になった。このころ、ぼくは光学から天文学へ、測定器から幾何学へという道を究めたかったのだ。
 それはともかくとして、アルハンゼンの研究をすこしだけ敷延したのが、ヨーロッパ実験科学の祖といわれたロジャー・ベーコンである。だが、のちにゲーテはベーコンの実験は空想の産物にすぎないと批判した。実際にベーコンがどこまで実際をしたのかは、いまもってつきとめられてはいない。
 わかっていることは、ベーコンにしてもウィテロにしても、この時期の初期科学者はカメラ・オブスクラの機能を日食観測の道具としてしか見ていなかったということだ。

 天文愛好者たちによる太陽観測のブームはつづいた。ファブリキウスのように黒点観測に挑む者もいた。かれらはたいてい眼をやられた。
 一方では、カメラ・オブスクラは画家が愛用する道具になっていった。アルベルティ、レオナルド・ダ・ヴィンチがこれをつかって遠近法を確立し、その応用を重ねていったらしいことがわかっている。
 これはカメラ・オブスクラにレンズが入ったことによる普及だった。
 レンズをピンホールに入れたのはおそらくミラノの数学者だったジロラモ・カルダーノである。そして、このことを喧伝したのが、これまたぼくがいっとき関心を寄せていた正真正銘の“博物学的な物狂い”を演じたジョヴァンニ・バッティスタ・デ・ラ・ポルタだった。16世紀のベストセラーといってもいい『自然魔術』の著者である。ミシェル・フーコーもポルタについては『言葉と物』のなかでさかんに持ち上げている。

 ヨハネス・ケプラーは、ポルタの本でカメラ・オブスクラを知った。
 ケプラーは母親が霊能者だということもあって、少年時代から死ぬまで、錬金術の秘密や霊夢の秘密に凝っている。ぼくは「遊」の創刊号から連載した『自然学曼陀羅』に、アイザック少年がどれほど彗星狂いであったのか、その幻想科学少年ぶりをいろいろな資料をしらべて綴ったものだ。
 いずれこの「千夜千冊」でもとりあげるつもりだが、ケプラーの『ソムニウム』(夢)こそは、ぼくが幻想小説の歴史的記念碑としてたいせつにしている格別の一冊なのである。
 けれども、ティコ・ブラーエやケプラーもそうだったのだが、かれらはまだレンズ付ピンホール影像の光学的な真理をつかむにはいたらなかった。
 ただ、ケプラーが「カメラ・オブスクラ」という名称をつくったらしいことだけがわかっている。それまでこの謎の巨大暗箱は、たとえば「コンクラーベ・オブスクルム」(暗い部屋)とか、「クビクルム・テネブリコスム」(黒い玉座)とか、また「カメラ・クラウサ」(閉じた部屋)といった名前でよばれていたらしい。

 こうして、ジョン・ディ、ロバート・フック、アタナシウス・キルヒャー、クリストファー・レンといった面々がカメラ・オブスクラの虜となっていく。
 いずれも名うての遊学派たちである。かれらはその魔法のようなヴィジョンを知ると、競ってこれを王侯貴族にショーアップさせた。ようするにカメラ・オブスクラは、中世から近世にいたるあらゆる科学的幻想をつくりだしていったヴァーチャル・リアルな王様だったのである。
 ロンドンにコーヒーハウスが流行しはじめた18世紀初頭、ジョセフ・アディスンは自分が編集する「スペクテイター」に「想像力の楽しみ」という記事を書いていた。その中に、グリニッジパークのカメラ・オブスクラ訪問記が入っている。これはぼくがタイムトラベルをしてでも、行きたかったところだった。

 その後、カメラ・オブスクラがどのように活躍したかは、本書が初めて教えてくれたことである。
 カメラ・オブスクラは携帯化され画家のお供となったほか、書物の挿絵づくりに活用され、たとえばウィリアム・チーゼルデンの『オステオグラフィア』の図版のすべてをつくりだしたり、エドワード・ドドウェルの『ギリシア古典地誌案内』の挿絵のすべてとなった。
 なかでもジェームズ・ブルースのことが心に残る。ブルースは“カメラ・オブスクラをもった探検家”ともいうべき人物で、その成果を『ナイル源流を発見する旅』に集大成してみせた。1790年のことである。100年後、ロバート・ランバート・プレイフェア中佐がブルースの果敢な跡を追って『ブルースの足跡をアルジェリア・チュニスにたどる旅』を出版している。
 ブルースは、ロンドンの機器製作の名門ネアン・アンド・ブランド社に自分の設計による折り畳み式カメラ・オブスクラを発注するほどの凝り性だったようだ。ゲーテが「旅行中にカメラ・オブスクラをもって歩くイギリス人」という評判をたてたものだが、それはこのブルースに始まるものであったらしい。当時、見世物小屋で流行っていたデリニエイター(輪郭写し機)も、ブルースのカメラ・オブスクラの模倣品であったという。
 このほか、本書はマイセンやウェジウッドの陶磁器がカメラ・オブスクラによって模写されていたことを告げている。
 少なくとも、エカテリーナ女帝の注文に応じてつくられたジョサイア・ウェジウッドの有名なクリームウェア「ロシア食器セット」は、カメラ・オブスクラを駆使した陶磁器だったようである。

 まあ、こんなわけで、本書はぼくの科技的幻惑をいろいろ喚起させてくれる一冊だった。何を隠そう、ぼくは小学5年生のときに「電気倶楽部」を花井君と二人でつくった“下京区のヨハネス”だったのである。