ほんほん

ぼくは「本数寄」なのである

ほんほん54(最終回)

◆慶応義塾大学出版会から「世界を読み解く一冊の本」というシリーズが刊行されている。『旧約聖書』『クルアーン』『三教指帰』『西遊記』『カンタベリー物語』『百科全書』『言海』『伝奇集』『一九八四年』『薔薇の名前』の10冊だ。えっ、たった10冊かよと思うだろうが、その10冊に空海、チョーサー、大槻文彦、エーコが入っているのが絶妙な特色だと思ったほうがいい。ただし原著やその翻訳ではない。それぞれ著者が別にいて、これらを解読している。藤井淳の『三教指帰』を読んだが、なかなかユニークな視点になっていた。
◆千夜千冊では「世界を読み解く一冊」をできるだけ選んできた。これまで書いてきた1800冊の中の300冊から500冊くらいが、そういう本だったと思う。吉本隆明は、本はたいてい自分のかかわりとの関係で読むものだけれど、自分が関心のない本にめぐりあうにはどうすればいいかという問いに対して、それは「書物に含まれている世界」が決めてくれるのだと答えていた。すぐれた本は「書き手が世界をあらわしたくて書いているものだ」というのだ。その通りだろう。
◆ボルヘスは、本は記号の集合体であるけれど、そこに読み手がかかわるとその記号は千変万化に息づいていくと言った。エーコは、本はスプーンやハンマーやハサミ同様に500年前とまったく変わっていない形態のものだけれど、それは「スプーンがあれ以上の形をとれないこと」と同様に、実にすばらしい究極の姿なのであるとみなしていたのだ。
◆たしかに「本」はあの形がいい。四角くて、表紙と裏表紙にページがぎゅっと挟まれて、ちょっと重たげで、本棚に並べると背中が何かを訴えている。これは「物実」(ものざね)もしくは「憑坐」(よりまし)なのだ。
◆ぼくが「本」という形をとったブツにぞっこんになったのは、20代半ばに自分の6畳・3畳のアパートで本棚を手作りしたときあたりからで、そのとき、わずかな蔵書を少しずつカバー自装したせいだった。カバー自装というのは、中身は気にいったのに外見が気にいらない本に適当なカバー材を選んできて、そこにレタリングセットや油性ペンでタイトルなどを付けていったことをいう。物実らしくしておきたかったのだ。これで護法童子が走りまわるようになった。これで「本」と一緒に暮らすようになった。
◆そういうふうになったのは、やっぱり10代に本に夢中になったからで、それがもしギターや算数に夢中になっていたら、別の生き方をしていたのだろうと思う。昆虫学者になっていた可能性もあるし、聴診器や注射器が手放せない診療所に暮らすようになったかもしれない。
◆ぼくは家庭用品や生活用品にからっきし関心がない。自分の部屋にそういうものを揃えたくなかった。もっとはっきり言うと、「生活する」に関心がない。生活は好きな仲間と一緒にいたいという、ただそれだけだ。リラダンとタルホの影響が滲みこんだせいだろう。これがわが生き方だ。だからぼくの日々はいまだにロクな用品に囲まれていない。自動車や電子機器はスタッフに頼っているし、たいていの日々は誰かが介添をしてくれている。つまりは生活オンチなのである。このオンチのせいで生活用品が自分の周辺に不可欠だと思えない。
◆では何が不可欠かというと、それが「本」だった。本が炊飯器で、本が大工道具で、本が食い道楽で、本が旅行で、本が恋愛で、本がうたた寝なのである。そんなことだから、当時から部屋には本だけがふえるだけだったのだ。本以外で大事なのはジャケットとタバコくらい。
◆こんなふうなので、そうとうな読書家ですねえ、さぞかし希覯本や珍本が集まったでしょうねと言われるが、そうなのではない。たしかに読書はするが、たくさんの本を読みたいとは当初から思っていなかった。いまも冊数はカンケーない。「読書するという状態」に、科学や文学や音楽の秘密が隠れていると思っているので、その読書状態をなんとか持続させ拡張させていくための日々をおくることが好きなのだ。だから希覯本はいっさい集めない。文庫本でも十分なのである。
◆もう少し正確に言うと「読むこと」が好きなのだ。もっと正確に言うと「読み」が好きなのだ。さまざまな民族言語による言葉が組み合わさって、それが人麻呂やシェイクスピアやジャン・ジュネやガルシア・マルケスや阿木耀子になってきたということ、その多様性のプロセスと成果を読むことが好きなのだ。
◆これはどちらかといえば、植物や動物の進化を読んでいるのに近い。だから批評したり書評したりするのは、実はほとんど気が向かない。千夜千冊も一度も書評をしようと思って書いてはこなかった。空き番だらけの「本の進化の木」をひとつひとつ埋めているような気分なのだ。
◆ただし、またまた別のことを言うようだが、この文明の流れのなかで、言葉や「読み」が進化してきたなどとは思っていない。人類の思索や表現が進歩してきたとも見ていない。そういう進歩史観はもっていない。むしろ言葉が意味からずれ、何かを隠さざるをえなくなっていく様子や、書くことが「逸脱」をおこしていくのを読むことに、大いなる興味があったのである。
◆つまりは、ぼくの「本好き」は「本数寄」なのである。何かを数寄の状態にしていくための本なのだ。遁世の数寄なのだ。それが70年以上もずうっと続いてきた。千夜千冊はやめられないだろう。また、どこかに本棚を作って進ぜるという仕事も、きっと続くだろう。最近は「本の寺」に関心がある。まったくもって大変なビョーキに罹ったものだ。
◆さて一方、この「ほんほん」コラムはそろそろ「お開き」にしたいと思った。ブックウォッチャーを続けるのもどうかなという気にもなったのだ。別のコラムを始めるかもしれないけれど、どういうものかはわからない。そのときはそのときで、どうぞ御贔屓に。

> アーカイブ

閉じる

拳の文化史

セップ・リンハルト

角川叢書 1998

 いまひそかに、小中学生向けの「セイゴオ先生の高速歴史教室・XYZ日本史」全10巻と、高校大学一般向けの「松岡正剛の熱血歴史塾・新代表的日本人」全8巻の、日本史ビデオを同時につくっている。後者は幕末から東京裁判までの、近現代だけを扱う。
 NTTエデュケーショナル イニシアティブの池尻稔プロデュースによるもので、すべてぼくの「語り下ろし」であるのが、なんとも大胆で、戦慄的である。制作には太田剛指揮の編集工学研究所のチームと、『極める』で名を馳せた緒方陽一さんの「グレートデン」チームが合同であたっている。音楽は「コーソク日本史」を三枝成彰氏に、「ネッケツ近代史」を加藤和彦氏に頼んだ。それぞれの第1巻目が『日本の誕生』と『黒船の時・一新の夢』という。

 このうちの小中学生向けは、実は企画時では「ジャンケンポン日本史」と仮称していた。ジャン・ケン・ポンの“三位一体・三すくみ”で日本史を解読しようというものである。
 たとえば第1巻では「稲・鉄・漢字」や「天智・天武・不比等」の、第2巻では「王朝・密教・荘園」や「万葉・古今・源氏」などのジャンケンポンが登場する。ところが制作準備にかかっているうちに、どうもジャンケンポンでは「ひらけ!ポンキッキ」のようで子供っぽくなりすぎるのと、学習ビデオで「ジャン」とか「ポン」と学校の先生が言っていると、なんだか妙にマージャンめくので、これを「XYZ」というふうに変えた。
 しかし、心はあくまでジャンケンポンなのである。とくに日本の歴史は「三すくみ」や「三つ巴」や「三軸交差」で解読するのがまことに切れ味がよい。

 ジャンケンポンのような遊びを「拳」という。
 世界中にある遊びだが、今日のように何かを決めるときにつかうようになったのは最近のことで、かつては凝った遊びにつかわれていた。とくに日本の「拳」は内容、手続き、意匠ともに凝りに凝っていた。本書はその日本の「拳」を克明に追っている。
 ぼくと同い歳のれっきとしたウィーン大学教授に、日本の拳の文化史を教わるのも妙なことだが、こういう研究はえてして海外の研究者のほうが熱心なのだ。もともとは京大の人文研にいたときに横山俊夫さんが示唆したものらしく、なるほど横山先生ならこういう研究をガイジンにけしかけそうだ。

 リンハルト教授はこれをまともに受けて四ツに取り組むうち、日本の社会文化は「タテ社会」や「上下モデル」ではなく、むしろ相互依存的で相互牽制型の「すくみモデル」で見たほうがずっと見えやすいということに気がついた、と「序」に書いている。
 これは、まさに「当たり!」だった。日本三景、釈迦三尊、村方三役、序破急、雪月花‥‥。日本は“三つの歌”が好きなのだ。組織や役合わせにおいても、「信長・秀吉・家康」、自社さ、自自公、猪鹿蝶、「殊勲・敢闘・技能」、取締役も「専務・常務・平」‥‥というふうになる。
 俗に「読み・書き・そろばん」「三世一身」「出船・入り船・通い船」「飲む・打つ・買う」などとも言う。いずれも三つで一組で“三羽烏”になったり、“三拍子”が揃ったりすることが少なくない。ついでながら「洞爺・薄野・定山渓」「青葉・国分・一番町」「南・曾根崎・北新地」「銀座・赤坂・六本木」なんて呼び方もある。ハハハ、これは森進一の“盛り場ブルース”だった。「宮古・釜石・気仙沼」「高知・高松・八幡浜」「別府・長崎・枕崎」という“港町”もありましたねえ。
 なぜ三者三様、三番三結連合なのか。これらはおそらく、三種の神器、序破急、真行草が決定的だったのである。だいたいが3つ3つで決まっていく。「薩長土肥」は4つの連携で始まったけれど、結局は「肥」が落ちた。それが江藤新平の悲劇になった。

 それで日本の「拳」であるが、実はジャンケン型の「三すくみ」と、1から10までの数を出しあう「数拳」(かずけん)型があって、最初は数拳が流行した。
 これを拳法あるいは拳道では“本拳”という。長崎拳・崎陽拳ともよばれた。崎陽は漢学者たちによる長崎の異称のことで、どうも長崎から入ってきた遊びだろうと思われていたからだ(だからシウマイは崎陽軒というのです)。うんすんカルタと同様にやはりオランダ船がもたらした遊びと、中国の拳である手勢令・酒令・拇陣が習合して和風化したものなのである。
 数拳は数の数え方が、地方や遊郭によって異なっていて、そこがおもしろい。たとえば、1いっけん(ハナ)、2りゃんこう(トヲル)、3さんな(サヲイ)、4すむゆ(ドライ)、5ごうさい(タソ)、6りゅう(ヨコク)、7ちえさい(ジリコブ)、8ぱま(ヨトロウ)、9きう(アホウ)、10とうらい(エエ、ニギリ)などと言った。
 この数を互いが出しあうときに、指をグー・チョキ・パーや印相のように組んだのである。『風月外伝』という詳細をきわめるルールブックも流行した。

 やがてこれでは数が多すぎて勝負がつきにくくなり、ここで生まれてきたのが「三すくみ」型だった。
 これが日本人には大ウケになる。このとき数字をあらわす指の形が別のシンボルに移行した。最も代表的なのは「虫拳」とよばれたもので、親指がカエルに、小指がナメクジに、そして人差し指がヘビになった。なるほど親指・小指・人差し指をそれぞれぴくぴく動かしてみると、カエル・ナメクジ・ヘビに似る。葛飾北斎の『一筆画譜』に有名だ。
 しかしリンハルト教授によると、これは江戸中期に思いつかれたものではなくて、すでに平安期に中国から入っていたもので、日本では一部でちゃんと和風化されて遊ばれていたという。それが天竺徳兵衛をモデルにした児雷也ものが読本・浄瑠璃・歌舞伎で当たり、そこから児雷也の蝦蟇への大変身が話題となって、それでカエル・ナメクジ・ヘビの「蛇拳」というもの、すなわちジャンケン(もともとは蛇拳)が広まったということらしい。

 それにしてもその後は、日本の拳はジャンケンと野球拳を除くといまではあまり遊ばれなくなった。
 けれども、祇園ではまだ「虎拳」が廃れていなかった。これは希有なことである。祇園の虎拳というのは、和藤内(あるいは加藤清正)と虎と鉄砲が三すくみになる遊びなのだが、これに屏風仕立てのフリがつく。もともとは虎が老母を破り、和藤内がその虎を破って、老母は自分の息子の和藤内に勝つという三すくみだったのが、しだいに変形したものだ。これで推察がつくように、これは台湾の英雄・鄭成功をモデルにした近松の傑作『国姓爺合戦』のブームから採ったものである。「千里が竹の場」が原型だった。
 それが祇園では、虎が出てくる虎退治の話だろうというので加藤清正に変わっていたりする。
 3年ほど前の11月だったか、牧浦徳昭さんに「今晩は祇園に繰り出そう」と言って、総勢10人近くで「梅むら」に遊んだとき、お姐さんがたの指導よろしく、全員で「虎拳」を“演じ”あった。
 そのときは加藤清正バージョンで、全員が「トラトラトーラ、トラトラトーラ」を囃した。本当は「千里行くよや薮の中 みなさん覗いてご覧じませよ 金の鉢巻 襷がけ 和藤内がとらまえましたのは とらとらとーら とらとらとーら」というふうになる。
 これがぼくが確認できたかぎりでの最新の祇園虎拳情報である。隣のお座敷では、まだ襲名する直前の片岡孝夫が遊んでいた。

 やがて江戸時代の虎拳は狐拳となり、庄屋と虎と鉄砲になり、さらに拳相撲、藤八拳となって爆発的な大ブームになった。山東京伝も鶴屋南北も喜多村信節もよく取り上げている。
 大ブームというのは文字通りの大ブームで、松浦静山の『甲子夜話』によると、江戸や大坂に拳の名人や達人があらわれて、これが弟子を生み、その弟子たちが次々に「組」や「連」をつくっていった。とくに何事にも乗りやすい大坂では文化年間には19組の拳組があらわれ、船場鶴組・船場定組・北福組・北菊組・南雪組・新雪組というふうに、まるで宝塚の百花繚乱なのである。
 拳番付も東西に出現し、たとえば江戸では将棋は下谷の天野留次郎が横綱名人だが、拳打では銀座の月の屋一蘆が横綱名人だというふうになっていった。
 ところがここから「拳道」というものが興ったのである。ようするに“家元”が出てきてしまった。こうなるといけない、それぞれの拳道に流派ができて、藤八拳は藤八拳で分かれ、狐拳は狐拳の流派ができて、総じてみんなでジャンケンポンとはいかなくなった。
 オーソライズされすぎた芸道・遊芸にはよくあること、まったくの思いつきで対抗する者たちも出てくる。和菓子屋たちは「あんこ」と「きなこ」と「ぼたもち」で甘ったるい拳をやる始末になっていく。それなら茶拳だ、渋茶拳だということで、それに業を煮やした連中が、ええっい、地震・雷・火事・親父だというので三すくみさえ崩れてしまい、ついには出鱈目になったのである。
 こうして賭け事・ギャンブル・出鱈目がまじりあい、明治政府とともに拳道のみならず、拳そのものの遊び感覚が消えていく。何事も“家元”と張りあわないことですね。