ほんほん

ぼくは「本数寄」なのである

ほんほん54(最終回)

◆慶応義塾大学出版会から「世界を読み解く一冊の本」というシリーズが刊行されている。『旧約聖書』『クルアーン』『三教指帰』『西遊記』『カンタベリー物語』『百科全書』『言海』『伝奇集』『一九八四年』『薔薇の名前』の10冊だ。えっ、たった10冊かよと思うだろうが、その10冊に空海、チョーサー、大槻文彦、エーコが入っているのが絶妙な特色だと思ったほうがいい。ただし原著やその翻訳ではない。それぞれ著者が別にいて、これらを解読している。藤井淳の『三教指帰』を読んだが、なかなかユニークな視点になっていた。
◆千夜千冊では「世界を読み解く一冊」をできるだけ選んできた。これまで書いてきた1800冊の中の300冊から500冊くらいが、そういう本だったと思う。吉本隆明は、本はたいてい自分のかかわりとの関係で読むものだけれど、自分が関心のない本にめぐりあうにはどうすればいいかという問いに対して、それは「書物に含まれている世界」が決めてくれるのだと答えていた。すぐれた本は「書き手が世界をあらわしたくて書いているものだ」というのだ。その通りだろう。
◆ボルヘスは、本は記号の集合体であるけれど、そこに読み手がかかわるとその記号は千変万化に息づいていくと言った。エーコは、本はスプーンやハンマーやハサミ同様に500年前とまったく変わっていない形態のものだけれど、それは「スプーンがあれ以上の形をとれないこと」と同様に、実にすばらしい究極の姿なのであるとみなしていたのだ。
◆たしかに「本」はあの形がいい。四角くて、表紙と裏表紙にページがぎゅっと挟まれて、ちょっと重たげで、本棚に並べると背中が何かを訴えている。これは「物実」(ものざね)もしくは「憑坐」(よりまし)なのだ。
◆ぼくが「本」という形をとったブツにぞっこんになったのは、20代半ばに自分の6畳・3畳のアパートで本棚を手作りしたときあたりからで、そのとき、わずかな蔵書を少しずつカバー自装したせいだった。カバー自装というのは、中身は気にいったのに外見が気にいらない本に適当なカバー材を選んできて、そこにレタリングセットや油性ペンでタイトルなどを付けていったことをいう。物実らしくしておきたかったのだ。これで護法童子が走りまわるようになった。これで「本」と一緒に暮らすようになった。
◆そういうふうになったのは、やっぱり10代に本に夢中になったからで、それがもしギターや算数に夢中になっていたら、別の生き方をしていたのだろうと思う。昆虫学者になっていた可能性もあるし、聴診器や注射器が手放せない診療所に暮らすようになったかもしれない。
◆ぼくは家庭用品や生活用品にからっきし関心がない。自分の部屋にそういうものを揃えたくなかった。もっとはっきり言うと、「生活する」に関心がない。生活は好きな仲間と一緒にいたいという、ただそれだけだ。リラダンとタルホの影響が滲みこんだせいだろう。これがわが生き方だ。だからぼくの日々はいまだにロクな用品に囲まれていない。自動車や電子機器はスタッフに頼っているし、たいていの日々は誰かが介添をしてくれている。つまりは生活オンチなのである。このオンチのせいで生活用品が自分の周辺に不可欠だと思えない。
◆では何が不可欠かというと、それが「本」だった。本が炊飯器で、本が大工道具で、本が食い道楽で、本が旅行で、本が恋愛で、本がうたた寝なのである。そんなことだから、当時から部屋には本だけがふえるだけだったのだ。本以外で大事なのはジャケットとタバコくらい。
◆こんなふうなので、そうとうな読書家ですねえ、さぞかし希覯本や珍本が集まったでしょうねと言われるが、そうなのではない。たしかに読書はするが、たくさんの本を読みたいとは当初から思っていなかった。いまも冊数はカンケーない。「読書するという状態」に、科学や文学や音楽の秘密が隠れていると思っているので、その読書状態をなんとか持続させ拡張させていくための日々をおくることが好きなのだ。だから希覯本はいっさい集めない。文庫本でも十分なのである。
◆もう少し正確に言うと「読むこと」が好きなのだ。もっと正確に言うと「読み」が好きなのだ。さまざまな民族言語による言葉が組み合わさって、それが人麻呂やシェイクスピアやジャン・ジュネやガルシア・マルケスや阿木耀子になってきたということ、その多様性のプロセスと成果を読むことが好きなのだ。
◆これはどちらかといえば、植物や動物の進化を読んでいるのに近い。だから批評したり書評したりするのは、実はほとんど気が向かない。千夜千冊も一度も書評をしようと思って書いてはこなかった。空き番だらけの「本の進化の木」をひとつひとつ埋めているような気分なのだ。
◆ただし、またまた別のことを言うようだが、この文明の流れのなかで、言葉や「読み」が進化してきたなどとは思っていない。人類の思索や表現が進歩してきたとも見ていない。そういう進歩史観はもっていない。むしろ言葉が意味からずれ、何かを隠さざるをえなくなっていく様子や、書くことが「逸脱」をおこしていくのを読むことに、大いなる興味があったのである。
◆つまりは、ぼくの「本好き」は「本数寄」なのである。何かを数寄の状態にしていくための本なのだ。遁世の数寄なのだ。それが70年以上もずうっと続いてきた。千夜千冊はやめられないだろう。また、どこかに本棚を作って進ぜるという仕事も、きっと続くだろう。最近は「本の寺」に関心がある。まったくもって大変なビョーキに罹ったものだ。
◆さて一方、この「ほんほん」コラムはそろそろ「お開き」にしたいと思った。ブックウォッチャーを続けるのもどうかなという気にもなったのだ。別のコラムを始めるかもしれないけれど、どういうものかはわからない。そのときはそのときで、どうぞ御贔屓に。

> アーカイブ

閉じる

エロティック・キャピタル

キャサリン・ハキム

共同通信社 2012

Catherine Hakim
HONEY MOEY―The Power of Erotic Capital 2011
[訳]田口未知・トランネット
編集:藤本倫子
装幀:柴田淳デザイン室

人にはいろいろな才能がある。
開発したり蓄積したり、資産にすることもできる。
それをヒューマン・キャピタルというなら、
女性たちが磨き上げてきた資産を
エロティック・キャピタルと言うべきだ。
さまざまな社会の関係をつなぐ絆の力が
社会通貨やソーシャル・キャピタルになるのなら、
セクシャリテイがもたらす力だって知的資産であって、
あらゆる社会を貫いてきた
ハニー・マネーの力と言うべきだ。
このキャサリン・ハキムの大胆な論陣は、
発表このかたいろいろな物議をかもしてきた。
でも、いったい何が問題なのか。
ぼくはエロティック・キャピタル大賛成だ。

 ピーター・ドラッカーがとっくに指摘していたように、資本主義社会のなかで知識の力は「ナレッジ・キャピタル」(知的資産)として機能する。いまでは多くのITカンパニーがこれをデジタル化してどんどん取り込み、蓄積し、運用している。
 古今東西、どんな社会にも「縁」や「絆」という関係力がある。これは「ソーシャル・キャピタル」(1478夜・社会関係資本)として機能する。就職する力や仕事の獲得はソーシャル・キャピタルが動いていたとみなせる出来事なのである。
 伝統的であれ前衛的であれ、そもそも才能や感性というものは「ヒューマン・キャピタル」(人的資産)となって、社会のさまざまな場面で貢献してきた。家族教育の成果や学校で身につけた資格や訓練で得たスキルや経験値の蓄積は、多様な機会のなかでヒューマン・キャピタルになる。
 かつてピエール・ブルデュー(1115夜)はこれらをまとめて「カルチャー・キャピタル」(文化資本)と呼び、歴史的にも「エコノミック・キャピタル」(経済的資産)に勝るとも劣らない資産力を発揮してきたと考えた。
 それならば、女が自身をファッショナブルに磨いていくことで獲得し、蓄積してきた資産を「エロティック・キャピタル」と呼んだっていいだろう。そう呼んで、何がまずいのか。まずいわけがない。これが本書でキャサリン・ハキムが提案した強烈なメッセージだ。

 美しさ、スマート・パフォーマンス、性的魅力、自己演出力、社交的なスキル、ファッションセンス、プロポーション、すばらしい言葉づかい、セクシャリティ、クールな判断力、うっとりするような声、脚線美、情熱的なアプローチ、エレガントなマナー‥‥。
 これらすべては個人資産であって、エロティック・キャピタルなのである。ハキムはこれを「ハニー・マネー」(honny money)とも名付けてみせた。
 たしかに知性や職能と同じように、エロティック・キャピタルはボードルーム(重役室)からベッドルーム(寝室)まで、人生と仕事の多くの場面で資産力を発揮してきたはずである。そんなこと、疑いもないことだ。

 たとえば、広告産業はつねにエロティック・キャピタルを巧みに見せびらかすことによって、19世紀末から100年以上をかけてスポンサーを騙して大儲けをしてきたはずだし、それよりずっと前から娼婦に始まった性風俗ビジネスのあれこれは、エロティック・キャピタルを陰に日向に活用しまくって、男たちの欲望と快楽をそそってきた。これも疑いないことだ。
 エリザベス・テイラーやマドンナやレディー・ガガに備わっているものも、エルヴィス・プレスリーやジョン・レノンやマイケル・ジャクソンがもたらしたものもエロティック・キャピタルである。エル・マクファーソンやジゼル・ブンチェンなどのトップモデルなら、なおさらだ。
 いまやアスリートたちに備わっている魅力も資産であろう。そんなことは棒高跳びのイシンバエアや、サッカーの三浦カズやゴルフの石川遼が才能と官能を一緒くたに自覚していることを思い浮かべてみれば、すぐに了解できることである。

 ところが、これまではエロティック・キャピタルなんてまったく認められてこなかったのだ。
 その理由は何かといえば、ハキムによれば、大きくは男性優位社会が女たちのエロティック・キャピタルの行使力を不当に抑圧してきたからだという。会社においてもこの不当が長らく貫徹されてきた。役員にはしないでミニスカが似合う秘書にしておくとか、会社のシンボルはBSやPLやROEに関係なく、キャンペーンガールの上品なセクシャリティで代弁させておくとか、そういうことを巧妙に使い分けてきたのだった。
 そのくせ男だけが狡猾にエロティック・キャピタルを費(つか)ってきた。風俗ビジネスだけではない。一般ビジネスにおいても、男たちは魅力的な女性を何かの特別任務でギャランティしたとしても(たとえばマナー研修に女性のキャリアを使うことなどで)、その成果を決して会社の資産などにしてこなかったのだ。これは、おしゃべりしかしていないだろう企業の経営企画室の成果を、それなりに資産勘定してきたことにくらべると、どう見ても不当なのだとハキムは口を尖らせる。
 なるほど、なるほどだ。会社はとうていエロティック・キャピタルなど計上するわけがない。加えて最近は急進的なフェミニズムのムーブメントも、仕事場におけるエロティック・キャピタルの可能性を軽視してきたのではないかと、ハキムは疑っている。
 もっともフェミニズムに対しては、ハキムはいささか狭隘な見方をとりすぎていて、ぼくからするとそこにエロティック・キャピタルの抑圧が過当にはたらいたとは思えない。

 それにしても、物議をかもしだしそうな本である。実際にも発刊当初からいろいろ評価が分かれたようだ。
 キャサリン・ハキムはロンドン・スクール・オブ・ビジネスで社会学者として鳴らし、女性の雇用問題や社会と労働市場の関係についての研究を続け、マーガレット・サッチャーが設立にかかわった保守派のシンクタンク「政策研究センター」のシニアフェローになった。
 しかし、これらの社会学的戦績を一挙にエロティック・キャピタルに向かって吐き出したというのは、ずいぶん勇敢だった。ぼくならただちに上野千鶴子(875夜)のデビュー作『セクシーギャルの大研究』や『スカートの中の劇場』を思い出すが、ハキムもまた社会学者としてのけっこうなリスクテイクをしたものだ。
 もっとも社会学や経済学のなかで、こうした試みがまったくなかったわけではない。かつてドイツのノルベルト・エリアスは「社交スキル」を文明的資産とみなし、ソーシャル・キャピタル論の門戸の一端を開いたし、アメリカの社会学者アーリー・ホックシールドが「感情労働」を重視して、たとえばスチュアーデスの労働になぜ笑顔が必須とされるのか、そのことを受容した彼女たちの感情訓練をちゃんとした資産とみなすべきだという議論を提出した。
 経済学ではロバート・ギッフェンが提案したギッフェン財が有名である。「あるものが高価であればあるほど重要性を増す」という財をギッフェン財というのだが、ギッフェンはそれを高級娼婦や国王の愛人にあてはめて論じたのだ。
 印象的なのはブルック・マグナンティの変った研究だ。彼女は自分の正体を隠してベル・ド・ジュール(昼顔)とよばれるコールガール体験を2冊の本に赤裸々にまとめて発表したのだが、2009年11月になって、自分がブリストルの大学病院で発達神経毒性学と癌疫学の博士号を取得したことを発表した。
 似た例は6年間のストリップクラブ体験を論文にしたキャサリン・フランクやテレフォンセックスのオペレーター体験を研究論文にしたエイミー・フラワーズにもあてはまる。
 最近ではスティーヴン・レヴィットとダブナーが『ヤバい経済学』(東洋経済新報社 2006)を書いて、ポン引きの経済社会をみごとに白日のもとに晒したという成果もあった。

1970年代の米国とカナダにおける容姿評価の分布(本書より)

身体的・社交的魅力が収入に与える影響:1991年英国での調査(本書より)

 しかし、ハキムがエロティック・キャピタルを持ち出したのは、主にはピエール・ブルデューの影響だ。ブルデューが最も早くカルチャー・キャピタル(文化資本)に注目し。エコノミック・キャピタル、ソーシャル・キャピタル、ヒューマン・キャピタルは相互に交換できると喝破したことに刺激をうけたのが大きかった。
 とくにソーシャル・キャピタルが特定グループや好みをともにする集団のなかで、独自のクラブ財として発達してきたという見解を披露したことに、ハキムはピンときたようだ。
 クラブ財というもの、一方ではワインや競馬やカード(トランプ)とともに発達したクラブ・ソサエティの中で独自に育まれた商品力のことをいう。競馬にともなうダービーハットやブーツといった特定商品は、エルメスがその代表例であるが、最初は特別なクラブ財として磨かれ、ある時期に一般市場に出回っていったのである。ビールまわりの商品、将棋や囲碁や麻雀まわりの商品などもこれに類する。
 こういう例はいくらでも挙げられる。ゴルフやコントラクトブリッジに付随する服装や帽子やハンカチや各種の道具もクラブ財になった。実は各国の軍事組織がつくりだしたものも、一種のクラブ財なのである。
 これらから制服やドレスコードというものが派生した。制服やドレスコードは当初は高級クラブの特権性をあらわしていたが、そのうち巷に広まると、たちまちその美とエレガンスとデシプリンが競われて、それが転じてエロティック・キャピタルになっていったのである。高級店員、執事、市場を徘徊しまわるウェイターやウェイトレス、芸者の身なり、ガードマン、スチュワーデスの衣裳などもそのひとつに入る。ぼくは川久保玲や山本燿司がつくりだしたモードも、こうしたドレスコードを内に秘めたクラブ財が背景に動いていたと思っている。
 2010年12月、スイスの銀行のUBSが43ページに及ぶドレスコードを社内に配って、話題になった。銀行員の自己演出はUBSの資産であるという哲学の表明だった。

 ちなみに実は、かつてのぼくもこのブルデューの指摘にピンときたほうで、クラブ財こそは新たな価値をもたらすものだと見えたのである。ただし、ぼくのほうは残念ながらエロティック・キャピタルを思いついたのではない。そのかわり二つのことがひらめいた。
 ひとつは、日本にも紹鴎や利休などによって確立された茶の湯にひそむクラブ財に似た可能性が、現代にも蘇るべきだろうということである。もうひとつはリソースの意味と価値を編集的に変換する「エディティング・キャピタル」がありうるということだった。
 茶の湯のしくみが生み出すようなクラブ財については、その後あまり追求しなかったが、おそらくはこれからこそ脚光を浴びると思う。もうひとつの「エディティング・キャピタル」はまさに編集工学研究所が得意とするところ、とくにイシス編集学校にはしこたまエディティング・キャピタルが蓄積されている。来年に出版をもくろんでいる「目次録」などもその代表例になるだろう。

 で、また本書のエロティック・キャピタルの話に戻るけれど、ハキムが言いたいことはソーシャル・アイデンティティにおいてもコーポレート・アイデンティティにおいても、「性的自尊心」をもっと正当に認めるべきだということなのである。
 これを社会の下敷きにまで敷延すると、カール・ポランニー(151夜)の「経済は社会に埋め込まれる」や、さらにはマルセル・モースの『贈与論』の思想が動くことになる。とくにモースが『贈与論』や『供犠』であきらかにした「何かを贈りたくなる意志」や「何かをお返ししたくなる気分」がもたらす互酬的な価値観には、すでにエロティック・キャピタルがはたらいている。
 この贈与と互酬性にまつわるエロティック・キャピタルには、マーケティングで重視されてきた「選好性」も動いている。誰に何かを贈りたくなるということは、誰にでも何でも贈りたいということではない。そこには事の大小はあるものの、なんらかの選好基準がはたらいている。その選好度合が新たな価値になっていったのである。
 2010年、フランスの化粧品会社ロレアルの相続人であるリリアン・ベタンクールが、巨額の現金・絵画などの資産を、長年の友人であるフランソワ・マリー=バニエに贈与すると言ったときは、フランス中が大騒ぎになった。バニエは作家・画家・写真家として多くが認める才能豊かなアーティストなのだが、さすがのフランス人もこの粋な判断に腰を抜かした。当然、何も貰えなかった親族が文句をつけたのだ。
 こういう例は特別だとしても、贈与と互酬性には必ずやこのような「ビューティ・プレミアム」がつくものなのだ。したがって、逆に高価なものや大事なものがかえってフリー(タダ同然)になることもある。献血や臓器提供にはそういう例が少なくない。これもまたビューティ・プレミアムの一種なのだ。リチャード・ティトマスの『贈与関係論』がそのへんを書いて、ハキムの論法を支援した。

 本書は必ずしもデキのいい本ではない。論文的ではあるが重複も多く、ハキムの趣味なのかとおぼしいほどにセクシャルな女性たちの気分の昂揚を擁護する記述が目立っている。
 また、歴史の中のエロティック・キャピタルの変遷について、ほとんど言及がないことにも不満がのこる。欧米中心であることも本書を片寄らせた。ハキムはあくまで現代の、それから明日の社会におけるエロティック・キャピタルの権利を高らかに訴えたかったのであろう。
 それでも本書の言い分こそは、世の中のあらゆる「美の産業」を応援するものだ。洋服屋、化粧品屋、ファッション業界、風俗業界、芸能界、広告屋のすべては、いまこそ、あらためてエロティック・キャピタルのダイナミックな資産運用にとりくむべきなのである。できればそこに、エディティング・キャピタルをたっぷり添えて。

『エロティック・キャピタル:すべてが手に入る自分磨き』
著者:キャサリン・ハキム
翻訳:田口未和
翻訳協力:三浦和子・富原まさ江・株式会社トランネット
編集企画:藤本倫子
装幀:柴田淳デザイン室
発行人:田辺義雅
発行所:株式会社共同通信社(K.K.Kyodo News)
2012年 2月28日 第1刷発行
印刷所:大日本印刷

【目次情報】
はじめに エロティック・キャピタルと欲望の駆け引き

第I部 エロティック・キャピタルと現代の性力学
第1章 エロティック・キャピタルって何?
第2章 欲望の駆け引き
第3章 拒絶反応:なぜエロティック・キャピタルは抑圧されてきたのか

第II部 日常生活の中のエロティック・キャピタル
第4章 人生を豊かにするエロティック・キャピタル
第5章 今どきのロマンス事情
第6章 お金がなければ、楽しみもなし:性を売るということ
第7章 一人勝ちの論理:エロティック・キャピタルの商業的価値
第8章 エロティック・キャピタルのパワー

付録A エロティック・キャピタルの測定
付録B 最近の性意識調査
原著者注
表・図の出典について

【著者情報】
キャサリン・ハキム(Catherine Hakim)
社会学者で、ロンドンの政策研究センター、シニア・フェロー。ロンドン・オブ・スクール・エコノミクスで長年にわたり社会学の研究員を努めた。労働市場における社会学、社会体制の変化、女性の雇用と社会での女性地位理論の専門家。その学術論文や著書は、欧州、米国で広く出版されている。ハキム博士のエロティック・キャピタル理論は、発表と同時に多くのメディアに取り上げられ、世界中から注目されている。

【帯情報】