ほんほん

ぼくは「本数寄」なのである

ほんほん54(最終回)

◆慶応義塾大学出版会から「世界を読み解く一冊の本」というシリーズが刊行されている。『旧約聖書』『クルアーン』『三教指帰』『西遊記』『カンタベリー物語』『百科全書』『言海』『伝奇集』『一九八四年』『薔薇の名前』の10冊だ。えっ、たった10冊かよと思うだろうが、その10冊に空海、チョーサー、大槻文彦、エーコが入っているのが絶妙な特色だと思ったほうがいい。ただし原著やその翻訳ではない。それぞれ著者が別にいて、これらを解読している。藤井淳の『三教指帰』を読んだが、なかなかユニークな視点になっていた。
◆千夜千冊では「世界を読み解く一冊」をできるだけ選んできた。これまで書いてきた1800冊の中の300冊から500冊くらいが、そういう本だったと思う。吉本隆明は、本はたいてい自分のかかわりとの関係で読むものだけれど、自分が関心のない本にめぐりあうにはどうすればいいかという問いに対して、それは「書物に含まれている世界」が決めてくれるのだと答えていた。すぐれた本は「書き手が世界をあらわしたくて書いているものだ」というのだ。その通りだろう。
◆ボルヘスは、本は記号の集合体であるけれど、そこに読み手がかかわるとその記号は千変万化に息づいていくと言った。エーコは、本はスプーンやハンマーやハサミ同様に500年前とまったく変わっていない形態のものだけれど、それは「スプーンがあれ以上の形をとれないこと」と同様に、実にすばらしい究極の姿なのであるとみなしていたのだ。
◆たしかに「本」はあの形がいい。四角くて、表紙と裏表紙にページがぎゅっと挟まれて、ちょっと重たげで、本棚に並べると背中が何かを訴えている。これは「物実」(ものざね)もしくは「憑坐」(よりまし)なのだ。
◆ぼくが「本」という形をとったブツにぞっこんになったのは、20代半ばに自分の6畳・3畳のアパートで本棚を手作りしたときあたりからで、そのとき、わずかな蔵書を少しずつカバー自装したせいだった。カバー自装というのは、中身は気にいったのに外見が気にいらない本に適当なカバー材を選んできて、そこにレタリングセットや油性ペンでタイトルなどを付けていったことをいう。物実らしくしておきたかったのだ。これで護法童子が走りまわるようになった。これで「本」と一緒に暮らすようになった。
◆そういうふうになったのは、やっぱり10代に本に夢中になったからで、それがもしギターや算数に夢中になっていたら、別の生き方をしていたのだろうと思う。昆虫学者になっていた可能性もあるし、聴診器や注射器が手放せない診療所に暮らすようになったかもしれない。
◆ぼくは家庭用品や生活用品にからっきし関心がない。自分の部屋にそういうものを揃えたくなかった。もっとはっきり言うと、「生活する」に関心がない。生活は好きな仲間と一緒にいたいという、ただそれだけだ。リラダンとタルホの影響が滲みこんだせいだろう。これがわが生き方だ。だからぼくの日々はいまだにロクな用品に囲まれていない。自動車や電子機器はスタッフに頼っているし、たいていの日々は誰かが介添をしてくれている。つまりは生活オンチなのである。このオンチのせいで生活用品が自分の周辺に不可欠だと思えない。
◆では何が不可欠かというと、それが「本」だった。本が炊飯器で、本が大工道具で、本が食い道楽で、本が旅行で、本が恋愛で、本がうたた寝なのである。そんなことだから、当時から部屋には本だけがふえるだけだったのだ。本以外で大事なのはジャケットとタバコくらい。
◆こんなふうなので、そうとうな読書家ですねえ、さぞかし希覯本や珍本が集まったでしょうねと言われるが、そうなのではない。たしかに読書はするが、たくさんの本を読みたいとは当初から思っていなかった。いまも冊数はカンケーない。「読書するという状態」に、科学や文学や音楽の秘密が隠れていると思っているので、その読書状態をなんとか持続させ拡張させていくための日々をおくることが好きなのだ。だから希覯本はいっさい集めない。文庫本でも十分なのである。
◆もう少し正確に言うと「読むこと」が好きなのだ。もっと正確に言うと「読み」が好きなのだ。さまざまな民族言語による言葉が組み合わさって、それが人麻呂やシェイクスピアやジャン・ジュネやガルシア・マルケスや阿木耀子になってきたということ、その多様性のプロセスと成果を読むことが好きなのだ。
◆これはどちらかといえば、植物や動物の進化を読んでいるのに近い。だから批評したり書評したりするのは、実はほとんど気が向かない。千夜千冊も一度も書評をしようと思って書いてはこなかった。空き番だらけの「本の進化の木」をひとつひとつ埋めているような気分なのだ。
◆ただし、またまた別のことを言うようだが、この文明の流れのなかで、言葉や「読み」が進化してきたなどとは思っていない。人類の思索や表現が進歩してきたとも見ていない。そういう進歩史観はもっていない。むしろ言葉が意味からずれ、何かを隠さざるをえなくなっていく様子や、書くことが「逸脱」をおこしていくのを読むことに、大いなる興味があったのである。
◆つまりは、ぼくの「本好き」は「本数寄」なのである。何かを数寄の状態にしていくための本なのだ。遁世の数寄なのだ。それが70年以上もずうっと続いてきた。千夜千冊はやめられないだろう。また、どこかに本棚を作って進ぜるという仕事も、きっと続くだろう。最近は「本の寺」に関心がある。まったくもって大変なビョーキに罹ったものだ。
◆さて一方、この「ほんほん」コラムはそろそろ「お開き」にしたいと思った。ブックウォッチャーを続けるのもどうかなという気にもなったのだ。別のコラムを始めるかもしれないけれど、どういうものかはわからない。そのときはそのときで、どうぞ御贔屓に。

> アーカイブ

閉じる

ホメオスタシスの謎

加藤勝

講談社ブルーバックス 1987

 講談社のブルーバックスにはずいぶんお世話になった。最初はたしか北川敏男の『数理科学入門』あたりで、そのうちペーター・ベルグマンの『重力の謎』に読み震えた。
 この本は、当時、日本で入手できる重力波問題の唯一のガイドラインをスリリングに提供してくれたもので、これはあとで知ったのだが、カオス研究の津田一郎君も京大生時代に『重力の謎』で同じような体験をしたらしい。
 それからどれくらいブルーバックスを読んだかわからないが、おそらくは50冊をはるかにこえている。なかにはどうしようもないものもあったけれど、岡田節人『細胞の社会』やスティーブン・ローズ『生命の化学』から芋阪良二『地平の月はなぜ大きいか』や溝口文雄『知識工学入門』などまで、そのつど、「この1冊がちょうど知りたいそのことを告げてくれたという1冊だった」という機縁には恵まれてきた。

 通俗科学書というものは、だいたいにおいては科学者が嫌うものである。バカにもする。
 けれどもファラデーの『ローソクの科学』やエルンスト・ヘッケルの『宇宙の謎』からジョージ・ガモフの『不思議の国のトムキンス』をへてマーティン・ガードナーの『自然界における左と右』やワインバーグの『宇宙最初の三分間』にいたるまで、どれほど秀れた科学解説書をものすることができるかということが、ある意味ではその国の科学水準や科学普及力をあらわしてきたともいうべきなのだ。
 むろん日本にもそういうことが書ける科学者はいた。寺田寅彦がそうだったし、湯川秀樹朝永振一郎もうまかった。また中央公論社の「自然」を飾りつづけたロゲルギスト・エッセイのお手並みもピカピカに光っていた。ぼくはそのロゲルギストの一人である高橋秀俊さんにコンピュータのイロハを教わったようなものである。けれども、すぐれた科学者がすぐれたエッセイを綴ったというのではなく、科学という畑から雨後のフキノトウのように次々に目のさめる会話が飛び出してくるという活況は、そこには見られなかったといってよい。
 そういう意味では、日本の通俗科学書の水準が上がったキッカケになったのは、雑誌「自然」「科学朝日」と東京図書の数学選書シリーズ(これは翻訳シリーズに近いもの)と、このブルーバックスのせいではないかとさえおもわれる。

 ここまで言っておいていまさら弁解するのも変なのだが、本書は科学書としての水準がすぐれて高いという1冊ではない。
 ぼくがクロード・ベルナールに始まってウォルター・キャンベルやコンラッド・ウォディントンの議論このかた関心をもってきたホメオスタシス現象が、実のところは大陸レベルでも植物の成長のレベルでも遺伝子レベルでもはたらいていて、それらを一貫して理解するにはどうしたらいいか、本書はそんな悩みを、その悩みが薨じたちょうどそのときに解消してもらった1冊だった、そういうことなのだ。
 いまあらためてざっと目を通してみたら、赤線を引っぱってあるところはさすがに幼い印象がある。しかしながら、今度あらためて気がついたのだが、本書は当時としてははやくも免疫科学カオス理論やゆらぎ理論を生物研究にくいこませ、当時読んだときには見過ごしていたのだが、すでに富田和久のカオス寄りの統計物理学や川那部浩哉の多様性の生物行動研究にも踏みこんでいた。ホメオスタシスを案内しているようでいて、科学の最善性に新たな変化がおこりつつあることを告げてもいたのだった。ぼくが読み落としていたことである。

 ホメオスタシスの研究とは、生物はどのようにして「一定」というセットポイントを維持するのかという研究のことである。
 ところが、この「一定」には実に多様な現象がある。キュウリが自分の葉っぱを一定にするために蒸散と光合成を調整しているという現象もある。その葉っぱを食べるカイコの「一定」も、カイコに与える飼料によってホメオスタシス機能が変化する。サカナの体形などホメオスタシスに関係がなさそうだが、そのサカナが水圧をもつ環境の中でどの速度で泳ぐかということが、意外なカギを握っているという例もある。
 ということは、北極ギツネの耳が小さいこと、カイコの休眠期が決まっていること、サナダムシがぷつぷつ切れる環節性をもっていること、一方ミミズには液性骨格ともいうべき体液を骨格代わりにする機能があること、ハエの小眼で増減する化学物質が温度との密接な関連をもっていること、ナマズやフナの鰓が大きいのも(酸素の少ない環境で非活動な生活をしているのがナマズやフナ)、いずれもホメオスタシスのためだということになる。
 のみならず、ひいては地球がずるずると大陸の表面を移動させていることも、わわわれが太り過ぎると動きがにぶくなることも、実はホメオスタシスのためだったということにもなりかねない。
 実際にも、いまでは遺伝子にはホメオスタシス遺伝子というものもあり、遺伝子のレベルにおいて動的な再構成をはかって遺伝的ホメオスタシスをつかさどっていることもわかってきた。
 こういうことを見ていくと、進化論にもホメオスタシスを使った説明が可能になってくる。たとえば、環境に対するホメオスタシスが強くてセットポイントの維持ができている生物ほど進化が緩慢であり、変化に対するホメオスタシスに幅がある生物ほど次々に進化してきたというふうにも、言えることになるからだ。

 ホメオスタシス研究は安定性と多様性とのあいだに横たわる意外な関係を浮上させ、これを究明する。そこではきっとホメオスタシスの本質は、低いレベルの安定性がよりレベルが複雑な安定性に吸収されていく姿として観察できるはずである。これはいまをはやりの複雑系というものの本質にもあたる。
 しかしホメオスタシスによる複雑系の科学は、初期値のちょっとした狂いから始まるのではない。地球や生物がいま採用している現象をホメオスタシスとみなすかどうかに、かかっている。そのような科学は、実はまだ確立しているとはいいがたい。ブルーバックスの1冊は、そんなことまで提案していたのであった。
 本書は、インド哲学の因明律の話でおわっている。これは因果律が原因から結果を求めるロジックであるのに対して、現在から過去をもとめるロジックのことをいう。著者はこれからの「生きている科学」には、この因明律こそが大活躍するだろうと結んでいる。

参考¶著者の加藤勝さんは光生物学のリーダーで、無菌環境のもとで動植物を飼育できる「ノートバイオトロン」の発明者でもある。クワを離れたカイコの人工飼育にも成功していて、そのお弟子さんたちのネットワークは日本中に広がっている。出身は京都工業繊維大学。この大学はかつて京都高等蚕糸学校といったものだった。