ほんほん

拾読と老軽ニュース

ほんほん53

◆拾読(しゅうどく)という読み方がある。拾い読み(ピックアップ・リーディング)のことだ。パラパラとページをめくるイメージがあるかもしれないが、そうとはかぎらない。アタマの中のエンジンの「読みモード」スイッチを「早送り」にする。だから速読なのではない。意味の読み取りはノーマルスピードのままなのだ。だから映画のビデオを早送りで見るのとは違う。あれでは会話が聞き取れない。拾読は文字が見えている。
◆最近の拾い読み、いくつか。デイビッド・バリー『動物たちのナビゲーションの謎を解く』(インターシフト)。動物がGPSを持っているのではなく、GPSが分化して動物になったのだ。真木太一編『日本の風』(朝倉書店)。農業気象学のベテランが50をこえる風の意味を「見える」ものにした。風の工学だ。エンツォ・トラヴェルソ『一人称の過去』(未来社)。歴史が「私」の語りによって創造的な可能性を孕みつつも、政治的な曖昧度を広げすぎて一人称の力を失っていく問題を扱った。『全体主義』や『ヨーロッパの内戦』などの歴史学者が歴史語りの人称を問うたのである。鵜飼秀徳『仏教の大東亜戦争』(文春新書)。耳が痛い仏教関係者もいるかもしれないが、この「殺生とは何か」を通らなければ仏教力は浮上しない。
◆また、いくつか。ポール・フルネル『編集者とタブレット』(東京創元社)。紙の本が好きなら必読だ。久しぶりにナンシー関のシリーズ(角川文庫)。『何をいまさら』『何の因果で』『何が何だか』『何もそこまで』など。鬱憤抜きのためにはもってこいである。ぼくは拾読はたいていリクライニングチェアでしているのだが、ナンシー関はそこでは女王さまである。ラニ・シン編『ハリー・スミスは語る』(カンパニー社)。後藤護君が送ってくれた一冊で、黒魔術っぽいけれど、平岡正明っぽい。拾い読みしてすぐに、そうか宇川直宏がずっと以前に話していたあれかと思い出した。野嶋剛『新中国論』(平凡社新書)。香港と台湾を嬲(なぶ)る習近平の意図をまとめたものだが、抉ってはいない。山極寿一『人間社会、ここがおかしい』(毎日文庫)。例によってゴリラが人間を見破っていく。
◆ナンシー関や山極寿一ではないが、何かがおかしいはずなのに、何かがヘンなはずなのに、その原因や正体かがわからないことは多い。科学はそこから始まるのだけれど、このところ「おかしいぞ」が多すぎて、これは文明のせいだとか現在日本のせいだなどと大ざっぱになってきて、まずい。
◆最近のニュース。湊部屋の逸ノ城が優勝したのに盛り上らない。それでいいのか。安倍晋三元首相が応援演説中に銃撃され即死。狙撃犯は母が貢いだ旧統一教会を恨んでの犯行だったようだが、世論のオピニオンは「民主主義への挑戦だ」と言う。それでいいのか。参院選は自民圧勝。維新に中条きよし、れいわに水道橋博士、参政党に神谷宗弊、N党にガーシー。何に向かうのか。コロナまたまた感染爆発して第7波、わが周辺にもちらほら感染者や濃厚接触者が出てきたが、ぼくはいまだマスク着用頻度がきわめて低い。ぼくはこれでいいのか。
◆ロシアとウクライナの歴史と現状について、先だって佐藤優さんに『情報の歴史21』を使いながら本楼で話してもらった。グラゴール文字文化とキリル文化の話、ガリツィア(紅ルーシ)のナショナリズムとイエズス会の話、マイダン革命の奥のウクライナ民族主義者ステパン・バンデラの話などに聞きいった。話は読書指南にもなっていて、防衛研究所の『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)よりも、エマニュエル・トッド『第三次世界大戦はもう始まっている』(文春新書)、副島隆彦『プーチンを罠にはめ、策略に陥れた英米ディープステイト』(秀和システム)を読んだほうがいい、あの戦争の背景思想を知りたければ片山杜秀の『皇国史観』(文春新書)に書いてあることを読んだほうがいいと薦めていた。佐藤さんの話は「謎」が組み合わさるようになっていて、あいかわらず愉快だ。
◆最近のぼくの「老軽(ローカル)ニュース」少々。弁当一人前が一度で平らげられない。残して夜中に半分を食べる。メガネのフレームを太めの黒縁にした。気分転換だ。遠近と近々を誂えた。BS「一番新しい古代史」が終了。やたらに評判がよかったらしい。おしっこが一日10回以上になった。ガマンも効かないので、会合などで何食わぬ顔で立つための「芸」が必要になってきた。早く喋れず、声も響かない。息継ぎと発話のタイミングもずれる。それに座布団がないと、どこに坐ってもお尻が痛い。数年前から痩せているせいだ。そろそろ人前に我が身を晒せないのである。でもタバコは着々ふえている。それはそれ、寝床に入ると黒猫ナカグロがゆっくりくっついて寝る。爺さんどうしの二人寝である。
◆15離が始まって半分まで来た。離学衆も指南陣もいい。37期の花伝所がおわった。これまでになく充実している。新しい世代の活躍も目立ってきた。イシス編集学校が「ぼく」の代わりなのだ。これはコレクティブ・ブレインの創発なのだろうか、やっとの人麻呂代作集団の出現なのだろうか、面影編集一座の旗揚げなのだろうか。とりあえずは、こう言っておく。「師範代、出番ですよ」。

> アーカイブ

閉じる

無意識の意思の国アメリカ

薬師寺泰蔵

NHKブックス 1996

 かなり変わったタイトルだ。わかりにくいといえば、わかりにくい。仮に意味の見当がついたとして、アメリカに「無意識の意思」なんて言葉があてはまるのか、訝る読者も多かったろう。

 著者が言いたいことは、こうである。勝手に要約する。
 アメリカの経済が強大だからといって、資本主義の中心がアメリカにあると思わないほうがいい。歴史的にみると、アメリカが心底で自由主義市場を辛抱しているかどうかは疑わしい。たとえば大恐慌のあとの超保護関税法であるスムート・ホーレイ法をとっても、アメリカは本来はモンロー主義の国なのだ。
 これをいいかえれば、アメリカは骨の髄からアウタルキーの国なのである。自立経済型なのだ。それを自由市場に与したのは、イギリスが経済破綻から自由主義を放棄してカナダをアメリカから切り離し、帝国特恵関税システムの中にくみこんだときからである。けれどもそこへ、遅れたイギリスがまたまた市場経済に入ってきた。そこでやむなくアメリカが主導権をとっている。そういうことなのだ。

 ということは、アメリカはヨーロッパの国々とはまったく異なる国であって、固定的な国家意識を強くは持っていないのだ。
 アメリカは、イギリスが強い中枢意思にもとづいてつくりあげたアングリカン・チャーチ(国教会)に追い出されたピューリタンたちが、アメリカ大陸に移ってやっとつくった国なのである。つまりは移民の国なのだ。
 これにくらべて、日本は古代このかた、明治このかた、強い国家意思によって国をつくってきた。少なくとも敗戦まではそういう国である。そこはヨーロッパ諸国とよく似ている。だから、アメリカをヨーロッパや日本と同様の国だと見るのは問題なのである。日本の「意思」のようなものは、アメリカにはない。アメリカは「無意識の意思」のようなものはあっても、政策はアメリカの原点に照らしてゆっくりと変えている国なのだ。その原点には移民社会と移民経済と移民文化というものがある

 だいたいこういうことなのだが、これだけではまだ説明にはなっていない。半分わかるが、もう半分が「無意識」では神秘主義的すぎる説明である。
 そこで、ひとつはっきりさせなければいけないことがある。それは、アメリカはふたたび国を閉じようとしているのではないかということだ。著者はそう判断をする。新たな「富」をつくり、それをじっくり蓄積するために、ゆっくり閉じていく。そういう時期にあるということだ。そのためには、まったく新しい技術でアメリカをつくりなおす準備にかかりたい。これまではそれが軍事技術だったけれど、今度のものは情報ネットワーク技術、すなわちITである

 そうなると、従来のアメリカが発信していたメッセージをいつまでも額面どおり受け取ってばかりいると、とんでもない誤解になりかねないのではないか。これが著者の警告である。
 たとえば、アメリカの企業におけるマネジメント・システムだが、すでにウィリアム・アバナシーが『メイド・イン・アメリカ』で指摘したように、「マネジメント・オーソドキシー」(経営の超合理主義信仰)は古臭いものだと批判されているのである。おそらくアメリカはそのうち経営合理主義を捨てることだろう。そして、その前にITによる国づくりの準備を終えてしまうだろう
 つまりアメリカは、国が内側から強いときは開放するが、力に翳りが見えたり、別の準備にとりかかっているときは、国を閉じる用意があるということなのである。そして、その「意思」を左右しているのが、アメリカの移民体質の国民がもっている「無意識という意思」なのだ。

 これで少し見えたかもしれないが、やはりアメリカのどこに「無意識の意思」があるのかは、まだ焦点がしぼれない。
 そこで著者が説明を試みるのは、5つの「無意識の意思」の発動契機というものである。アメリカは次の5つの条件が動いたときに「無意識の意思」を発揮しているらしい。

1 アメリカは自分の国が「実験国家」だということを知らせようとする(実験国家性)。
2 アメリカは、その実験をするにあたって、単純で強いイデオロギーがあることを言おうとする(特異なイデオロギー)。
3 アメリカは、古い因習や過去に縛られないで、未来に賭けようとする(歴史の封印)。
4 アメリカはつねに技術を中心にして次の世代をつくる(技術主義的メッセージ性)。
5 アメリカは、この国を動かすのが誰かということを、つねに明らかにする(フロンティア・キャリアーの明示)。

 こういうことをするとき、実は「無意識の意思」が総意としてはたらくのがアメリカだというのである。どうだろうか。わかったような、わからない話だろうか。

 ところで、アメリカがこのような傾向をもつのは、アメリカがなんであれキリスト教国家であることにも関係している。
 キリスト教の国々はだいたいにおいてサイエンスを信仰しているものなのだ。これはアーサー・シュレシンジャーがかつて言ったことなのだが、アメリカにはかつてのカルヴァン主義が生きていて、そこにはアウグスティヌスの「神の国」の発想がいまなお見え隠れしているという。本当かどうかはぼくは知らないが、アメリカのピューリタニズムの根っこにはカルヴァン主義があるということは、わかるような気がする。
 そのアメリカのピューリタニズムを支配しているのは、これはかなりはっきりしているが、コングリゲーション(会衆派)というものだ。かれらは千年王国の信奉者であって、とりわけ商工業者にその過激派にあたる第5王国派が多い
 しかし、こういうことがあるにせよ、アメリカはごく杜撰(ずさんな)自由主義に身を溺れさせているともいえる。よく比喩されるように、アメリカは多様な民族文化をまぜあわせるためのサラダボールなのである。
 そんな多様な民族文化がバラバラにならないでいられるのは、アメリカが連邦主義の連邦国家になっているせいである。連邦だからこそどこかぐさぐさな自由主義になり、ぐさぐさな自由主義だから「無意識の意思」が適当にはたらく余地がある。いわばそういう順番なのだ。
 わかりやすいのは共和党と民主党によって政治が運用されているということだろう。これは保守政権どうしが適当に交代しあっているというだけの、かなり異常な政治サイクルで、他の国(とくに日本など)が真似したところでどうにもならないものなのだが、これがアメリカでは妙に有効になる。
 やはり移民の国だから、こんな保守交代で国が巧みに動いてくれるのだ。たとえば少数のウェルフェアを重視しなければうまく進まないときは共和党が、多数のウェルフェアで動かしたほうがうまくいくときは民主党が政権をとる。そういうリベラル・イデオロギーの調節がきく。
 こういうことでも国民がそれなりに同意できるのは、不思議としかいいようがないが、そこはアメリカが「忘却の国家」を前提にしているからで、日本や韓国のように恨み辛みを重視はしていない。それが、たとえば「パールハーバーを忘れるな」というふうになってきたときは、アメリカは危ないわけなのだ。

 これで本書の意図が伝わったかどうかは責任を負いかねるが、アメリカが「無意識の意思」をもっているという著者の風変わりな主張の紹介はこのくらいにしておこう。
 ところで本書は、後半の3分の1くらいから、日本における半分のアメリカ性と、日本における半分の非アメリカ性を取り扱っている。旬の話題だ。
 それによると、日本の中のアメリカ性は大半の企業がもっているらしい。たしかにアメリカは訴訟社会であって、最近はリティゲーション(特許侵害訴訟)が多いけれど、この体質は多かれ少なかれ日本の企業ももっているというのである。企業はアメリカの縮図だが、江戸時代は藩が日本の縮図だったのに、いまでは日本も企業が日本の縮図になっているからだ。が、これは日本がアメリカ企業に完敗する可能性がありうるということでもあるので、どこかでアメリカ離れをする必要がある。
 一方、日本における非アメリカ性は政治の中にある。このことは舌足らずではあったが、マーク・ラムザイヤーとフランシス・ローゼンブルスの『日本政治の経済学』を読むとよくわかる。利権と報酬が日本で成立している仕方と、アメリカで成立している仕方がちがうということだ。
 ところが、日本の政治家はここがよく見えていないらしく、ついついアメリカ流儀の利権と報酬に手を出してしまう。ロッキード事件がその象徴だった。これまた、日本はアメリカの真似などする必要がないことなのだ。仮に、日本の政治がいかに腐敗していようとも、である。

参考¶本書は、たまにはこういう本で風穴をあけるといいという本である。著者の薬師寺さんはぼくも知り合いだが、なかなかおシャレな発想をする。東大とMITを出て、いまは慶応大学で大学の改革にとりくんでいる。国際政治や政治地理学が専門。ほかに『テクノヘゲモニー』(中公新書)、『公共政策』(東京大学出版会)、『テクノデタント』(PHP研究所)などがある。ラムザイヤーの『日本政治の経済学』は弘文堂。