ほんほん

ひさびさ千夜、古代史番組、湖北めぐり

ほんほん51

◆この一カ月、千夜千冊を書きそこねていた。いくつか理由はあるが、それでノルマがはたせなかったという説明にはならない。階段の昇り降りがへたくそだったとか、散髪がどうにもうまくいかなかったとかいうのに似ている。ずっと前のことだが、急に俳句が詠めなくなったり、人前で話すとなんとも食い違うということがあったりしたが、そういうことに近かったのだろうと思う。ロシアのことを書いて取り戻すことにした。
◆関口宏・吉村武彦と一緒に『一番新しい古代史』という番組をやることになった。BS・TBSの毎週土曜日のお昼から放映される。3チームが次々に用意するフリップ上の古代史クロニクルを関口さんが入念に辿っていくのを、ところどころで吉村さんが解説を加え、ところどころでぼくが勝手なイメージをふくらませるというやりかたで進む。1時間番組だが、30分ほどのリハのあと、本番用をだいたい90分か100分を撮って、それをプロダクション・チームが多少の取捨選択をして、絵やキャプションを付けて仕上げる。おかげで事前に、吉村さんの著書を読むのが仕事になった。これは仁義でもある。さきほどは岩波新書の『聖徳太子』と『女帝の古代日本』を再読した。
◆古代史の本はキリなくある。記紀・風土記・六国史をはじめとする史書をべつにすると、多くは研究者たちのもので、ぼくは研究者ではないからこれまでバラバラに、かつ好きに読んできた。なかにはとんでもない仮説に走ったものも少なくないが、それらにもけっこう目を通した。数えたこともないけれど、500冊や1000冊はとっくに超えているだろう。さあ、それで通史的にはどうまとまったのかというと、まとまるわけがない。とくにぼくは古代史の流れよりも古代観念の渦のありかたに関心があるので、万葉の歌や折口の文章に耽るのが醍醐味になってきたから、その手の読書がそうとう多い。これは通史的にはなりえない。間歇泉のような息吹とのつきあいなのだ。
◆それでもふりかえってみると、やはり内藤湖南・津田左右吉・石母田正・井上光貞・直木孝次郎・西嶋定生・小林敏男というふうに発表順・テーマ別にアタマの中に並べなおして、定番史観を眺めてきたようにも思う。研究じみてつまらないように思われるかもしれないけれど、いろいろ読んでいくと、そうなるのだ。それがまた歴史観の錬磨には有効なのだ。しかし、こういう並べなおし読書だけでは何も飛躍がない。歴史は通史がまとまればそれでおもしろいというわけではなく、『鎌倉殿の13人』ではないけれど、自分なりの人物像やドラマ性もギャップも想定できて、かつ一挙に細部に入り込んだり、巨きく俯瞰もできるようにならなければ、歴史を展いているという実感がもてない。
◆こうして結局は、火焔土器の本、スサノオをめぐる本、司馬遷、三韓や加耶についての本、仏教的言説、貴族の日記、新井白石、頼山陽を読み、松本清張や黒岩重吾や山本七平や安彦良和の『ナジム』(徳間書店)にも目を走らせるということになったのである。日本の古代史、実はまだまだ謎が解けてはない。わかってきたのはせいぜい3割くらいだろう。番組がどのくらい光をあてられるかはわからないけれど、多少はご期待いただきたい。
◆近江ARSのメンバーの用意周到な仕立てのおかげで、久々に湖北をめぐった。長浜・菅浦・大音(おおと)・石道寺(しゃくどうじ)・木之本を訪れた。長浜はわが父松岡太十郎の故郷なのである。いまの体力からすると3日の行程は少しきついのだが、存分な準備とサポートによって、いろいろ深い体感をものすることができた。劈頭に願養寺(松岡家の菩提寺)と梨の木墓地(松岡家の墓)に参ったのが、ぼくに湖北のヌミノーゼを散らしてくれた。
◆湖北は汚れていなかった。50年前の白洲正子の感嘆がほぼ残っていた。雨模様の夕方に近江孤篷庵(禅寺・遠州流)で時を偲んだときに、そのことがしっかり伝わってきた。しかしその一方で湖北が何かに堪えているようにも感じて、そこに多少のお手伝いをしなければと思った。帰って和泉佳奈子にも話したことである。
◆「東洋経済」が「世界激震! 先を知るための読書案内」を特集した。「ウクライナ危機の行方がわかる」と銘打って、橋爪大三郎・岡部芳彦・斎藤幸平・佐藤優・羽場久美子・輿那覇潤・津上俊哉・鶴岡路人といった面々が顔をそろえて危機を乗り越えるための本を推薦しているのだが、かなり知られた本が多く、やや失望した。橋爪・佐藤『世界史の分岐点』(SBクリエイティブ)、ウォルター・シャイテル『暴力と不平等の人類史』(東洋経済新報社)、輿那覇『平成史』(文藝春秋)、田中孝幸『13歳からの地政学』(東洋経済新報社)、六鹿茂夫『黒海地域の国際関係』(名古屋大学出版会)、ヨラム・パゾーニ『ナショナリズムの美徳』(東洋経済新報社)、福嶋亮太『ハロー、ユーラシア』(講談社)、イワン・クラステラ『アフター・ヨーロッパ』(岩波書店)、羽場『ヨーロッパの分断と統合』(中央公論新社)、秋山信将・高橋杉雄『「核の忘却」の終わり』(勁草書房)、橋爪『中国VSアメリカ』(河出書房新社)あたりがお薦めだろうか。ドゥーギンとプーチンの間を埋めるチャールズ・クローヴァーの『ユーラシアニズム』(NHK出版)が入っていないのは、どうしたことか。

> アーカイブ

閉じる

日本人の鳴き声

中野純

NTT出版 1993

 小倉朗は『日本の耳』で日本人と欧米人のタンギングをくらべ、日本人の唸りに行きついた(第653夜)。
 声とは何かということは、案外、突き止められていない。目は口ほどにものを言うというけれど、声は目の取り繕いを破ってまで、何かを“伝導”している。目が笑っていても、声が震えるということもある。人がアガっているかどうかは、表情ではわからなくともたいてい声でわかる。
 しかし、アガっているのはその場の姿勢にも関係している。体の緊張を声は反映するのだ。電話でお辞儀をしながら話しているのをハタから見ると、なんともバカに見える。けれども声は体の姿勢にもとづいて発声されているから、相手には声の調子で丁寧になっているかどうかがわかるのだ。試しにふんぞりかえって「そうでございましたか、それはたいへんご迷惑をおかけしました。まことに申し訳ございません」とか「それではお体にきをつけて、ごめんくださいませ」と言ってみようとすると、自分の声がそうなっていないので、慌てて体をおこし、ちょっと姿勢を屈(かが)めたくなるはずだ。声は裏切れない。

 よく「あなたの話に共感しました」とか「共鳴しました」と言われる。むろん中身のことを言ってるだろうが、いくぶんかは声の振動とブツリ的に共感共鳴しているのかもしれない。ぼくの声は講演やテレビ放映のあとに、よく話題にされる。アメリカで講演したときは、まず声を褒められた
 しかし自分の声というものは、自分では聞けない。テープに録音した自分の声を再生してみると、とても自分の声とは思えない。ぼくも高校時代にどでかいテープレコーダーを父が持ち込んだとき、初めて自分の声を聞いたのだが、一緒にいた家族全員で大笑いしてしまった。
 なぜなのか。骨導音のせいである。

 われわれは空気を振動してくる音を鼓膜でとらえて聞いている。鼓膜の性能は驚くべきもので、たった数万分の一気圧の変化(空気振動)を峻別できる。ところが自分の声には自分の耳から入ってくる空気振動とともに、骨を伝わってくる振動が混じっている。この空気を介さない音が骨導音である。それが取り外せないために、自分の声とテープの声とは大いに違ってしまう。
 そのうえ骨導音は空気中の音速より2~3倍も速いので、ナカ声とソト声の二つの音が少しずれて混合される。これではナマの自分の声は絶対にわからない。骨導音がどういうものかは、両方の耳を両手でぴったりふさいで声を出してみると、多少の感じがわかる。この声だけは、どんな機械でも取り出せない。
 だから、カラオケで唄った歌を録音して家に帰って再生してみるとたいていはゲンナリする。これはよしたほうがいい。カラオケは自分の骨導音にシビレるためにスピーカーからの自分のソト声を超でかくして、ナカ声の骨導音との塩梅をまぜまぜにして陶酔しているナルシズムなのである。それをカラオケルームのソト声の振動音だけでテープに取って帰ってきても、あのまぜまぜナルシスムが再生できるわけがない。

 本書は変わった本だが、まことにおもしろい。
 著者は1961年生まれの一橋大学出身者で、パルコに入社したのちに自主制作レーベル「さるすべり」を設立した人だと、著者紹介にある。葛生千夏と石川忠のCDなどを手掛けるプロデューサーでもあり、ホーミー研究所というのもつくっているらしい。いっとき工作舎の本に関心をもっていたことがあるとも書いているが、ぼくは面識がない。
 タイトルの「日本人の鳴き声」がいい。
 最初にデヴィッド・ボウイとジョン・レノンの声が好きだという話が出てきて、最後に、ボウイ=レノン声は「しょうゆ声」で、かつ「喉声」を隠し味につかっているという結論になる。そのあいだに、愉快で興味深いボーカリゼーションをめぐる話題が右に左に揺れながら、スピーディに綴られている。中盤からはとくにホーミーの話が多い。著者はホーミーに出会って愕然とし、それから人間の鳴き声に関心をもったのだ。だから音声学もちゃんとおさえているが、書きっぷりがポップ・カジュアルなので、それこそホーミーを聞いているように読める。

 ホーミーは、西モンゴルやそこに隣接するトゥヴァの遊牧民に伝わる倍音唱法のことである。
 舌と口の形を変えることで、基音にもとづく倍音が2オクターブ半から4オクターブくらいまで出る。第6倍音から第16倍音にあたる。第6倍音がソ、第7倍音がやや低いシ・フラット、第8倍音がド‥‥第16倍音が4オクターブ上のドになる。声が倍音を奏でるのだ。
 訓練をすると、このうちの特定の倍音を強調することができる。モンゴルやトゥヴァではこうして西洋音階にない音を自由に操る。第13倍音など、とくにホーミーの独壇場だ。これは「体内音階」ではないかというのが、著者の“発見”だ。
 ぼくも少しだけホーミーができるけれど(ミヒャエル・フェッターに習った)、最初にホーミーを効いた人はたいてい「お経のようだ」という。しかし、お経のみならず日本の伝統音楽の多くが「体内音階」から出てきているといってよい。これを倍音から聞くと、著者によれば平曲・浪曲・盲僧琵琶が倍音をたくさん聞かせるようにつくられているのだという。これに対して長唄は倍音が小さい。
 こんなことを綴りながら、著者は玉音放送の昭和天皇の声がすばらしい倍音を発したことに気がつく。歌っているわけではないのだから、これは
“倍音話法” とでもいうものだ。そして、この倍音話法が神主の祝詞(のりと)につながっていることに気がつき、「玉音とは倍音のことだった」という指摘におよぶ。

 ところで、さきほどのボウイ=レノン声が喉声を隠し味にしているという、その喉声とは、多くの日本人が出している馴染みの声のことである。「竹やあ、さおだけ~」「金魚~キンギョ」「ひがあしー、貴ノ花~」「お芋、お芋、ほっかほっかの焼ぁきいも~ぅ」の、あの声である。だいたいの日本人はあの声が真似できる。不快でもない。
 喉声とは、このような声帯そのものを揺すぶって出す声だ。とくに母音を強調する。ここから演歌の唸りもバナナの叩き売りのダミ声も出る。ここには基本的にホーミーの原則が隠れている。著者はユーミンは嫌いだったのだが、これはユーミンの声が「変」だからだった。ところが、あるときユーミンに嵌まったらしい。ユーミンの「変」が喉声にあることに気がついたからだ。とくにユーミンの「あ」の発声は民謡や演歌そのものの喉声だという。あのウミネコのような、あの「あ」だ。
 著者はこういう日本人独特の喉声を「しゅうゆ声」と名付けた。桑田佳祐、デーモン小暮、山瀬まみ‥‥「しゅうゆ声」はいくらでもいた。では、このルーツはどこにあるのかというのが、著者の最後の課題である。
 結論からいうと、声明(しょうみょう)にあるらしい。これは頷ける。たしかに声明は倍音の宝庫だ。しかし著者は単に発声の起源が声明にあるというだけではなく、日本人の心と体と声の振動形態というのか、信仰形態というのか、広くいうのなら、そういうもの全体が密教的なバイブレーションの中にあるのではないかというところにまで行きつく。そしてついに「日本は全体として密教国だ」「日本語そのものが密教的なのだ」「その密教性のなかで日本語が母音を大事にしていることが重要なんだ」「だからその母音の発声を生かしてきた関西弁はえらい」、という大仮説にまで至るのである。

 声、こえ、こゑ。
 これはケータイや音メディアがとことん発達しようとしているいまこそ、もう一度議論されるべき大問題なのかもしれない。
 声は共振を土台にして発達したものなのだ。そこには風土気象が絡み、その土地の宴が絡み、家屋構造が絡んでいる。イスラム圏は声の建築だらけといってよい。
 そういう声を自分の声と照らしあわせてみるのも、これまではまったく忘れられてきたことだが、ちょっとは関心がもたれてよいことだ。そこで最後に一声。
 人間の耳が聞きとる音は20ヘルツから20キロヘルツあたりまでである。このうち2キロヘルツくらいの音は、ボリュームが弱くとも一番敏感に聞きとれる。逆にいうと、2キロヘルツの声を出せば、一番よく通るということになる。諸君、2キロヘルツの声を出してみることだ。そうでないなら、もっと鳴きなさい。

Copyright © 2020 Matsuoka & Associates Co., Ltd. All rights reserved.