ほんほん

ぼくは「本数寄」なのである

ほんほん54(最終回)

◆慶応義塾大学出版会から「世界を読み解く一冊の本」というシリーズが刊行されている。『旧約聖書』『クルアーン』『三教指帰』『西遊記』『カンタベリー物語』『百科全書』『言海』『伝奇集』『一九八四年』『薔薇の名前』の10冊だ。えっ、たった10冊かよと思うだろうが、その10冊に空海、チョーサー、大槻文彦、エーコが入っているのが絶妙な特色だと思ったほうがいい。ただし原著やその翻訳ではない。それぞれ著者が別にいて、これらを解読している。藤井淳の『三教指帰』を読んだが、なかなかユニークな視点になっていた。
◆千夜千冊では「世界を読み解く一冊」をできるだけ選んできた。これまで書いてきた1800冊の中の300冊から500冊くらいが、そういう本だったと思う。吉本隆明は、本はたいてい自分のかかわりとの関係で読むものだけれど、自分が関心のない本にめぐりあうにはどうすればいいかという問いに対して、それは「書物に含まれている世界」が決めてくれるのだと答えていた。すぐれた本は「書き手が世界をあらわしたくて書いているものだ」というのだ。その通りだろう。
◆ボルヘスは、本は記号の集合体であるけれど、そこに読み手がかかわるとその記号は千変万化に息づいていくと言った。エーコは、本はスプーンやハンマーやハサミ同様に500年前とまったく変わっていない形態のものだけれど、それは「スプーンがあれ以上の形をとれないこと」と同様に、実にすばらしい究極の姿なのであるとみなしていたのだ。
◆たしかに「本」はあの形がいい。四角くて、表紙と裏表紙にページがぎゅっと挟まれて、ちょっと重たげで、本棚に並べると背中が何かを訴えている。これは「物実」(ものざね)もしくは「憑坐」(よりまし)なのだ。
◆ぼくが「本」という形をとったブツにぞっこんになったのは、20代半ばに自分の6畳・3畳のアパートで本棚を手作りしたときあたりからで、そのとき、わずかな蔵書を少しずつカバー自装したせいだった。カバー自装というのは、中身は気にいったのに外見が気にいらない本に適当なカバー材を選んできて、そこにレタリングセットや油性ペンでタイトルなどを付けていったことをいう。物実らしくしておきたかったのだ。これで護法童子が走りまわるようになった。これで「本」と一緒に暮らすようになった。
◆そういうふうになったのは、やっぱり10代に本に夢中になったからで、それがもしギターや算数に夢中になっていたら、別の生き方をしていたのだろうと思う。昆虫学者になっていた可能性もあるし、聴診器や注射器が手放せない診療所に暮らすようになったかもしれない。
◆ぼくは家庭用品や生活用品にからっきし関心がない。自分の部屋にそういうものを揃えたくなかった。もっとはっきり言うと、「生活する」に関心がない。生活は好きな仲間と一緒にいたいという、ただそれだけだ。リラダンとタルホの影響が滲みこんだせいだろう。これがわが生き方だ。だからぼくの日々はいまだにロクな用品に囲まれていない。自動車や電子機器はスタッフに頼っているし、たいていの日々は誰かが介添をしてくれている。つまりは生活オンチなのである。このオンチのせいで生活用品が自分の周辺に不可欠だと思えない。
◆では何が不可欠かというと、それが「本」だった。本が炊飯器で、本が大工道具で、本が食い道楽で、本が旅行で、本が恋愛で、本がうたた寝なのである。そんなことだから、当時から部屋には本だけがふえるだけだったのだ。本以外で大事なのはジャケットとタバコくらい。
◆こんなふうなので、そうとうな読書家ですねえ、さぞかし希覯本や珍本が集まったでしょうねと言われるが、そうなのではない。たしかに読書はするが、たくさんの本を読みたいとは当初から思っていなかった。いまも冊数はカンケーない。「読書するという状態」に、科学や文学や音楽の秘密が隠れていると思っているので、その読書状態をなんとか持続させ拡張させていくための日々をおくることが好きなのだ。だから希覯本はいっさい集めない。文庫本でも十分なのである。
◆もう少し正確に言うと「読むこと」が好きなのだ。もっと正確に言うと「読み」が好きなのだ。さまざまな民族言語による言葉が組み合わさって、それが人麻呂やシェイクスピアやジャン・ジュネやガルシア・マルケスや阿木耀子になってきたということ、その多様性のプロセスと成果を読むことが好きなのだ。
◆これはどちらかといえば、植物や動物の進化を読んでいるのに近い。だから批評したり書評したりするのは、実はほとんど気が向かない。千夜千冊も一度も書評をしようと思って書いてはこなかった。空き番だらけの「本の進化の木」をひとつひとつ埋めているような気分なのだ。
◆ただし、またまた別のことを言うようだが、この文明の流れのなかで、言葉や「読み」が進化してきたなどとは思っていない。人類の思索や表現が進歩してきたとも見ていない。そういう進歩史観はもっていない。むしろ言葉が意味からずれ、何かを隠さざるをえなくなっていく様子や、書くことが「逸脱」をおこしていくのを読むことに、大いなる興味があったのである。
◆つまりは、ぼくの「本好き」は「本数寄」なのである。何かを数寄の状態にしていくための本なのだ。遁世の数寄なのだ。それが70年以上もずうっと続いてきた。千夜千冊はやめられないだろう。また、どこかに本棚を作って進ぜるという仕事も、きっと続くだろう。最近は「本の寺」に関心がある。まったくもって大変なビョーキに罹ったものだ。
◆さて一方、この「ほんほん」コラムはそろそろ「お開き」にしたいと思った。ブックウォッチャーを続けるのもどうかなという気にもなったのだ。別のコラムを始めるかもしれないけれど、どういうものかはわからない。そのときはそのときで、どうぞ御贔屓に。

> アーカイブ

閉じる

タリバン

田中宇

光文社新書 2001

 アメリカが自国を中心に世界を一つにしようとした1990年代を、別の名で「グローバリゼーションの時代」という。正確には偽のグローバリゼーションを騙った時代というべきだ。
このアメリカによるグローバリゼーションが始まった1990年というのは、かの湾岸戦争が計画された年である。
 その後、クリントン政権はイスラエル・パレスチナに中東和平合意を結ばせ、アラブ・イスラエル間の対立を払拭してイスラエル製品を中東全域で買わせるような態勢をつくり、パレスチナにも小さな国家をつくってあげるという「オスロ合意」を旗印にした新興市場づくりに邁進していた。
これこそがグローバリゼーションの中東地域における狼煙の第一弾だった。

 この新興市場として浮上してきたひとつに中央アジア諸国があった。石油や天然ガスに富むカザフスタン、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンなどで、ソ連があったころはロシア援助に頼っていたが、崩壊後はどこも中央アジアに力を出していなかった。アメリカはここに目をつけ、ロシア区域を避けるパイプラインを通したいと考えた。
 そうなるとラインは南進してイランかアフガニスタンを通ってペルシャ湾に向かうことになる。イランはイスラム革命以降は反米一色なので、残るはアフガニスタンである。
 ところがアフガニスタンにはムジャヘディン(聖戦士)によるゲリラ内戦が進行中で、司令官の私物化や女性レイプや金品強奪がまかりとおっている。ムジャヘディンはソ連・アフガン戦争のときにパキスタン(ブット首相)が支援したゲリラ戦士たちで、そのバックにはアメリカがいた。アメリカ=パキスタンは巧みにムジャヘディン7派を統一させないようにし、しかも有力派のラバニ派ではなく親パキスタンのヘクマディアル派をひそかに支援しつづけて、内部対立を煽った。1992年のことだった。

 しかしムジャヘディンの乱立は無節操に激しくなるばかりだったので、アメリカ=パキスタンはムジャヘディン内戦を内側から切り崩して突破できる青年戦士を募り、これを支援することにした。
 これが「タリバン」である。アラビア語で「学生たち」を意味するタリバンは難民キャンプで育ってイスラム神学校で学んだ青年と、その先生(聖職者)で構成された。
 こうして1994年11月、パキスタン西部アフガン国境の町クエタからタリバン兵士を乗せた30台のトラックが出発、行く先々で地元民を苦しめるムジャヘディンを打ち破って、1996年9月にはついに首都カブールを陥落したのだった。
 この作戦の背後に、アメリカの石油会社「ユノカル」が中央アジア→アフガニスタン→パキスタン→インド洋という天然ガスのパイプライン建設を計画していたというシナリオが動いていたことは、いまでは誰もが知っている。

 しかし、アメリカ=パキスタンにとっては予想のつかないことがおこった。
タリバンが厳格なイスラム原理主義にもとづいて顎髭を生やさせたり、ブルカを覆わない女性を逮捕したりしたことではない。そんなことはアメリカはまったく放置していた。そのころのアフガニスタンを知っている著者によると、タリバンは都市部には激しい強制をしていたようだが、農村部には甘かったようである。ともかくアメリカはそのころのタリバンを非難してはいなかったのである。
 アメリカがタリバンを警戒するようになったのは、オサマ・ビンラディンがタリバンに加わって反米テロを始めたことだった。ビンラディンがアフガンに入ったのは1996年春のことで、それからしばらくはアメリカはビンラディンをむしろ便利な指導者として眺めていたはずなのである。
 なにしろビンラディンはムジャヘディンがソ連と闘ったころに、そのアメリカ型のプロジェクトに協力した富裕な一族の御曹司だったのだ。

 著者は共同通信からマイクロソフトに移ってMSNジャーナルを立ち上げ、個人で国際ニュースをメール配信しつづけているフリー・ジャーナリスト。『神々の崩壊』(風雲舎)、『国際情勢の見えない動きが見える本』(PHP文庫)などの著書もあるが、なんといっても連日のニュース解説が壮絶だ。
 本書はその著書がアメリカによるアフガン攻撃が開始される前に書いたところがミソで、リアルタイムな迫真の追求感がよく出ている。とくにビンラディンがアメリカの背信にあってスーダンに追われ、さらにスーダンからアフガンに落ち延びて「アルカイダ」をテロ・ネットワークの拠点に再編成するまでの事情については、本書を読むまで何を読んでもわからなかったことだった。
 ジャーナリストとしてのカンは1998年8月に、ケニヤとタンザニアのアメリカ大使館が爆破されたときに全開したようだ。ぼくはカンは動かなかったし、ビンラディンのことも知らなかったが、このニュースを聞いたときは、不謹慎ながら胸のどこかに風がズドンと吹き抜けていったおぼえがある。

 それはともかくアメリカは、その2週間後にビンラディンが化学兵器を製造していると噂されていたスーダンの工場にミサイルを打ち込み、テロリスト養成をしているらしいアフガンのジャララバード近郊の基地を攻撃した。
 これでビンラディンとアメリカという、とんでもなく不釣り合いな戦闘事態の幕が切って落とされたのだ。
 他国の一区域に予告もなくミサイルを打ち込んだのはクリントンである。しかし、これは何の成果もなく、クリントンはビンラディン暗殺をCIAに指令、それもままならないと長期戦にもちこむことにした。つまりグローバリゼーションの戦略のなかにテロ戦争を正当化することに決めたのである。
 こうして、最初は国連を窓口として外交交渉をしようとしていたタリバンは、すべてを閉ざされる。代わって、かつてアフガン戦争やイラン・イラク戦争のときの拠点となっていた「アルカイダ」が戦士のOBネットワークとして機能をはじめ、それが反米テロ戦略の拠点となっていったのである。アルカイダとは「拠点」という意味だった。

 いま、アメリカはビンラディンの捕獲も暗殺もできないまま、ふたたびイラクに攻撃を仕掛けようとしている。
 これはもはやグローバリゼーションではありえない。グローバリゼーションは20世紀とともに反故になったというべきである。かつてイラクがイランに攻撃を加えて8年におよぶイ・イ戦争を開始したとき、アメリカがサダム・フセインをそそのかせてイラン侵攻に踏み切らせたのだったが、その逆を湾岸戦争でおこしながらもフセイン政権打倒に失敗したアメリカが、またもや同じ手口をつかってみたいというのだから、これは単にアメリカのアメリカのための“グロリア”ゼーション(!)にすぎない。
 いったいアメリカは何をしたいのか。ムジャヘディンをつくってムジャヘディンを潰し、タリバンをつくってタリバンを潰し、それでも潰れないフセインとビンラディンだけをターゲットに世界中を戦争に巻き込んで、何をしたいのか。
 本書にもふれられているのだが、われわれはもう一度、オスマントルコ帝国が圧倒的な支配権を発揮していた中東区域の国家と民族と宗教に立ち返って、アメリカのグロリアゼーションの死産を強調しておかなければならなくなったようである。
 そんなふうにいちいち歴史に戻るのが面倒だというのなら、世界中にひそむ「心の中のタリバン」を、北朝鮮もキューバも台湾も、アメリカの大学生もドイツの青年も日本の老人も、赤裸々に出しあってみるべきなのである。

参考¶ところで、この光文社新書のブックデザインは香港在住のアラン・チャンである。アラン・チャンはぼくが編集工学研究所のマークと“ORIBESQUE”のロゴマークを頼んだグラフィックデザイナーであるのだが、その後は東京でいくつもの茶房をプロデュースする辣腕家ともなっている。