ほんほん

ぼくは「本数寄」なのである

ほんほん54(最終回)

◆慶応義塾大学出版会から「世界を読み解く一冊の本」というシリーズが刊行されている。『旧約聖書』『クルアーン』『三教指帰』『西遊記』『カンタベリー物語』『百科全書』『言海』『伝奇集』『一九八四年』『薔薇の名前』の10冊だ。えっ、たった10冊かよと思うだろうが、その10冊に空海、チョーサー、大槻文彦、エーコが入っているのが絶妙な特色だと思ったほうがいい。ただし原著やその翻訳ではない。それぞれ著者が別にいて、これらを解読している。藤井淳の『三教指帰』を読んだが、なかなかユニークな視点になっていた。
◆千夜千冊では「世界を読み解く一冊」をできるだけ選んできた。これまで書いてきた1800冊の中の300冊から500冊くらいが、そういう本だったと思う。吉本隆明は、本はたいてい自分のかかわりとの関係で読むものだけれど、自分が関心のない本にめぐりあうにはどうすればいいかという問いに対して、それは「書物に含まれている世界」が決めてくれるのだと答えていた。すぐれた本は「書き手が世界をあらわしたくて書いているものだ」というのだ。その通りだろう。
◆ボルヘスは、本は記号の集合体であるけれど、そこに読み手がかかわるとその記号は千変万化に息づいていくと言った。エーコは、本はスプーンやハンマーやハサミ同様に500年前とまったく変わっていない形態のものだけれど、それは「スプーンがあれ以上の形をとれないこと」と同様に、実にすばらしい究極の姿なのであるとみなしていたのだ。
◆たしかに「本」はあの形がいい。四角くて、表紙と裏表紙にページがぎゅっと挟まれて、ちょっと重たげで、本棚に並べると背中が何かを訴えている。これは「物実」(ものざね)もしくは「憑坐」(よりまし)なのだ。
◆ぼくが「本」という形をとったブツにぞっこんになったのは、20代半ばに自分の6畳・3畳のアパートで本棚を手作りしたときあたりからで、そのとき、わずかな蔵書を少しずつカバー自装したせいだった。カバー自装というのは、中身は気にいったのに外見が気にいらない本に適当なカバー材を選んできて、そこにレタリングセットや油性ペンでタイトルなどを付けていったことをいう。物実らしくしておきたかったのだ。これで護法童子が走りまわるようになった。これで「本」と一緒に暮らすようになった。
◆そういうふうになったのは、やっぱり10代に本に夢中になったからで、それがもしギターや算数に夢中になっていたら、別の生き方をしていたのだろうと思う。昆虫学者になっていた可能性もあるし、聴診器や注射器が手放せない診療所に暮らすようになったかもしれない。
◆ぼくは家庭用品や生活用品にからっきし関心がない。自分の部屋にそういうものを揃えたくなかった。もっとはっきり言うと、「生活する」に関心がない。生活は好きな仲間と一緒にいたいという、ただそれだけだ。リラダンとタルホの影響が滲みこんだせいだろう。これがわが生き方だ。だからぼくの日々はいまだにロクな用品に囲まれていない。自動車や電子機器はスタッフに頼っているし、たいていの日々は誰かが介添をしてくれている。つまりは生活オンチなのである。このオンチのせいで生活用品が自分の周辺に不可欠だと思えない。
◆では何が不可欠かというと、それが「本」だった。本が炊飯器で、本が大工道具で、本が食い道楽で、本が旅行で、本が恋愛で、本がうたた寝なのである。そんなことだから、当時から部屋には本だけがふえるだけだったのだ。本以外で大事なのはジャケットとタバコくらい。
◆こんなふうなので、そうとうな読書家ですねえ、さぞかし希覯本や珍本が集まったでしょうねと言われるが、そうなのではない。たしかに読書はするが、たくさんの本を読みたいとは当初から思っていなかった。いまも冊数はカンケーない。「読書するという状態」に、科学や文学や音楽の秘密が隠れていると思っているので、その読書状態をなんとか持続させ拡張させていくための日々をおくることが好きなのだ。だから希覯本はいっさい集めない。文庫本でも十分なのである。
◆もう少し正確に言うと「読むこと」が好きなのだ。もっと正確に言うと「読み」が好きなのだ。さまざまな民族言語による言葉が組み合わさって、それが人麻呂やシェイクスピアやジャン・ジュネやガルシア・マルケスや阿木耀子になってきたということ、その多様性のプロセスと成果を読むことが好きなのだ。
◆これはどちらかといえば、植物や動物の進化を読んでいるのに近い。だから批評したり書評したりするのは、実はほとんど気が向かない。千夜千冊も一度も書評をしようと思って書いてはこなかった。空き番だらけの「本の進化の木」をひとつひとつ埋めているような気分なのだ。
◆ただし、またまた別のことを言うようだが、この文明の流れのなかで、言葉や「読み」が進化してきたなどとは思っていない。人類の思索や表現が進歩してきたとも見ていない。そういう進歩史観はもっていない。むしろ言葉が意味からずれ、何かを隠さざるをえなくなっていく様子や、書くことが「逸脱」をおこしていくのを読むことに、大いなる興味があったのである。
◆つまりは、ぼくの「本好き」は「本数寄」なのである。何かを数寄の状態にしていくための本なのだ。遁世の数寄なのだ。それが70年以上もずうっと続いてきた。千夜千冊はやめられないだろう。また、どこかに本棚を作って進ぜるという仕事も、きっと続くだろう。最近は「本の寺」に関心がある。まったくもって大変なビョーキに罹ったものだ。
◆さて一方、この「ほんほん」コラムはそろそろ「お開き」にしたいと思った。ブックウォッチャーを続けるのもどうかなという気にもなったのだ。別のコラムを始めるかもしれないけれど、どういうものかはわからない。そのときはそのときで、どうぞ御贔屓に。

> アーカイブ

閉じる

生命の塵

クリスチャン・ド・デューブ

翔泳社 1996

Christian de Duve
Vital Dust(Life as a Cosmic Imperative) 1995
[訳]植田充美・小幡すぎ子

 80歳に近い一人のノーベル医学生理学賞の受賞者が、生命の歴史から精神の誕生におよぶプロセスを、最新の仮説にさえふれながら一から十まで書きつくしたという試みに、まずうろたえたくなってくる。
前著の『細胞の秘密』のときすでに70歳をこえていたが、あれはまだしも専門領域からの拡張の集大成だった。今度のものは、まるでハーバード・スペンサーかケン・ウィルバーの無謀な擬似科学体系に、科学者が偉大な良心と巨大な耕運機をもってお灸をすえながら正当記述に挑戦しているようなもので、科学者がその領域の輪郭を広げられるぎりぎりの枠組になっている。
こういうことを欧米のトップクラスの科学者たちは平気でなしとげる。フランシス・クリックがそうだったし、フリーマン・ダイソンがそうだった。老境の冒険なのではない。いまなお新たな知識を捕獲しつつ充填している冒険なのだ。本書にもリン・マーギュリスからリチュード・カウフマンの仮説までが、ルイス・トマスからダニエル・デネットの仮説までが、ずらりと顔を揃える。そして、これらが一斉に科学の鏡に照らされる。

 このような大科学者の分厚い近著をごく手短に紹介するのはさすがにやりにくい。いったいどこが摂取可能で、どこが切り捨てていいところなのか、にわかに判断しがたいからである。
だからこういう本を相手にするときは、しばらく世の中の評価が出揃うまで待てばいいのだが、なんだかそうした世評の落着を待つのが嫌なのだ。自分で科学の目利きをしてみたい。そういうことをしてみたくなるのが、これまたぼくの趣向のひとつなのである。
これはおそらく、高校時代にのちに理科大学に進んだ先輩からの影響と、大学時代後半に独学で量子力学や相対性理論に遊んだときの後遺症によっている。適切な例ではないだろうが、骨董や道具は自分で買って辛酸をなめてみなければわからないように、科学にもそういうところがあるようにおもわれる。なぜなら科学こそ「用の美」の世界に属している道具であろうとしているからだ。
というわけで、この一冊の紹介はいささか目利き外れを覚悟してのことになる。実は、ここにはぼくが与せない見解もすこしだけだが、交じっている。しかし、大筋の説明には惹きつけられた。
以下は要約ではない。こんなような「生きている情報のドラマ」が見取られているという目安を提供したにすぎない。

 まず「化学の時代」があった。
どろどろのスープの海に見舞われていた原始地球上の海浜部ともいうべきところで、驚くべき化学反応がおこった。40億年ほど前のことである。生命は小さな有機分子の自発的な組成化と、意外な相互作用がそこに加わって誕生した。
意外な相互作用というのは、DNAが確立する前にRNAがまるで編集者のようにすべてを準備していたということだ。このRNAがせっせと溝を切ったワールドモデルにもとづいて、核酸とタンパク質と複雑な分子ができた。これをウォルター・ギルバードの命名にならって「RNAワールド」という。それがいつしかDNAのセントラル・ドグマをつくってしまう。
生命の神秘は、畢竟、このRNAとDNAの奇妙な相互編集関係にある。RNAを鋳型にしてDNAをつくるという逆転写がおこったのである。
ここで特徴的なのは、いっさいは化学的な決定論にしたがっていたらしいということである。

 次に「情報の時代」がやってきた。
何がおこったかといえば、かんたんにいえば「分子の相補性」が生じた。これをおこしたのは塩基対である。いわば鍵と鍵穴の関係のメカニズムが酵素の特異性、自己集合性、細胞間コミュニケーション、免疫機構の確立、ホルモン効果、生体内薬理作用といった場面で、次々にできあがっていったのである。その鍵と鍵穴の掘りこみのパターンはすべて「情報」で描かれていた。
ここで重大なことが“創発”された。塩基対そのものは情報とは関係がない。まさしく化学現象なのである。塩基対から分かれた分子の複製はたんなる“化学のおまけ”だった。ところが、分子の複製のしくみができあがってみると、そこから遺伝情報をコピーする可能性が突如としてひらかれた。そしてそのプロセスでおこる誤読やエラーが意味をもってきた。それが突然変異によって淘汰がおこるということだった。
これはド・デューブによると「制約条件内の偶発性」というものである。淘汰や進化が偶然によって支配されるということだ。しかしこのことによって、遺伝的連続性が確立する。

 こうして生命というシステムが誕生した。情報は生体膜で包まれることになる。それとともに「原始細胞の時代」が始まる。
生体膜は親水性の頭部と疎水性の尾部をもつ分子でできている。その生体膜で守られた生命システムがおこしたことは、第1に外部から食物をとりこみ老廃物を除くことである。第2に特定の物質だけを通過させる膜貫通タンパク質によって輸送のしくみをつくりあげた。第3に細胞という情報単位を自立させつつ、これを自己分裂させることだった。このことは、すべての地球上の生物が共通の祖先をもつというド・デューブの思想を支えている。およそ37、8億年前の出来事だった。
この大転換を推進したのはプロトン・エンジンと「生命は相同性を好む法則」だった。
ところでド・デューブは「化学の時代」があって、次に「情報の時代」がやってきたというふうな順で説明しているのだが、これは最初から「情報の時代」で幕があいたというふうに言ってもいいのではないかとおもう。

 ついで「単細胞の時代」に入る。ここまでが「生命のシステム」の確立だとすれば、ここからはのちの「生物のシステム」に必要なすべての準備が整う。
しかし、これをなしとげたのはごくごく一部の原始細胞たちだった。その連中は地質学的な大変動か気候の激変によって大半の集団の動向から“はぐれ”て、いわば変わり種の突然変異体として生きることになった連中なのである。いわばわれわれの起源は“みにくいアヒルの子”であった。
この“みにくいアヒルの子”の身の上に、主に二つの実験が進行する。ひとつはバクテリアのような原核生物が進化と分化をおこして、分子状態の酸素を放出したということ、つまりは光合成を編み出したことである。これを「光化学系II」の出現という。もともと毒性の高い酸素を、なんと生物がこれをつくる側にまわったということは、例のストロマイトの話を含めて、いまなお生物学者の仮説力を試す話題になっている。
もうひとつはざっと10億年ほどはかけただろうけれど、その原核生物から真核生物が派生したということだ。鞭毛や繊毛をもった連中である。このとき、奇妙なことにこの真核生物がバクテリアとも“いい関係”を保った。いいかえれば、これこそ生物の大きな特質なのだが、バクテリアは“永遠の客人”としてどんな生物の中にも入りこみ、内部共生者としてやがてミトコンドリアや葉緑体などの細胞内小器官になっていった。

 「多細胞の時代」は一言でいえば生殖方法の改革の連続だとおもえばよい。セックスの時代である。
そのために生物は多細胞となって、ド・デューブのいう「細胞集団主義」を採る。これによって一つの胞子や受精卵からすべての多細胞生物が発生できるようになった。これをおこしたのは初期地球において“緑の革命”が進行したためだった。
しかし、ここで強調されるのは、なんといっても「性」の発生である。有性生殖の発明だ。この発明の基礎は、植物が胞子から種子を生み出す飛躍にあたって「雌の解放」がおこったことに象徴される。これで2倍体ゲノムによる交配が可能になり、雌雄が生まれ、ジェンダーが派生した
動物期に入った「多細胞の時代」の運命を変えるもうひとつの大方針は、旧口動物から新口動物へのスイッチの切り替えをしたことである。原口が口になり後からできる開口部が肛門になっていたのを、ひっくりかえし、原口を肛門とし、後からできる開口部を口にしてしまった。奇妙な方針だった。ぼくはこの出来事に異常に関心をもち、ずいぶん勝手な憶測で遊ばせてもらったものだったが、最近はそうした憶測をはねとばす仮説が確立している。それが本書にものべられているホメオティック遺伝子の突然変異説である。
ともかくもこうして、ボディプランにコペルニクス的転回をおこした新口動物は、背中にそって節のある中空構造をつくりあげる。脊索動物の誕生だった。
ここから先、動物進化はめまぐるしい。ド・デューブはそのめまぐるしさを適確に制御して、とくに“生物の上陸作戦”の意味を解く。かつてぼくが「遊塾」という無料塾を1年にわたって開いたとき、この“上陸作戦”の説明に自分で興奮していたものだ。

 こうしていよいよ人間に向かう「精神の時代」がやってくる。この言い方がふさわしいかどうか疑問がないわけではないが、多くの生物学者たちはたいていこの時代の主語に「精神」という用語を好んで使う。
中枢神経系の発生と脳の発達に代表されるこのプロセスは、しかし、ヒトザルがヒトになる直前の直立二足歩行の実現のところで劇的な変換がもたらされる。この直立二足歩行という劇的な変換の意味がわからないかぎり、生物学者はチンパンジーとヒトの区別を説明することすら不可能になる。なぜなら、チンパンジーとヒトの遺伝子は98パーセントか99パーセント同一なのである。

 この「精神の時代」をド・デューブが描くにあたって採った前提は、チャーチランドやデネットをはじめとする認知科学者が提出している大半の仮説をあっけなく退けるというところにある。
認知科学者の大半の仮説というのは、「物質が意識性を帯びる」のか、それとも「意識が物質性を帯びるのか」という分岐点をつねに曖昧にしてしまう見解ということである。この曖昧さをクリックやド・デューブらの生物学者は嫌う。
これは、かつてのサールやペンローズの立場に近いもので、デカルトこのかたデネットにおよぶ哲学者たちの「精神の発生」についての説明にことごとく文句をつけようというもので、ぼくは必ずしも好まないけれど、科学者としてのゆるぎない矜持が端的にあらわれている。ぼくが必ずしも好まないのは、もともとペンフィールドやエクルズに始まった脳科学が「意識と物質の境目」をあえて曖昧にすることによって脳科学を発展させたのだから、生物学者たちもその議論をいったんは引きとるべきだとおもうからである。

 ともかくも、本書の筋書きのラストシーンは、この曖昧な「精神の時代」の現状から次代をわずかに覗いて、長きにわたった「生命の塵がおこしたドラマ」の幕を引く。
ラストシーンこそ、さすがのド・デューブのペンは鈍ったが、「生命の塵」がその途方もないドラマをどうして演じる気になったのかということについてド・デューブが提出したシナリオは、やはり途方もなく執拗な構想にもとづいていた。

 それにしても、われわれは残念ながら「科学者」と「哲学者」が精神や意識を前にして対立する姿のままに、20世紀を終えるわけなのである。
ド・デューブ自身の本音はどうかというと、本書の最後の最後になって、ティヤール・ド・シャルダンとジャック・モノーとを比較して、そのいずれにも“解答”がないだろうことを予告した。

参考¶ド・デューブの翻訳には専門書をのぞくと、『細胞の世界を旅する』(東京化学同人)という一般向けの大型の本、『細胞の秘密』(医学書院)という細胞学集大成の本があり、いずれも目からウロコが落ちる。