ほんほん

ひさびさ千夜、古代史番組、湖北めぐり

ほんほん51

◆この一カ月、千夜千冊を書きそこねていた。いくつか理由はあるが、それでノルマがはたせなかったという説明にはならない。階段の昇り降りがへたくそだったとか、散髪がどうにもうまくいかなかったとかいうのに似ている。ずっと前のことだが、急に俳句が詠めなくなったり、人前で話すとなんとも食い違うということがあったりしたが、そういうことに近かったのだろうと思う。ロシアのことを書いて取り戻すことにした。
◆関口宏・吉村武彦と一緒に『一番新しい古代史』という番組をやることになった。BS・TBSの毎週土曜日のお昼から放映される。3チームが次々に用意するフリップ上の古代史クロニクルを関口さんが入念に辿っていくのを、ところどころで吉村さんが解説を加え、ところどころでぼくが勝手なイメージをふくらませるというやりかたで進む。1時間番組だが、30分ほどのリハのあと、本番用をだいたい90分か100分を撮って、それをプロダクション・チームが多少の取捨選択をして、絵やキャプションを付けて仕上げる。おかげで事前に、吉村さんの著書を読むのが仕事になった。これは仁義でもある。さきほどは岩波新書の『聖徳太子』と『女帝の古代日本』を再読した。
◆古代史の本はキリなくある。記紀・風土記・六国史をはじめとする史書をべつにすると、多くは研究者たちのもので、ぼくは研究者ではないからこれまでバラバラに、かつ好きに読んできた。なかにはとんでもない仮説に走ったものも少なくないが、それらにもけっこう目を通した。数えたこともないけれど、500冊や1000冊はとっくに超えているだろう。さあ、それで通史的にはどうまとまったのかというと、まとまるわけがない。とくにぼくは古代史の流れよりも古代観念の渦のありかたに関心があるので、万葉の歌や折口の文章に耽るのが醍醐味になってきたから、その手の読書がそうとう多い。これは通史的にはなりえない。間歇泉のような息吹とのつきあいなのだ。
◆それでもふりかえってみると、やはり内藤湖南・津田左右吉・石母田正・井上光貞・直木孝次郎・西嶋定生・小林敏男というふうに発表順・テーマ別にアタマの中に並べなおして、定番史観を眺めてきたようにも思う。研究じみてつまらないように思われるかもしれないけれど、いろいろ読んでいくと、そうなるのだ。それがまた歴史観の錬磨には有効なのだ。しかし、こういう並べなおし読書だけでは何も飛躍がない。歴史は通史がまとまればそれでおもしろいというわけではなく、『鎌倉殿の13人』ではないけれど、自分なりの人物像やドラマ性もギャップも想定できて、かつ一挙に細部に入り込んだり、巨きく俯瞰もできるようにならなければ、歴史を展いているという実感がもてない。
◆こうして結局は、火焔土器の本、スサノオをめぐる本、司馬遷、三韓や加耶についての本、仏教的言説、貴族の日記、新井白石、頼山陽を読み、松本清張や黒岩重吾や山本七平や安彦良和の『ナジム』(徳間書店)にも目を走らせるということになったのである。日本の古代史、実はまだまだ謎が解けてはない。わかってきたのはせいぜい3割くらいだろう。番組がどのくらい光をあてられるかはわからないけれど、多少はご期待いただきたい。
◆近江ARSのメンバーの用意周到な仕立てのおかげで、久々に湖北をめぐった。長浜・菅浦・大音(おおと)・石道寺(しゃくどうじ)・木之本を訪れた。長浜はわが父松岡太十郎の故郷なのである。いまの体力からすると3日の行程は少しきついのだが、存分な準備とサポートによって、いろいろ深い体感をものすることができた。劈頭に願養寺(松岡家の菩提寺)と梨の木墓地(松岡家の墓)に参ったのが、ぼくに湖北のヌミノーゼを散らしてくれた。
◆湖北は汚れていなかった。50年前の白洲正子の感嘆がほぼ残っていた。雨模様の夕方に近江孤篷庵(禅寺・遠州流)で時を偲んだときに、そのことがしっかり伝わってきた。しかしその一方で湖北が何かに堪えているようにも感じて、そこに多少のお手伝いをしなければと思った。帰って和泉佳奈子にも話したことである。
◆「東洋経済」が「世界激震! 先を知るための読書案内」を特集した。「ウクライナ危機の行方がわかる」と銘打って、橋爪大三郎・岡部芳彦・斎藤幸平・佐藤優・羽場久美子・輿那覇潤・津上俊哉・鶴岡路人といった面々が顔をそろえて危機を乗り越えるための本を推薦しているのだが、かなり知られた本が多く、やや失望した。橋爪・佐藤『世界史の分岐点』(SBクリエイティブ)、ウォルター・シャイテル『暴力と不平等の人類史』(東洋経済新報社)、輿那覇『平成史』(文藝春秋)、田中孝幸『13歳からの地政学』(東洋経済新報社)、六鹿茂夫『黒海地域の国際関係』(名古屋大学出版会)、ヨラム・パゾーニ『ナショナリズムの美徳』(東洋経済新報社)、福嶋亮太『ハロー、ユーラシア』(講談社)、イワン・クラステラ『アフター・ヨーロッパ』(岩波書店)、羽場『ヨーロッパの分断と統合』(中央公論新社)、秋山信将・高橋杉雄『「核の忘却」の終わり』(勁草書房)、橋爪『中国VSアメリカ』(河出書房新社)あたりがお薦めだろうか。ドゥーギンとプーチンの間を埋めるチャールズ・クローヴァーの『ユーラシアニズム』(NHK出版)が入っていないのは、どうしたことか。

> アーカイブ

閉じる

冬の紳士

大佛次郎

新潮社 1951

 大佛(おさらぎ)次郎なら『パリ燃ゆ』と未完の大作『天皇の世紀』、そうでなければやはり『鞍馬天狗』や『赤穂浪士』だとずっと思ってきた。
 それはそうなのだが、大佛が大半の人生を掛けた大衆小説というのか、中間小説というのか、その領域になぜあれほど真摯な情熱を費やしたのかということを、この作品を読んでいるうちに強く感じたので、そのことを書いておこうとおもった。つまりは『帰郷』や『照る日くもる日』や『宗方姉妹』の大佛なのだが、それらを読んだり映画で観ていたころには、ただの通俗物語としてうっちゃっていたため、見えなかった大佛の信念といったもの、そこを伝えたい気になったということだ。
 もう少しちゃんといえば、大佛を語らずして、いやさらにニュアンスを伝えるために他の作家を並べれば、大佛や山本周五郎井伏鱒二や、あるいはまた石川達三や吉行淳之介有吉佐和子五木寛之を語らずして、日本の現代史なんて描きようがないのだということなのだ。しかも大佛は、なかでも最も広くて深い歴史観をもっていた。それがこのような作品にさえあらわれているということに、あらためて気づかされたわけなのだ。

 この小説は「冬の紳士」と呼ばれている尾形祐司が主人公になっている。この紳士は大佛が紙背に置いていった燠火(おきび)なのである。
 敗戦後の東京、それも新橋や銀座の夜の街と、丸の内や田園調布や霊南坂などの焼け残った東京を象徴する光景を背景に、いささか理解しがたい行動をとる「冬の紳士」と、戦争の傷痕をもったままかつての現場に舞い戻っていった男たちと、どんな現場にも実感をもてなくなった女たちが、なんともいえない日常の哀歓をくりひろげる。
 話はそれだけなのだが、「冬の紳士」がそこに置いていった燠火が、いい。
 これは、昭和23年に毎日新聞に連載された『帰郷』の元海軍軍人の守屋恭吾が、他人の罪をきて異郷をさまよい、戦後に帰国するものの、そこには守屋が求めていた日本の伝統が荒廃していて、なんとも空しい帰郷感を実感していくという、あの感覚とも共通するもので、大佛が中間小説につねにしつらえた怒りやニヒルや諦観なのである。けれども、大佛はそれを決してあからさまにはしようとはしない。「冬の紳士」の気の毒になるようなダンディズムを通して綴っていく。
 だから銀座から新橋に向かったあたりのバー「エンジェル」にいつもふらりと現れる「冬の紳士」の名前も最初はわからないし、紳士が行きずりの女の面倒をみる意図の説明もなければ、最後に生きたままで葬儀を出す理由も、結局はわからないままなのである。
 けれども、われわれはそこに燠火を感じるのだ。

 それでも僅かながらも、「冬の紳士」こと尾形の信条は言葉の端々に出る。
 「ひどい曲折のあった世の中だから、誰だって生きるというだけですべてを実感しているはずなのだ」とか、「新憲法になったからといって急に生き方を変えられるわけはない」とか、「北京に行くと食うや食わずの苦力(クーリー)が雲雀を籠に入れ、天気がいい日は籠から放してぼんやり楽しんでいる。夕方になって雲雀が戻ってくるとまた籠に入れて大切に持って帰っていく。私もそうやって自分の雲雀を持ちたい」とか。
 とくにぼくがガーンとやられたのは、「人間は荷物をこしらえてはいけないのです」であった。これは燠火だ。どうにも忘れられない言葉である。かつてヴィリエ・ド・リラダンが「生活なんて召使いに任せておけばいい」と書いたのを読んで、これはこれはと肝を冷やしたことがあったものだが、いまおもえば「人間は荷物をこしらえてはいけないのです」のほうが、響きに遠くて近いものが去来する。なるほど、これが大佛次郎なのだ。
 しかし、もう一度言っておくが、大佛はこういうセリフを撒いてはいない。まことにポツンと呟かせるだけなのである。

 大佛が『冬の紳士』を書いたのは53歳のときである。『帰郷』と『風船』のあいだに入る。そこでおもうのは、大佛はしきりに「孤立した年長者」に照準を絞っているということである。
 今度、大佛の周辺を見ていたら、かつて鶴見俊輔がさすがにそのことを見抜いていて、『新樹』の坂西老人、『帰郷』の守屋、『冬の紳士』の初老の尾形、『風船』の村上春樹、『旅路』の瀬木義高はみんな同じ年長者なのだと指摘していた。
 これはつまりは鞍馬天狗なのである。
 杉作にとっての鞍馬天狗であるだけでなく、幕末の若き浪士たちにとっての、どこからかやってきて、どこかへ去っていく年長の鞍馬天狗の「おじさん」なのである。
 考えてみれば、いま、多くの少年少女は「おじさん」を喪失してしまっている。少年少女だけではなく、会社員や学校教員や公務員にも「おじさん」がない。かつてはそういう得体の知れない「おじさん」がいて、つまりは「冬の紳士」がいて、何か天啓のようなものをはらりと落としてくれたものだった。ぼくのばあいは、全盲の叔父であり、日本画家の叔父であり、モーツァルトを聞かせてくれた足利のタモツさんだった。
 それがない。日本のどこにも鞍馬天狗としての「冬の紳士」がいなくなって、やたらにナガシマ・コイズミ・イノキ型の英雄だけが無謀に待望されるだけなのである。
 きっと大佛はそのことをはやくも敗戦日本の風土の人間像に見抜いたのであったろう。そしてひとつの年長者の人間像をつくりあげたのだ。その特徴は、ただひとつ、どんなことでも大事にするが、侮辱には耐えがたいというだけである。

 大佛次郎。
 ぼくが大好きだった野尻抱影の実弟である。横浜英町、白金小学校、府立一中、東大政治学、鎌倉女学校、外務省条約局といった経歴だが、有島武郎にホイットマンを聞き、ラッセルとクロポトキンとポオを読んだことが大佛をつくった。変わったペンネームは鎌倉大仏の裏に住んだのがきっかけになっている。
 ぼくはこれから読もうとおもっているのだが、はやくに源実朝日蓮水戸黄門、由井正雪を時代小説にしていた。
 諸君も、いっときもはやく「冬の紳士」に出会いなさい。惚れなさい。けれども、「冬の紳士」は自分で葬儀を出しかねない。その前に「冬の紳士」に向かって行動をおこしなさい。

参考¶以上、文中にあげた作品を読めるのは、やはり全集になる。『大仏次郎ノンフィクション全集』全10巻、『大仏次郎随筆全集』全3巻、『大仏次郎時代小説全集』全24巻(いずれも朝日新聞社)がある。