ほんほん

ひさびさ千夜、古代史番組、湖北めぐり

ほんほん51

◆この一カ月、千夜千冊を書きそこねていた。いくつか理由はあるが、それでノルマがはたせなかったという説明にはならない。階段の昇り降りがへたくそだったとか、散髪がどうにもうまくいかなかったとかいうのに似ている。ずっと前のことだが、急に俳句が詠めなくなったり、人前で話すとなんとも食い違うということがあったりしたが、そういうことに近かったのだろうと思う。ロシアのことを書いて取り戻すことにした。
◆関口宏・吉村武彦と一緒に『一番新しい古代史』という番組をやることになった。BS・TBSの毎週土曜日のお昼から放映される。3チームが次々に用意するフリップ上の古代史クロニクルを関口さんが入念に辿っていくのを、ところどころで吉村さんが解説を加え、ところどころでぼくが勝手なイメージをふくらませるというやりかたで進む。1時間番組だが、30分ほどのリハのあと、本番用をだいたい90分か100分を撮って、それをプロダクション・チームが多少の取捨選択をして、絵やキャプションを付けて仕上げる。おかげで事前に、吉村さんの著書を読むのが仕事になった。これは仁義でもある。さきほどは岩波新書の『聖徳太子』と『女帝の古代日本』を再読した。
◆古代史の本はキリなくある。記紀・風土記・六国史をはじめとする史書をべつにすると、多くは研究者たちのもので、ぼくは研究者ではないからこれまでバラバラに、かつ好きに読んできた。なかにはとんでもない仮説に走ったものも少なくないが、それらにもけっこう目を通した。数えたこともないけれど、500冊や1000冊はとっくに超えているだろう。さあ、それで通史的にはどうまとまったのかというと、まとまるわけがない。とくにぼくは古代史の流れよりも古代観念の渦のありかたに関心があるので、万葉の歌や折口の文章に耽るのが醍醐味になってきたから、その手の読書がそうとう多い。これは通史的にはなりえない。間歇泉のような息吹とのつきあいなのだ。
◆それでもふりかえってみると、やはり内藤湖南・津田左右吉・石母田正・井上光貞・直木孝次郎・西嶋定生・小林敏男というふうに発表順・テーマ別にアタマの中に並べなおして、定番史観を眺めてきたようにも思う。研究じみてつまらないように思われるかもしれないけれど、いろいろ読んでいくと、そうなるのだ。それがまた歴史観の錬磨には有効なのだ。しかし、こういう並べなおし読書だけでは何も飛躍がない。歴史は通史がまとまればそれでおもしろいというわけではなく、『鎌倉殿の13人』ではないけれど、自分なりの人物像やドラマ性もギャップも想定できて、かつ一挙に細部に入り込んだり、巨きく俯瞰もできるようにならなければ、歴史を展いているという実感がもてない。
◆こうして結局は、火焔土器の本、スサノオをめぐる本、司馬遷、三韓や加耶についての本、仏教的言説、貴族の日記、新井白石、頼山陽を読み、松本清張や黒岩重吾や山本七平や安彦良和の『ナジム』(徳間書店)にも目を走らせるということになったのである。日本の古代史、実はまだまだ謎が解けてはない。わかってきたのはせいぜい3割くらいだろう。番組がどのくらい光をあてられるかはわからないけれど、多少はご期待いただきたい。
◆近江ARSのメンバーの用意周到な仕立てのおかげで、久々に湖北をめぐった。長浜・菅浦・大音(おおと)・石道寺(しゃくどうじ)・木之本を訪れた。長浜はわが父松岡太十郎の故郷なのである。いまの体力からすると3日の行程は少しきついのだが、存分な準備とサポートによって、いろいろ深い体感をものすることができた。劈頭に願養寺(松岡家の菩提寺)と梨の木墓地(松岡家の墓)に参ったのが、ぼくに湖北のヌミノーゼを散らしてくれた。
◆湖北は汚れていなかった。50年前の白洲正子の感嘆がほぼ残っていた。雨模様の夕方に近江孤篷庵(禅寺・遠州流)で時を偲んだときに、そのことがしっかり伝わってきた。しかしその一方で湖北が何かに堪えているようにも感じて、そこに多少のお手伝いをしなければと思った。帰って和泉佳奈子にも話したことである。
◆「東洋経済」が「世界激震! 先を知るための読書案内」を特集した。「ウクライナ危機の行方がわかる」と銘打って、橋爪大三郎・岡部芳彦・斎藤幸平・佐藤優・羽場久美子・輿那覇潤・津上俊哉・鶴岡路人といった面々が顔をそろえて危機を乗り越えるための本を推薦しているのだが、かなり知られた本が多く、やや失望した。橋爪・佐藤『世界史の分岐点』(SBクリエイティブ)、ウォルター・シャイテル『暴力と不平等の人類史』(東洋経済新報社)、輿那覇『平成史』(文藝春秋)、田中孝幸『13歳からの地政学』(東洋経済新報社)、六鹿茂夫『黒海地域の国際関係』(名古屋大学出版会)、ヨラム・パゾーニ『ナショナリズムの美徳』(東洋経済新報社)、福嶋亮太『ハロー、ユーラシア』(講談社)、イワン・クラステラ『アフター・ヨーロッパ』(岩波書店)、羽場『ヨーロッパの分断と統合』(中央公論新社)、秋山信将・高橋杉雄『「核の忘却」の終わり』(勁草書房)、橋爪『中国VSアメリカ』(河出書房新社)あたりがお薦めだろうか。ドゥーギンとプーチンの間を埋めるチャールズ・クローヴァーの『ユーラシアニズム』(NHK出版)が入っていないのは、どうしたことか。

> アーカイブ

閉じる

カメラ・オブスクラ年代記

ジョン・ハモンド

朝日選書 2000

John H. Hammond
Camera Obscura 1981
[訳]川島昭夫

 17世紀のイエズス会師にして、エジプト文字の研究者、かつ支那学と神秘数学とイシス学に通じたエンサイクロペディストだったアタナシウス・キルヒャーに溺れていたころ、ぼくはカメラ・オブスクラとラテルナ・マギカの、二つの光学装置にぞっこんだった。ラテルナ・マギカとは幻燈器のことをいう。
 ロンドンに行ったとき、心はやらせてまっさきに駆けつけたのも、ヴィクトリア・アンド・アルバート・ミュージアムの覗き眼鏡と、ナショナル・ギャラリーの透視法箱と、ロンドン科学博物館の書物型カメラ・オブスクラだった。ロンドン最初の日は、カメラ・オブスクラがあるかどうかを確かめられなかったというただそれだけの理由で、大英博物館に行かなかったほどである。
 カメラとはラテン語で「部屋」という意味である。オブスクラは「暗い」という意味だった。暗い部屋、それがピンホールによって影像を映し出したカメラ・オブスクラというマジック・ボックスの意味である。まさしくカメラの曾祖父にあたる。

 この影像の原理に最初に気がついたのは、おそらく紀元前5世紀の墨子であった。墨子はピンホール影像を正確に理解した。経書にそうした記述が見られる。
 ついでアリストレスがこれに気がついた。ただし、アリストレスは日食のときの木の間から洩れる三日月形の日食像を知り、それが指をまるめてもおこることを確認しただけで、その原理の説明もできなかったし、ピンホール影像を人工的につくれることにも、まったく気がつかなかった。ヨーロッパがこの原理を理解するのは、なんと16世紀のことだった。
 原理をある程度は解説できたのは10世紀イスラムのアルハンゼンである。ぼくは、『遊』第1期のころ、キルヒャーとともに、アルハンゼンにも夢中になった。このころ、ぼくは光学から天文学へ、測定器から幾何学へという道を究めたかったのだ。
 それはともかくとして、アルハンゼンの研究をすこしだけ敷延したのが、ヨーロッパ実験科学の祖といわれたロジャー・ベーコンである。だが、のちにゲーテはベーコンの実験は空想の産物にすぎないと批判した。実際にベーコンがどこまで実際をしたのかは、いまもってつきとめられてはいない。
 わかっていることは、ベーコンにしてもウィテロにしても、この時期の初期科学者はカメラ・オブスクラの機能を日食観測の道具としてしか見ていなかったということだ。

 天文愛好者たちによる太陽観測のブームはつづいた。ファブリキウスのように黒点観測に挑む者もいた。かれらはたいてい眼をやられた。
 一方では、カメラ・オブスクラは画家が愛用する道具になっていった。アルベルティ、レオナルド・ダ・ヴィンチがこれをつかって遠近法を確立し、その応用を重ねていったらしいことがわかっている。
 これはカメラ・オブスクラにレンズが入ったことによる普及だった。
 レンズをピンホールに入れたのはおそらくミラノの数学者だったジロラモ・カルダーノである。そして、このことを喧伝したのが、これまたぼくがいっとき関心を寄せていた正真正銘の“博物学的な物狂い”を演じたジョヴァンニ・バッティスタ・デ・ラ・ポルタだった。16世紀のベストセラーといってもいい『自然魔術』の著者である。ミシェル・フーコーもポルタについては『言葉と物』のなかでさかんに持ち上げている。

 ヨハネス・ケプラーは、ポルタの本でカメラ・オブスクラを知った。
 ケプラーは母親が霊能者だということもあって、少年時代から死ぬまで、錬金術の秘密や霊夢の秘密に凝っている。ぼくは「遊」の創刊号から連載した『自然学曼陀羅』に、アイザック少年がどれほど彗星狂いであったのか、その幻想科学少年ぶりをいろいろな資料をしらべて綴ったものだ。
 いずれこの「千夜千冊」でもとりあげるつもりだが、ケプラーの『ソムニウム』(夢)こそは、ぼくが幻想小説の歴史的記念碑としてたいせつにしている格別の一冊なのである。
 けれども、ティコ・ブラーエやケプラーもそうだったのだが、かれらはまだレンズ付ピンホール影像の光学的な真理をつかむにはいたらなかった。
 ただ、ケプラーが「カメラ・オブスクラ」という名称をつくったらしいことだけがわかっている。それまでこの謎の巨大暗箱は、たとえば「コンクラーベ・オブスクルム」(暗い部屋)とか、「クビクルム・テネブリコスム」(黒い玉座)とか、また「カメラ・クラウサ」(閉じた部屋)といった名前でよばれていたらしい。

 こうして、ジョン・ディ、ロバート・フック、アタナシウス・キルヒャー、クリストファー・レンといった面々がカメラ・オブスクラの虜となっていく。
 いずれも名うての遊学派たちである。かれらはその魔法のようなヴィジョンを知ると、競ってこれを王侯貴族にショーアップさせた。ようするにカメラ・オブスクラは、中世から近世にいたるあらゆる科学的幻想をつくりだしていったヴァーチャル・リアルな王様だったのである。
 ロンドンにコーヒーハウスが流行しはじめた18世紀初頭、ジョセフ・アディスンは自分が編集する「スペクテイター」に「想像力の楽しみ」という記事を書いていた。その中に、グリニッジパークのカメラ・オブスクラ訪問記が入っている。これはぼくがタイムトラベルをしてでも、行きたかったところだった。

 その後、カメラ・オブスクラがどのように活躍したかは、本書が初めて教えてくれたことである。
 カメラ・オブスクラは携帯化され画家のお供となったほか、書物の挿絵づくりに活用され、たとえばウィリアム・チーゼルデンの『オステオグラフィア』の図版のすべてをつくりだしたり、エドワード・ドドウェルの『ギリシア古典地誌案内』の挿絵のすべてとなった。
 なかでもジェームズ・ブルースのことが心に残る。ブルースは“カメラ・オブスクラをもった探検家”ともいうべき人物で、その成果を『ナイル源流を発見する旅』に集大成してみせた。1790年のことである。100年後、ロバート・ランバート・プレイフェア中佐がブルースの果敢な跡を追って『ブルースの足跡をアルジェリア・チュニスにたどる旅』を出版している。
 ブルースは、ロンドンの機器製作の名門ネアン・アンド・ブランド社に自分の設計による折り畳み式カメラ・オブスクラを発注するほどの凝り性だったようだ。ゲーテが「旅行中にカメラ・オブスクラをもって歩くイギリス人」という評判をたてたものだが、それはこのブルースに始まるものであったらしい。当時、見世物小屋で流行っていたデリニエイター(輪郭写し機)も、ブルースのカメラ・オブスクラの模倣品であったという。
 このほか、本書はマイセンやウェジウッドの陶磁器がカメラ・オブスクラによって模写されていたことを告げている。
 少なくとも、エカテリーナ女帝の注文に応じてつくられたジョサイア・ウェジウッドの有名なクリームウェア「ロシア食器セット」は、カメラ・オブスクラを駆使した陶磁器だったようである。

 まあ、こんなわけで、本書はぼくの科技的幻惑をいろいろ喚起させてくれる一冊だった。何を隠そう、ぼくは小学5年生のときに「電気倶楽部」を花井君と二人でつくった“下京区のヨハネス”だったのである。