ほんほん

拾読と老軽ニュース

ほんほん53

◆拾読(しゅうどく)という読み方がある。拾い読み(ピックアップ・リーディング)のことだ。パラパラとページをめくるイメージがあるかもしれないが、そうとはかぎらない。アタマの中のエンジンの「読みモード」スイッチを「早送り」にする。だから速読なのではない。意味の読み取りはノーマルスピードのままなのだ。だから映画のビデオを早送りで見るのとは違う。あれでは会話が聞き取れない。拾読は文字が見えている。
◆最近の拾い読み、いくつか。デイビッド・バリー『動物たちのナビゲーションの謎を解く』(インターシフト)。動物がGPSを持っているのではなく、GPSが分化して動物になったのだ。真木太一編『日本の風』(朝倉書店)。農業気象学のベテランが50をこえる風の意味を「見える」ものにした。風の工学だ。エンツォ・トラヴェルソ『一人称の過去』(未来社)。歴史が「私」の語りによって創造的な可能性を孕みつつも、政治的な曖昧度を広げすぎて一人称の力を失っていく問題を扱った。『全体主義』や『ヨーロッパの内戦』などの歴史学者が歴史語りの人称を問うたのである。鵜飼秀徳『仏教の大東亜戦争』(文春新書)。耳が痛い仏教関係者もいるかもしれないが、この「殺生とは何か」を通らなければ仏教力は浮上しない。
◆また、いくつか。ポール・フルネル『編集者とタブレット』(東京創元社)。紙の本が好きなら必読だ。久しぶりにナンシー関のシリーズ(角川文庫)。『何をいまさら』『何の因果で』『何が何だか』『何もそこまで』など。鬱憤抜きのためにはもってこいである。ぼくは拾読はたいていリクライニングチェアでしているのだが、ナンシー関はそこでは女王さまである。ラニ・シン編『ハリー・スミスは語る』(カンパニー社)。後藤護君が送ってくれた一冊で、黒魔術っぽいけれど、平岡正明っぽい。拾い読みしてすぐに、そうか宇川直宏がずっと以前に話していたあれかと思い出した。野嶋剛『新中国論』(平凡社新書)。香港と台湾を嬲(なぶ)る習近平の意図をまとめたものだが、抉ってはいない。山極寿一『人間社会、ここがおかしい』(毎日文庫)。例によってゴリラが人間を見破っていく。
◆ナンシー関や山極寿一ではないが、何かがおかしいはずなのに、何かがヘンなはずなのに、その原因や正体かがわからないことは多い。科学はそこから始まるのだけれど、このところ「おかしいぞ」が多すぎて、これは文明のせいだとか現在日本のせいだなどと大ざっぱになってきて、まずい。
◆最近のニュース。湊部屋の逸ノ城が優勝したのに盛り上らない。それでいいのか。安倍晋三元首相が応援演説中に銃撃され即死。狙撃犯は母が貢いだ旧統一教会を恨んでの犯行だったようだが、世論のオピニオンは「民主主義への挑戦だ」と言う。それでいいのか。参院選は自民圧勝。維新に中条きよし、れいわに水道橋博士、参政党に神谷宗弊、N党にガーシー。何に向かうのか。コロナまたまた感染爆発して第7波、わが周辺にもちらほら感染者や濃厚接触者が出てきたが、ぼくはいまだマスク着用頻度がきわめて低い。ぼくはこれでいいのか。
◆ロシアとウクライナの歴史と現状について、先だって佐藤優さんに『情報の歴史21』を使いながら本楼で話してもらった。グラゴール文字文化とキリル文化の話、ガリツィア(紅ルーシ)のナショナリズムとイエズス会の話、マイダン革命の奥のウクライナ民族主義者ステパン・バンデラの話などに聞きいった。話は読書指南にもなっていて、防衛研究所の『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)よりも、エマニュエル・トッド『第三次世界大戦はもう始まっている』(文春新書)、副島隆彦『プーチンを罠にはめ、策略に陥れた英米ディープステイト』(秀和システム)を読んだほうがいい、あの戦争の背景思想を知りたければ片山杜秀の『皇国史観』(文春新書)に書いてあることを読んだほうがいいと薦めていた。佐藤さんの話は「謎」が組み合わさるようになっていて、あいかわらず愉快だ。
◆最近のぼくの「老軽(ローカル)ニュース」少々。弁当一人前が一度で平らげられない。残して夜中に半分を食べる。メガネのフレームを太めの黒縁にした。気分転換だ。遠近と近々を誂えた。BS「一番新しい古代史」が終了。やたらに評判がよかったらしい。おしっこが一日10回以上になった。ガマンも効かないので、会合などで何食わぬ顔で立つための「芸」が必要になってきた。早く喋れず、声も響かない。息継ぎと発話のタイミングもずれる。それに座布団がないと、どこに坐ってもお尻が痛い。数年前から痩せているせいだ。そろそろ人前に我が身を晒せないのである。でもタバコは着々ふえている。それはそれ、寝床に入ると黒猫ナカグロがゆっくりくっついて寝る。爺さんどうしの二人寝である。
◆15離が始まって半分まで来た。離学衆も指南陣もいい。37期の花伝所がおわった。これまでになく充実している。新しい世代の活躍も目立ってきた。イシス編集学校が「ぼく」の代わりなのだ。これはコレクティブ・ブレインの創発なのだろうか、やっとの人麻呂代作集団の出現なのだろうか、面影編集一座の旗揚げなのだろうか。とりあえずは、こう言っておく。「師範代、出番ですよ」。

> アーカイブ

閉じる

湾岸戦争

ピエール・サリンジャー&エリック・ローラン

共同通信社 1991

Pierre Salinger & Eric Laurent
Guerre du Golfe 1990
[訳]秋山民雄・伊藤力司・佐々木坦

 あのころ、この本には二つのことで驚いた。
 ひとつ、本書はアメリカを中心とする多国籍軍がイラクを空爆する1991年1月17日前の12月に緊急出版されたにもかかわらず、実に詳細に事態の経緯を凝視し、フォーカスの当て方にもそれなりに鋭いものをもっていたということだ。おそらくいま読んでも、その後の出版物とくらべてなんら遜色はないだろう。ただし、本訳書にはバグダッド空爆後の動向に関する2章も補足されている。
 著者のサリンジャーはケネディ時代の報道官だったらしいが、その後はABCに転じて欧州・中東特派員を経歴した名うてのジャーナリスト。ローランは作家兼ルポライターのフランス人である。二人ともとくに主観を交えずに現在形を多様して書いているが、その筆鋒はまさにカメラのように、刻々変化する事態の各所に端的に突き刺さっている。
 こういうところは欧米のジャーナリストのすごさというものだ。ブッシュの緊張と二重人格ぶり、フセインの策に溺れた暴政ぶり、アラファトのドン・キホーテ的行動にも容赦していない。

 もうひとつは、巻末に掲載されている15ページにおよぶ一覧表である。「サダム・フセインに対する外国協力企業ならびにイラクに対する非通常兵器型軍需物資供給企業リスト」というもので、ミドル・イースト・データ・プロジェクトの資料にもとづいている。それによると、なんと各国の207企業が戦略兵器や化学兵器に類する軍需品をイラクに供給していた。
 1番はドイツがダントツで86社におよび、次にアメリカとイギリスの18社、オーストリアの17社、フランスの16社、イタリアの12社とつづく。スイスも核施設用備品をせっせと売っているし、スペインはミサイル技術の仲介をした。ただし、ここには旧ソ連のデータが入っていない。本文を読めばわかるが、ソ連もまた西欧諸国とともにイラクを軍事大国に育てあげた張本人だった。
 驚くべきは、核兵器関連が20以上、ミサイル関連品目と化学兵器関連がそれぞれ50以上もあることで、その後の炭疽菌騒ぎで大問題になっている生物細菌兵器も、ドイツ企業がマイコトキシンを、アメリカ企業がナイル熱ウィルスを売っている。これでは誰がイラクを槍玉にあげられるのかという気にさせられる。
 むろんサダム・フセインがこういうものを凶暴な子供のようにほしがったわけであるが、戦争というもの、結局は戦争商人の大きな市場なのである。
 この一覧表は、その後、ぼくが世界各地の戦闘発端のニュースを聞くたびに思い出させるものとなった。パキスタンが核兵器保有を発表したときは、ウェブにそういう軍需物供与情報がないかどうかを探し、そこにあいかわらずアメリカやロシアやドイツやフランスの企業が目白押しになっていたことを知った。

 湾岸戦争は8という数字に縁があるのか、1988年8月8日、8年にわたる泥沼のようなイラン・イラク戦争が終結したその日から始まっている。イラクは100万人近い死者を出しながらも、イランがうっかり停戦を申し入れたので勝者を気取れた。
 停戦の翌日、クウェートがOPECの合意を破って原油生産高の増加を決めた。なかでもイラクが領有を主張していた国境付近のルメイラ油田の生産を意図的に増産していった。ここでよせばいいのに、アメリカ(グラスピー駐イラク大使とケリー中東担当国務次官補)がフセインを誤解を招きかねない口調でくすぐった。「アメリカは西側に近づきつつあるイラクとの関係拡大を望んでいる」というメッセージを伝えたのだ。
 サダム・フセインは喜んで、このアメリカのメッセージを中東諸国の元首へ、最初はヨルダンのフセイン国王に電話で伝えた。よほど喜んだか、アメリカをつかってイラクの地位を中東に示そうとしたかったのであろう。が、それがアメリカの狙いだったかどうかは確固としていないのだが、イラクがここから少しずつおかしくなっていくのははっきりしている。やがてクウェートの原油価格は下がり、イラクは年間70億ドルの減収になる。

 そもそもイラクは1918年にイギリスの委任統治下におかれ、IPC(イラク石油会社)との協定を強引に調印させられたという現代史のスタートを切らされた国なのである。
 協定はIPCがイギリス籍であること、社長がイギリス人であること、採掘権は2000年まで続くことが約定されていた。イラクはのちのユーゴスラヴィア同様の人工国家になったのだ。さらに悪名高いサイクス・ピコ条約で、この人工国家はバクダッド・バスラ・モスルの3州で構成された。当時の国際ジャーナリストのあいだで、「イラクはキルクークとバスラの二つの離れた油田を結びつけ、クルドとスンニとシーアの三つの住民を結びつけたチャーチルの狂気の産物だ」と言われたゆえんである。
 かくて”イギリスの狂気”に操られて、世界で2番目の不安定で基盤のない国になったイラクは、なんとか自力更生の道をさぐることになる。1958年になって親欧政権が倒されると、いったんはカセム将軍の支配になるのだが、これを打倒したのがサダム・フセインらのバース党だった。1968年に政権につく。
 サダム・フセイン一族の圧政が始まるのはここからで、従兄弟のエルマジドのクルド族に対するジェノサイド計画をはじめ、いっときはイラク人の4人に1人が公安機関のために働いているといわれるほどだった。それがイラクなりの自力更生だったのである。
 そこでイラクは軍事力こそが自立の道であるとおもいこむ。そのためには核兵器も必要だった。その後のインドやパキスタンと同じである。こうしてソ連との同盟国関係というカードを利用しつつ、中国製のスカッドミサイル、フランスの原子炉技術、ソ連からの核燃料輸入といった軍事化を促進していった。
 1981年にイスラエルの空軍がオシラクの原子力センターを破壊するまでは、核兵器開発にも本気でとりくんでいた。実はそのころのアメリカも、イラクに核兵器技術のあれこれを大量に売りつけることに躍起になっていた。

 そういうイラクがクウェートのOPEC違反をきっかけに怒りだす。その火をつけたのはアメリカだった。サダム・フセインは調子にのって中東諸国の盟主になるかのようにふるまった。
 しかも、そのような舞上がりに、アメリカはわざわざジョン・ケリー国務次官名で、そんなイラク政権の姿勢にアメリカは深い理解を示すといった公式メッセージを送ってしまったのである。
 ところが、イラクがクウェート侵攻をした直後からアメリカの内部で方向転換がはかられた。ベーカー国務長官はシベリアにシュワルナゼ外相を訪ね、総合参謀本部長コリン・パウエルはアメリカ防衛システムの聖域である「タンク」に籠もり、シュワルツコフは司令部で作戦を練りはじめたのだ。一方で、イラク資産の凍結と、敵に渡さないためにクウェート資産の凍結の手を打った。このあたりのアメリカの変わり身と、そのための準備は水際立っている。
 ブッシュがものすごい記録をつくったのはそれからまもなくのことである。4日間で23回の電話を、12カ国の首脳にかけまくったのだ。計算すると2時間に1回のペースになる。つまりアメリカは世界各国のご機嫌をとらないでは、一人で何も決められなかったのだが、そのような”お家の事情”を知りつつも、各国首脳はこのようなアメリカの先手必勝路線を否定するわけにもいかなくなったのだ。
 案の定、サウジアラビアはイラクの石油を紅海まで運ぶパイプラインを閉鎖し、トルコはトルコ沿岸でのイラク石油の輸送と積み出しを禁止した。ブッシュの電話参戦に乗らなかったのはアラファトで、彼はイラクのクウェート侵攻非難を断った。

 アメリカがこのようにイラクの外堀を完全に埋めおわった末に、イラクへの空爆を始めたのはよく知られる通りだ。
 アメリカという国はひどく感情的な国なのだが、その感情的な高まりを戦争攻撃にする以前から高められ(つまり国威掲揚がうまくて)、しかもそうした自分の感情を友邦国や敵方に執拗に知らせることが大好きな国なのである。ブッシュはそういう国を戦争に導くのにうってつけだった。本書は、こう書いている。
 「ブッシュの人柄はみかけより複雑だ。ほとんど二重人格である。東海岸のエリートで上品な言葉を使い、節度ある立ち居振る舞いをし、古典音楽を好み(小泉純一郎もそうだが)、同時にテキサスの石油で財産を築いた男、血も涙もない事業家、荒っぽい儲け主義者であり、カントリー・ミュージックの愛好者でもある。彼の電話外交、他国の指導者たちとのひっきりなしの会話は、この二重人格をよくあらわしている」。

 しかし、そこまで電話外交をしまくるブッシュが決してしなかったことがある。それはサダム・フセインに電話をしなかったということだ。
 このことは、本書によると、各国首脳が最も訝しんだことであるらしく、逆にいえば、アメリカがどうしてもイラクと一戦交えたいという、ようするに口で声明するどんな正当性とも関係のないシナリオに突入したがっているということを、みずから告白しているようなものだったと、各国首脳は笑いあっていたというのである。その証拠に、と本書は書いている。アメリカのバグダッド空爆の時刻はずいぶん以前に決定してあった、と。
 戦争というもの、たいていはこんなふうにおこるか、それとも止むにやまれぬところに追いこまれて、おこるものなのだ。アメリカのアフガニスタン攻撃がテロ戦争なんぞではないことも、パキスタンや日本をのぞく各国首脳は、むろんよく知っていた。
 中東戦争とは、石油工業のための資源戦争か、もしくは宗教戦争か、あるいはサブナショナルな民族代理戦争なのである。