ほんほん

ぼくは「本数寄」なのである

ほんほん54(最終回)

◆慶応義塾大学出版会から「世界を読み解く一冊の本」というシリーズが刊行されている。『旧約聖書』『クルアーン』『三教指帰』『西遊記』『カンタベリー物語』『百科全書』『言海』『伝奇集』『一九八四年』『薔薇の名前』の10冊だ。えっ、たった10冊かよと思うだろうが、その10冊に空海、チョーサー、大槻文彦、エーコが入っているのが絶妙な特色だと思ったほうがいい。ただし原著やその翻訳ではない。それぞれ著者が別にいて、これらを解読している。藤井淳の『三教指帰』を読んだが、なかなかユニークな視点になっていた。
◆千夜千冊では「世界を読み解く一冊」をできるだけ選んできた。これまで書いてきた1800冊の中の300冊から500冊くらいが、そういう本だったと思う。吉本隆明は、本はたいてい自分のかかわりとの関係で読むものだけれど、自分が関心のない本にめぐりあうにはどうすればいいかという問いに対して、それは「書物に含まれている世界」が決めてくれるのだと答えていた。すぐれた本は「書き手が世界をあらわしたくて書いているものだ」というのだ。その通りだろう。
◆ボルヘスは、本は記号の集合体であるけれど、そこに読み手がかかわるとその記号は千変万化に息づいていくと言った。エーコは、本はスプーンやハンマーやハサミ同様に500年前とまったく変わっていない形態のものだけれど、それは「スプーンがあれ以上の形をとれないこと」と同様に、実にすばらしい究極の姿なのであるとみなしていたのだ。
◆たしかに「本」はあの形がいい。四角くて、表紙と裏表紙にページがぎゅっと挟まれて、ちょっと重たげで、本棚に並べると背中が何かを訴えている。これは「物実」(ものざね)もしくは「憑坐」(よりまし)なのだ。
◆ぼくが「本」という形をとったブツにぞっこんになったのは、20代半ばに自分の6畳・3畳のアパートで本棚を手作りしたときあたりからで、そのとき、わずかな蔵書を少しずつカバー自装したせいだった。カバー自装というのは、中身は気にいったのに外見が気にいらない本に適当なカバー材を選んできて、そこにレタリングセットや油性ペンでタイトルなどを付けていったことをいう。物実らしくしておきたかったのだ。これで護法童子が走りまわるようになった。これで「本」と一緒に暮らすようになった。
◆そういうふうになったのは、やっぱり10代に本に夢中になったからで、それがもしギターや算数に夢中になっていたら、別の生き方をしていたのだろうと思う。昆虫学者になっていた可能性もあるし、聴診器や注射器が手放せない診療所に暮らすようになったかもしれない。
◆ぼくは家庭用品や生活用品にからっきし関心がない。自分の部屋にそういうものを揃えたくなかった。もっとはっきり言うと、「生活する」に関心がない。生活は好きな仲間と一緒にいたいという、ただそれだけだ。リラダンとタルホの影響が滲みこんだせいだろう。これがわが生き方だ。だからぼくの日々はいまだにロクな用品に囲まれていない。自動車や電子機器はスタッフに頼っているし、たいていの日々は誰かが介添をしてくれている。つまりは生活オンチなのである。このオンチのせいで生活用品が自分の周辺に不可欠だと思えない。
◆では何が不可欠かというと、それが「本」だった。本が炊飯器で、本が大工道具で、本が食い道楽で、本が旅行で、本が恋愛で、本がうたた寝なのである。そんなことだから、当時から部屋には本だけがふえるだけだったのだ。本以外で大事なのはジャケットとタバコくらい。
◆こんなふうなので、そうとうな読書家ですねえ、さぞかし希覯本や珍本が集まったでしょうねと言われるが、そうなのではない。たしかに読書はするが、たくさんの本を読みたいとは当初から思っていなかった。いまも冊数はカンケーない。「読書するという状態」に、科学や文学や音楽の秘密が隠れていると思っているので、その読書状態をなんとか持続させ拡張させていくための日々をおくることが好きなのだ。だから希覯本はいっさい集めない。文庫本でも十分なのである。
◆もう少し正確に言うと「読むこと」が好きなのだ。もっと正確に言うと「読み」が好きなのだ。さまざまな民族言語による言葉が組み合わさって、それが人麻呂やシェイクスピアやジャン・ジュネやガルシア・マルケスや阿木耀子になってきたということ、その多様性のプロセスと成果を読むことが好きなのだ。
◆これはどちらかといえば、植物や動物の進化を読んでいるのに近い。だから批評したり書評したりするのは、実はほとんど気が向かない。千夜千冊も一度も書評をしようと思って書いてはこなかった。空き番だらけの「本の進化の木」をひとつひとつ埋めているような気分なのだ。
◆ただし、またまた別のことを言うようだが、この文明の流れのなかで、言葉や「読み」が進化してきたなどとは思っていない。人類の思索や表現が進歩してきたとも見ていない。そういう進歩史観はもっていない。むしろ言葉が意味からずれ、何かを隠さざるをえなくなっていく様子や、書くことが「逸脱」をおこしていくのを読むことに、大いなる興味があったのである。
◆つまりは、ぼくの「本好き」は「本数寄」なのである。何かを数寄の状態にしていくための本なのだ。遁世の数寄なのだ。それが70年以上もずうっと続いてきた。千夜千冊はやめられないだろう。また、どこかに本棚を作って進ぜるという仕事も、きっと続くだろう。最近は「本の寺」に関心がある。まったくもって大変なビョーキに罹ったものだ。
◆さて一方、この「ほんほん」コラムはそろそろ「お開き」にしたいと思った。ブックウォッチャーを続けるのもどうかなという気にもなったのだ。別のコラムを始めるかもしれないけれど、どういうものかはわからない。そのときはそのときで、どうぞ御贔屓に。

> アーカイブ

閉じる

経済の文明史

カール・ポランニー

日本経済新聞社 1983

Karl Polany
Trade and Market in the Early Empires 1957
[訳]玉野井芳郎・平野健一郎

 いま、世界経済は市場経済主義一辺倒である。ソ連、東独、チェコ、中国といった社会主義国が解体ないしは変容して、軒並み市場経済を導入していった。
 かくして市場経済にはどこか矛盾がありそうなことは誰もが感じているはずなのに、これを否定する者はほとんどいなくなった。たとえ矛盾があったとしても、つまりは経済恐慌のようなものがおころうとも、いずれはアダム・スミスの“見えざる手”がなんとかしてくれるだろうという判断である。
 とくにマル経の凋落は甚だしい。ぼく自身はモーリス・ゴドリエの議論など、けっこうおもしろいと思っているが、全般的には人気はない。マルクス主義経済に威勢がなくなっただけではない。市場経済に疑問を挟む経済学に陽が当たらなくなった。しかし、はたしてそうなのか。もはや市場経済の永遠の玉座を脅かす考え方や方法には可能性がないのか。

 カール・ポランニーの考え方を経済人類学という。もともとは未開社会の儀礼や慣習がどんな経済的機能をはたしているのかといったことを研究していた。
 そのかぎりでは経済人類学はすこぶる機能主義的なもので、古代社会や古代文化を知るうえには興味深くはあっても、歴史的現在である今日の市場社会にあてはまるものはまったくなかった。学問分野としても文化人類学の下方部門に食いこんでいるにすぎなかった。レヴィ=ストロースも経済人類学の機能主義に走る傾向を何かにつけて痛烈に批判した。
 それが、カール・ポランニーが本書の原型である『古代帝国の商業と市場』をもって、非市場社会の「経済」を近代経済学の用語で説明することを拒否して以来、経済人類学の相貌がガラリと変わったのである。

 ポランニーは非市場社会では「経済が社会に埋めこまれている」と見た。古代社会では、親族関係・儀礼行為・贈与慣習などに、経済とは意識されない経済行為が財の生産と配分として動いているという見方であった。
 それらの社会では貨幣でない貨幣さえ“流通”していた。たとえば首飾り、たとえばビーカー型の壷、たとえば珍しい貝、たとえば動物の牙。古代社会ではこれらをなんらかの目的で貯め、なんらかの目的で贈与した。
 このような貨幣でない貨幣は、「おまえを呪って殺してやる」といった呪文のような力をもっていた。しかもいろいろ調べると、そうした呪文の力もまた、ある所有者から別の所有者へ“移動”していたり、“交換”されていたことがわかってきた。
 ポランニーはもうひとつの主著である『経済と文明』で、こう書いている。「一般的にいって、貨幣というのは言語や書くということとか、秤量や尺度に似た意味論上のシステムなのである。この性格は、貨幣の三つの使用法、すなわち支払い、尺度、交換手段のすべてに共通している」。
 ここで、ポランニーが貨幣と言語を同列に見ていることが鋭い光を放った。すでに貨幣の本質は、マルセル・モースが「貨幣として出動するトンガ」や「交換をおこす複合観念マナ」などを“発見”して、その贈与交換的な性格を指摘していた。「物が与えられ、返されるのは、まさしくそこに“敬意”が相互に取り交わされるからである」と、モースは『贈与論』に書いていた。ポランニーはそこに言語の交換的性格をかぶせてみせたのである。

 こうなってくると、経済の起源には言語にも見られるようなソーシャル・コミュニケーションの本質が関与しているという見方も成立してくる。
 別の見方でいえば、一見、貨幣を媒介にして商品を交換しあっている市場社会というのも、実はソーシャル・コミュニケーションの一形態だというふうにも見えてくる。
 こうしてポランニーの経済研究が俄然注目されてきた。市場を価格の自己調整メカニズムでとらえるのではなく、市場の奥に人間の隠された交換行為を見出す視点が浮上した。そしてポランニーとともに「市場は擬制である」という声がそこかしこに聞こえてくるようになったのである。

 本書はポランニーの主著『古代帝国の商業と市場』を土台にしてその他の論文を組みこんだもので、本書の題名をもつ本はポランニー自身にはない。玉野井・平野の両氏が日本の読者のために経済人類学のためのゲートウェイを編集したものである。
 そういう経緯もあるので、構成もいささか強引である。そこで本書を読むには、第3部の「非市場社会をふりかえる」でハムラビ時代の交易状態を知り、アリストテレスが「経済」を発見した経緯を通過したうえで、第1部の「市場社会とは何か」に戻るのが、わかりやすい。ここではポランニーの市場批判がぞんぶんに展開され、その延長に“貨幣の意味論”ともいうべき得意の議論がのべられているからだ。
 第2部は、「現代社会の病理」として世界経済恐慌の病巣が摘出され、返す刀でファシズムの本質が分析される。ここは本書のクライマックスである。ポランニーはファシズムを「キリスト教の堕落と社会主義の倒壊」とみなしたのである。加えて生気論における論理の暴虐に目を寄せ、擬似神秘主義というものがもたらす社会学的な頽廃を突いた。いろいろファシズム論を読んできたが、このポランニーの指摘はそうとうに独創的である。

おまけ・1
 いっとき経済人類学が日本で流行したことがある。1980年前後だとおもうが、その仕掛人の一人に、国会議員になったり、選挙に落ちたりしている栗本慎一郎がいた。
 栗本は経済人類学者である。ポランニーの『人間の経済』『経済と文明』の翻訳をはじめ、『経済人類学』『幻想としての経済』などの著書もある。ぼくは工作舎のころに、栗本慎一郎・小松和彦の対話による『経済の誕生』という本をつくった。担当エディターは後藤繁雄だった。
 栗本はいろいろ誤解されているようだが、経済人類学を操る手練はなかなかうまい。うまいだけではなく、いろいろ示唆に富む。また経済人類学を他の思想領域と結びつけるという役割もはたした。バタイユの普遍経済学と交差させ、情報生物学や動物行動学を引き寄せたりもした。『パンツをはいたサル』といった標題が、もともとデズモンド・モリスの『裸のサル』のモドキなのである。

おまけ・2
 カール・ポランニーの弟が「暗黙知」の研究で有名なマイケル・ポランニーである。兄弟の父がハンガリー人、母はロシア人、ブダペストに学んだ。兄のカールはハンガリーの知的伝統の再興を目的とする「ガリレイ・サークル」を創り、そのリーダーシップなども執っている。