ほんほん

拾読と老軽ニュース

ほんほん53

◆拾読(しゅうどく)という読み方がある。拾い読み(ピックアップ・リーディング)のことだ。パラパラとページをめくるイメージがあるかもしれないが、そうとはかぎらない。アタマの中のエンジンの「読みモード」スイッチを「早送り」にする。だから速読なのではない。意味の読み取りはノーマルスピードのままなのだ。だから映画のビデオを早送りで見るのとは違う。あれでは会話が聞き取れない。拾読は文字が見えている。
◆最近の拾い読み、いくつか。デイビッド・バリー『動物たちのナビゲーションの謎を解く』(インターシフト)。動物がGPSを持っているのではなく、GPSが分化して動物になったのだ。真木太一編『日本の風』(朝倉書店)。農業気象学のベテランが50をこえる風の意味を「見える」ものにした。風の工学だ。エンツォ・トラヴェルソ『一人称の過去』(未来社)。歴史が「私」の語りによって創造的な可能性を孕みつつも、政治的な曖昧度を広げすぎて一人称の力を失っていく問題を扱った。『全体主義』や『ヨーロッパの内戦』などの歴史学者が歴史語りの人称を問うたのである。鵜飼秀徳『仏教の大東亜戦争』(文春新書)。耳が痛い仏教関係者もいるかもしれないが、この「殺生とは何か」を通らなければ仏教力は浮上しない。
◆また、いくつか。ポール・フルネル『編集者とタブレット』(東京創元社)。紙の本が好きなら必読だ。久しぶりにナンシー関のシリーズ(角川文庫)。『何をいまさら』『何の因果で』『何が何だか』『何もそこまで』など。鬱憤抜きのためにはもってこいである。ぼくは拾読はたいていリクライニングチェアでしているのだが、ナンシー関はそこでは女王さまである。ラニ・シン編『ハリー・スミスは語る』(カンパニー社)。後藤護君が送ってくれた一冊で、黒魔術っぽいけれど、平岡正明っぽい。拾い読みしてすぐに、そうか宇川直宏がずっと以前に話していたあれかと思い出した。野嶋剛『新中国論』(平凡社新書)。香港と台湾を嬲(なぶ)る習近平の意図をまとめたものだが、抉ってはいない。山極寿一『人間社会、ここがおかしい』(毎日文庫)。例によってゴリラが人間を見破っていく。
◆ナンシー関や山極寿一ではないが、何かがおかしいはずなのに、何かがヘンなはずなのに、その原因や正体かがわからないことは多い。科学はそこから始まるのだけれど、このところ「おかしいぞ」が多すぎて、これは文明のせいだとか現在日本のせいだなどと大ざっぱになってきて、まずい。
◆最近のニュース。湊部屋の逸ノ城が優勝したのに盛り上らない。それでいいのか。安倍晋三元首相が応援演説中に銃撃され即死。狙撃犯は母が貢いだ旧統一教会を恨んでの犯行だったようだが、世論のオピニオンは「民主主義への挑戦だ」と言う。それでいいのか。参院選は自民圧勝。維新に中条きよし、れいわに水道橋博士、参政党に神谷宗弊、N党にガーシー。何に向かうのか。コロナまたまた感染爆発して第7波、わが周辺にもちらほら感染者や濃厚接触者が出てきたが、ぼくはいまだマスク着用頻度がきわめて低い。ぼくはこれでいいのか。
◆ロシアとウクライナの歴史と現状について、先だって佐藤優さんに『情報の歴史21』を使いながら本楼で話してもらった。グラゴール文字文化とキリル文化の話、ガリツィア(紅ルーシ)のナショナリズムとイエズス会の話、マイダン革命の奥のウクライナ民族主義者ステパン・バンデラの話などに聞きいった。話は読書指南にもなっていて、防衛研究所の『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)よりも、エマニュエル・トッド『第三次世界大戦はもう始まっている』(文春新書)、副島隆彦『プーチンを罠にはめ、策略に陥れた英米ディープステイト』(秀和システム)を読んだほうがいい、あの戦争の背景思想を知りたければ片山杜秀の『皇国史観』(文春新書)に書いてあることを読んだほうがいいと薦めていた。佐藤さんの話は「謎」が組み合わさるようになっていて、あいかわらず愉快だ。
◆最近のぼくの「老軽(ローカル)ニュース」少々。弁当一人前が一度で平らげられない。残して夜中に半分を食べる。メガネのフレームを太めの黒縁にした。気分転換だ。遠近と近々を誂えた。BS「一番新しい古代史」が終了。やたらに評判がよかったらしい。おしっこが一日10回以上になった。ガマンも効かないので、会合などで何食わぬ顔で立つための「芸」が必要になってきた。早く喋れず、声も響かない。息継ぎと発話のタイミングもずれる。それに座布団がないと、どこに坐ってもお尻が痛い。数年前から痩せているせいだ。そろそろ人前に我が身を晒せないのである。でもタバコは着々ふえている。それはそれ、寝床に入ると黒猫ナカグロがゆっくりくっついて寝る。爺さんどうしの二人寝である。
◆15離が始まって半分まで来た。離学衆も指南陣もいい。37期の花伝所がおわった。これまでになく充実している。新しい世代の活躍も目立ってきた。イシス編集学校が「ぼく」の代わりなのだ。これはコレクティブ・ブレインの創発なのだろうか、やっとの人麻呂代作集団の出現なのだろうか、面影編集一座の旗揚げなのだろうか。とりあえずは、こう言っておく。「師範代、出番ですよ」。

> アーカイブ

閉じる

マリア

クラウス・シュライナー

法政大学出版局 2000

Klaus Schreiner
Maria 1994
[訳]内藤道雄

 いつどこで『岩窟の聖母』を見たのかは忘れたが、その後長いあいだ、このマリアの表情に惹かれていた。極端なことをいうと、このような女性を心の中で夢想しつづけた。だから『居酒屋』のマリア・シェルには胸がつまるほど憧れた。
 なぜレオナルド・ダ・ヴィンチがこのような瞼を伏せた俯きかげんのマリアを描いたのかは知らない。が、その後いろいろ見ていると、すでにマサッチオにもリッピにもトゥーラにも、ウェイデンにもメムリンクにも瞼を伏せたマリアがいた。レオナルドとほぼ同時代のボッティチェリの『書物の聖母』では、振り返った幼童イエスを上から見つめるマリアが描かれていて、なぜマリアの目が伏せがちになっているかの謎を解いている。
 わが子を慈しむためにいつも伏目がちになっているマリアに、あえて正面を見させたのはラファエロだった。『小椅子の聖母』である。これはいまでもその絵を見るたびにドキッとする。

 どうもマリアという存在はよくわからない。完璧な女性像であること、聖なる母であることをこれほど付与されたイコンはないということは、よくわかる。しかし、いったい誰がどのようにしてそういうマリア像をつくりあげたのか。
 ぼくはこのことがずっと気になっていて、『ルナティックス』のなかでは、古代の小アジアに発祥したディアーナ(ダイアナ)信仰が中世キリスト教の“エディター”たちによって大胆にマリア像に変換されていったプロセスを素描した。
 これはマリアのキャラクターは各種の伝承を編集してつくられたものだという仮説である。おそらくディアーナだけがモデルになったわけではない。いったいどのくらいのことを研究者たちが調べ上げたのか、その後もずっと気になっているのだが、本書はそのような研究のなかではもっとも大部のもので、読んでいてあまり興奮するようなところはないのだが、恐ろしく詳しい一級研究書としていつも手元においているので、ここにあげた。
 ただし、本書を読んでも決定打はまったく得られない。ただ、ものすごく多くの文書がマリアのキャラクタリゼーションのために時代毎につくられてきたということが、よくわかる。

 マリアがイエスを産む前にいたのはガリラヤの寒村のナザレである。そこで臨月になっている。しかし、産んだのはベツレヘムだった。なぜベツレヘムなのか。ここがまたまた操作的なのだ
 ここで古代ローマ帝国とキリスト教登場の関係が取沙汰されるのだが、結論をいえば、イエスは何が何でもベツレヘムで生まれたことにする必要があったのだ。当時、ベツレヘムが戸籍管理のセンターであったからで(アウグストゥス皇帝の全国戸籍調査指令)、このことをイエスの物語がはずせばローマ政府との交渉もおぼつかない。イエスは神秘の誕生で飾られるべきではあるが、戸籍は必要だったのだ。
 こうしてマリアは臨月の体をベツレヘムまで運び、耐えられなくなって馬小屋でイエスを産んだ。いま、そこには聖誕教会が建てられている。こんなところを聖誕の場所としたのは、コンスタンティヌス大帝の母后ヘレナの希望によっている。ここがまた怪しいところで、すでに聖母幻想が芽生えている。マリア信仰は同時にアンナ信仰でもあったのである。
 ちなみにマリアとはヘブライ語ではミリアムで、「大海の一滴」とか「平和の子」という意味だった。

 マリアの処女懐胎については、夥しい議論があるのだが、ひとつはっきりしているのはマリアを修道女としておく必要があったということだ。
 修道女ということは、それだけで「処女」の象徴なのである。それなのにマリアが身ごもったのは、マリアがこっそり夫ヨセフと交わってしまったか、あるいは夫以外の種をヨセフとの出会い以前に身ごもっていたか、そのどちらかということになる。どちらであっても、マリアが修道女であれば“建前”は処女だったということになる。おそらくはヨセフの子ではなかったのではないかと、これは非情冷徹な研究者たちの説である。
 なぜそうなのかというと、ヨセフは霊夢によってマリアの出産を知るのだが、その直前まではマリアに疑念をもっていて、自分はマリアのもとを去ろうとしていたからだ。このヨセフの犠牲的な行動こそが、のちにトーマス・マンをはじめとする文学者たちのヨセフ論になっていく。
 なぜなら、マリアの処女懐胎を支えたのはヨセフの配慮であったということになるからだ。

 マリアがイエスの処刑ののちにどうしていたか、このこともあまり知られていない。まず夫ヨセフを110歳で失い、ついでわが子イエスを失った。
 だいたいイエス処刑のときのマリアの行動がわからない。十字架のそばで泣きくずれるマリアというイメージは中世以降の作意によるもので、『ヨハネ伝』ではマリアは十字架のそばに立っていたとされる。これが有名な「STABAT MATER」(母は立っていた)で、受難曲や聖歌を通して数多くの主題になっている。このマザー・イメージこそが、のちの西欧社会特有の「母よあなたは強かった」の伝統になるらしい。しかしぼくには、ミケランジェロのヴァティカンの「ピエタ」に見られるマリアのほうに、やはり心が奪われる。
 ともかくもマリアはイエスを失って放心しする。そこへエフェソスに布教に行っていたヨハネが戻ってきて、マリアのためにイエスの葬儀をしようとする。すでにイエスに憧れイエスに従っていた使徒たちは何人も出現していたので、かれらもマリアのために哀悼をする。そして、かれらに囲まれたまま、あっけなくマリアは昇天してしまうのだ。

 つまり歴史上のマリアについての記述は、掻きあつめてもこの程度しかなかったのである。
 しかし、このことがかえってマリアに対する想像力をいくらでもふくらませる余地をつくったともいえる。どのように想像力がはたらいたのか、その軌跡を追うことはほとんどヨーロッパの隠れた歴史を暴くようなものになる。本書はそのような暴力的な意図がまったくない研究書ではあるが、読みようによっては、ここからは恐るべき陰謀がたちのぼる。
 しかし、そうしたことすべてが、なぜかマリア幻想によって浄化されてしまうような気にもなる。それはやはり、中世からバロック期にかけてのマリアの「イメージづくり」があまりにもよくできていて、詳細を知れば知るほど、キリスト教をめぐる人々の徹底した「イメージメント」に兜を脱ぎたくなってしまうからなのだろう。

 そこで最初のマリア像の話にもどるのだが、ヘーゲルの『美学』を読んでいたとき、マリアとイシスの相違にふれている箇所があった。マリアには感情豊かな母性があるが、イシスにはそういうものがないという見方だった。
 けれども、マサッチオからラファエロにおよぶマリア画像はむろん、それらを継承したマリア・イメージには必ずやどこかにイシスの面影があるとぼくははっきり感じている。ヘーゲルには悪いが、ぼくはしばらくは「イシスからマリアへ」という旅をこっそりしようと考えている最中なのである。

参考¶カトリック文献を別にしても、マリアに関する本は厖大にある。最近のもので入手しやすいものは、シルヴィ・バルネイ『聖母マリア』(創元社)、同じくバルネイ『マリアの出現』(せりか書房)、ヤロスラフ・ペリカン『聖母マリア』(青土社)、本書の訳者による内藤道雄『聖母マリアの系譜』(八坂書房)、これはよく書けていた竹下節子『聖母マリア』(講談社選書メチエ)、スペインからの視点が興味深かい中丸明『聖母マリア伝承』(文春新書)など。