ほんほん

拾読と老軽ニュース

ほんほん53

◆拾読(しゅうどく)という読み方がある。拾い読み(ピックアップ・リーディング)のことだ。パラパラとページをめくるイメージがあるかもしれないが、そうとはかぎらない。アタマの中のエンジンの「読みモード」スイッチを「早送り」にする。だから速読なのではない。意味の読み取りはノーマルスピードのままなのだ。だから映画のビデオを早送りで見るのとは違う。あれでは会話が聞き取れない。拾読は文字が見えている。
◆最近の拾い読み、いくつか。デイビッド・バリー『動物たちのナビゲーションの謎を解く』(インターシフト)。動物がGPSを持っているのではなく、GPSが分化して動物になったのだ。真木太一編『日本の風』(朝倉書店)。農業気象学のベテランが50をこえる風の意味を「見える」ものにした。風の工学だ。エンツォ・トラヴェルソ『一人称の過去』(未来社)。歴史が「私」の語りによって創造的な可能性を孕みつつも、政治的な曖昧度を広げすぎて一人称の力を失っていく問題を扱った。『全体主義』や『ヨーロッパの内戦』などの歴史学者が歴史語りの人称を問うたのである。鵜飼秀徳『仏教の大東亜戦争』(文春新書)。耳が痛い仏教関係者もいるかもしれないが、この「殺生とは何か」を通らなければ仏教力は浮上しない。
◆また、いくつか。ポール・フルネル『編集者とタブレット』(東京創元社)。紙の本が好きなら必読だ。久しぶりにナンシー関のシリーズ(角川文庫)。『何をいまさら』『何の因果で』『何が何だか』『何もそこまで』など。鬱憤抜きのためにはもってこいである。ぼくは拾読はたいていリクライニングチェアでしているのだが、ナンシー関はそこでは女王さまである。ラニ・シン編『ハリー・スミスは語る』(カンパニー社)。後藤護君が送ってくれた一冊で、黒魔術っぽいけれど、平岡正明っぽい。拾い読みしてすぐに、そうか宇川直宏がずっと以前に話していたあれかと思い出した。野嶋剛『新中国論』(平凡社新書)。香港と台湾を嬲(なぶ)る習近平の意図をまとめたものだが、抉ってはいない。山極寿一『人間社会、ここがおかしい』(毎日文庫)。例によってゴリラが人間を見破っていく。
◆ナンシー関や山極寿一ではないが、何かがおかしいはずなのに、何かがヘンなはずなのに、その原因や正体かがわからないことは多い。科学はそこから始まるのだけれど、このところ「おかしいぞ」が多すぎて、これは文明のせいだとか現在日本のせいだなどと大ざっぱになってきて、まずい。
◆最近のニュース。湊部屋の逸ノ城が優勝したのに盛り上らない。それでいいのか。安倍晋三元首相が応援演説中に銃撃され即死。狙撃犯は母が貢いだ旧統一教会を恨んでの犯行だったようだが、世論のオピニオンは「民主主義への挑戦だ」と言う。それでいいのか。参院選は自民圧勝。維新に中条きよし、れいわに水道橋博士、参政党に神谷宗弊、N党にガーシー。何に向かうのか。コロナまたまた感染爆発して第7波、わが周辺にもちらほら感染者や濃厚接触者が出てきたが、ぼくはいまだマスク着用頻度がきわめて低い。ぼくはこれでいいのか。
◆ロシアとウクライナの歴史と現状について、先だって佐藤優さんに『情報の歴史21』を使いながら本楼で話してもらった。グラゴール文字文化とキリル文化の話、ガリツィア(紅ルーシ)のナショナリズムとイエズス会の話、マイダン革命の奥のウクライナ民族主義者ステパン・バンデラの話などに聞きいった。話は読書指南にもなっていて、防衛研究所の『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)よりも、エマニュエル・トッド『第三次世界大戦はもう始まっている』(文春新書)、副島隆彦『プーチンを罠にはめ、策略に陥れた英米ディープステイト』(秀和システム)を読んだほうがいい、あの戦争の背景思想を知りたければ片山杜秀の『皇国史観』(文春新書)に書いてあることを読んだほうがいいと薦めていた。佐藤さんの話は「謎」が組み合わさるようになっていて、あいかわらず愉快だ。
◆最近のぼくの「老軽(ローカル)ニュース」少々。弁当一人前が一度で平らげられない。残して夜中に半分を食べる。メガネのフレームを太めの黒縁にした。気分転換だ。遠近と近々を誂えた。BS「一番新しい古代史」が終了。やたらに評判がよかったらしい。おしっこが一日10回以上になった。ガマンも効かないので、会合などで何食わぬ顔で立つための「芸」が必要になってきた。早く喋れず、声も響かない。息継ぎと発話のタイミングもずれる。それに座布団がないと、どこに坐ってもお尻が痛い。数年前から痩せているせいだ。そろそろ人前に我が身を晒せないのである。でもタバコは着々ふえている。それはそれ、寝床に入ると黒猫ナカグロがゆっくりくっついて寝る。爺さんどうしの二人寝である。
◆15離が始まって半分まで来た。離学衆も指南陣もいい。37期の花伝所がおわった。これまでになく充実している。新しい世代の活躍も目立ってきた。イシス編集学校が「ぼく」の代わりなのだ。これはコレクティブ・ブレインの創発なのだろうか、やっとの人麻呂代作集団の出現なのだろうか、面影編集一座の旗揚げなのだろうか。とりあえずは、こう言っておく。「師範代、出番ですよ」。

> アーカイブ

閉じる

風俗の人たち

永沢光雄

筑摩書房 1997

 この人の『AV女優』(ヴィレッジセンター出版局)をざあっと読んだときは、それほど興味をもてなかった。ところが本書は衝撃的だった。なぜか。
 だいたいぼくは、自慢じゃないけど(まったく自慢にならないが)「風俗」に行ったことがない。とくに理由はない。いやいや気取っているのではない。もともと出掛けるのが嫌いで、自分から呑みに行ったことも一度もないし、一人で食べに行ったことすら1年に1度が多いほうなのである。それが30年以上も続いている。みんなからかえって「健康に悪い」と言われているほどなのだ。
 むろんレストランやカジノに関心があるように、「風俗」にも関心がある。週刊誌やスポーツ紙で紹介されている「風俗情報」も、うんうん、ふむふむと読む。が、結局は何も知らないのである。それがこの本を読んで初めて“実情”を知った。それとともに、このような本はいくらでもありそうだったのに、やはりユニークなルポルタージュなんだということを知った。そうおもうと、前著の『AV女優』が話題になった意味もうすうすわかってきた。

 あまりに衝撃的で、感心してしまったので、本書に紹介されている“実情”をかいつまむことにする。すべて90年代に入ってからの日本の“実情”である。

テレクラ◆男はテレフォン・クラブの部屋の椅子に座って、ただ電話がかかるのを待つ。店には早取り制と順番制があり、女の子からの電話を早く取ってしまうのと、順に客にデリバリーするのとがある。早取り制は滑稽なもので、男たちはフックスイッチを押しながら待ち、ベルが聞こえた瞬間に指を離す。電話では話すだけだが、相手との交渉しだいで売春になる。女の子たちはたいていレディスコミックでテレクラの番号を知る。

SMクラブ◆以前、取材した六本木・赤坂のSMクラブはわざとらしい。そこで日暮里のマンションの一室にあるクラブに行くと、ドアをあけたとたんに鞭・セーラー服・おまる・浣腸器が雑然とあるプレイルームになっている。その横にコタツとテレビの部屋があり、SとMのどちらもできるお姉さんが二人いる。彼女らの話によると、客の大半は若いばあいは童貞のMで、山田詠美を読んでいる。Sはパターンにはまっているらしい。嫉妬プレイというのもあって、他の客が女王様を舐めているのを縛られたまま、ただひたすら血走った目で見る。

美療マッサージ◆最初にパウダーで全身、ついでオイルで前立腺を、最後にローションで抜く性感マッサージのこと。ソープはスッキリするかもしれないが、ただ疲れる。美療はスッキリしたうえで疲れもとれる。「こういうことはしてほしくとも、女房も恋人もしてくれませんでしょう」というのが店長の“哲学”についての説明である。なるほど、よく考えている。80分15000円。

女装プレイ◆いくつかのコースに分かれるが、人気があるのは女装レズで、女装をしてお姉様と下着のままレズをする。それだけで70分24000円。マザコン・シスコンの客が圧倒的に多い。ブスな男ほど女装のまま外に出たがるらしい。もう少し高踏的になると、女装者たちが集まって懇談する「女装の館」というサロンになる。そこまで“昇段”するのが年季がいる。

幼児プレイ◆幼児がいるわけではない。男がオムツをあてられた幼児になって、ただママの言うことを聞く。以前はそれでも幼児語をしゃべりながらのプレイが多かったそうだが、最近は「アブアブ」レベルで、極端に痴呆化しているという。ママのおっぱいのおしゃぶりがメインコース。つまりは甘えの構造、である。

ピンサロ◆女の子が25人以上の店では、大半の女の子は「花びら回転」状態で、客のあいだを走りまわる。4曲に1曲はスローバラードが流れ、そのあいだは客のペニスを咥えつづけなければいけない。店中がシーンとなってピチャぴちゃという音だけがする光景は、真剣というか、壮絶というか、自分勝手というか。開店時には店長が「ローマは一日にしてならず」と言い、店員・女の子の全員がその言葉を大声で唱和する。

ボンテージ◆SMすれすれのフェティッシュ・ファッションのことである。ロンドンとベルリンと東京が本場で、絶対に大都市でしか流行しない。これは、射精よりも観念的なリビドーがどこまで高められるかという趣旨をもつ夫婦が経営している店での話。

ホストクラブ◆1人の女の客にホスト3人はつく。店内は必ず高級クラブ風。ホストは背が高く二枚目なのも条件だが、何でも言うことを聞くのが最大の素養。しかも、給料やチップだけでは収入は足りないので、太ったおばさんたちの相手を外でする。実際には店内の客は若い女が多いが、これはフーゾク嬢が多い。取材中の客は女社長で、23万円をレジで払っていった。

カップル喫茶◆昔の同伴喫茶だが、どうもプロの女性が男たちを待っているために活用しているらしい。

のぞき部屋◆3000円を払って、入れ替え制のために待合室に入るとアダルトビデオが流れている。やがて10人ほどの待機していた客が案内をうけてそれぞれ“個室”に入る。「サービスを受けたい人はカゴにチップ2000円を入れてください」とある。マジックミラーのすぐ前がステージで、一人暮らしの女の部屋の飾り付けになっていて、そこで音楽とともに下着姿が踊りながら脱ぐ。カゴにチップを入れた客の前の小さな扉の前でしゃがむと、そこから手がのびる。わずか十数秒で次のカゴ・チップの客に移っていく。

 まあ、このくらいにしておく。これでは書評でも批評でもなんでもない。そこで最後に一言咥えておく(あれ、ワープロが戻っていないぞ)。いや、加えておく。
  本書は文章がいい。著者のとぼけた味と無知が、いい。さすがに後半はネタ切れになっているのだが、そのぶんしだいにペーソスに満ちてくる。飛ばし読みだった『AV女優』をいつか読みなおさなくてはいけないようだ。