ほんほん

ひさびさ千夜、古代史番組、湖北めぐり

ほんほん51

◆この一カ月、千夜千冊を書きそこねていた。いくつか理由はあるが、それでノルマがはたせなかったという説明にはならない。階段の昇り降りがへたくそだったとか、散髪がどうにもうまくいかなかったとかいうのに似ている。ずっと前のことだが、急に俳句が詠めなくなったり、人前で話すとなんとも食い違うということがあったりしたが、そういうことに近かったのだろうと思う。ロシアのことを書いて取り戻すことにした。
◆関口宏・吉村武彦と一緒に『一番新しい古代史』という番組をやることになった。BS・TBSの毎週土曜日のお昼から放映される。3チームが次々に用意するフリップ上の古代史クロニクルを関口さんが入念に辿っていくのを、ところどころで吉村さんが解説を加え、ところどころでぼくが勝手なイメージをふくらませるというやりかたで進む。1時間番組だが、30分ほどのリハのあと、本番用をだいたい90分か100分を撮って、それをプロダクション・チームが多少の取捨選択をして、絵やキャプションを付けて仕上げる。おかげで事前に、吉村さんの著書を読むのが仕事になった。これは仁義でもある。さきほどは岩波新書の『聖徳太子』と『女帝の古代日本』を再読した。
◆古代史の本はキリなくある。記紀・風土記・六国史をはじめとする史書をべつにすると、多くは研究者たちのもので、ぼくは研究者ではないからこれまでバラバラに、かつ好きに読んできた。なかにはとんでもない仮説に走ったものも少なくないが、それらにもけっこう目を通した。数えたこともないけれど、500冊や1000冊はとっくに超えているだろう。さあ、それで通史的にはどうまとまったのかというと、まとまるわけがない。とくにぼくは古代史の流れよりも古代観念の渦のありかたに関心があるので、万葉の歌や折口の文章に耽るのが醍醐味になってきたから、その手の読書がそうとう多い。これは通史的にはなりえない。間歇泉のような息吹とのつきあいなのだ。
◆それでもふりかえってみると、やはり内藤湖南・津田左右吉・石母田正・井上光貞・直木孝次郎・西嶋定生・小林敏男というふうに発表順・テーマ別にアタマの中に並べなおして、定番史観を眺めてきたようにも思う。研究じみてつまらないように思われるかもしれないけれど、いろいろ読んでいくと、そうなるのだ。それがまた歴史観の錬磨には有効なのだ。しかし、こういう並べなおし読書だけでは何も飛躍がない。歴史は通史がまとまればそれでおもしろいというわけではなく、『鎌倉殿の13人』ではないけれど、自分なりの人物像やドラマ性もギャップも想定できて、かつ一挙に細部に入り込んだり、巨きく俯瞰もできるようにならなければ、歴史を展いているという実感がもてない。
◆こうして結局は、火焔土器の本、スサノオをめぐる本、司馬遷、三韓や加耶についての本、仏教的言説、貴族の日記、新井白石、頼山陽を読み、松本清張や黒岩重吾や山本七平や安彦良和の『ナジム』(徳間書店)にも目を走らせるということになったのである。日本の古代史、実はまだまだ謎が解けてはない。わかってきたのはせいぜい3割くらいだろう。番組がどのくらい光をあてられるかはわからないけれど、多少はご期待いただきたい。
◆近江ARSのメンバーの用意周到な仕立てのおかげで、久々に湖北をめぐった。長浜・菅浦・大音(おおと)・石道寺(しゃくどうじ)・木之本を訪れた。長浜はわが父松岡太十郎の故郷なのである。いまの体力からすると3日の行程は少しきついのだが、存分な準備とサポートによって、いろいろ深い体感をものすることができた。劈頭に願養寺(松岡家の菩提寺)と梨の木墓地(松岡家の墓)に参ったのが、ぼくに湖北のヌミノーゼを散らしてくれた。
◆湖北は汚れていなかった。50年前の白洲正子の感嘆がほぼ残っていた。雨模様の夕方に近江孤篷庵(禅寺・遠州流)で時を偲んだときに、そのことがしっかり伝わってきた。しかしその一方で湖北が何かに堪えているようにも感じて、そこに多少のお手伝いをしなければと思った。帰って和泉佳奈子にも話したことである。
◆「東洋経済」が「世界激震! 先を知るための読書案内」を特集した。「ウクライナ危機の行方がわかる」と銘打って、橋爪大三郎・岡部芳彦・斎藤幸平・佐藤優・羽場久美子・輿那覇潤・津上俊哉・鶴岡路人といった面々が顔をそろえて危機を乗り越えるための本を推薦しているのだが、かなり知られた本が多く、やや失望した。橋爪・佐藤『世界史の分岐点』(SBクリエイティブ)、ウォルター・シャイテル『暴力と不平等の人類史』(東洋経済新報社)、輿那覇『平成史』(文藝春秋)、田中孝幸『13歳からの地政学』(東洋経済新報社)、六鹿茂夫『黒海地域の国際関係』(名古屋大学出版会)、ヨラム・パゾーニ『ナショナリズムの美徳』(東洋経済新報社)、福嶋亮太『ハロー、ユーラシア』(講談社)、イワン・クラステラ『アフター・ヨーロッパ』(岩波書店)、羽場『ヨーロッパの分断と統合』(中央公論新社)、秋山信将・高橋杉雄『「核の忘却」の終わり』(勁草書房)、橋爪『中国VSアメリカ』(河出書房新社)あたりがお薦めだろうか。ドゥーギンとプーチンの間を埋めるチャールズ・クローヴァーの『ユーラシアニズム』(NHK出版)が入っていないのは、どうしたことか。

> アーカイブ

閉じる

カオス的脳観

津田一郎

サイエンス社 1990

 この一冊には驚くべき示唆に富んだ新たな科学の可能性がいっぱいつまっている。「カオスと複雑系の科学」が躍り出た90年代を告げる一冊だったともいえるが、実はそれ以上の、かなり高度な内容を含んでいた。
 ぼくは、京大の富田和久研究室に学んで、日本で最初のカオス学ともいうべきを確立した津田一郎は天才なんだとおもっている。ああ、世の中に天才っているんだとおもったのは、このときが初めてだった。
 そうおもったのは、彼がぼくの元麻布の家に泊まって一夜をあかし、朝まで話しこんだときからだった。このとき津田君は「新しいラプラスの魔」を想定して彼のコスモロジーの図を一枚のペーパーの上に描き、それを鉛筆で何度もたどりながら新しい科学のシナリオ案を披露した。それからチューリング・マシンとコルモロゴフの確率論の周辺を散策しながら、ついには少年時代の記憶の話に及んだものだった。
 そのあいだ、ぼくもそれなりに勝手な話を挟んだのだが、津田君の話はつねに仮説と検証に富み、かつ一貫していた。いやいや、そのことをもって天才だとおもったのではない。そのひとつずつの話の発想の拠点に、天才のひらめきを感じたのである。
 本書はそうした津田君が、カオスを通して組み立てた脳のモデルに関する研究成果を、叙述にいろいろな工夫を凝らしてまとめたものである。小著ながらすごい起爆力を秘めている。

 自然界にはカオスという説明しがたい現象があるはずだ、ということを予見したのはアンリ・ポアンカレである
 ポアンカレがそのような予見に達したのは3体問題といわれる天体力学上の問題を考察しているときだった。このときすでにポアンカレは、カオスが「超越的な知識あるいは情報の集合体」であることを見抜いていた。
 ところが、いざ科学者たちがカオスを観測しようとしてみると、そこにはかなり奇妙な性質があることが見えてきた。たとえば、決定論的な方程式をつくっても、そこから不規則な運動が出てくること、カオスを含むシステムを観測するときの僅かな誤差がシステムの非線形性によってシステムと同じくらいの大きさの誤差になってしまうこと、カオスには圧縮できる非周期的な無限列と圧縮できない非周期的な無限列とがまじっていること、カオスを数学的に説明しようとすると再帰性や自己言及性が発生してしまうこと、そのほかいろいろ奇妙な性質が見えてきた。
 カオスがこのような性質を見せるのは、カオスを観測しようとするからである。カオスにはどうも既存の科学での観測を拒んでいるようなところがある。われわれがコンピュータをつかって見ているカオスの軌道は、ひょっとしたらカオスの影ですらないかもしれないのだった。
 そこで津田君は、「カオスを観測する」のではなく、「カオスで観測する」という方向転換を考えた。そして、そのような転換を必要とさせるのは、カオスには「記述不安定性」とともいうべき特質があるせいだとみなした。
 記述不安定性はカオスの「予測不可能性」と「スケールの分離不可能性」によっている。この性質があるかぎり、カオスはカオスを自己記述はしてくれない。津田君は、カオスにおいては「得られたもので駆動する」という奇妙な論理があるのではないかとおもったのである。
 このあたり、すでに津田君の天才的なひらめきが目白押しになっている。が、勝負はここからだ。

 カオスが興味深いのは、そもそもカオスには編集機能があるということである。
 カオスは情報を保持したり、加工したり、除去したり、変形させる機能をもっている。のみならず情報を新たに生成する能力ももっている。もし、このようなカオスが脳にもあるとしたら、脳の情報編集能力の重要な部分にカオスがかかわっていることになる。そして、1980年代後半になると、脳の中のカオスらしきものが次々と“発見”されはじめたのだった。
 しかし、脳の中のカオスは単に“自立”しているわけではない。何かのトリガーや何かのシナリオや何かの文法のようなものに沿って現れたり、消えたりしているらしい。そのカオスのふるまいを予測するのが難しい。また、そのようなカオスを使って脳のふるまいをモデル化するのがもっと難しい。

 そこで津田君(池田研介・金子邦彦らとともに)が考えたのが、「カオス的遍歴」(CI=Chaotic it ineracy)というダイナミックスである。
 わかりやすくするために、われわれがどのように単語や文章の意味を理解するかということを例にする。たとえばある単語を1文字ずつ、別の実験者が聞いていくとして、どこでその単語の意味がわかるのか。たとえばムサシボウベンケイという言葉は、ムやムサだけでは何のことかかは計りかねる。ムサシでやっと武蔵野や宮本武蔵が浮かんだりするが、次のムサシボあたりになると、急に「ああ、弁慶か」ということが見えてきたりする。
 アンダルシアは、アンダまでではわからない。けれどもそれ以外の文字の配列ではないことは絞られる。こうしてわれわれはサガノメイゲツキとかユカタンビワハゴロモとかシンニチヨウビジュツカンといった単語を理解する。これは文章も原則的には同じことである(こういうときにどのように情報量が絞られていくかということに関するジップの法則というものもある)。
 この言葉の理解のしかたを、ちょっと科学的にいうと「擬似アトラクター」というものが次々にできているというふうに見ることができる。アトラクターというのは運動や意味が何かに収束しようとするときの漸近体のようなものである。複雑系の科学やカオス理論に頻繁に出てくる。そのアトラクターが擬似的なのである。
 すなわち、アトラクターにビラビラやモヤモヤのようなものがついていて、運動や意味はその擬似アトラクターに近づいて進むのだが、そのビラビラやモヤモヤにしたがって次の類似的な漸近体に飛び移るような、そういうアトラクターが擬似アトラクターなのである。実はこんなことを考え出したのも津田君だった。
 そこで話が戻るのだが、脳の中の情報編集のしくみでも、このような擬似アトラクターを次々に飛び移るプロセスがおこっているのではないか、そこにはそういうプロセスをおこしやすい軌道のようなものが形成されているのではないか、それはさしずめ「カオスの遍歴」のようなものではないかと、考えたわけだった。
 津田君たちがこのようなことを仮説していたところへ、ウォルター・フリーマンの実験成果が届いてきた。それは、ウサギやラットの嗅球に電極をさしこんで実験したもので、臭いと情報処理との関係をあかそうというものだった。フリーマンの結論は、かんたんにいえば「動物は脳にカオスが発生しているときにのみ新しい記憶を学習しているのではないか」というものだった。
 どうやら新しい科学の方向は脳の中のカオスの動向を認めるほうへ動いている。津田君はここから記憶一般のダイナミックスの解明に向かっていった。

 このような研究を成立させてきた津田君の問題意識は、まとめていうと、次のようなベクトルをもっている。

平衡統計力学とは何か→非平衡非線形の統計現象とは何か→自己組織化のプロセスには何がおこっているか→カオスは何をうけもっているのか→カオス研究に生じる計算不可能性とは何か→では計算可能性の理論とは何か→そもそもゲーデルの不完全性定理とは何だったのか→人間が考えてきた人間の認識論の真の成果とは何か→これはいったい脳の何を説明できたのか

 だいたいこのような問題意識の順で、津田君は脳のモデル化は可能かという研究に突入していったのだった。
 しかし、津田君はここで大きな問題が立ち塞がっていることに気がつく。それは、これまでの科学の方法ではこれ以上の先には進めないようになってしまっているということだった。ここでふたたび津田君の飛躍がおこる。それが科学における「先行的理解」と「物語性」と「もっともらしさ」の導入というものだった。いずれも従来の科学では想像もつかない大胆な方法の導入である。
 「先行的理解」(Vorverstandnis)という方法は、ディルタイ、ハイデガー、ガダマーらによって提起された人文科学的な方法である。最初は聖書研究から始まった。かれらは人間の存在というのは歴史の中に投げ出された存在なのだから、その人間の認知的な行為には完結などありうるはずはなく、また形式化できるはずもないという立場から、つねに先行する理解にもとづいて新たな認知を試みていくしかないものだとした。たとえばここに一連の文章があるとすると、第1行目を完全に理解してから次に進むのではなく、とりあえずの先行的理解をしておいて次に進んでいくというようなことである。津田君はこれを科学の方法にもちこんだ。
 「物語性」と「もっともらしさ」の導入については、科学におけるメタファーの力を許容する方向をもつ。メタファーとは和風にいえば「見立て」であるが、実はカオスは「見立て」が好きな現象なのである。では、その「見立て」にはどんなルールがひそんでいるのか、そこではどのような「もっともらしさ」が選択されているのか。そこには、きっと物語のようなシナリオが必要になるはずだろう。これが、津田君の新しい科学の次の踊り場なのである。

 本書で、津田君は次のようなことを書いている。そして、そのように脳や自然界や宇宙を見ることを「動的脳観」とよんでいる。

 自由度の大きな力学系がある。あるときは、ある部分的な自由度が活性化され、それが支配的になるが、またあるときは別の部分的な自由度が活性化され、それが支配的になる。このようなことが時空間のさまざまなスケールでおこりうる。
 そして、支配的になる自由度の再編成(すなわち編集!)は、その系(システム)の過去の全遍歴に依存する。

 これを「脳」にあてはめると、次のようなことになる。括弧の中に「創発」「編集」といった言葉を入れておいた。

 脳は、はっきり決まった機能をもつパーツが集合することによって成り立っているのではなく、全体として機能することによって特異な機能が出現(創発)したものである。
 したがって、脳の可塑性は各部分を統合するために必要なのではなく、むしろ、背景(物語)の中で各部分が個別特異的な能力を発揮するように。再組織(編集)するために必要なのである。
 もし背景(物語)になんらかの変更が与えられたら、機能単位の再編成(編集)もおこなわれなければならない。
 このような再編成(編集)は時空間のさまざまなスケールでおこりうるのである。