ほんほん

拾読と老軽ニュース

ほんほん53

◆拾読(しゅうどく)という読み方がある。拾い読み(ピックアップ・リーディング)のことだ。パラパラとページをめくるイメージがあるかもしれないが、そうとはかぎらない。アタマの中のエンジンの「読みモード」スイッチを「早送り」にする。だから速読なのではない。意味の読み取りはノーマルスピードのままなのだ。だから映画のビデオを早送りで見るのとは違う。あれでは会話が聞き取れない。拾読は文字が見えている。
◆最近の拾い読み、いくつか。デイビッド・バリー『動物たちのナビゲーションの謎を解く』(インターシフト)。動物がGPSを持っているのではなく、GPSが分化して動物になったのだ。真木太一編『日本の風』(朝倉書店)。農業気象学のベテランが50をこえる風の意味を「見える」ものにした。風の工学だ。エンツォ・トラヴェルソ『一人称の過去』(未来社)。歴史が「私」の語りによって創造的な可能性を孕みつつも、政治的な曖昧度を広げすぎて一人称の力を失っていく問題を扱った。『全体主義』や『ヨーロッパの内戦』などの歴史学者が歴史語りの人称を問うたのである。鵜飼秀徳『仏教の大東亜戦争』(文春新書)。耳が痛い仏教関係者もいるかもしれないが、この「殺生とは何か」を通らなければ仏教力は浮上しない。
◆また、いくつか。ポール・フルネル『編集者とタブレット』(東京創元社)。紙の本が好きなら必読だ。久しぶりにナンシー関のシリーズ(角川文庫)。『何をいまさら』『何の因果で』『何が何だか』『何もそこまで』など。鬱憤抜きのためにはもってこいである。ぼくは拾読はたいていリクライニングチェアでしているのだが、ナンシー関はそこでは女王さまである。ラニ・シン編『ハリー・スミスは語る』(カンパニー社)。後藤護君が送ってくれた一冊で、黒魔術っぽいけれど、平岡正明っぽい。拾い読みしてすぐに、そうか宇川直宏がずっと以前に話していたあれかと思い出した。野嶋剛『新中国論』(平凡社新書)。香港と台湾を嬲(なぶ)る習近平の意図をまとめたものだが、抉ってはいない。山極寿一『人間社会、ここがおかしい』(毎日文庫)。例によってゴリラが人間を見破っていく。
◆ナンシー関や山極寿一ではないが、何かがおかしいはずなのに、何かがヘンなはずなのに、その原因や正体かがわからないことは多い。科学はそこから始まるのだけれど、このところ「おかしいぞ」が多すぎて、これは文明のせいだとか現在日本のせいだなどと大ざっぱになってきて、まずい。
◆最近のニュース。湊部屋の逸ノ城が優勝したのに盛り上らない。それでいいのか。安倍晋三元首相が応援演説中に銃撃され即死。狙撃犯は母が貢いだ旧統一教会を恨んでの犯行だったようだが、世論のオピニオンは「民主主義への挑戦だ」と言う。それでいいのか。参院選は自民圧勝。維新に中条きよし、れいわに水道橋博士、参政党に神谷宗弊、N党にガーシー。何に向かうのか。コロナまたまた感染爆発して第7波、わが周辺にもちらほら感染者や濃厚接触者が出てきたが、ぼくはいまだマスク着用頻度がきわめて低い。ぼくはこれでいいのか。
◆ロシアとウクライナの歴史と現状について、先だって佐藤優さんに『情報の歴史21』を使いながら本楼で話してもらった。グラゴール文字文化とキリル文化の話、ガリツィア(紅ルーシ)のナショナリズムとイエズス会の話、マイダン革命の奥のウクライナ民族主義者ステパン・バンデラの話などに聞きいった。話は読書指南にもなっていて、防衛研究所の『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)よりも、エマニュエル・トッド『第三次世界大戦はもう始まっている』(文春新書)、副島隆彦『プーチンを罠にはめ、策略に陥れた英米ディープステイト』(秀和システム)を読んだほうがいい、あの戦争の背景思想を知りたければ片山杜秀の『皇国史観』(文春新書)に書いてあることを読んだほうがいいと薦めていた。佐藤さんの話は「謎」が組み合わさるようになっていて、あいかわらず愉快だ。
◆最近のぼくの「老軽(ローカル)ニュース」少々。弁当一人前が一度で平らげられない。残して夜中に半分を食べる。メガネのフレームを太めの黒縁にした。気分転換だ。遠近と近々を誂えた。BS「一番新しい古代史」が終了。やたらに評判がよかったらしい。おしっこが一日10回以上になった。ガマンも効かないので、会合などで何食わぬ顔で立つための「芸」が必要になってきた。早く喋れず、声も響かない。息継ぎと発話のタイミングもずれる。それに座布団がないと、どこに坐ってもお尻が痛い。数年前から痩せているせいだ。そろそろ人前に我が身を晒せないのである。でもタバコは着々ふえている。それはそれ、寝床に入ると黒猫ナカグロがゆっくりくっついて寝る。爺さんどうしの二人寝である。
◆15離が始まって半分まで来た。離学衆も指南陣もいい。37期の花伝所がおわった。これまでになく充実している。新しい世代の活躍も目立ってきた。イシス編集学校が「ぼく」の代わりなのだ。これはコレクティブ・ブレインの創発なのだろうか、やっとの人麻呂代作集団の出現なのだろうか、面影編集一座の旗揚げなのだろうか。とりあえずは、こう言っておく。「師範代、出番ですよ」。

> アーカイブ

閉じる

神秘学序説

高橋巌

イザラ書房 1975

 神秘主義は個体主義でなければならない。こんなことを知ったのは高橋巌さんと神田の美学校で話していたときだった。
 美学校は『トロ選』や『サド裁判』で有名を馳せた現代思潮社の石井恭二が始めた観念美学ともいうべき無謀を標榜する特異な学校で、埴谷雄高澁澤龍彦・松山俊太郎・加藤郁乎土方巽らの異色の講義と、中村宏・赤瀬川原平・立石鉄臣をはじめとする魔術的リアリズムともいうべき技法を教える教場とを提供していた。
 そのどこかでぼくは高橋巌の話を聞いた。そのころはまだ“神秘主義”とか“秘教”という言葉の響きを聞いただけでドギマギするような、その方面にはウブなころの学生あがりだった日々のことである。それにしても「神秘主義は個体主義でなければならない」とは、いったいどんな意味なのか。当時のぼくはさっぱり見当がつかなかった。もっとはっきりいえば神秘主義とか神秘学をかなりいかがわしいものだと思っていた。
 ちなみに、それから何年もたって、ぼくも美学校の「最終美術講義」という講座を松沢宥さんとともに担当していた。

 個体主義にむすびついた神秘主義を、本書ではヨアキム主義とよんでいる。ヨアキム主義は高橋巌がシュタイナーユングとともに依拠する神秘学の拠点になっている。
 ヨアキムとは12世紀末に聖ジョヴァンニ・ディ・フィオレ修道院を創設したヨアキム・ディ・フィオレのことである。そのヨアキムがあるとき神秘体験をした。ヴィジョンを見た。
 それまでのキリスト教救済史観では、啓示は旧約・新訳の二つの聖書にかぎられていた。そのため終末論の見方でも、父の時代に子の時代が続いたあとは、世の終末がくると考えられていた。ところが、ヨアキムのヴィジョンはこれを突破した。それは、こういうものだった。
 第1の時代は「父」である。第2の時代は「子」の時代、そして第3の時代は「聖霊」の時代なのではないか、というものだった。ヨアキムは世界が終末では終わらないことを告げ、第3の時代を追加したのである。
 ヨアキム自身がみずからのヴィジョンを解説したものによると、第1の、星とイラクサを象徴する「父の時代」は「学問」の中にある。しかし、この時代はいまだ幼児的であり、苗ではあるものの、そこには隷属性や下僕性がつきまとって、精神は恐怖を拒否できない。第2の、曙とバラを象徴とする「子の時代」は「叡知のはたらき」の中にあって青年にふさわしい。それゆえこの時代は信仰と独立者が精神を育んでいく。けれどもそれはまだ稲穂であって、奉仕にすぎない。
 こうして必ずや第3の「聖霊の時代」がやってくるはずだというヴィジョンが示される。それは白昼あるいは百合によって象徴されて、「認識の完成」をめざす。この時代は自由と愛によって精神が穀物と友人を獲得する時代なのである。
 ヨアキムはこのように自分のヴィジョンを解説した。高橋巌の神秘学もここに出所する。それを一言でいえば「聖霊の時代」のための神秘学の宣告というものだ。

 本書は、このヨアキム主義を根底において時代を予告し、その聖霊を個体こそが対応すべきであることを、たとえばゲーテ、たとえばフロイト、たとえばユング、たとえばシュタイナー、たとえばマルクーゼを持ち出して論証しようとした試みである。
 それで本書を通して何を言いたかったかといえば、ユングが断言したように(A)「個体こそが唯一の現実性である」のだから、ここから(B)「私こそ唯一の霊的現実性である」ということを導き出したかったのである。本書の大半の議論は、この(A)と(B)とのあいだを埋めるための多くのエピステーメーとアブダクションで占められる。
 その(A)と(B)のあいだにあるものとは、一種の神秘体験である。それを高橋巌はゲーテからマルクーゼまでを引いて例証してみせた。あるいは「もっとお望みなら」と高橋さんは言って、ミケランジェロ、ブレイク、シェリング、マラルメイエイツリルケらをあげかねないのだが、本書ではそこまでの“論証”はひとまず避けている。
 こうして本書では、顕教的な立場が人間を肉体と魂とに分けるために精神を共同体的に高めようとするのに対して、密教的な立場すなわち神秘学的な立場が、自分自身のうちに精神という神秘的存在を発見して、それを意識化する手立てを教えるものになっていることを説明するのである。すなわち個体こそが神秘の契機や拠点になりうることを説明する。

 以上の説明で、はたして読者がいかほどの理解ができたかはわからない。ここでのぼくの説明が足りなすぎて、あまりよくわからなかったのではないかと思う。
 けれども、本書が出たころは、あるいは高橋巌の文章がいろいろの雑誌に載りだした当時は、この程度のエスキースやフラグメントを読んだ多くの者が、さあっと神秘学や神智学に走っていったものだった。変な感想を言うようだが、いまおもうと、この走りこみは妙なものだった。なぜ、こんなにも認識学的に難解な感覚が多くの者を神秘学やオカルティズムに走らせたのか、いまとなってはまことに奇妙なのである。

 実はぼくも、その後になってシュタイナーやマダム・ブラバツキーやグルジェフを走り読んだ。
 そして“その気”になったものだった。ちょうど本書が出たころにコリン・ウィルソンの『オカルト』がベストセラーになっていたことも、多くのロックミュージシャンやパンクミュージシャン、たとえばキング・クリムゾンに代表されるロックグループやマーク・ボランらのミュージシャンが、神秘学や神秘主義の言葉を多用していたことも、影響していた。
 しかしながら、いまは“その気”を正確に説明する言葉が組み立たない。どうしても、当時の芸術や音楽に戻って、それらの表現のあいだに入って味わうしかなくなっている。ここがなんとも不思議なのである。
 実は、本書『神秘学序説』についても、ここまでまことしやかに書いてはきたものの、当時を思い出しながらふたたび高橋さんの文章のあいだに入っているときだけがその意味が見えるときで、そこから出て、このような文章を綴っているときは、“その気”がなくなってしまっているのであった。
 まあ、そういう読書体験もあるのだということをもって、ここでは本書の紹介に代えたい。

参考¶本書は1974年から1年にわたって「現代思想」に連載された『神秘学ノート』がもとになっている。そのころぼくは『遊』第I期の編集に没頭していたころだったが、この連載は気になって読んでいた。高橋さんを知っていたからだったし、神秘学というものを知りたかったからだ。けれども、実は神秘学の理解は結局はほとんどものにならなかった。