ほんほん

ぼくは「本数寄」なのである

ほんほん54(最終回)

◆慶応義塾大学出版会から「世界を読み解く一冊の本」というシリーズが刊行されている。『旧約聖書』『クルアーン』『三教指帰』『西遊記』『カンタベリー物語』『百科全書』『言海』『伝奇集』『一九八四年』『薔薇の名前』の10冊だ。えっ、たった10冊かよと思うだろうが、その10冊に空海、チョーサー、大槻文彦、エーコが入っているのが絶妙な特色だと思ったほうがいい。ただし原著やその翻訳ではない。それぞれ著者が別にいて、これらを解読している。藤井淳の『三教指帰』を読んだが、なかなかユニークな視点になっていた。
◆千夜千冊では「世界を読み解く一冊」をできるだけ選んできた。これまで書いてきた1800冊の中の300冊から500冊くらいが、そういう本だったと思う。吉本隆明は、本はたいてい自分のかかわりとの関係で読むものだけれど、自分が関心のない本にめぐりあうにはどうすればいいかという問いに対して、それは「書物に含まれている世界」が決めてくれるのだと答えていた。すぐれた本は「書き手が世界をあらわしたくて書いているものだ」というのだ。その通りだろう。
◆ボルヘスは、本は記号の集合体であるけれど、そこに読み手がかかわるとその記号は千変万化に息づいていくと言った。エーコは、本はスプーンやハンマーやハサミ同様に500年前とまったく変わっていない形態のものだけれど、それは「スプーンがあれ以上の形をとれないこと」と同様に、実にすばらしい究極の姿なのであるとみなしていたのだ。
◆たしかに「本」はあの形がいい。四角くて、表紙と裏表紙にページがぎゅっと挟まれて、ちょっと重たげで、本棚に並べると背中が何かを訴えている。これは「物実」(ものざね)もしくは「憑坐」(よりまし)なのだ。
◆ぼくが「本」という形をとったブツにぞっこんになったのは、20代半ばに自分の6畳・3畳のアパートで本棚を手作りしたときあたりからで、そのとき、わずかな蔵書を少しずつカバー自装したせいだった。カバー自装というのは、中身は気にいったのに外見が気にいらない本に適当なカバー材を選んできて、そこにレタリングセットや油性ペンでタイトルなどを付けていったことをいう。物実らしくしておきたかったのだ。これで護法童子が走りまわるようになった。これで「本」と一緒に暮らすようになった。
◆そういうふうになったのは、やっぱり10代に本に夢中になったからで、それがもしギターや算数に夢中になっていたら、別の生き方をしていたのだろうと思う。昆虫学者になっていた可能性もあるし、聴診器や注射器が手放せない診療所に暮らすようになったかもしれない。
◆ぼくは家庭用品や生活用品にからっきし関心がない。自分の部屋にそういうものを揃えたくなかった。もっとはっきり言うと、「生活する」に関心がない。生活は好きな仲間と一緒にいたいという、ただそれだけだ。リラダンとタルホの影響が滲みこんだせいだろう。これがわが生き方だ。だからぼくの日々はいまだにロクな用品に囲まれていない。自動車や電子機器はスタッフに頼っているし、たいていの日々は誰かが介添をしてくれている。つまりは生活オンチなのである。このオンチのせいで生活用品が自分の周辺に不可欠だと思えない。
◆では何が不可欠かというと、それが「本」だった。本が炊飯器で、本が大工道具で、本が食い道楽で、本が旅行で、本が恋愛で、本がうたた寝なのである。そんなことだから、当時から部屋には本だけがふえるだけだったのだ。本以外で大事なのはジャケットとタバコくらい。
◆こんなふうなので、そうとうな読書家ですねえ、さぞかし希覯本や珍本が集まったでしょうねと言われるが、そうなのではない。たしかに読書はするが、たくさんの本を読みたいとは当初から思っていなかった。いまも冊数はカンケーない。「読書するという状態」に、科学や文学や音楽の秘密が隠れていると思っているので、その読書状態をなんとか持続させ拡張させていくための日々をおくることが好きなのだ。だから希覯本はいっさい集めない。文庫本でも十分なのである。
◆もう少し正確に言うと「読むこと」が好きなのだ。もっと正確に言うと「読み」が好きなのだ。さまざまな民族言語による言葉が組み合わさって、それが人麻呂やシェイクスピアやジャン・ジュネやガルシア・マルケスや阿木耀子になってきたということ、その多様性のプロセスと成果を読むことが好きなのだ。
◆これはどちらかといえば、植物や動物の進化を読んでいるのに近い。だから批評したり書評したりするのは、実はほとんど気が向かない。千夜千冊も一度も書評をしようと思って書いてはこなかった。空き番だらけの「本の進化の木」をひとつひとつ埋めているような気分なのだ。
◆ただし、またまた別のことを言うようだが、この文明の流れのなかで、言葉や「読み」が進化してきたなどとは思っていない。人類の思索や表現が進歩してきたとも見ていない。そういう進歩史観はもっていない。むしろ言葉が意味からずれ、何かを隠さざるをえなくなっていく様子や、書くことが「逸脱」をおこしていくのを読むことに、大いなる興味があったのである。
◆つまりは、ぼくの「本好き」は「本数寄」なのである。何かを数寄の状態にしていくための本なのだ。遁世の数寄なのだ。それが70年以上もずうっと続いてきた。千夜千冊はやめられないだろう。また、どこかに本棚を作って進ぜるという仕事も、きっと続くだろう。最近は「本の寺」に関心がある。まったくもって大変なビョーキに罹ったものだ。
◆さて一方、この「ほんほん」コラムはそろそろ「お開き」にしたいと思った。ブックウォッチャーを続けるのもどうかなという気にもなったのだ。別のコラムを始めるかもしれないけれど、どういうものかはわからない。そのときはそのときで、どうぞ御贔屓に。

> アーカイブ

閉じる

コモンズ

ローレンス・レッシグ

翔泳社 2002

Laerence Lessig
The Future of Ideas 2001
[訳]山形浩生

 われわれはいまインターネット・バブルがはじけた夕闇に立っているままなのだろうか。もしそうだとしたら、その直接の原因はアメリカがとろうとしている二つの政策、ブロードバンドアクセスを支配するための政策と、知的財産を支配しようとしている政策のせいだ。
 しかしこうなってきたのは、この背景にプロパティ(所有物)をめぐる発想が急激に変化してきたという事情がある。バブルがはじけたのは報いのようなものなのだ。

 過去も現在も、国であれ家であれ、繁栄を象徴してきたものはプロパティだ。そのプロパティをどのように活用するかどうかによって、その時代の経済と文化の運命が左右されてきた
 経済文化はプロパティの所在と拡散と共有の方法によって、どのようにも転んできた。過去のプロパティは、その所在地とその拡散(流通)の経路とその共有(入手)の仕方が、それぞれ別だった。だからこの別々の仕方をコントロールできた東インド会社もフォードもIBMも、とんでもなく巨大になれた。
 ところがパソコンの出現とインターネットの波及は、これら3つのアドレスを極端に近づけた。アップルは“Rip, Mix, Burn”という広告を打った。「借りてきて、混ぜっこし、みんな焼こうよ」というものだ。
 かくて誰もがサンプリングし、リミックスし、そして焼く(公開する)ようになった。プロパティのアドレスはどこにもなくなったのではなく、ミシンと蝙蝠傘が解剖台の上で出会うように、どこにあっても電子編集台の上に乗るようになったのだ。
 さあ、ここで一挙に浮上してきたのが、世の中には「フリーなリソース」と「コントロールされたリソース」があったんだということだった。これはかつてプロパティとよばれたものが、すでにこんな呼び名になったことをあらわしている。当然のことに、若者たちは一斉に「フリー」の方へ走っていった。そして情報化されたリソースを次から次へと“Rip, Mix, Burn”していった。
 そこに加えて意外なことがおこる。手持ちのリソースをネット上に公開する者たちがそれ以上の勢いで増えていったのだ。誰も「コントロールされたリソース」など見向きもしない。情報は編集されることが嫌いではなかったのだ

 こんな無作法で無政府的な状況にアタマに来た連中の方も、もちろん少なくない。せっかくプロパティを保護し、支配してきたのに、手元にあるリソースは動かない。なんとか手を打たなくちゃ。
 経済文化の旧守派は腹を立てながらも気をとりなおし、かつてのプロパティを著作権とか所有権とよびなおし、あまつさえ、そこに「情報的」とか「知的」といった冠りをつけることにした。かくしてプロパティは「情報財」や「知財」の扱いを受けるようになったのだ。ただし、それを流通したいのではなく、囲いたいというケチな根性で。
 むろん、こんな手口でネットワークされた経済文化の可能性の波に罠を仕掛けようとするのには、無理がある。しかし、無理は道理を圧しのける。これがIT政策というものだ。けれども無理を通せば、実はプロパティは動かない。そこがウェブ社会の変なところなのである。インターネット・バブルがはじけるのは因果応報だったのだ。
 旧守派がバブルで困るのはかまわないけれど、そのためにリソースがフリーに向かえなくなるのは問題である。あるいはそこにコストがかかりすぎることなど勘弁してもらいたい。
 そこでネット派はイノベーションを連打する。ウイルスやハッキング・テクノロジーも乱舞した。
 こうしてフリーソフト、フリーウェア、フェアユースが新たに燎原の火のごとく広まったのだ。いわゆる「伽藍」に対するに「バザール」の反撃だった。

 エリック・レイモンドの『伽藍とバザール』(第677夜)に続いて、またまた山形浩生の訳による一冊を紹介することになった。ほんとうはこのあいだにローレンス・レッシグの『CODE』が挟まるのだが、それを拡張したのが同じ著者の本書にあたるので、こちらを紹介しておけば事足りよう。
 その『CODE』が主張していたことは、いまのべてきた問題に隠れていたもっと根本的な事情を抉(えぐ)るものだった。山形の要を得た摘出を借りると、次のようなものとなる。

法律以外にも人の行為を規制する方法はある。市場でコストを高くすることやコミュニティなどで規範をつくること、そしてアーキテクチャを生かすことだ。
ネットでは、そのなかでもコード(ソフトウェア)による規制がきわめて強力だ。だからネット上の規制は不完全どころか、コードを通じた完全すぎる規制が実現する可能性があるし、まさにその方向に向けてネットは動いている。
法律は、コントロールが完全になりすぎないような措置が意図的に講じてある(フェアコースやプライバシーなど)。コントロールが不完全であることに重要な民主主義の価値があるからだ。
その不完全さが残るようにするためにのみ、コードに規制をかければよいのではないか。

 大胆で、しかも筋の通った提案だ。人の行為を規制するにあたって、アーキテクチャやソフトウェアを持ち出したところが新しい。いずれはネットにかかわらないユーザーやビジネスのほうが少なくなってくるだろうから、これは直近の現実性ももっている。
 この『CODE』に貫いていた思想が、本書『コモンズ』でもっと拡張されたのである。
 それをまとめていえば、第1には、ネット社会で従来から言われてきた「自由なのか、規制なのか」という二者択一的な議論を突破しなさい。第2に、自由を守りたければ、別の方法がある。それがこのあと説明するが、「コモンズ」による自由確保のシナリオだ。そして第3に、「レイヤー」を新しい防衛線や創造性のための構造にするべきではないか。こういうものだ。

 コモンズとは共有地(入会=いりあい)のことをいう。それとともに共有知をあらわしている
 金子郁容とぼくは『ボランタリー経済の誕生』(1998・実業之日本社)をつくったときに、おそらく新たなコモンズはネット上の共有地あるいは共有知として出現してくるだろうとすでに“予言”していた。少し遅れてレッシグもそう考えた。コモンズこそが自由の砦になるのではないか。
 そもそも自由とは、自由そのものは何もしないポテンシャルのことだ。だからその自由を謳歌したければ、人がその自由を使ってどのようにでも工夫ができる基盤のほうを用意すればいい。この基盤がコモンズなのである。実際にも、インターネットはネット上の随所のコモンズの芽生えによって自由度を発揮し、ネットにまつわる多様なイノベーションを進めてきた。そうであるならばここには「自由か、規制か」があるのではなくて、そのようなイノベーションが出やすいコモンズが次々に自発するべきなのだ。ボランタリー経済とは、このネットワーク上のコモンズに自発する“自発経済圏”のことである。
 レッシグはこのようなコモンズの可能性をアメリカは潰しているのではないかと言う。たとえばメディアの垂直統合と集中化、電波競売の加速、マイクロソフトによる独占、著作権強化、ソフトウェア特許やビジネスモデル特許の奨励‥‥などなど。こんなことでいいのかというのが本書の立場になっている。

 レイヤーとは「層」のことをいう。地層や建物やタマネギの階層だとおもえばよい。
 いまコンピュータ・ネットワークでは、最下層に物理的な「通信ネットワーク層」があり、インターネット上のコンピュータやコンピュータ間を結ぶ回線につながっている。その上にハードウェアを動かす論理的な「コード層」が装填されていて、インターネットを定義づけるプロトコルや基本ソフトが入っている。ここでコンテンツやアプリケーションがどう流れるかが決まる。そして一番上にソフトな「コンテンツ層」が組みこまれ、デジタル画像やテキストやオンライン画像が乗っている。

 これらのレイヤーは原理的にはどのようにでも管理可能なはずであり、3つのレイヤーをフリーにすることもでき、鍵をかけることもでき、その鍵の組み合わせを変えることもできる。
 既存の例でいえば、ケーブルテレビは通信ネットワーク層のところではケーブルによって所有され、コード層も各家に何を届けるかをケーブル会社が決定権をもち、放送される番組としてのコンテンツ層にもすべて著作権の鍵がついている。これにくらべて電話は、コード層の管理は電話会社がしているが、番号回しはどのようにしてもよいし、通話内容にあたるコンテンツ層は別れ話であれ、長電話であれ、すべてフリーになっている。つまりコモンズになっている。ただし、ここには課金という制度が動いている。一方、たいていの劇場やホールは物理層だけが所有され、コード層(音響・照明機材など)を一部有料で共有し、コンテンツ層が開放されたコモンズをつくっている。ただし消防法や猥褻罪などのチェックだけが入っている。
 これらの例のごとく、インターネットにおいてもレイヤーの管理の仕方をいろいろの鍵によって自在に組み合わせることは可能なのである。それによってどこでコモンズを確保するかということが決まってくる。Linuxはコード層をコモンズにした有名な例だった。

 レイヤーの特色を生かしつつレイヤーを跨ぎ、それらにコモンズを想定し、それをひとつずつ設計し、そして獲得していくこと。
 これならば「自由か、規制か」の議論に落ちない新たなリソース・コミュニケーションを生んでいく可能性がある。
 レッシグは本書の後半で、その方法をいくつか提案する。たとえば物理層では、周波数帯の一部のチャネルに通行コモンズをつくることを勧める。これは案外可能性があるかもしれない。コード層は大手のOSが握っているところなので、なかなかコモンズを自発させにくいところだが、ひとまずはプラットホームの共有をめざすべきだろう。ただしレッシグはアメリカ人はこのへんについては頑固であって、むしろ日本に期待している感触がある。
 が、これは買いかぶりというもので、ぼくが見るかぎりはOSに手がつけられる日本人はきわめて少ないし(いっとき坂村健によるTRONががんばっていたが)、それを促進できる役人も政治家も、まだいない。ここに必要なのは「編集OS」あるいは「編集プラットホーム」とはどういうものかが理解できる連中なのだ。

 一番楽なのは、コンテンツ層にコモンズをつくることである。すでに多岐にわたってつくられている。しかし、ここで前途に立ち塞がるのが、知的所有権という妖怪なのだ。
 そこでレッシグは、たとえば著作権が切れたコンテンツはどんどんパブリックドメインになるようにする機運をつくってしまえばいいではないかと言う。それには、著作権保持者が自分のコンテンツを公共保存機構に寄付する制度をつくり、その保存者に税制優遇などのなんらかのインセンティブが与えられるようにするとよい。
 これはおっつけそういうことになるだろう。日本でもいつまでも家や株券や財産をもっていたところで(これが古いプロパティというものだ)、結局は相続税などで持っていかれてしまうのだ。情報財や知財では、ここに新たなしくみが芽生えるべきである。
 そのほかいろいろなことが検討されているが、気になるのなら本書を読むとよい。もっといろいろの提案がある。ともかくも、われわれはコモンズに挑むべきなのだ。

 けれども、レッシグはネット・コモンズにのみこだわったので、ここでは別のことも言っておかなければならない。
 コモンズはネットの中だけではなく、われわれ自身がリアルな日々を送っている学校や商店街や温泉場にも、地域社会のどこにもつくるべきだということだ。そして、それよりもっと重要なことは、われわれの想像力や知性の中にコモンズをつくる試みにこそ、果敢な勇気をもつことだろう。
 本当の知財とは、われわれの想像力の中にひそんでいるプロパティなのである。

参考¶ローレンス・レッシグはイエール大学出身で、最高裁判所の書記ののち、シカゴ大学・ハーバード大学をへていまはスタンフォード大学で憲法・契約論についての教鞭をとっている。マイクロソフト社の独禁法裁判で一躍名を馳せたサイバー法の第一人者でもある。ここでも紹介した前著『CODE』(翔泳社)は、本書よりなおサイバー法の発生現場に触れている。