ほんほん

拾読と老軽ニュース

ほんほん53

◆拾読(しゅうどく)という読み方がある。拾い読み(ピックアップ・リーディング)のことだ。パラパラとページをめくるイメージがあるかもしれないが、そうとはかぎらない。アタマの中のエンジンの「読みモード」スイッチを「早送り」にする。だから速読なのではない。意味の読み取りはノーマルスピードのままなのだ。だから映画のビデオを早送りで見るのとは違う。あれでは会話が聞き取れない。拾読は文字が見えている。
◆最近の拾い読み、いくつか。デイビッド・バリー『動物たちのナビゲーションの謎を解く』(インターシフト)。動物がGPSを持っているのではなく、GPSが分化して動物になったのだ。真木太一編『日本の風』(朝倉書店)。農業気象学のベテランが50をこえる風の意味を「見える」ものにした。風の工学だ。エンツォ・トラヴェルソ『一人称の過去』(未来社)。歴史が「私」の語りによって創造的な可能性を孕みつつも、政治的な曖昧度を広げすぎて一人称の力を失っていく問題を扱った。『全体主義』や『ヨーロッパの内戦』などの歴史学者が歴史語りの人称を問うたのである。鵜飼秀徳『仏教の大東亜戦争』(文春新書)。耳が痛い仏教関係者もいるかもしれないが、この「殺生とは何か」を通らなければ仏教力は浮上しない。
◆また、いくつか。ポール・フルネル『編集者とタブレット』(東京創元社)。紙の本が好きなら必読だ。久しぶりにナンシー関のシリーズ(角川文庫)。『何をいまさら』『何の因果で』『何が何だか』『何もそこまで』など。鬱憤抜きのためにはもってこいである。ぼくは拾読はたいていリクライニングチェアでしているのだが、ナンシー関はそこでは女王さまである。ラニ・シン編『ハリー・スミスは語る』(カンパニー社)。後藤護君が送ってくれた一冊で、黒魔術っぽいけれど、平岡正明っぽい。拾い読みしてすぐに、そうか宇川直宏がずっと以前に話していたあれかと思い出した。野嶋剛『新中国論』(平凡社新書)。香港と台湾を嬲(なぶ)る習近平の意図をまとめたものだが、抉ってはいない。山極寿一『人間社会、ここがおかしい』(毎日文庫)。例によってゴリラが人間を見破っていく。
◆ナンシー関や山極寿一ではないが、何かがおかしいはずなのに、何かがヘンなはずなのに、その原因や正体かがわからないことは多い。科学はそこから始まるのだけれど、このところ「おかしいぞ」が多すぎて、これは文明のせいだとか現在日本のせいだなどと大ざっぱになってきて、まずい。
◆最近のニュース。湊部屋の逸ノ城が優勝したのに盛り上らない。それでいいのか。安倍晋三元首相が応援演説中に銃撃され即死。狙撃犯は母が貢いだ旧統一教会を恨んでの犯行だったようだが、世論のオピニオンは「民主主義への挑戦だ」と言う。それでいいのか。参院選は自民圧勝。維新に中条きよし、れいわに水道橋博士、参政党に神谷宗弊、N党にガーシー。何に向かうのか。コロナまたまた感染爆発して第7波、わが周辺にもちらほら感染者や濃厚接触者が出てきたが、ぼくはいまだマスク着用頻度がきわめて低い。ぼくはこれでいいのか。
◆ロシアとウクライナの歴史と現状について、先だって佐藤優さんに『情報の歴史21』を使いながら本楼で話してもらった。グラゴール文字文化とキリル文化の話、ガリツィア(紅ルーシ)のナショナリズムとイエズス会の話、マイダン革命の奥のウクライナ民族主義者ステパン・バンデラの話などに聞きいった。話は読書指南にもなっていて、防衛研究所の『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)よりも、エマニュエル・トッド『第三次世界大戦はもう始まっている』(文春新書)、副島隆彦『プーチンを罠にはめ、策略に陥れた英米ディープステイト』(秀和システム)を読んだほうがいい、あの戦争の背景思想を知りたければ片山杜秀の『皇国史観』(文春新書)に書いてあることを読んだほうがいいと薦めていた。佐藤さんの話は「謎」が組み合わさるようになっていて、あいかわらず愉快だ。
◆最近のぼくの「老軽(ローカル)ニュース」少々。弁当一人前が一度で平らげられない。残して夜中に半分を食べる。メガネのフレームを太めの黒縁にした。気分転換だ。遠近と近々を誂えた。BS「一番新しい古代史」が終了。やたらに評判がよかったらしい。おしっこが一日10回以上になった。ガマンも効かないので、会合などで何食わぬ顔で立つための「芸」が必要になってきた。早く喋れず、声も響かない。息継ぎと発話のタイミングもずれる。それに座布団がないと、どこに坐ってもお尻が痛い。数年前から痩せているせいだ。そろそろ人前に我が身を晒せないのである。でもタバコは着々ふえている。それはそれ、寝床に入ると黒猫ナカグロがゆっくりくっついて寝る。爺さんどうしの二人寝である。
◆15離が始まって半分まで来た。離学衆も指南陣もいい。37期の花伝所がおわった。これまでになく充実している。新しい世代の活躍も目立ってきた。イシス編集学校が「ぼく」の代わりなのだ。これはコレクティブ・ブレインの創発なのだろうか、やっとの人麻呂代作集団の出現なのだろうか、面影編集一座の旗揚げなのだろうか。とりあえずは、こう言っておく。「師範代、出番ですよ」。

> アーカイブ

閉じる

都林泉名勝図会

秋里籬島

講談社学術文庫 1999

 白幡洋三郎の解説がうまい。もともとの原本が“名所ぴあ”のようなものだから、その解説も150点におよぶ図版に短文を添える程度のものなのだが、それがかえって香辛料のようであり、また庭園史の研究者らしい連続観が出ている。
 かつて『都林泉名勝図会』の解説では、1965年から井口海仙が『淡交』に連載したものが印象深かったが、白幡のものは新しいスタイルをつくった。文庫本になったことも嬉しい。

 本書は「名所図会」という新語によるニューシリーズの発案者ともいうべき秋里籬島(あきさと・りとう)のヒット作のひとつで、『都名所図会』を皮切りに寛政年間に次々に編集された名所図解本である。
 寛政年間というのはだいたい1790年代にあたる。政治的には渋い時代だが、京都の公家や町衆にとってはせめて遊興を愉しみたい気分が出てくる時代だった。そこへ“名所ぴあ”が刊行された。『住吉名所図会』『和泉名所図会』『摂津名所図会』『河内名所図会』などの大坂シリーズ、さらには『東海道名所図会』『近江名所図会』『木曽名所図会』なども次々に刊行されて、秋里籬島が関西のメディア界と“大衆”にもたらす手際と配慮は圧倒的な勢いに達した。
 そのなかでも『都林泉名勝図会』は京都の名園を採りあげ、やや詳しいガイドを付したという点で有名になった。

 ともかく挿絵が見飽きない。『都名所図会』は竹原春朝斎が一人で描きまくったが、本書では西村中和・佐久間草偃・奥文鳴の三人が競った。そのひとつひとつを見ていると、そうか以前の京都はこういう庭に満ちていたのかとおもう。
 そもそも日本を知るには、いちばん見えやすいのが庭である。書物や建築や絵画を見るよりは、見えやすい。その中に入っていけるし、見どころがはっきりしている。法隆寺の構造を知るよりは竜安寺の石庭を見ているほうが、スッとする。
 しかし、それだけに日本の庭には中世の『作庭記』以来の作意工夫の歴史の積み重ねがあって、たとえば小堀遠州の作意を正確に見破るには、ちょっとした見方も必要になる。そういうときに本書などが大いに役立つ。較べられるからである。

 京都の庭は、ぼくのような昭和20年代後半から30年代に楚々とした青春をおくった者にとっては、唯一のデートコースだった。女の子とどこかに行くとなると、まずお寺の庭くらいしか思いつけなかったのである。
 だいたい京都では、見合いをするにも、大人が会合をもつにも、庭がないところなどに行くことはありえない。料亭に行って庭が見えない座敷につくなどということもない。いまでこそ庭のない料理屋やレストランが多くなったものの、当時は、人と人が出会うところには必ず庭があったものなのだ。
 ということは、実は見合いやデートや食事の最中にちゃんと庭を見るわけでもないのだから、京都育ちの者たちはとりあえずはあれこれの庭に行ってはいたとしても、ちゃんとは見ていないということになる。むしろ京都を訪れる旅行者のほうがしっかり観察しているといったほうがよい。
 それは江戸時代も同じことで、こういうガイドが出ないかぎりはほとんど詳しいことを知らなかったと見るべきなのだ。いやいや江戸時代どころか、本書はいまの京都の住人たちも見るべきガイドになっている。

 かつてぼくは講談社の『アート・ジャパネスク』に十文字美信を頼んで本法寺の庭を撮影したことがある。琳派の巻である。
 そのころ本法寺の庭を琳派の庭と見る者はほとんどいなかった。光悦の作庭だということもあまり信用されていなかった。しかし、実際の庭を見ればわかることだが、なかなかおもしろい。おそらく研究者たちもろくすっぽ見ていないのであろう。けれどもぼくは、父親が所蔵していた『都林泉名勝図会』を見て本法寺に憧れていたので、何度か訪れていた。光悦が好きだったこともある。
 かくて撮影した写真は見事なものとなったのだが、これを見た研究者たちはまだ首を捻っていた。どうも学者というものはなかなか固定観念から抜け出てこない。
 そうしたら、この文庫本になった本書では、白幡洋三郎が本法寺の庭にちゃんと注目をしてくれている。ホッとした。

 本法寺はもともとが日蓮宗の中興の祖である日親上人ゆかりの寺であるから、法華衆徒の本阿弥家がかかわったのは当然のこと、おそらく光悦と寺の関係はかなり深かったとおもわれる。
 そこで光悦は「三巴の庭」を構想し、築山を三つ巴に意匠した。『都林泉名勝図会』には「その形、築山、泉石共に浪の紋を模す」とある。加えて池があり、切石10個で囲まれているのだが、これが不等辺の十角形なのである。まことに斬新で、かつて重森弘奄が瞠目したというのも頷ける。
 というようなことで、本法寺の庭はいまでも注目に値する庭なのだが、本書はそういうことをすでに寛政年間の名勝として、くまなくカバーしきっているのである。まあ、本文を読まなくともいいから、庭園図集としてよくよく眺めてみられるとよい。