ほんほん

ひさびさ千夜、古代史番組、湖北めぐり

ほんほん51

◆この一カ月、千夜千冊を書きそこねていた。いくつか理由はあるが、それでノルマがはたせなかったという説明にはならない。階段の昇り降りがへたくそだったとか、散髪がどうにもうまくいかなかったとかいうのに似ている。ずっと前のことだが、急に俳句が詠めなくなったり、人前で話すとなんとも食い違うということがあったりしたが、そういうことに近かったのだろうと思う。ロシアのことを書いて取り戻すことにした。
◆関口宏・吉村武彦と一緒に『一番新しい古代史』という番組をやることになった。BS・TBSの毎週土曜日のお昼から放映される。3チームが次々に用意するフリップ上の古代史クロニクルを関口さんが入念に辿っていくのを、ところどころで吉村さんが解説を加え、ところどころでぼくが勝手なイメージをふくらませるというやりかたで進む。1時間番組だが、30分ほどのリハのあと、本番用をだいたい90分か100分を撮って、それをプロダクション・チームが多少の取捨選択をして、絵やキャプションを付けて仕上げる。おかげで事前に、吉村さんの著書を読むのが仕事になった。これは仁義でもある。さきほどは岩波新書の『聖徳太子』と『女帝の古代日本』を再読した。
◆古代史の本はキリなくある。記紀・風土記・六国史をはじめとする史書をべつにすると、多くは研究者たちのもので、ぼくは研究者ではないからこれまでバラバラに、かつ好きに読んできた。なかにはとんでもない仮説に走ったものも少なくないが、それらにもけっこう目を通した。数えたこともないけれど、500冊や1000冊はとっくに超えているだろう。さあ、それで通史的にはどうまとまったのかというと、まとまるわけがない。とくにぼくは古代史の流れよりも古代観念の渦のありかたに関心があるので、万葉の歌や折口の文章に耽るのが醍醐味になってきたから、その手の読書がそうとう多い。これは通史的にはなりえない。間歇泉のような息吹とのつきあいなのだ。
◆それでもふりかえってみると、やはり内藤湖南・津田左右吉・石母田正・井上光貞・直木孝次郎・西嶋定生・小林敏男というふうに発表順・テーマ別にアタマの中に並べなおして、定番史観を眺めてきたようにも思う。研究じみてつまらないように思われるかもしれないけれど、いろいろ読んでいくと、そうなるのだ。それがまた歴史観の錬磨には有効なのだ。しかし、こういう並べなおし読書だけでは何も飛躍がない。歴史は通史がまとまればそれでおもしろいというわけではなく、『鎌倉殿の13人』ではないけれど、自分なりの人物像やドラマ性もギャップも想定できて、かつ一挙に細部に入り込んだり、巨きく俯瞰もできるようにならなければ、歴史を展いているという実感がもてない。
◆こうして結局は、火焔土器の本、スサノオをめぐる本、司馬遷、三韓や加耶についての本、仏教的言説、貴族の日記、新井白石、頼山陽を読み、松本清張や黒岩重吾や山本七平や安彦良和の『ナジム』(徳間書店)にも目を走らせるということになったのである。日本の古代史、実はまだまだ謎が解けてはない。わかってきたのはせいぜい3割くらいだろう。番組がどのくらい光をあてられるかはわからないけれど、多少はご期待いただきたい。
◆近江ARSのメンバーの用意周到な仕立てのおかげで、久々に湖北をめぐった。長浜・菅浦・大音(おおと)・石道寺(しゃくどうじ)・木之本を訪れた。長浜はわが父松岡太十郎の故郷なのである。いまの体力からすると3日の行程は少しきついのだが、存分な準備とサポートによって、いろいろ深い体感をものすることができた。劈頭に願養寺(松岡家の菩提寺)と梨の木墓地(松岡家の墓)に参ったのが、ぼくに湖北のヌミノーゼを散らしてくれた。
◆湖北は汚れていなかった。50年前の白洲正子の感嘆がほぼ残っていた。雨模様の夕方に近江孤篷庵(禅寺・遠州流)で時を偲んだときに、そのことがしっかり伝わってきた。しかしその一方で湖北が何かに堪えているようにも感じて、そこに多少のお手伝いをしなければと思った。帰って和泉佳奈子にも話したことである。
◆「東洋経済」が「世界激震! 先を知るための読書案内」を特集した。「ウクライナ危機の行方がわかる」と銘打って、橋爪大三郎・岡部芳彦・斎藤幸平・佐藤優・羽場久美子・輿那覇潤・津上俊哉・鶴岡路人といった面々が顔をそろえて危機を乗り越えるための本を推薦しているのだが、かなり知られた本が多く、やや失望した。橋爪・佐藤『世界史の分岐点』(SBクリエイティブ)、ウォルター・シャイテル『暴力と不平等の人類史』(東洋経済新報社)、輿那覇『平成史』(文藝春秋)、田中孝幸『13歳からの地政学』(東洋経済新報社)、六鹿茂夫『黒海地域の国際関係』(名古屋大学出版会)、ヨラム・パゾーニ『ナショナリズムの美徳』(東洋経済新報社)、福嶋亮太『ハロー、ユーラシア』(講談社)、イワン・クラステラ『アフター・ヨーロッパ』(岩波書店)、羽場『ヨーロッパの分断と統合』(中央公論新社)、秋山信将・高橋杉雄『「核の忘却」の終わり』(勁草書房)、橋爪『中国VSアメリカ』(河出書房新社)あたりがお薦めだろうか。ドゥーギンとプーチンの間を埋めるチャールズ・クローヴァーの『ユーラシアニズム』(NHK出版)が入っていないのは、どうしたことか。

> アーカイブ

閉じる

エロティック・キャピタル

キャサリン・ハキム

共同通信社 2012

Catherine Hakim
HONEY MOEY―The Power of Erotic Capital 2011
[訳]田口未知・トランネット
編集:藤本倫子
装幀:柴田淳デザイン室

人にはいろいろな才能がある。
開発したり蓄積したり、資産にすることもできる。
それをヒューマン・キャピタルというなら、
女性たちが磨き上げてきた資産を
エロティック・キャピタルと言うべきだ。
さまざまな社会の関係をつなぐ絆の力が
社会通貨やソーシャル・キャピタルになるのなら、
セクシャリテイがもたらす力だって知的資産であって、
あらゆる社会を貫いてきた
ハニー・マネーの力と言うべきだ。
このキャサリン・ハキムの大胆な論陣は、
発表このかたいろいろな物議をかもしてきた。
でも、いったい何が問題なのか。
ぼくはエロティック・キャピタル大賛成だ。

 ピーター・ドラッカーがとっくに指摘していたように、資本主義社会のなかで知識の力は「ナレッジ・キャピタル」(知的資産)として機能する。いまでは多くのITカンパニーがこれをデジタル化してどんどん取り込み、蓄積し、運用している。
 古今東西、どんな社会にも「縁」や「絆」という関係力がある。これは「ソーシャル・キャピタル」(1478夜・社会関係資本)として機能する。就職する力や仕事の獲得はソーシャル・キャピタルが動いていたとみなせる出来事なのである。
 伝統的であれ前衛的であれ、そもそも才能や感性というものは「ヒューマン・キャピタル」(人的資産)となって、社会のさまざまな場面で貢献してきた。家族教育の成果や学校で身につけた資格や訓練で得たスキルや経験値の蓄積は、多様な機会のなかでヒューマン・キャピタルになる。
 かつてピエール・ブルデュー(1115夜)はこれらをまとめて「カルチャー・キャピタル」(文化資本)と呼び、歴史的にも「エコノミック・キャピタル」(経済的資産)に勝るとも劣らない資産力を発揮してきたと考えた。
 それならば、女が自身をファッショナブルに磨いていくことで獲得し、蓄積してきた資産を「エロティック・キャピタル」と呼んだっていいだろう。そう呼んで、何がまずいのか。まずいわけがない。これが本書でキャサリン・ハキムが提案した強烈なメッセージだ。

 美しさ、スマート・パフォーマンス、性的魅力、自己演出力、社交的なスキル、ファッションセンス、プロポーション、すばらしい言葉づかい、セクシャリティ、クールな判断力、うっとりするような声、脚線美、情熱的なアプローチ、エレガントなマナー‥‥。
 これらすべては個人資産であって、エロティック・キャピタルなのである。ハキムはこれを「ハニー・マネー」(honny money)とも名付けてみせた。
 たしかに知性や職能と同じように、エロティック・キャピタルはボードルーム(重役室)からベッドルーム(寝室)まで、人生と仕事の多くの場面で資産力を発揮してきたはずである。そんなこと、疑いもないことだ。

 たとえば、広告産業はつねにエロティック・キャピタルを巧みに見せびらかすことによって、19世紀末から100年以上をかけてスポンサーを騙して大儲けをしてきたはずだし、それよりずっと前から娼婦に始まった性風俗ビジネスのあれこれは、エロティック・キャピタルを陰に日向に活用しまくって、男たちの欲望と快楽をそそってきた。これも疑いないことだ。
 エリザベス・テイラーやマドンナやレディー・ガガに備わっているものも、エルヴィス・プレスリーやジョン・レノンやマイケル・ジャクソンがもたらしたものもエロティック・キャピタルである。エル・マクファーソンやジゼル・ブンチェンなどのトップモデルなら、なおさらだ。
 いまやアスリートたちに備わっている魅力も資産であろう。そんなことは棒高跳びのイシンバエアや、サッカーの三浦カズやゴルフの石川遼が才能と官能を一緒くたに自覚していることを思い浮かべてみれば、すぐに了解できることである。

 ところが、これまではエロティック・キャピタルなんてまったく認められてこなかったのだ。
 その理由は何かといえば、ハキムによれば、大きくは男性優位社会が女たちのエロティック・キャピタルの行使力を不当に抑圧してきたからだという。会社においてもこの不当が長らく貫徹されてきた。役員にはしないでミニスカが似合う秘書にしておくとか、会社のシンボルはBSやPLやROEに関係なく、キャンペーンガールの上品なセクシャリティで代弁させておくとか、そういうことを巧妙に使い分けてきたのだった。
 そのくせ男だけが狡猾にエロティック・キャピタルを費(つか)ってきた。風俗ビジネスだけではない。一般ビジネスにおいても、男たちは魅力的な女性を何かの特別任務でギャランティしたとしても(たとえばマナー研修に女性のキャリアを使うことなどで)、その成果を決して会社の資産などにしてこなかったのだ。これは、おしゃべりしかしていないだろう企業の経営企画室の成果を、それなりに資産勘定してきたことにくらべると、どう見ても不当なのだとハキムは口を尖らせる。
 なるほど、なるほどだ。会社はとうていエロティック・キャピタルなど計上するわけがない。加えて最近は急進的なフェミニズムのムーブメントも、仕事場におけるエロティック・キャピタルの可能性を軽視してきたのではないかと、ハキムは疑っている。
 もっともフェミニズムに対しては、ハキムはいささか狭隘な見方をとりすぎていて、ぼくからするとそこにエロティック・キャピタルの抑圧が過当にはたらいたとは思えない。

 それにしても、物議をかもしだしそうな本である。実際にも発刊当初からいろいろ評価が分かれたようだ。
 キャサリン・ハキムはロンドン・スクール・オブ・ビジネスで社会学者として鳴らし、女性の雇用問題や社会と労働市場の関係についての研究を続け、マーガレット・サッチャーが設立にかかわった保守派のシンクタンク「政策研究センター」のシニアフェローになった。
 しかし、これらの社会学的戦績を一挙にエロティック・キャピタルに向かって吐き出したというのは、ずいぶん勇敢だった。ぼくならただちに上野千鶴子(875夜)のデビュー作『セクシーギャルの大研究』や『スカートの中の劇場』を思い出すが、ハキムもまた社会学者としてのけっこうなリスクテイクをしたものだ。
 もっとも社会学や経済学のなかで、こうした試みがまったくなかったわけではない。かつてドイツのノルベルト・エリアスは「社交スキル」を文明的資産とみなし、ソーシャル・キャピタル論の門戸の一端を開いたし、アメリカの社会学者アーリー・ホックシールドが「感情労働」を重視して、たとえばスチュアーデスの労働になぜ笑顔が必須とされるのか、そのことを受容した彼女たちの感情訓練をちゃんとした資産とみなすべきだという議論を提出した。
 経済学ではロバート・ギッフェンが提案したギッフェン財が有名である。「あるものが高価であればあるほど重要性を増す」という財をギッフェン財というのだが、ギッフェンはそれを高級娼婦や国王の愛人にあてはめて論じたのだ。
 印象的なのはブルック・マグナンティの変った研究だ。彼女は自分の正体を隠してベル・ド・ジュール(昼顔)とよばれるコールガール体験を2冊の本に赤裸々にまとめて発表したのだが、2009年11月になって、自分がブリストルの大学病院で発達神経毒性学と癌疫学の博士号を取得したことを発表した。
 似た例は6年間のストリップクラブ体験を論文にしたキャサリン・フランクやテレフォンセックスのオペレーター体験を研究論文にしたエイミー・フラワーズにもあてはまる。
 最近ではスティーヴン・レヴィットとダブナーが『ヤバい経済学』(東洋経済新報社 2006)を書いて、ポン引きの経済社会をみごとに白日のもとに晒したという成果もあった。

1970年代の米国とカナダにおける容姿評価の分布(本書より)

身体的・社交的魅力が収入に与える影響:1991年英国での調査(本書より)

 しかし、ハキムがエロティック・キャピタルを持ち出したのは、主にはピエール・ブルデューの影響だ。ブルデューが最も早くカルチャー・キャピタル(文化資本)に注目し。エコノミック・キャピタル、ソーシャル・キャピタル、ヒューマン・キャピタルは相互に交換できると喝破したことに刺激をうけたのが大きかった。
 とくにソーシャル・キャピタルが特定グループや好みをともにする集団のなかで、独自のクラブ財として発達してきたという見解を披露したことに、ハキムはピンときたようだ。
 クラブ財というもの、一方ではワインや競馬やカード(トランプ)とともに発達したクラブ・ソサエティの中で独自に育まれた商品力のことをいう。競馬にともなうダービーハットやブーツといった特定商品は、エルメスがその代表例であるが、最初は特別なクラブ財として磨かれ、ある時期に一般市場に出回っていったのである。ビールまわりの商品、将棋や囲碁や麻雀まわりの商品などもこれに類する。
 こういう例はいくらでも挙げられる。ゴルフやコントラクトブリッジに付随する服装や帽子やハンカチや各種の道具もクラブ財になった。実は各国の軍事組織がつくりだしたものも、一種のクラブ財なのである。
 これらから制服やドレスコードというものが派生した。制服やドレスコードは当初は高級クラブの特権性をあらわしていたが、そのうち巷に広まると、たちまちその美とエレガンスとデシプリンが競われて、それが転じてエロティック・キャピタルになっていったのである。高級店員、執事、市場を徘徊しまわるウェイターやウェイトレス、芸者の身なり、ガードマン、スチュワーデスの衣裳などもそのひとつに入る。ぼくは川久保玲や山本燿司がつくりだしたモードも、こうしたドレスコードを内に秘めたクラブ財が背景に動いていたと思っている。
 2010年12月、スイスの銀行のUBSが43ページに及ぶドレスコードを社内に配って、話題になった。銀行員の自己演出はUBSの資産であるという哲学の表明だった。

 ちなみに実は、かつてのぼくもこのブルデューの指摘にピンときたほうで、クラブ財こそは新たな価値をもたらすものだと見えたのである。ただし、ぼくのほうは残念ながらエロティック・キャピタルを思いついたのではない。そのかわり二つのことがひらめいた。
 ひとつは、日本にも紹鴎や利休などによって確立された茶の湯にひそむクラブ財に似た可能性が、現代にも蘇るべきだろうということである。もうひとつはリソースの意味と価値を編集的に変換する「エディティング・キャピタル」がありうるということだった。
 茶の湯のしくみが生み出すようなクラブ財については、その後あまり追求しなかったが、おそらくはこれからこそ脚光を浴びると思う。もうひとつの「エディティング・キャピタル」はまさに編集工学研究所が得意とするところ、とくにイシス編集学校にはしこたまエディティング・キャピタルが蓄積されている。来年に出版をもくろんでいる「目次録」などもその代表例になるだろう。

 で、また本書のエロティック・キャピタルの話に戻るけれど、ハキムが言いたいことはソーシャル・アイデンティティにおいてもコーポレート・アイデンティティにおいても、「性的自尊心」をもっと正当に認めるべきだということなのである。
 これを社会の下敷きにまで敷延すると、カール・ポランニー(151夜)の「経済は社会に埋め込まれる」や、さらにはマルセル・モースの『贈与論』の思想が動くことになる。とくにモースが『贈与論』や『供犠』であきらかにした「何かを贈りたくなる意志」や「何かをお返ししたくなる気分」がもたらす互酬的な価値観には、すでにエロティック・キャピタルがはたらいている。
 この贈与と互酬性にまつわるエロティック・キャピタルには、マーケティングで重視されてきた「選好性」も動いている。誰に何かを贈りたくなるということは、誰にでも何でも贈りたいということではない。そこには事の大小はあるものの、なんらかの選好基準がはたらいている。その選好度合が新たな価値になっていったのである。
 2010年、フランスの化粧品会社ロレアルの相続人であるリリアン・ベタンクールが、巨額の現金・絵画などの資産を、長年の友人であるフランソワ・マリー=バニエに贈与すると言ったときは、フランス中が大騒ぎになった。バニエは作家・画家・写真家として多くが認める才能豊かなアーティストなのだが、さすがのフランス人もこの粋な判断に腰を抜かした。当然、何も貰えなかった親族が文句をつけたのだ。
 こういう例は特別だとしても、贈与と互酬性には必ずやこのような「ビューティ・プレミアム」がつくものなのだ。したがって、逆に高価なものや大事なものがかえってフリー(タダ同然)になることもある。献血や臓器提供にはそういう例が少なくない。これもまたビューティ・プレミアムの一種なのだ。リチャード・ティトマスの『贈与関係論』がそのへんを書いて、ハキムの論法を支援した。

 本書は必ずしもデキのいい本ではない。論文的ではあるが重複も多く、ハキムの趣味なのかとおぼしいほどにセクシャルな女性たちの気分の昂揚を擁護する記述が目立っている。
 また、歴史の中のエロティック・キャピタルの変遷について、ほとんど言及がないことにも不満がのこる。欧米中心であることも本書を片寄らせた。ハキムはあくまで現代の、それから明日の社会におけるエロティック・キャピタルの権利を高らかに訴えたかったのであろう。
 それでも本書の言い分こそは、世の中のあらゆる「美の産業」を応援するものだ。洋服屋、化粧品屋、ファッション業界、風俗業界、芸能界、広告屋のすべては、いまこそ、あらためてエロティック・キャピタルのダイナミックな資産運用にとりくむべきなのである。できればそこに、エディティング・キャピタルをたっぷり添えて。

『エロティック・キャピタル:すべてが手に入る自分磨き』
著者:キャサリン・ハキム
翻訳:田口未和
翻訳協力:三浦和子・富原まさ江・株式会社トランネット
編集企画:藤本倫子
装幀:柴田淳デザイン室
発行人:田辺義雅
発行所:株式会社共同通信社(K.K.Kyodo News)
2012年 2月28日 第1刷発行
印刷所:大日本印刷

【目次情報】
はじめに エロティック・キャピタルと欲望の駆け引き

第I部 エロティック・キャピタルと現代の性力学
第1章 エロティック・キャピタルって何?
第2章 欲望の駆け引き
第3章 拒絶反応:なぜエロティック・キャピタルは抑圧されてきたのか

第II部 日常生活の中のエロティック・キャピタル
第4章 人生を豊かにするエロティック・キャピタル
第5章 今どきのロマンス事情
第6章 お金がなければ、楽しみもなし:性を売るということ
第7章 一人勝ちの論理:エロティック・キャピタルの商業的価値
第8章 エロティック・キャピタルのパワー

付録A エロティック・キャピタルの測定
付録B 最近の性意識調査
原著者注
表・図の出典について

【著者情報】
キャサリン・ハキム(Catherine Hakim)
社会学者で、ロンドンの政策研究センター、シニア・フェロー。ロンドン・オブ・スクール・エコノミクスで長年にわたり社会学の研究員を努めた。労働市場における社会学、社会体制の変化、女性の雇用と社会での女性地位理論の専門家。その学術論文や著書は、欧州、米国で広く出版されている。ハキム博士のエロティック・キャピタル理論は、発表と同時に多くのメディアに取り上げられ、世界中から注目されている。

【帯情報】