ほんほん

拾読と老軽ニュース

ほんほん53

◆拾読(しゅうどく)という読み方がある。拾い読み(ピックアップ・リーディング)のことだ。パラパラとページをめくるイメージがあるかもしれないが、そうとはかぎらない。アタマの中のエンジンの「読みモード」スイッチを「早送り」にする。だから速読なのではない。意味の読み取りはノーマルスピードのままなのだ。だから映画のビデオを早送りで見るのとは違う。あれでは会話が聞き取れない。拾読は文字が見えている。
◆最近の拾い読み、いくつか。デイビッド・バリー『動物たちのナビゲーションの謎を解く』(インターシフト)。動物がGPSを持っているのではなく、GPSが分化して動物になったのだ。真木太一編『日本の風』(朝倉書店)。農業気象学のベテランが50をこえる風の意味を「見える」ものにした。風の工学だ。エンツォ・トラヴェルソ『一人称の過去』(未来社)。歴史が「私」の語りによって創造的な可能性を孕みつつも、政治的な曖昧度を広げすぎて一人称の力を失っていく問題を扱った。『全体主義』や『ヨーロッパの内戦』などの歴史学者が歴史語りの人称を問うたのである。鵜飼秀徳『仏教の大東亜戦争』(文春新書)。耳が痛い仏教関係者もいるかもしれないが、この「殺生とは何か」を通らなければ仏教力は浮上しない。
◆また、いくつか。ポール・フルネル『編集者とタブレット』(東京創元社)。紙の本が好きなら必読だ。久しぶりにナンシー関のシリーズ(角川文庫)。『何をいまさら』『何の因果で』『何が何だか』『何もそこまで』など。鬱憤抜きのためにはもってこいである。ぼくは拾読はたいていリクライニングチェアでしているのだが、ナンシー関はそこでは女王さまである。ラニ・シン編『ハリー・スミスは語る』(カンパニー社)。後藤護君が送ってくれた一冊で、黒魔術っぽいけれど、平岡正明っぽい。拾い読みしてすぐに、そうか宇川直宏がずっと以前に話していたあれかと思い出した。野嶋剛『新中国論』(平凡社新書)。香港と台湾を嬲(なぶ)る習近平の意図をまとめたものだが、抉ってはいない。山極寿一『人間社会、ここがおかしい』(毎日文庫)。例によってゴリラが人間を見破っていく。
◆ナンシー関や山極寿一ではないが、何かがおかしいはずなのに、何かがヘンなはずなのに、その原因や正体かがわからないことは多い。科学はそこから始まるのだけれど、このところ「おかしいぞ」が多すぎて、これは文明のせいだとか現在日本のせいだなどと大ざっぱになってきて、まずい。
◆最近のニュース。湊部屋の逸ノ城が優勝したのに盛り上らない。それでいいのか。安倍晋三元首相が応援演説中に銃撃され即死。狙撃犯は母が貢いだ旧統一教会を恨んでの犯行だったようだが、世論のオピニオンは「民主主義への挑戦だ」と言う。それでいいのか。参院選は自民圧勝。維新に中条きよし、れいわに水道橋博士、参政党に神谷宗弊、N党にガーシー。何に向かうのか。コロナまたまた感染爆発して第7波、わが周辺にもちらほら感染者や濃厚接触者が出てきたが、ぼくはいまだマスク着用頻度がきわめて低い。ぼくはこれでいいのか。
◆ロシアとウクライナの歴史と現状について、先だって佐藤優さんに『情報の歴史21』を使いながら本楼で話してもらった。グラゴール文字文化とキリル文化の話、ガリツィア(紅ルーシ)のナショナリズムとイエズス会の話、マイダン革命の奥のウクライナ民族主義者ステパン・バンデラの話などに聞きいった。話は読書指南にもなっていて、防衛研究所の『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)よりも、エマニュエル・トッド『第三次世界大戦はもう始まっている』(文春新書)、副島隆彦『プーチンを罠にはめ、策略に陥れた英米ディープステイト』(秀和システム)を読んだほうがいい、あの戦争の背景思想を知りたければ片山杜秀の『皇国史観』(文春新書)に書いてあることを読んだほうがいいと薦めていた。佐藤さんの話は「謎」が組み合わさるようになっていて、あいかわらず愉快だ。
◆最近のぼくの「老軽(ローカル)ニュース」少々。弁当一人前が一度で平らげられない。残して夜中に半分を食べる。メガネのフレームを太めの黒縁にした。気分転換だ。遠近と近々を誂えた。BS「一番新しい古代史」が終了。やたらに評判がよかったらしい。おしっこが一日10回以上になった。ガマンも効かないので、会合などで何食わぬ顔で立つための「芸」が必要になってきた。早く喋れず、声も響かない。息継ぎと発話のタイミングもずれる。それに座布団がないと、どこに坐ってもお尻が痛い。数年前から痩せているせいだ。そろそろ人前に我が身を晒せないのである。でもタバコは着々ふえている。それはそれ、寝床に入ると黒猫ナカグロがゆっくりくっついて寝る。爺さんどうしの二人寝である。
◆15離が始まって半分まで来た。離学衆も指南陣もいい。37期の花伝所がおわった。これまでになく充実している。新しい世代の活躍も目立ってきた。イシス編集学校が「ぼく」の代わりなのだ。これはコレクティブ・ブレインの創発なのだろうか、やっとの人麻呂代作集団の出現なのだろうか、面影編集一座の旗揚げなのだろうか。とりあえずは、こう言っておく。「師範代、出番ですよ」。

> アーカイブ

閉じる

経済の文明史

カール・ポランニー

日本経済新聞社 1983

Karl Polany
Trade and Market in the Early Empires 1957
[訳]玉野井芳郎・平野健一郎

 いま、世界経済は市場経済主義一辺倒である。ソ連、東独、チェコ、中国といった社会主義国が解体ないしは変容して、軒並み市場経済を導入していった。
 かくして市場経済にはどこか矛盾がありそうなことは誰もが感じているはずなのに、これを否定する者はほとんどいなくなった。たとえ矛盾があったとしても、つまりは経済恐慌のようなものがおころうとも、いずれはアダム・スミスの“見えざる手”がなんとかしてくれるだろうという判断である。
 とくにマル経の凋落は甚だしい。ぼく自身はモーリス・ゴドリエの議論など、けっこうおもしろいと思っているが、全般的には人気はない。マルクス主義経済に威勢がなくなっただけではない。市場経済に疑問を挟む経済学に陽が当たらなくなった。しかし、はたしてそうなのか。もはや市場経済の永遠の玉座を脅かす考え方や方法には可能性がないのか。

 カール・ポランニーの考え方を経済人類学という。もともとは未開社会の儀礼や慣習がどんな経済的機能をはたしているのかといったことを研究していた。
 そのかぎりでは経済人類学はすこぶる機能主義的なもので、古代社会や古代文化を知るうえには興味深くはあっても、歴史的現在である今日の市場社会にあてはまるものはまったくなかった。学問分野としても文化人類学の下方部門に食いこんでいるにすぎなかった。レヴィ=ストロースも経済人類学の機能主義に走る傾向を何かにつけて痛烈に批判した。
 それが、カール・ポランニーが本書の原型である『古代帝国の商業と市場』をもって、非市場社会の「経済」を近代経済学の用語で説明することを拒否して以来、経済人類学の相貌がガラリと変わったのである。

 ポランニーは非市場社会では「経済が社会に埋めこまれている」と見た。古代社会では、親族関係・儀礼行為・贈与慣習などに、経済とは意識されない経済行為が財の生産と配分として動いているという見方であった。
 それらの社会では貨幣でない貨幣さえ“流通”していた。たとえば首飾り、たとえばビーカー型の壷、たとえば珍しい貝、たとえば動物の牙。古代社会ではこれらをなんらかの目的で貯め、なんらかの目的で贈与した。
 このような貨幣でない貨幣は、「おまえを呪って殺してやる」といった呪文のような力をもっていた。しかもいろいろ調べると、そうした呪文の力もまた、ある所有者から別の所有者へ“移動”していたり、“交換”されていたことがわかってきた。
 ポランニーはもうひとつの主著である『経済と文明』で、こう書いている。「一般的にいって、貨幣というのは言語や書くということとか、秤量や尺度に似た意味論上のシステムなのである。この性格は、貨幣の三つの使用法、すなわち支払い、尺度、交換手段のすべてに共通している」。
 ここで、ポランニーが貨幣と言語を同列に見ていることが鋭い光を放った。すでに貨幣の本質は、マルセル・モースが「貨幣として出動するトンガ」や「交換をおこす複合観念マナ」などを“発見”して、その贈与交換的な性格を指摘していた。「物が与えられ、返されるのは、まさしくそこに“敬意”が相互に取り交わされるからである」と、モースは『贈与論』に書いていた。ポランニーはそこに言語の交換的性格をかぶせてみせたのである。

 こうなってくると、経済の起源には言語にも見られるようなソーシャル・コミュニケーションの本質が関与しているという見方も成立してくる。
 別の見方でいえば、一見、貨幣を媒介にして商品を交換しあっている市場社会というのも、実はソーシャル・コミュニケーションの一形態だというふうにも見えてくる。
 こうしてポランニーの経済研究が俄然注目されてきた。市場を価格の自己調整メカニズムでとらえるのではなく、市場の奥に人間の隠された交換行為を見出す視点が浮上した。そしてポランニーとともに「市場は擬制である」という声がそこかしこに聞こえてくるようになったのである。

 本書はポランニーの主著『古代帝国の商業と市場』を土台にしてその他の論文を組みこんだもので、本書の題名をもつ本はポランニー自身にはない。玉野井・平野の両氏が日本の読者のために経済人類学のためのゲートウェイを編集したものである。
 そういう経緯もあるので、構成もいささか強引である。そこで本書を読むには、第3部の「非市場社会をふりかえる」でハムラビ時代の交易状態を知り、アリストテレスが「経済」を発見した経緯を通過したうえで、第1部の「市場社会とは何か」に戻るのが、わかりやすい。ここではポランニーの市場批判がぞんぶんに展開され、その延長に“貨幣の意味論”ともいうべき得意の議論がのべられているからだ。
 第2部は、「現代社会の病理」として世界経済恐慌の病巣が摘出され、返す刀でファシズムの本質が分析される。ここは本書のクライマックスである。ポランニーはファシズムを「キリスト教の堕落と社会主義の倒壊」とみなしたのである。加えて生気論における論理の暴虐に目を寄せ、擬似神秘主義というものがもたらす社会学的な頽廃を突いた。いろいろファシズム論を読んできたが、このポランニーの指摘はそうとうに独創的である。

おまけ・1
 いっとき経済人類学が日本で流行したことがある。1980年前後だとおもうが、その仕掛人の一人に、国会議員になったり、選挙に落ちたりしている栗本慎一郎がいた。
 栗本は経済人類学者である。ポランニーの『人間の経済』『経済と文明』の翻訳をはじめ、『経済人類学』『幻想としての経済』などの著書もある。ぼくは工作舎のころに、栗本慎一郎・小松和彦の対話による『経済の誕生』という本をつくった。担当エディターは後藤繁雄だった。
 栗本はいろいろ誤解されているようだが、経済人類学を操る手練はなかなかうまい。うまいだけではなく、いろいろ示唆に富む。また経済人類学を他の思想領域と結びつけるという役割もはたした。バタイユの普遍経済学と交差させ、情報生物学や動物行動学を引き寄せたりもした。『パンツをはいたサル』といった標題が、もともとデズモンド・モリスの『裸のサル』のモドキなのである。

おまけ・2
 カール・ポランニーの弟が「暗黙知」の研究で有名なマイケル・ポランニーである。兄弟の父がハンガリー人、母はロシア人、ブダペストに学んだ。兄のカールはハンガリーの知的伝統の再興を目的とする「ガリレイ・サークル」を創り、そのリーダーシップなども執っている。