ほんほん

拾読と老軽ニュース

ほんほん53

◆拾読(しゅうどく)という読み方がある。拾い読み(ピックアップ・リーディング)のことだ。パラパラとページをめくるイメージがあるかもしれないが、そうとはかぎらない。アタマの中のエンジンの「読みモード」スイッチを「早送り」にする。だから速読なのではない。意味の読み取りはノーマルスピードのままなのだ。だから映画のビデオを早送りで見るのとは違う。あれでは会話が聞き取れない。拾読は文字が見えている。
◆最近の拾い読み、いくつか。デイビッド・バリー『動物たちのナビゲーションの謎を解く』(インターシフト)。動物がGPSを持っているのではなく、GPSが分化して動物になったのだ。真木太一編『日本の風』(朝倉書店)。農業気象学のベテランが50をこえる風の意味を「見える」ものにした。風の工学だ。エンツォ・トラヴェルソ『一人称の過去』(未来社)。歴史が「私」の語りによって創造的な可能性を孕みつつも、政治的な曖昧度を広げすぎて一人称の力を失っていく問題を扱った。『全体主義』や『ヨーロッパの内戦』などの歴史学者が歴史語りの人称を問うたのである。鵜飼秀徳『仏教の大東亜戦争』(文春新書)。耳が痛い仏教関係者もいるかもしれないが、この「殺生とは何か」を通らなければ仏教力は浮上しない。
◆また、いくつか。ポール・フルネル『編集者とタブレット』(東京創元社)。紙の本が好きなら必読だ。久しぶりにナンシー関のシリーズ(角川文庫)。『何をいまさら』『何の因果で』『何が何だか』『何もそこまで』など。鬱憤抜きのためにはもってこいである。ぼくは拾読はたいていリクライニングチェアでしているのだが、ナンシー関はそこでは女王さまである。ラニ・シン編『ハリー・スミスは語る』(カンパニー社)。後藤護君が送ってくれた一冊で、黒魔術っぽいけれど、平岡正明っぽい。拾い読みしてすぐに、そうか宇川直宏がずっと以前に話していたあれかと思い出した。野嶋剛『新中国論』(平凡社新書)。香港と台湾を嬲(なぶ)る習近平の意図をまとめたものだが、抉ってはいない。山極寿一『人間社会、ここがおかしい』(毎日文庫)。例によってゴリラが人間を見破っていく。
◆ナンシー関や山極寿一ではないが、何かがおかしいはずなのに、何かがヘンなはずなのに、その原因や正体かがわからないことは多い。科学はそこから始まるのだけれど、このところ「おかしいぞ」が多すぎて、これは文明のせいだとか現在日本のせいだなどと大ざっぱになってきて、まずい。
◆最近のニュース。湊部屋の逸ノ城が優勝したのに盛り上らない。それでいいのか。安倍晋三元首相が応援演説中に銃撃され即死。狙撃犯は母が貢いだ旧統一教会を恨んでの犯行だったようだが、世論のオピニオンは「民主主義への挑戦だ」と言う。それでいいのか。参院選は自民圧勝。維新に中条きよし、れいわに水道橋博士、参政党に神谷宗弊、N党にガーシー。何に向かうのか。コロナまたまた感染爆発して第7波、わが周辺にもちらほら感染者や濃厚接触者が出てきたが、ぼくはいまだマスク着用頻度がきわめて低い。ぼくはこれでいいのか。
◆ロシアとウクライナの歴史と現状について、先だって佐藤優さんに『情報の歴史21』を使いながら本楼で話してもらった。グラゴール文字文化とキリル文化の話、ガリツィア(紅ルーシ)のナショナリズムとイエズス会の話、マイダン革命の奥のウクライナ民族主義者ステパン・バンデラの話などに聞きいった。話は読書指南にもなっていて、防衛研究所の『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)よりも、エマニュエル・トッド『第三次世界大戦はもう始まっている』(文春新書)、副島隆彦『プーチンを罠にはめ、策略に陥れた英米ディープステイト』(秀和システム)を読んだほうがいい、あの戦争の背景思想を知りたければ片山杜秀の『皇国史観』(文春新書)に書いてあることを読んだほうがいいと薦めていた。佐藤さんの話は「謎」が組み合わさるようになっていて、あいかわらず愉快だ。
◆最近のぼくの「老軽(ローカル)ニュース」少々。弁当一人前が一度で平らげられない。残して夜中に半分を食べる。メガネのフレームを太めの黒縁にした。気分転換だ。遠近と近々を誂えた。BS「一番新しい古代史」が終了。やたらに評判がよかったらしい。おしっこが一日10回以上になった。ガマンも効かないので、会合などで何食わぬ顔で立つための「芸」が必要になってきた。早く喋れず、声も響かない。息継ぎと発話のタイミングもずれる。それに座布団がないと、どこに坐ってもお尻が痛い。数年前から痩せているせいだ。そろそろ人前に我が身を晒せないのである。でもタバコは着々ふえている。それはそれ、寝床に入ると黒猫ナカグロがゆっくりくっついて寝る。爺さんどうしの二人寝である。
◆15離が始まって半分まで来た。離学衆も指南陣もいい。37期の花伝所がおわった。これまでになく充実している。新しい世代の活躍も目立ってきた。イシス編集学校が「ぼく」の代わりなのだ。これはコレクティブ・ブレインの創発なのだろうか、やっとの人麻呂代作集団の出現なのだろうか、面影編集一座の旗揚げなのだろうか。とりあえずは、こう言っておく。「師範代、出番ですよ」。

> アーカイブ

閉じる

デジタル日本人

高城剛

講談社 1997

 高城剛は1964年に葛飾柴又に生まれた。よく動く。いつも変装している。深く考えこんでいる。
 ふだんは「フューチャー・パイレーツ」という100人ほどのソフトハウスを従えるベンチャー企業のリーダーだが、一人で世界を飛びまわって、誰とでもよく話しあっている陽気なネットワーカーでもある。拠点も表参道とロスアンジェルスの二つがある。
 いまをときめくデジタル・プロデューサーであって、かつ体感派であるだけに、自分のシナリオをもっている。世の中のメディアがふりまく踊り文句には騙されない。話していると、いつもメリハリが効いていて、短期・中期のドリブン・メッセージが明確である。調査力と推理力にも一方ならぬ背景がある。
 本書はそのような著者が「デジタル時代のポスト日本人」を模索した書き下ろし本で、ふつうならこの手の本は紹介しても1、2年で腐ってしまうことが多いのだが、おそらくは10年後の日本にも光っているとおもわれる。
 ただし、あっというまに読めるものの、その提案と感覚を実行に移すには、人によってはちょっと時間がかかる。大胆なシナリオが練りこまれているからだ。たとえていえば、歌舞伎のシナリオは見ているだけでは掴めないが、自分でコンテかコマ割りかツリー構造を描いてみると、いろいろ見えてくる。いわばそういう内容なのである。

 著者のコンセプトは「ポジティブな不安定」と「日本人らしい生き方」にある。そのうえに、リアルとヴァーチャルな独自の「庭」が確保され、好きな「移動」を自由におこしたい。どうすれば、そうなるか。著者が描くシナリオは次の通り。
 まず、新しい世代が獲得しつつあるデジタル感覚を摘出する。ここをまちがうと全体のヨミがまちがってくる。それは、頭(感覚・感性)が「サビアタマ」をいちはやく引き出し、目と指(技法)がそこにいたる手続きをおぼえるという、すでにケータイ高校生が獲得しているものである。「サビアタマ」とは小室哲哉以降のJポップ・ミュージシャンがさかんにやっている作曲方法のことで、一曲のサビを冒頭にもってくることをいう。
 なぜ、頭と指の連動が大事なデジタル世代の前提になるのか。ここには、連続的なツマミ型の感覚から非連続な早出しボタン型への決定的な飛躍があるからだ。これが本来の「オン・デマンド」ということなのである。つまりは「おいしいものを最初から食べられるシステム」ということだ。
 そのおいしいものは、外にある。情報コンテンツは外にある。自分で培う必要はない。インターネットでいくらでも集まってくる。これによって長らく情報家電の到来と喧伝されてきた流れは、「家電」から「個電」へ、さらに「外電」(そとでん)へと向かっていく。“おたく”が“おそと”になっていく文化の可能性が、ここにある。このとき、システムの側はできれば“おそと”を手伝うエージェントを内蔵してほしい。

 そこで高城が提案するのは、消費者・ユーザーの日々に出現しているフローティング・タイムを活用した時間ビジネスである。
 すでに時間ビジネスはコンビニエンス・ストアが大成功をとげている。1、2時間ごとに商品の組み立てを変えている。利用者も自分の空いた時間にいつでも行ける。
 これをデジタル世代のしくみにもっと生かしていく。そしてそこに、単発型のヒット商品ではなく、何度でもヒットが生まれうる複合型の「ヒット構造」をこしらえる。
 そのためにはアメリカばかりを真似していたのではダメである。むしろ徹底して日本人らしい好みや価値観をはっきり掴む。たとえば、日本には今後とも在宅勤務はありえない。日本人は狭い家に住み、アメリカとはちがって遠くても2時間程度で通学や通勤をする距離感の中にいる。その「狭さ」を生かすのだ。その「狭さ」の中に「スマート・ガーデン」をつくるのだ。このスマート・ガーデンがシリコンバレーのガレージに代わるものになる。
 また、日本人はギャンブルが好きで、性風俗が好きである。ラスベガスのようなものはないが、パチンコ屋と麻雀屋に代表されるように、どこにもギャンブルが待っている。つまり日本人は分散型で近隣有効活用型なのである。これは「狭さ」の特権である。それを生かしたい。アメリカのデジタル・モダニズムにばかり倣っていてはダメなのだ。
 もうひとつ日本が得意なことがある。それは短所とも言われているものだが、メッセージの内容をちゃんと言うよりも、言い方を気にするという性質だ。「おまえ、その言い方はないだろう」というアレである。このことにがっかりする必要はない。これは、日本人がステップを重視するということであり、手続きのうまさに敏感だということなのである。これをデジタル日本人にも生かしたい。

 だいたいこんなぐあいに、高城剛はデジタル社会における「一人でもがんばるポスト日本人」のシナリオを組み立てる。
 かなりラフなものではあるが、それぞれの考え方や絞り方にコネクティビティがある。グローバル・スタンダードなど気にしていない。したがって、用語もおもしろい。
 きっと高城は日本人が好きなのだろう。寅さんの町に育ち、ファミコンで遊び、コンビニで暮らした感覚が生きている。以前、高城と雑談をしているときに、「ぼくの日本人論は武士道なんです。いや、新武士道なんですよ」と言っていた。たしかにわれわれは、このところ“電装武士”というものに会ってみたくてしょうがなかったのである。