ほんほん

拾読と老軽ニュース

ほんほん53

◆拾読(しゅうどく)という読み方がある。拾い読み(ピックアップ・リーディング)のことだ。パラパラとページをめくるイメージがあるかもしれないが、そうとはかぎらない。アタマの中のエンジンの「読みモード」スイッチを「早送り」にする。だから速読なのではない。意味の読み取りはノーマルスピードのままなのだ。だから映画のビデオを早送りで見るのとは違う。あれでは会話が聞き取れない。拾読は文字が見えている。
◆最近の拾い読み、いくつか。デイビッド・バリー『動物たちのナビゲーションの謎を解く』(インターシフト)。動物がGPSを持っているのではなく、GPSが分化して動物になったのだ。真木太一編『日本の風』(朝倉書店)。農業気象学のベテランが50をこえる風の意味を「見える」ものにした。風の工学だ。エンツォ・トラヴェルソ『一人称の過去』(未来社)。歴史が「私」の語りによって創造的な可能性を孕みつつも、政治的な曖昧度を広げすぎて一人称の力を失っていく問題を扱った。『全体主義』や『ヨーロッパの内戦』などの歴史学者が歴史語りの人称を問うたのである。鵜飼秀徳『仏教の大東亜戦争』(文春新書)。耳が痛い仏教関係者もいるかもしれないが、この「殺生とは何か」を通らなければ仏教力は浮上しない。
◆また、いくつか。ポール・フルネル『編集者とタブレット』(東京創元社)。紙の本が好きなら必読だ。久しぶりにナンシー関のシリーズ(角川文庫)。『何をいまさら』『何の因果で』『何が何だか』『何もそこまで』など。鬱憤抜きのためにはもってこいである。ぼくは拾読はたいていリクライニングチェアでしているのだが、ナンシー関はそこでは女王さまである。ラニ・シン編『ハリー・スミスは語る』(カンパニー社)。後藤護君が送ってくれた一冊で、黒魔術っぽいけれど、平岡正明っぽい。拾い読みしてすぐに、そうか宇川直宏がずっと以前に話していたあれかと思い出した。野嶋剛『新中国論』(平凡社新書)。香港と台湾を嬲(なぶ)る習近平の意図をまとめたものだが、抉ってはいない。山極寿一『人間社会、ここがおかしい』(毎日文庫)。例によってゴリラが人間を見破っていく。
◆ナンシー関や山極寿一ではないが、何かがおかしいはずなのに、何かがヘンなはずなのに、その原因や正体かがわからないことは多い。科学はそこから始まるのだけれど、このところ「おかしいぞ」が多すぎて、これは文明のせいだとか現在日本のせいだなどと大ざっぱになってきて、まずい。
◆最近のニュース。湊部屋の逸ノ城が優勝したのに盛り上らない。それでいいのか。安倍晋三元首相が応援演説中に銃撃され即死。狙撃犯は母が貢いだ旧統一教会を恨んでの犯行だったようだが、世論のオピニオンは「民主主義への挑戦だ」と言う。それでいいのか。参院選は自民圧勝。維新に中条きよし、れいわに水道橋博士、参政党に神谷宗弊、N党にガーシー。何に向かうのか。コロナまたまた感染爆発して第7波、わが周辺にもちらほら感染者や濃厚接触者が出てきたが、ぼくはいまだマスク着用頻度がきわめて低い。ぼくはこれでいいのか。
◆ロシアとウクライナの歴史と現状について、先だって佐藤優さんに『情報の歴史21』を使いながら本楼で話してもらった。グラゴール文字文化とキリル文化の話、ガリツィア(紅ルーシ)のナショナリズムとイエズス会の話、マイダン革命の奥のウクライナ民族主義者ステパン・バンデラの話などに聞きいった。話は読書指南にもなっていて、防衛研究所の『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)よりも、エマニュエル・トッド『第三次世界大戦はもう始まっている』(文春新書)、副島隆彦『プーチンを罠にはめ、策略に陥れた英米ディープステイト』(秀和システム)を読んだほうがいい、あの戦争の背景思想を知りたければ片山杜秀の『皇国史観』(文春新書)に書いてあることを読んだほうがいいと薦めていた。佐藤さんの話は「謎」が組み合わさるようになっていて、あいかわらず愉快だ。
◆最近のぼくの「老軽(ローカル)ニュース」少々。弁当一人前が一度で平らげられない。残して夜中に半分を食べる。メガネのフレームを太めの黒縁にした。気分転換だ。遠近と近々を誂えた。BS「一番新しい古代史」が終了。やたらに評判がよかったらしい。おしっこが一日10回以上になった。ガマンも効かないので、会合などで何食わぬ顔で立つための「芸」が必要になってきた。早く喋れず、声も響かない。息継ぎと発話のタイミングもずれる。それに座布団がないと、どこに坐ってもお尻が痛い。数年前から痩せているせいだ。そろそろ人前に我が身を晒せないのである。でもタバコは着々ふえている。それはそれ、寝床に入ると黒猫ナカグロがゆっくりくっついて寝る。爺さんどうしの二人寝である。
◆15離が始まって半分まで来た。離学衆も指南陣もいい。37期の花伝所がおわった。これまでになく充実している。新しい世代の活躍も目立ってきた。イシス編集学校が「ぼく」の代わりなのだ。これはコレクティブ・ブレインの創発なのだろうか、やっとの人麻呂代作集団の出現なのだろうか、面影編集一座の旗揚げなのだろうか。とりあえずは、こう言っておく。「師範代、出番ですよ」。

> アーカイブ

閉じる

日本文化総合年表

市古貞次・浅井清・久保田淳・篠原昭二・堤清二ほか編集

岩波書店 1990

 いい年表というものは、意外に少ない。しかし、どんな年表もそれなりのファクトチェックさえしっかりしているかぎりは、役に立つ。とくに、仏教史や建築史や飛行機開発史といった個別史の年表は、どうしても座右に欠かせない。
 いったいぼくがどのくらいの年表をもっているか、実は数えたことはないのだが、おそらく100冊は越えているだろう。この『千夜千冊』でも、できれば10冊ほどの年表を紹介したいのだが、紹介したい書物は浮塵子のごとくひしめいているので、残念ながらその隙間はないかもしれない。

 ぼく自身もそういう積年の“年表フェティシズム”ともいうべきが募って、『情報の歴史』(NTT出版)をつくった。
 これは自分のノートを何冊にもまたがって書きこんできた世界年表のエチュードをもとに、これを一挙に膨らましたもので、その作業とチームワークがそのまま「編集工学研究所」というエディトリアル・スタジオを生んだほどだった。
 『情報の歴史』はぼくが言うのも何なのだが、まさに前代未聞・空前絶後の年表である。世界史と各国史と日本史とを完全にまぜこぜにしたのを筆頭に、年表の中にヘッドライン(見出し)を3段階にわたって入れたり、いわゆる欄組にトラック変更をつけたり、実にさまざまな工夫をしてみた。まあ、当時のぼくの年表への思いを結実してみたもので、おかげで、その後はこれが全面デジタル化され、多彩な検索機能とビュー機能をもった「クロノス」というシステムになっている。

 本書は、ぼくが日本文化史に没入するようになってから刊行された総合文化年表で、それ以前に同じ出版社から刊行された『近代日本総合年表』の姉妹編になっている。
 構成は単純である。まずヨコ組。タテの共通オーダーに西暦・和暦年号、天皇・院政・摂関・将軍の欄がある。事項はタテに政治・社会、学術・思想・教育、宗教、美術・芸能、文学、人事、国外の6つ各トラックが仕切られる。これらに編年順に項目が並ぶのは、ごくごくふつう。
 ただし、事項がかなり詳しく、すべての事項に月ないしは月日が明示されている。もうひとつ、よくある年表は一人の人物の業績や一つの事件を何度も追ったりはしないのだが、この年表では、次々に出来事の連鎖が見えてくる程度に連打させている。そして、なんといっても信頼性が高い。また索引が充実している。これはたいへんにありがたい。
 構成内容はそのようなことだが、ではこのような年表をどのように活用するかである。年表は頻繁につかえばつかうほど、まるで歴史そのもののように生きてくる。ぼくが勧めるのは次のような活用法だ。一言でいえば、年表を汚すこと。

 まず、年表はゆっくり読むことが重要である。調べるときに見るだけでは年表の特徴はほとんどわからない。
 だから、適当な入手をしたらできるだけ早い時期に最初にゆっくり読むのがよい。そうすると、その年表の特徴がぼんやり見えてくる。それでがっかりするようなら、その年表は使わないで、参考用にするほうがいい。
 次に、自分が関心のある年代を詳しく読む。たとえば本書なら文学欄の昭和前期をよく見るとか、美術欄の桃山期をよく見る。できれば数ページにわたって読みたい。そうすると、自分の知識のレベルと年代が提示している知識の交差点が次々に立ち上がってくる。こうして年表と自分との“関係”をまだ漠然としたものでありながらも、立体的にしておく。
 ついで、ある事項を選んで年表の中を次々にスキップする。たとえば彫刻が好きなのであれば、何か関心のある彫刻の事項をひとつ選んでは、そこから編年順に関連事項を拾っていくのである。これをいくつかの事項でスキップしてみる。このとき、できれば鉛筆・マーカー・ボールペンなどで軽いアンダーラインを引いていくとよい。これは、年表の中にナビゲーショナル・フラッグを立てていくことにあたる。
 ここまでが、準備活動にあたる。こうして、いよいよ必要に応じて年表を使う。そのとき、利用のたびに検索した項目には必ずアンダーラインなどのマーキングを入れるようにする。ただし、その程度では年表は生きてはこないので、ある一日を決めて、マーキング大会を開く。何をするのかというと、マーキングの種類を決め、これによって片っ端からマーキングをしていくのである。たとえば色で分ける、かこみの仕方(マルク囲む・四角くかこむ)で分ける、記号をつける。その約束事を自分で決めて、年表を次々に汚していくのである。
 こうすると何が見えてくるかというと、自分なりの年表構造というものがうっすら見えてくる。

 多くの年表は見開きページでひとつのページネーションの単位をつくっている。これをダブルページの単位という。
 年表を活用するには、このダブルページ単位で、そこに情報的な図形のようなものを立ち上がらせるのが、いちばん躍動的になる。そうでないと、年表は読みにくい。全体がグレースペースのようにしか見えない。そこで、年表のダブルページを自分の部屋の中のようにしてしまうのである。それなら目印がいろいろあるので、すばやく検索できる。検索できるだけではなく、もともと歴史の中にひそんでいた構造が浮上する。
 実は、このような手順は、年表を作成する編集のプロが準備のときにやっている作業なのである。いまはワープロやパソコンで入力するが、かつてはすべて手づくり。たくさんの史料をコピーを取って別々に並べ、それに色分け、ファイル分け、マーキング分けをして、年代順・トラック別にする。こうしていくなかで、ゴミの山のような年表事項がしだいに構造をもっていくのである。実はファイルごと、色分けごとヘッドライン(見出し)もつけてある。
 ところが、世の中の年表はそこで活版化あるいはオフセット化するにあたって、表組にしてしまう。パソコンでいえばエクセルにしてしまう。これですべての情報がフラットなXY軸と羅列に置きなおってしまうのだ。『情報の歴史』はこれらのプロセスを殺さないで生かしたわけなのである。
 ぜひ、愉快で痛快な年表のカスタマイズをたのしんでいただきたい。年表、それは歴史の沈黙に対して自分で声をかけられる生きたアニメーションなのである