ほんほん

ひさびさ千夜、古代史番組、湖北めぐり

ほんほん51

◆この一カ月、千夜千冊を書きそこねていた。いくつか理由はあるが、それでノルマがはたせなかったという説明にはならない。階段の昇り降りがへたくそだったとか、散髪がどうにもうまくいかなかったとかいうのに似ている。ずっと前のことだが、急に俳句が詠めなくなったり、人前で話すとなんとも食い違うということがあったりしたが、そういうことに近かったのだろうと思う。ロシアのことを書いて取り戻すことにした。
◆関口宏・吉村武彦と一緒に『一番新しい古代史』という番組をやることになった。BS・TBSの毎週土曜日のお昼から放映される。3チームが次々に用意するフリップ上の古代史クロニクルを関口さんが入念に辿っていくのを、ところどころで吉村さんが解説を加え、ところどころでぼくが勝手なイメージをふくらませるというやりかたで進む。1時間番組だが、30分ほどのリハのあと、本番用をだいたい90分か100分を撮って、それをプロダクション・チームが多少の取捨選択をして、絵やキャプションを付けて仕上げる。おかげで事前に、吉村さんの著書を読むのが仕事になった。これは仁義でもある。さきほどは岩波新書の『聖徳太子』と『女帝の古代日本』を再読した。
◆古代史の本はキリなくある。記紀・風土記・六国史をはじめとする史書をべつにすると、多くは研究者たちのもので、ぼくは研究者ではないからこれまでバラバラに、かつ好きに読んできた。なかにはとんでもない仮説に走ったものも少なくないが、それらにもけっこう目を通した。数えたこともないけれど、500冊や1000冊はとっくに超えているだろう。さあ、それで通史的にはどうまとまったのかというと、まとまるわけがない。とくにぼくは古代史の流れよりも古代観念の渦のありかたに関心があるので、万葉の歌や折口の文章に耽るのが醍醐味になってきたから、その手の読書がそうとう多い。これは通史的にはなりえない。間歇泉のような息吹とのつきあいなのだ。
◆それでもふりかえってみると、やはり内藤湖南・津田左右吉・石母田正・井上光貞・直木孝次郎・西嶋定生・小林敏男というふうに発表順・テーマ別にアタマの中に並べなおして、定番史観を眺めてきたようにも思う。研究じみてつまらないように思われるかもしれないけれど、いろいろ読んでいくと、そうなるのだ。それがまた歴史観の錬磨には有効なのだ。しかし、こういう並べなおし読書だけでは何も飛躍がない。歴史は通史がまとまればそれでおもしろいというわけではなく、『鎌倉殿の13人』ではないけれど、自分なりの人物像やドラマ性もギャップも想定できて、かつ一挙に細部に入り込んだり、巨きく俯瞰もできるようにならなければ、歴史を展いているという実感がもてない。
◆こうして結局は、火焔土器の本、スサノオをめぐる本、司馬遷、三韓や加耶についての本、仏教的言説、貴族の日記、新井白石、頼山陽を読み、松本清張や黒岩重吾や山本七平や安彦良和の『ナジム』(徳間書店)にも目を走らせるということになったのである。日本の古代史、実はまだまだ謎が解けてはない。わかってきたのはせいぜい3割くらいだろう。番組がどのくらい光をあてられるかはわからないけれど、多少はご期待いただきたい。
◆近江ARSのメンバーの用意周到な仕立てのおかげで、久々に湖北をめぐった。長浜・菅浦・大音(おおと)・石道寺(しゃくどうじ)・木之本を訪れた。長浜はわが父松岡太十郎の故郷なのである。いまの体力からすると3日の行程は少しきついのだが、存分な準備とサポートによって、いろいろ深い体感をものすることができた。劈頭に願養寺(松岡家の菩提寺)と梨の木墓地(松岡家の墓)に参ったのが、ぼくに湖北のヌミノーゼを散らしてくれた。
◆湖北は汚れていなかった。50年前の白洲正子の感嘆がほぼ残っていた。雨模様の夕方に近江孤篷庵(禅寺・遠州流)で時を偲んだときに、そのことがしっかり伝わってきた。しかしその一方で湖北が何かに堪えているようにも感じて、そこに多少のお手伝いをしなければと思った。帰って和泉佳奈子にも話したことである。
◆「東洋経済」が「世界激震! 先を知るための読書案内」を特集した。「ウクライナ危機の行方がわかる」と銘打って、橋爪大三郎・岡部芳彦・斎藤幸平・佐藤優・羽場久美子・輿那覇潤・津上俊哉・鶴岡路人といった面々が顔をそろえて危機を乗り越えるための本を推薦しているのだが、かなり知られた本が多く、やや失望した。橋爪・佐藤『世界史の分岐点』(SBクリエイティブ)、ウォルター・シャイテル『暴力と不平等の人類史』(東洋経済新報社)、輿那覇『平成史』(文藝春秋)、田中孝幸『13歳からの地政学』(東洋経済新報社)、六鹿茂夫『黒海地域の国際関係』(名古屋大学出版会)、ヨラム・パゾーニ『ナショナリズムの美徳』(東洋経済新報社)、福嶋亮太『ハロー、ユーラシア』(講談社)、イワン・クラステラ『アフター・ヨーロッパ』(岩波書店)、羽場『ヨーロッパの分断と統合』(中央公論新社)、秋山信将・高橋杉雄『「核の忘却」の終わり』(勁草書房)、橋爪『中国VSアメリカ』(河出書房新社)あたりがお薦めだろうか。ドゥーギンとプーチンの間を埋めるチャールズ・クローヴァーの『ユーラシアニズム』(NHK出版)が入っていないのは、どうしたことか。

> アーカイブ

閉じる

夢二のアメリカ

袖井林二郎

集英社 1985・1994

 日本郵船の竜田丸がサンフランシスコに着いた。ホノルルまでが秩父丸、そこから竜田丸に乗り換える。昭和6年6月3日のこと、1931年である。アメリカは禁酒法の時代だ。
 サンフランシスコ港に降り立ったのは竹久夢二だった。47歳になっていた(本書では48歳になっている)。サンフランシスコの邦字新聞「新世界」の写真を見ると、かなり老けてみえる。同じ船に早川雪洲と伊藤道郎が乗っていた。
 早川雪洲も日米の文化の橋を語るにあたっておもしろいが、それより伊藤道郎はぼくがずうっと追いかけている人物で、ここでは説明を省くが、日本文化と欧米文化を「能とダンス」あるいは「伝統とモダニズム」の両極をもって本気でつなげた陽気なアーティストだった。
 その伊藤道郎はハリウッドにスタジオをもっていて、南カリフォルニア大学でダンスを教える予定があってアメリカに戻ってきたところだった。伊藤についてはいずれ書く。

 夢二は翁久允に連れられてアメリカに来た。
 翁という変な苗字の男は、のちに『週刊朝日』の編集長になったほどの男で、そのころのアメリカ滞在組日本人の花形である。もともとはサンフランシスコの日米新聞のオークランド支局長だった。六渓という雅号などをもっていて、この年よりちょっと前に小説『道なき道』の装幀を夢二が担当していた。翁はアメリカなら夢二の絵が売れるとふんでいた。
 すでに夢二は日本での人気に翳りが見えていた。
 彦乃に大正9年に25歳で死なれ、傷ついた心を休めてくれるはずのお葉は藤島武二のほうに逃げられ、新たに松沢村松原の「少年山荘」で同棲していた山田順子との関係はスキャンダルにもなっていた。“第四の恋人”と夢二伝記者がよんでいる岸本雪江とも長続きしていない。
 それになにより、落魄していたわけではないが、絵は売れず、かなり生活にも困っていた。そこで、気を紛らすためなのか、やたらに旅をしている。吉井勇直木三十五と山中温泉へ、西条八十と赤城山へ、そのほか黒部峡谷、浅虫温泉、会津東山温泉、羽前五色沼温泉などに行っては無聊を慰めていた。
 そこへ翁久允から渡航の誘いがきた。夢二は一も二もなくこの話に乗った。

 サンフランシスコで夢二は歓待されたわけではない。
 着いた夜に「桑港日米新聞」の主幹・安孫子久太郎が歓迎ディナーをしているが、その後に美州楼・昭和楼などの中華料理店で次々に開かれた歓迎会では、たいてい翁のほうが主人公だった。「タケヒサ・ムジって誰なのか」というのが現地の日本人の正直な反応である。
 安孫子はカリフォルニア日本人社会のリーダーで、この人を通してアメリカとかかわった日本人は数多い。たとえば幸徳秋水はアメリカでずっと安孫子の世話になっている。これは安孫子がもともと中江兆民の仏学塾に学んでいた関係による。その幸徳秋水が大逆事件で死刑になったとき、夢二は同志や友人らと秋水の通夜に出ていた。そんな縁もあった。
 それにしても、なぜ夢二はそんな無情なアメリカにわざわざやって来たのか。

 もともと夢二はヨーロッパに憧れていた。それはあの絵のエキゾティシズムからも想像がつこうが、もし彦乃と一緒になれたらヨーロッパ旅行をしたかった。そういう夢をもっていた。
 そのヨーロッパに行くために翁の勧めに乗ってアメリカ経由を選んだのである。アメリカのあとヨーロッパに行って、さらに聖地エルサレムを訪れるつもりだった。ところがアメリカに1年にわたって滞在してしまった。
 本書はそのアメリカにおける夢二を主題にしている。珍しい。袖井林二郎が本書を書くまでは、青江舜二郎をはじめ、このアメリカの夢二の周辺についてはほとんど様子が知れなかったのだ。

 アメリカでの日々は、夢二を落胆させた。日本の恩地孝四郎にあてた手紙には「イヤハヤ古いフォードのほどのねうちもない私のやうです」と書いている。
 翁はそれなりに努力した。「夢二画会」をつくり、若杉総領事の夫人に頼んで「夢二思出会」も結成させて、軸の注文を100本ほどとった。ところが夢二が動かなかったのだ。そのかわり放蕩をしていた。「桑港週報」の安曇穂明のところに入りびたり、食客まがいであった。これで翁との関係が破れる。

 このあと夢二が接触する日本人たちがおもしろい。在米者も渡航者も、いろいろいた。
 沖野岩三郎も来ていた。日本キリスト教界の大立者で、夢二とは平民社で一緒になったことがある。尾崎咢堂も娘二人を連れて来ていた。カーネギー平和財団の招待である。ただし夢二には関心を払わなかった。社会主義者の大山郁夫も亡命まがいの身で来ていた。リトルトーキョーの西本願寺ホールでの講演をした。
 井上勇は「羅府新報」の編集長をしていた。のちにレマルク『凱旋門』の翻訳などでならした男だ。いまはニューヨークで童画作家として活躍しているはずの藤川堯は、母親の藤川幽子が幸徳秋水をサンフランシスコで世話をした縁で、夢二に慕った。50年後ののちに一国の首相となった三木武夫も、このときはロスに労働留学をしていて、そこへ夢二が訪ねている。二人でリトルトーキョーで珈琲をのんだとき、夢二は「さみしい、さみしい」としか言っていなかったと、三木は回顧している。

 小川金治は秋田出身で明治33年に渡米して、川上音二郎のアメリカでの活躍に発奮し、大和魂をアメリカの国土にもたらそうとしていた。
 夢二はその娘の小川ナジモに懸想した。だいたいモデルがないと夢二は女を描けない。ナジモ(袖井はナジュモとしるしている)はカリフォルニアで夢二が見つけた彦乃でありお葉だった。そのせいか、カーメルでは夢二人形をふくめた個展を開いたりしている。けれども、一毛だに売れなかった。三揃えの背広を着てぽつんと個展会場に腰掛けている夢二の写真からは、異郷のせいか、途方もない寂寞が感じられる。

 夢二はアメリカで油彩画家としての転換をはかったのではないかというのが、著者の仮説である。
 たしかにそんなところもある。ぼくが気になっているのは、いまは伊香保の竹久夢二記念館に収蔵されている枕屏風『青山河』で、これはマン・レイをおもわせる大胆な構図となっていて、青黒い山河を背景に巨大な裸婦が夢二の好きなポーズで横たわっている。ポーズはやはりアメリカで描いた『モントレイのヌード』に似ているが、左右が逆であるし、黒髪だ。
 誰をモデルにしたのだろうか。ナジモだろうか。そのときのナジモは18歳だから、きっとこんなふうだったろう。小川ナジモの写真がまだ発見されていないので、詳細はわからない。この枕屏風こそが夢二のアメリカの謎を語っているにちがいない。いずれ夢二の代表作になるとおもわれる。

 本書は、そうした夢二のこともさることながら、昭和初期の日米関係がよく炙り出されているので、得難い。
 そのころの日米蜜月関係と、その裏でひそかに進行していたアメリカによる日本人移民社会に対する仕打ちが伝わってくる。蜜月関係は夢二が滞在中にひらかれたロスアンジェルス・オリンピックを頂点としている。このとき藤原義江も来ていた。
 一方、日米関係の悪化の兆候は本書に如実には描かれていないものの、すでに夢二自身のアメリカ感想にそれはあらわれていた。夢二はアメリカにいる日本人や二世たちの日本趣味がつまらぬものに見え、これでは日本はアメリカに通じないと見ていた。

 ようするに「偽りの日米文化交流」ばかりが目立っていたのであろう。そこにのちの、ついには太平洋戦争におよんだ日米問題がくすぶりつつも萌芽していた。
 もっとも、そうであるのなら、では夢二はどのような表現物で欧米に向かっていたのかということになるが、そのことは夢二は扠措いてたらしい。『青山河』だけが語っている。
 つまり夢二は矛盾しているのだ。それを象徴するように小遣い稼ぎに庭づくりにも手を出していた。が、そのたびに在米日本人が見せる日本庭園に辟易としていたようだ。「注文するほうもインチキで、作る連中もインチキだ」と日記にはある。
 つづいて夢二はこんなふうに書いた、「利休や遠州のような者がこの時期のアメリカに来ればよかったのだ」。このあたりの指摘はなかなか重いものがある。

 本書にはふれられていないが、夢二は昭和7年9月になってアメリカを去る。サンビイドル出帆のドイツ汽船タコマ号でパナマ運河を抜け、キュラソウ港からヨーロッパに入った。
 ハンブルグやベルリンではナチスが台頭しつつあった。「避雷針のついた鉄兜をきたヒットラアが何を仕出かすか、日本といひ、心がかりではある」と日記に書いた。といって反対勢力に期待もしていない。「マルキシズムが何か、もう常識ではないか。毒にも薬にもならないこと、忠君愛国と同じだ」とも書いた。
 そのベルリンでは一天画塾という日本画講習会をひらいている。なんとかちゃんとした「日本」を見せたかったのだろうが、たいした成果など出るはずはなかった。パリやウィーンを見て夢二がどうしようとしたか、この「最期の夢二」についての研究はない。このヨーロッパ旅行は夢二の最後の「彼方の見聞」でおわっただけなのである。
 1年後に帰国した夢二は、翌年に死ぬ。絶筆は「かっこうの啼く音はおほかた哀し」。享年は47歳。夢二の死とともに日本はおかしくなっていく。

参考¶アメリカ政治が専門の袖井林二郎の代表作は、言わずとしれた『マッカーサーの二千日』(中央公論社)である。毎日出版文化賞や大宅壮一賞などを総なめにした。が、『夢二のアメリカ』は袖井の専門外のものながら、ぼくを動かした。あまりに茫漠とし、あまりに目標を失っていた夢二の異郷での日々を追うことが、かえって夢二を感じさせたからだ。
 夢二については高田努監修『竹久夢二文学館』全9巻(日本図書センター)が定番。本書のあとに出たものでは、三田英彬の『評伝竹久夢二』(芸術新聞社)がある。