ほんほん

ぼくは「本数寄」なのである

ほんほん54(最終回)

◆慶応義塾大学出版会から「世界を読み解く一冊の本」というシリーズが刊行されている。『旧約聖書』『クルアーン』『三教指帰』『西遊記』『カンタベリー物語』『百科全書』『言海』『伝奇集』『一九八四年』『薔薇の名前』の10冊だ。えっ、たった10冊かよと思うだろうが、その10冊に空海、チョーサー、大槻文彦、エーコが入っているのが絶妙な特色だと思ったほうがいい。ただし原著やその翻訳ではない。それぞれ著者が別にいて、これらを解読している。藤井淳の『三教指帰』を読んだが、なかなかユニークな視点になっていた。
◆千夜千冊では「世界を読み解く一冊」をできるだけ選んできた。これまで書いてきた1800冊の中の300冊から500冊くらいが、そういう本だったと思う。吉本隆明は、本はたいてい自分のかかわりとの関係で読むものだけれど、自分が関心のない本にめぐりあうにはどうすればいいかという問いに対して、それは「書物に含まれている世界」が決めてくれるのだと答えていた。すぐれた本は「書き手が世界をあらわしたくて書いているものだ」というのだ。その通りだろう。
◆ボルヘスは、本は記号の集合体であるけれど、そこに読み手がかかわるとその記号は千変万化に息づいていくと言った。エーコは、本はスプーンやハンマーやハサミ同様に500年前とまったく変わっていない形態のものだけれど、それは「スプーンがあれ以上の形をとれないこと」と同様に、実にすばらしい究極の姿なのであるとみなしていたのだ。
◆たしかに「本」はあの形がいい。四角くて、表紙と裏表紙にページがぎゅっと挟まれて、ちょっと重たげで、本棚に並べると背中が何かを訴えている。これは「物実」(ものざね)もしくは「憑坐」(よりまし)なのだ。
◆ぼくが「本」という形をとったブツにぞっこんになったのは、20代半ばに自分の6畳・3畳のアパートで本棚を手作りしたときあたりからで、そのとき、わずかな蔵書を少しずつカバー自装したせいだった。カバー自装というのは、中身は気にいったのに外見が気にいらない本に適当なカバー材を選んできて、そこにレタリングセットや油性ペンでタイトルなどを付けていったことをいう。物実らしくしておきたかったのだ。これで護法童子が走りまわるようになった。これで「本」と一緒に暮らすようになった。
◆そういうふうになったのは、やっぱり10代に本に夢中になったからで、それがもしギターや算数に夢中になっていたら、別の生き方をしていたのだろうと思う。昆虫学者になっていた可能性もあるし、聴診器や注射器が手放せない診療所に暮らすようになったかもしれない。
◆ぼくは家庭用品や生活用品にからっきし関心がない。自分の部屋にそういうものを揃えたくなかった。もっとはっきり言うと、「生活する」に関心がない。生活は好きな仲間と一緒にいたいという、ただそれだけだ。リラダンとタルホの影響が滲みこんだせいだろう。これがわが生き方だ。だからぼくの日々はいまだにロクな用品に囲まれていない。自動車や電子機器はスタッフに頼っているし、たいていの日々は誰かが介添をしてくれている。つまりは生活オンチなのである。このオンチのせいで生活用品が自分の周辺に不可欠だと思えない。
◆では何が不可欠かというと、それが「本」だった。本が炊飯器で、本が大工道具で、本が食い道楽で、本が旅行で、本が恋愛で、本がうたた寝なのである。そんなことだから、当時から部屋には本だけがふえるだけだったのだ。本以外で大事なのはジャケットとタバコくらい。
◆こんなふうなので、そうとうな読書家ですねえ、さぞかし希覯本や珍本が集まったでしょうねと言われるが、そうなのではない。たしかに読書はするが、たくさんの本を読みたいとは当初から思っていなかった。いまも冊数はカンケーない。「読書するという状態」に、科学や文学や音楽の秘密が隠れていると思っているので、その読書状態をなんとか持続させ拡張させていくための日々をおくることが好きなのだ。だから希覯本はいっさい集めない。文庫本でも十分なのである。
◆もう少し正確に言うと「読むこと」が好きなのだ。もっと正確に言うと「読み」が好きなのだ。さまざまな民族言語による言葉が組み合わさって、それが人麻呂やシェイクスピアやジャン・ジュネやガルシア・マルケスや阿木耀子になってきたということ、その多様性のプロセスと成果を読むことが好きなのだ。
◆これはどちらかといえば、植物や動物の進化を読んでいるのに近い。だから批評したり書評したりするのは、実はほとんど気が向かない。千夜千冊も一度も書評をしようと思って書いてはこなかった。空き番だらけの「本の進化の木」をひとつひとつ埋めているような気分なのだ。
◆ただし、またまた別のことを言うようだが、この文明の流れのなかで、言葉や「読み」が進化してきたなどとは思っていない。人類の思索や表現が進歩してきたとも見ていない。そういう進歩史観はもっていない。むしろ言葉が意味からずれ、何かを隠さざるをえなくなっていく様子や、書くことが「逸脱」をおこしていくのを読むことに、大いなる興味があったのである。
◆つまりは、ぼくの「本好き」は「本数寄」なのである。何かを数寄の状態にしていくための本なのだ。遁世の数寄なのだ。それが70年以上もずうっと続いてきた。千夜千冊はやめられないだろう。また、どこかに本棚を作って進ぜるという仕事も、きっと続くだろう。最近は「本の寺」に関心がある。まったくもって大変なビョーキに罹ったものだ。
◆さて一方、この「ほんほん」コラムはそろそろ「お開き」にしたいと思った。ブックウォッチャーを続けるのもどうかなという気にもなったのだ。別のコラムを始めるかもしれないけれど、どういうものかはわからない。そのときはそのときで、どうぞ御贔屓に。

> アーカイブ

閉じる

コンテンツ・フューチャー

小寺信良・津田大介

翔泳社 2007

放送と通信はまだ融合しないのか。
テレビとコンピュータの相性は、
こんなにもつまらないままなのか。
いったいウェブが提供しつづけている情報には、
どんな編集が待望されるのか。
はたしてウィキペテディアはデリダ的メディアなのか。
いま、コンテンツの未来が一斉に問われるようになってきた。
ところが、その問題点がラディカルに浮上していない。
そんなところにキタムラ・ダイゼン。
ちょっと本書を覗いてみては如何なものか。
松岡正剛も顔を出している。

さっき出来たばかりのインタヴュー集の本だ(発行日は2007年8月1日)。それだけではなく、ぼくのインタヴューも載っている。
 「千夜千冊」では原則として、ぼくの著書、ぼくがかかわった本、ぼくの原稿が載っている本は扱わないことにしていたのだが、最近は中公文庫の『ガンジー自伝』のように、「千夜千冊」で書いたことが書籍世界に逆上陸をおこして、ぼくが解説を書いた本に生まれ変わっているものもあって、この原則があやしくなってきた。
 というわけで、今夜はこの出来たてほやほやの一冊を紹介することにするのだが、とりあげる理由はぼくのインタヴューが載っていることにはなくて、本書がこれからのコンテンツ文化に対して何らかの呪縛を解き放つ有効性をもっているだろうということと、商業出版物としては珍しい「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス」を付けたことにある。
 登場している連中は、次のような顔ぶれ。かつては「電波少年」で鳴らした第2日本テレビの土屋敏男、東京MXテレビで「ブログTV」を企画したプロデューサーの草葉大輔、ソニーでテレビ番組のパーソナル再配送システムを開発した西谷清ビデオ事業本部長、あくまでラジオにこだわるTBSラジオの長谷川裕、「はちみつぱい」「ムーンライダーズ」のギタリストをへて音楽著作権の社会に挑みつづけている椎名和夫、IT製品の価格比較をする「価格コム」によってCGMに先鞭をつけた遠藤靖幸、慶応SFCのころに個人サイトで有名を馳せた産業技術総合研究所の江渡浩一郎、郵政省・MITをへて慶応DMC機構でコンテンツビジネスの将来を見据える中村伊知哉、そしてぼくである。
 この顔ぶれを小寺信良と津田大介がかわりばんこにインタヴューしたのだが、二人はメディア・テクノロジー全般をめぐるバロック的な高速思考の持ち主で、ぼくもそうだったけれど、心地よい楕円的尋問をうけている印象をもった。本にするにあたっては、これらのインタヴューの粗い構成テキストを「グーグルDocs」にアップロードして、二人が相互編集をしていったようだ。

土屋敏男、草場大輔、西谷清

長谷川浩、椎名和夫、遠藤靖幸
江渡浩一郎、中村伊知哉、松岡正剛

 最初に「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス」のことにふれておくが、これはある条件のもとにコピー(複製・転写)を自由にするというライセンスのことをいう。痛快なインタヴュアーでもあった津田君のたっての要望で、本書がこのライセンス付きの刊行物となった。
 わかりやすくいえば、本書を好きにコピペして、そこにどんどん自分の原稿などを書き加えてブログやウィキにアップロードしてくださって結構ですという本なのである。ただし非営利にしか使ってはいけない。このようなライセンス方式は、これからのコンテンツ・フューチャーにとってはきわめて重要な意義をもっている。
 ぼくの周辺でも、イシス編集学校の「離」のコースウェアを共有した“千離衆”とよばれる諸君とのあいだで、独自のコモンズが形成されつつある。“千離衆”は現段階で90人以上いる。なかにはかなりの文筆名人やウェブ猛者や技法鉄人がいる。図解センスがいい者もいる。いずれの“千離衆”も、すでに12週間にわたる苛烈な共同エクササイズを経験しているので(まあ、「知のビリーズ・ブートキャンプ」のようなものだと思ってもらえばいい)、相互編集はお手のものだろう。
 何をするかということについてはまだ詳しいことをリークできないのだが、ぼくの重量級テキスト(「文巻」と名付けたもの)や厖大インデックス(「目次録」と名付けたもの)をコーパスとして下敷きにしたうえで、みんなでここに書き加えていこうというものだ。さらには自在な自己編集と大胆な相互編集をほどこしていこうというものだ。おそらく一定期間がすぎると、かなり濃厚で愉快な編集コンテンツと編集コンテキストができあがるであろう。それを何年かにわたって積み上げたい。既存のソフトもおおいに活用させてもらうが、そのためのいくつかのソフトも開発するつもりだ。
 というわけで、クリエイティブ・コモンズはぼくにとっては当然のお勧めである。それが本書に付されたことをよろこびたい。

本書の裏表紙にある
「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス」のマーク
(左から「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス付き」
「著者クレジット表示」「非営利利用のみ」「改変禁止」の意)

 すでにジュリア・クリステヴァが提唱したように(1028夜)、世に流通したすべてのテキストはインターテキスト(間テキスト)になる潜在的可能性をもっている。またインターテキストになることによって、そこに新たなインターテクスチュアリティ(間テキスト性)が創発する可能性をもっている。
 これは書物と書物が結びあうというだけではなく、コンテンツを内包し、コンテンツを出力しているあらゆるメディア間において可能なことである。とっくにテッド・ネルソンが夢想していたことだ。とりわけビル・アトキンソンのハイパーカードのコンセプトが登場してからは、どんなメディア間にも多少の互換性の壁はあるものの、コンテンツを相互移動させるという面に視点を注ぐなら、ある程度の編集センスさえあれば、メディアをまたいでコンテンツを婚姻させつづけることは不可能ではなくなっている。ウィキペディアのような最初から誰でも使えるコンテンツは当然だとしても、機械機能がまったく異なるメディア間でもコンテンツ編集が気楽にできるようになってきた。
 たとえばユーチューブを使えば、テレビ番組を好きに編集してパーマリンクすることはいくらでもできるようになった。そこにDVR(デジタル・ビデオ・レコーダー)があれば、CF部分をすっかり除去することもできる。一見、メディア・テクノロジーと関係がなさそうなヒップホップなども、サンプラーが低価格になったおかげで誰もがブレイクビーツを作れるようになったわけで、それが日本語ヒップホップを含む編集コンテンツ型の音楽を爆発させたというふうにも言える。
 このようにメディアがあるところコンテンツがあり、コンテンツがあるところ自分なりの編集ができ、自分なりの編集ができるのなら相互編集メディアが、ウェブであれ、アニメであれ、音楽であれ、その分野の空き地をめがけて新たに芽生えていくことが可能なのである。
 問題があるとしたら、たいていは著作権に関することで、たとえばソニーが作った「ロケーションフリー」(ロケフリ)を永野商店が「まねきTV」というハウジングサービスに転用したときは、さっそく著作権法の「送信可能化侵害権」で訴えられた。これは「まねきTV」の勝訴となったけれど、こういう問題はしょっちゅうおこる。「録画ネット」や「MYUTA」は著作権侵害で敗訴した。「ナップスター」(ファイル交換ソフトの元祖)のように権利者からの訴訟をうけていったん停止し、その後に別会社によってサブスクリプション型に転換して蘇生した例もある。
 ともかくもそうした障害を乗り越えていく気さえあれば、コンテンツ・フューチャーはおおいにおもしろいものとなるはずなのだ。けれども、では最近のITコンテンツやメディア・コンテンツに目を見張るものがあるかといえば、その量の拡大にくらべて、質の愉快はおそろしく少ない状態なのである。

 では、本書の中からごく少々ではあるが、気になったコンテンツ・フューチャー問題をぼくなりの問題意識で案内しておくことにする。本書はサイドAが「放送と通信の融合」を、サイドBが「コンテンツのメディア文化性」を問うという構成になっているので、この二つに分ける。問題に対するぼくのコメントはこんな感じだ、というふうに読んでもらえばいいだろう。
A1:テレビが「おもしろ番組」にこだわっているかぎり、ここからコンテンツ・フューチャーは出てこない。TV的プッシュ機能にケータイ的プル機能を加えても事態は変わるまい。テレビ屋はテレビ以外の仕事をして、それをテレビに持ち込むのが一番の打開策だろう。
A2:ラジオの「ストリーム」や「アクセス」が声から文字に変わるときに生じる編集を見てみたい。古代このかた、世界史的なコンテンツの革命は、たいてい「声と文字の変換時」におきてきた。そこに注目するとよい。
A3:インターネットは世界の情報を収容するにふさわしいメディアとは思えない。いくつものメディアが放送・通信の垣根をこえたリセプタクル・メディアの様相を呈する必要がある。
A4:メディアをまたいだコンテンツ流通は技術の制約をうけるという見方があるが、コンテンツ・トランジットの際の技術制約こそ、逆に編集的自由を創発させるはずである。その創発力はなんらIT技術と関係がない。
A5:商品だけにロングテールがあるのではなく、コンテンツにもロングテールがある。
A6:放送と通信の溝を「アーカイブ」がつなぐんじゃないかという小寺・津田発言には賛同したい。ただしアーカイブ編集のためのフォーマットが多様に提供される必要がある。

B1:グーグルのページランクや価格コムのランキング表示がコンテンツに関与しているとは思えない。アクセス数が大事なのではなく、何をどのようなスコアとして表示するかという、スコア・クリエイティブが今後は要請される。
B2:CGM(コンシューマー・ジェネレイテッド・メディア)や協調フィルタリング(グーグルのリコメンデーション・システムが最も有名)の可能性を過信することが、いまメディア関連問題では最も危険なことになるだろう。
B3:デジタルな思考の0と1とのあいだのアナログ思考にこそコンテンツがあるはずだという津田発言に、賛同したい。が、そのためにはコンテンツだけではなくコンテキストのための思考ツールを開発しておきたい。それはおそらく「物語の母型」をもつことになる。
B4:ウィキペディアはブリタニカや超ブリタニカを越えないだろう。書きこむほうにブリタニカ以上の知識が蓄積されていないから、これは当然のことだ。それよりも「エンサイクロメディア」を志向してみたほうがいい。もっともウィキペディアがドキュメントモードとスレッドモードを分けたまではよかった。
B5:ウィキ(ウォード・カニングハムが開発したハイパーテキスト共同編集ソフト)の長所は、クリストファー・アレグザンダーのデザイン・パターン論がひそんでいることにあるけれど、それがまた限界にもなっている。なぜなら「意味」というものはセミ・ラティスでできているわけではないからだ。
B6:メディア・テクノロジーが次に挑むべきはアブダクションアフォーダンスであろう。そのうえで「意味を追うソフトウェアシステム」のために、コノテーションとデノテーションを瞬間湯沸かしできる機能の開発に乗り出すべきだ。

 さあ、以上のコメントが何を意図したものかは、ここでは解説しないことにする。小寺・津田の両君にはすぐにピンとくるかもしれないが、多くの読者は本書を手にしてから考えていただきたい。なにしろ今夜は、本書がまだ書店に並んでいない時点なので、これ以上のフライングはできないのである。
 ちなみに小寺君には『できるiPod』シリーズ(インプレス)、『メディア進化社会』(洋泉社)などの著書が、津田君には『だれが「音楽」を殺すのか?』(翔泳社)、『仕事で差がつくすごいグーグル術』(青春出版社)などの著書があるが、二人とも版元の要望なんぞをはるかに振り切った本を書いたほうがずっとおもしろくなるにちがいない。これ、両君へのお節介なコメントだ。