ほんほん

拾読と老軽ニュース

ほんほん53

◆拾読(しゅうどく)という読み方がある。拾い読み(ピックアップ・リーディング)のことだ。パラパラとページをめくるイメージがあるかもしれないが、そうとはかぎらない。アタマの中のエンジンの「読みモード」スイッチを「早送り」にする。だから速読なのではない。意味の読み取りはノーマルスピードのままなのだ。だから映画のビデオを早送りで見るのとは違う。あれでは会話が聞き取れない。拾読は文字が見えている。
◆最近の拾い読み、いくつか。デイビッド・バリー『動物たちのナビゲーションの謎を解く』(インターシフト)。動物がGPSを持っているのではなく、GPSが分化して動物になったのだ。真木太一編『日本の風』(朝倉書店)。農業気象学のベテランが50をこえる風の意味を「見える」ものにした。風の工学だ。エンツォ・トラヴェルソ『一人称の過去』(未来社)。歴史が「私」の語りによって創造的な可能性を孕みつつも、政治的な曖昧度を広げすぎて一人称の力を失っていく問題を扱った。『全体主義』や『ヨーロッパの内戦』などの歴史学者が歴史語りの人称を問うたのである。鵜飼秀徳『仏教の大東亜戦争』(文春新書)。耳が痛い仏教関係者もいるかもしれないが、この「殺生とは何か」を通らなければ仏教力は浮上しない。
◆また、いくつか。ポール・フルネル『編集者とタブレット』(東京創元社)。紙の本が好きなら必読だ。久しぶりにナンシー関のシリーズ(角川文庫)。『何をいまさら』『何の因果で』『何が何だか』『何もそこまで』など。鬱憤抜きのためにはもってこいである。ぼくは拾読はたいていリクライニングチェアでしているのだが、ナンシー関はそこでは女王さまである。ラニ・シン編『ハリー・スミスは語る』(カンパニー社)。後藤護君が送ってくれた一冊で、黒魔術っぽいけれど、平岡正明っぽい。拾い読みしてすぐに、そうか宇川直宏がずっと以前に話していたあれかと思い出した。野嶋剛『新中国論』(平凡社新書)。香港と台湾を嬲(なぶ)る習近平の意図をまとめたものだが、抉ってはいない。山極寿一『人間社会、ここがおかしい』(毎日文庫)。例によってゴリラが人間を見破っていく。
◆ナンシー関や山極寿一ではないが、何かがおかしいはずなのに、何かがヘンなはずなのに、その原因や正体かがわからないことは多い。科学はそこから始まるのだけれど、このところ「おかしいぞ」が多すぎて、これは文明のせいだとか現在日本のせいだなどと大ざっぱになってきて、まずい。
◆最近のニュース。湊部屋の逸ノ城が優勝したのに盛り上らない。それでいいのか。安倍晋三元首相が応援演説中に銃撃され即死。狙撃犯は母が貢いだ旧統一教会を恨んでの犯行だったようだが、世論のオピニオンは「民主主義への挑戦だ」と言う。それでいいのか。参院選は自民圧勝。維新に中条きよし、れいわに水道橋博士、参政党に神谷宗弊、N党にガーシー。何に向かうのか。コロナまたまた感染爆発して第7波、わが周辺にもちらほら感染者や濃厚接触者が出てきたが、ぼくはいまだマスク着用頻度がきわめて低い。ぼくはこれでいいのか。
◆ロシアとウクライナの歴史と現状について、先だって佐藤優さんに『情報の歴史21』を使いながら本楼で話してもらった。グラゴール文字文化とキリル文化の話、ガリツィア(紅ルーシ)のナショナリズムとイエズス会の話、マイダン革命の奥のウクライナ民族主義者ステパン・バンデラの話などに聞きいった。話は読書指南にもなっていて、防衛研究所の『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)よりも、エマニュエル・トッド『第三次世界大戦はもう始まっている』(文春新書)、副島隆彦『プーチンを罠にはめ、策略に陥れた英米ディープステイト』(秀和システム)を読んだほうがいい、あの戦争の背景思想を知りたければ片山杜秀の『皇国史観』(文春新書)に書いてあることを読んだほうがいいと薦めていた。佐藤さんの話は「謎」が組み合わさるようになっていて、あいかわらず愉快だ。
◆最近のぼくの「老軽(ローカル)ニュース」少々。弁当一人前が一度で平らげられない。残して夜中に半分を食べる。メガネのフレームを太めの黒縁にした。気分転換だ。遠近と近々を誂えた。BS「一番新しい古代史」が終了。やたらに評判がよかったらしい。おしっこが一日10回以上になった。ガマンも効かないので、会合などで何食わぬ顔で立つための「芸」が必要になってきた。早く喋れず、声も響かない。息継ぎと発話のタイミングもずれる。それに座布団がないと、どこに坐ってもお尻が痛い。数年前から痩せているせいだ。そろそろ人前に我が身を晒せないのである。でもタバコは着々ふえている。それはそれ、寝床に入ると黒猫ナカグロがゆっくりくっついて寝る。爺さんどうしの二人寝である。
◆15離が始まって半分まで来た。離学衆も指南陣もいい。37期の花伝所がおわった。これまでになく充実している。新しい世代の活躍も目立ってきた。イシス編集学校が「ぼく」の代わりなのだ。これはコレクティブ・ブレインの創発なのだろうか、やっとの人麻呂代作集団の出現なのだろうか、面影編集一座の旗揚げなのだろうか。とりあえずは、こう言っておく。「師範代、出番ですよ」。

> アーカイブ

閉じる

暗黒日記

清沢洌

評論社 1970

 ときどきこういう人物のことが強烈に気になる。かつては中江兆民、つづいて長谷川如是閑、それから正木ひろしや清沢洌だ。ぼくの喉の渇きを癒すのではなく、渇望そのものをおもいおこさせるからである。
 清沢洌。キヨサワ・キヨシと訓む。
 北穂高村の人。井口喜源治の研成義塾に学んでからは、たびたび渡米した。
 研成義塾は内村鑑三に共感した無教会派の井口が穂高に開いた私塾で、清沢はかなりの感化をうけた。清沢自身は洗礼をうけてクリスチャンにはなったわけではなかったものの、その生涯を通じて内村・井口の生き方や考え方をもちつづけた。
 大正9年に「中外商業新報」(現在の日本経済新聞)の外務部長となると、頻繁に朝鮮・満州・中国を取材した。その後のジャーナリストおよび言論人としての活動では、いっとき「朝日新聞」の企画部次長や論説委員にもなっている。その昭和初期の『自由日本を漁る』や『アメリカを裸体にする』は、当時にしては図抜けた視野に満ちていた。
 昭和20年5月21日の敗戦直前に聖路加病院に死んだ。これは、その昭和17年12月から死ぬ直前までの戦中日記。数年前に英語に翻訳され、アメリカで出版された。日本版は橋川文三と北岡伸一が解説と構成にあたっている。清沢洌を語るに最もふさわしい。
 これだけでは清沢洌が何者であるかはさっぱり見当がつかないだろうが、昭和前期を代表するリベラリストで、独学独立派の言論人であるというのが、一般的な評判である。けれども、清沢はなぜかいつも誤解されてきた。ぼくはこういう人物に弱いのだ。喉の渇望が思い出されるのだ。

 長らく読みたいとおもってきた日記だった。
 だいたい戦中日記というものは、ぼくにとっては最も遠い日々の記録でありながら、ぼくが昭和19年の1月に生まれたという一事をもってしても、"そこ"からは決して離れられない日々の記録なのである。
 しかも読み始めてすぐに気がついたが、ここには現代史をのちのち再構成しようとして、自分が通過しつつある現実をリアルタイム・エディティングをしようという決意が覗かれて、これまたぼくの生き方と切り離せないものをもっている。
 また、つねに現代の日本を「教育の欠如」として捉えるという視点が貫かれている。
 ぼくは世の評論家のように「教育が一番の根幹の問題だ」と喧伝することは大嫌いなのだが、自分自身の一番近い出来事として教育と学習がまとわりついてきたことを、つねに実感してきた。そういう意味で、清沢洌のような昭和初期のメディアにかかわった者がどのように日本の教育を気にしていたかということは、本書を読む動機のひとつになっていた。

 清沢洌が誤解されてきた理由を先に書いておく。
 清沢は大学を出ていない。明治39年にアメリカに渡ってデパートの雑役などをやりながら、タコマ・ハイスクールとホイットウォース・カレッジを卒業するのだが、日本に戻って早稲田大学に合格していながら、これを蹴ってまたアメリカに行っている。
 こういう経歴は、学閥を評価する当時の言論社会では受け入れられない。逆に"アメリカかぶれ"として非難された。清沢のリベラリズムも誤解された。当時の論壇は石川啄木や竹久夢二さえもがそうだったように、社会主義にシンパシーを見せることこそが進歩的だったのだ。
 また、かなり心外なことだったとおもうのだが、派手な生活をしているとも非難をうけた。
 大きな家に住んでいた、軽井沢に別荘がある、いつもゴルフをしている、収入がけっこう多い、これらがいずれも清沢の評論と裏腹であるとみなされた。しかも清沢は丸ビルのなかに「銀星」というレストランも経営していたことがあって、こうしたことが憎まれた。学者や論壇家は清貧であるべきだったのである。
 さらに、昭和2年のことだが、清沢は「中央公論」の常連執筆者たちを集めて「二八会」という言論倶楽部のようなものをつくったことがあるのだが、これが社長の嶋中雄作に媚を売ったなどと誤解された。
 しかし、このような非難と誤解こそ、ぼくは清沢洌に関心をもつ理由のひとつでもあった
 なぜお店をもって悪いのか。なぜ別荘があると言論に合わないのか。こうした清沢の"経済感覚"に文句をつけたいのなら、福沢諭吉の洋学思想や実学思想から文句をつけるべきであるし、そもそもジャーナリストや言論人が贅沢をしないほうなんて言えるわけがない。書画骨董を見るにも、文化風俗の奥を覗くにも、おおいに自己投資をすべきなのだ。

 さて、こうしたことを別にしても、清沢洌にはいくつも読むべきことがある。日記だから、総論の感想はない。清沢自身のカッと目を見開いた言葉がこちらの胸倉を掴むのが心地よい。
 たとえば曰く、「明治維新は攘夷派が敗れて、開国派が勝った。今は反対だ。だから今は明治・大正に対する激しい反感が所在に見られる」「大東亜戦争は浪花節文化の仇討ち思想である」「知らぬものが、知っているものを排撃する」。
 清沢は冷静に国際関係を見ていた。アメリカ通であったが、アメリカにも批判の目を欠かしていない。何を見ておくべきかを知っていた。「かつてグルーの報告を解読したが、かれは日本を正解したように思う」「米英的なるものというものが、実は米英的なるもの非ざる事実が多い」「外交問題を観るのに、日本は神経質すぎる。国際関係は、そう急に右に左に変わるものではない」「三木(清)君曰く、スペインは教会を与えた。米国は学校を与えた。日本は農業を与えなくてはならぬと」。
 こんな寸鉄人を刺す言葉は、随所にちりばめられている。
 しかし、最も辛辣というよりも、真剣に見ていたのは、やはり日本の国民意識に対してである。日本の将来というものに対しての感想である。こんな言葉が散見できる。

◇(正宗白鳥氏は)日本国民は戦争の前途にたいして不安を持っていないと話していた。そうだろうと思う。暗愚なるこの国民は、一種のフェータリズムを有しているのだ。
◇不思議なのは「空気」であり「勢い」である。米国にもこうした「勢」があるが、日本のものは特に統一的である。この勢が危険である。あらゆる誤謬がこのために侵される。
◇いわゆる日本主義の欠点は、国内の愛国者を動員しえぬことである。思想の相違を以て、愛国の士をも排斥することである。
◇モラールの問題だ。日本は全く行詰まったのだ
◇日本国民は世界一だというのに、日本人ほど自国民を疑うものはない。
◇日本においては秩序が維持されていたがゆえに、地方自治が発達しなかった。
◇左翼主義はそれでも研究をした。歴史研究にしても未踏の地に足を入れた。唯物的立場から。然るに右翼に至ては全く何らの研究もない。彼らは世界文化に一物も与えない。
◇作戦に対する批判が全くないことが、その反省が皆無になり、したがってあらゆる失敗が行われるわけではないか(アッツ島玉砕の日)。
◇英霊は日本人のみにあって、外国人にはないのだろうか。
◇日本は英国を東亜より引きあげしめるべきではなかった。英国が居れば、相共に米国を牽制することが出来た。英国は恐ろしくない。然るにこれを追ったために英米は握手してしまった。
◇日本人は問題の重要性を識別する力がない。形式に捉われるのはそのためだ。

 ここで「空気」とよんだものは、のちに山本七平が本格的研究に乗り出したものだ。左翼と右翼の比較もおもしろい
 ともかく清沢は戦火のなかで、案外悠々と次の時代を読みきっていた人だった。このあたりの慧眼にはさすがのものがある。

 たとえば次のごとく、だ。「新しい時代には言論の自由の確保ということが、政治の基調とならなくてはならぬ」。「今回の戦争の後に、予は日本に資本主義が興ると信ず。総てを消費しつくとたる後なれば、急速に物資を増加する必要あり。然も国家がこれをなすのには資金なく、また官僚を以ては、その事の不可能なことは試験ずみである」。また、「政治家に必要なのは心のフレキシビリチーである」というふうに。
 そうした慧眼のあいまに、また別の感想が入る。
 これはぼくも驚いた感想だったが、「午後の夕刊にて中野正剛の自殺を知る。僕は大東亜戦争勃発に続いてのショックを受けた」とあった。中野正剛の死を開戦の過誤と同等に扱った。あるいはこんな指摘もあった。「九州は中野正剛的だ。東北は後藤新平的だ」。かとおもえば、歌舞伎が好きだったようで、小浜利得とよく歌舞伎座を訪れたようなのだが、「菊五郎に僕は感心しない。まるで踊りだけの芸だ。声も悪し」とも書いている。菊五郎に文句をつけるのは並じゃない。

 こうして死ぬ1カ月前のこと、清沢洌はこんなふうに嘆息していたものだった。「官僚と軍人の政治というものが、こうも日本を滅茶にしてしまったのだ、ああ」。

参考¶清沢洌の著作や評論は山本義彦編集の『清沢洌選集』(日本図書センター)でほぼ読める。また『暗黒日記』は岩波文庫にも約3分の1に編集されて入っている。また清沢の人と思想については北岡伸一に『清沢洌・日米関係への洞察』(中央公論社)がある。