ほんほん

ひさびさ千夜、古代史番組、湖北めぐり

ほんほん51

◆この一カ月、千夜千冊を書きそこねていた。いくつか理由はあるが、それでノルマがはたせなかったという説明にはならない。階段の昇り降りがへたくそだったとか、散髪がどうにもうまくいかなかったとかいうのに似ている。ずっと前のことだが、急に俳句が詠めなくなったり、人前で話すとなんとも食い違うということがあったりしたが、そういうことに近かったのだろうと思う。ロシアのことを書いて取り戻すことにした。
◆関口宏・吉村武彦と一緒に『一番新しい古代史』という番組をやることになった。BS・TBSの毎週土曜日のお昼から放映される。3チームが次々に用意するフリップ上の古代史クロニクルを関口さんが入念に辿っていくのを、ところどころで吉村さんが解説を加え、ところどころでぼくが勝手なイメージをふくらませるというやりかたで進む。1時間番組だが、30分ほどのリハのあと、本番用をだいたい90分か100分を撮って、それをプロダクション・チームが多少の取捨選択をして、絵やキャプションを付けて仕上げる。おかげで事前に、吉村さんの著書を読むのが仕事になった。これは仁義でもある。さきほどは岩波新書の『聖徳太子』と『女帝の古代日本』を再読した。
◆古代史の本はキリなくある。記紀・風土記・六国史をはじめとする史書をべつにすると、多くは研究者たちのもので、ぼくは研究者ではないからこれまでバラバラに、かつ好きに読んできた。なかにはとんでもない仮説に走ったものも少なくないが、それらにもけっこう目を通した。数えたこともないけれど、500冊や1000冊はとっくに超えているだろう。さあ、それで通史的にはどうまとまったのかというと、まとまるわけがない。とくにぼくは古代史の流れよりも古代観念の渦のありかたに関心があるので、万葉の歌や折口の文章に耽るのが醍醐味になってきたから、その手の読書がそうとう多い。これは通史的にはなりえない。間歇泉のような息吹とのつきあいなのだ。
◆それでもふりかえってみると、やはり内藤湖南・津田左右吉・石母田正・井上光貞・直木孝次郎・西嶋定生・小林敏男というふうに発表順・テーマ別にアタマの中に並べなおして、定番史観を眺めてきたようにも思う。研究じみてつまらないように思われるかもしれないけれど、いろいろ読んでいくと、そうなるのだ。それがまた歴史観の錬磨には有効なのだ。しかし、こういう並べなおし読書だけでは何も飛躍がない。歴史は通史がまとまればそれでおもしろいというわけではなく、『鎌倉殿の13人』ではないけれど、自分なりの人物像やドラマ性もギャップも想定できて、かつ一挙に細部に入り込んだり、巨きく俯瞰もできるようにならなければ、歴史を展いているという実感がもてない。
◆こうして結局は、火焔土器の本、スサノオをめぐる本、司馬遷、三韓や加耶についての本、仏教的言説、貴族の日記、新井白石、頼山陽を読み、松本清張や黒岩重吾や山本七平や安彦良和の『ナジム』(徳間書店)にも目を走らせるということになったのである。日本の古代史、実はまだまだ謎が解けてはない。わかってきたのはせいぜい3割くらいだろう。番組がどのくらい光をあてられるかはわからないけれど、多少はご期待いただきたい。
◆近江ARSのメンバーの用意周到な仕立てのおかげで、久々に湖北をめぐった。長浜・菅浦・大音(おおと)・石道寺(しゃくどうじ)・木之本を訪れた。長浜はわが父松岡太十郎の故郷なのである。いまの体力からすると3日の行程は少しきついのだが、存分な準備とサポートによって、いろいろ深い体感をものすることができた。劈頭に願養寺(松岡家の菩提寺)と梨の木墓地(松岡家の墓)に参ったのが、ぼくに湖北のヌミノーゼを散らしてくれた。
◆湖北は汚れていなかった。50年前の白洲正子の感嘆がほぼ残っていた。雨模様の夕方に近江孤篷庵(禅寺・遠州流)で時を偲んだときに、そのことがしっかり伝わってきた。しかしその一方で湖北が何かに堪えているようにも感じて、そこに多少のお手伝いをしなければと思った。帰って和泉佳奈子にも話したことである。
◆「東洋経済」が「世界激震! 先を知るための読書案内」を特集した。「ウクライナ危機の行方がわかる」と銘打って、橋爪大三郎・岡部芳彦・斎藤幸平・佐藤優・羽場久美子・輿那覇潤・津上俊哉・鶴岡路人といった面々が顔をそろえて危機を乗り越えるための本を推薦しているのだが、かなり知られた本が多く、やや失望した。橋爪・佐藤『世界史の分岐点』(SBクリエイティブ)、ウォルター・シャイテル『暴力と不平等の人類史』(東洋経済新報社)、輿那覇『平成史』(文藝春秋)、田中孝幸『13歳からの地政学』(東洋経済新報社)、六鹿茂夫『黒海地域の国際関係』(名古屋大学出版会)、ヨラム・パゾーニ『ナショナリズムの美徳』(東洋経済新報社)、福嶋亮太『ハロー、ユーラシア』(講談社)、イワン・クラステラ『アフター・ヨーロッパ』(岩波書店)、羽場『ヨーロッパの分断と統合』(中央公論新社)、秋山信将・高橋杉雄『「核の忘却」の終わり』(勁草書房)、橋爪『中国VSアメリカ』(河出書房新社)あたりがお薦めだろうか。ドゥーギンとプーチンの間を埋めるチャールズ・クローヴァーの『ユーラシアニズム』(NHK出版)が入っていないのは、どうしたことか。

> アーカイブ

閉じる

コンテンツ・フューチャー

小寺信良・津田大介

翔泳社 2007

放送と通信はまだ融合しないのか。
テレビとコンピュータの相性は、
こんなにもつまらないままなのか。
いったいウェブが提供しつづけている情報には、
どんな編集が待望されるのか。
はたしてウィキペテディアはデリダ的メディアなのか。
いま、コンテンツの未来が一斉に問われるようになってきた。
ところが、その問題点がラディカルに浮上していない。
そんなところにキタムラ・ダイゼン。
ちょっと本書を覗いてみては如何なものか。
松岡正剛も顔を出している。

さっき出来たばかりのインタヴュー集の本だ(発行日は2007年8月1日)。それだけではなく、ぼくのインタヴューも載っている。
 「千夜千冊」では原則として、ぼくの著書、ぼくがかかわった本、ぼくの原稿が載っている本は扱わないことにしていたのだが、最近は中公文庫の『ガンジー自伝』のように、「千夜千冊」で書いたことが書籍世界に逆上陸をおこして、ぼくが解説を書いた本に生まれ変わっているものもあって、この原則があやしくなってきた。
 というわけで、今夜はこの出来たてほやほやの一冊を紹介することにするのだが、とりあげる理由はぼくのインタヴューが載っていることにはなくて、本書がこれからのコンテンツ文化に対して何らかの呪縛を解き放つ有効性をもっているだろうということと、商業出版物としては珍しい「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス」を付けたことにある。
 登場している連中は、次のような顔ぶれ。かつては「電波少年」で鳴らした第2日本テレビの土屋敏男、東京MXテレビで「ブログTV」を企画したプロデューサーの草葉大輔、ソニーでテレビ番組のパーソナル再配送システムを開発した西谷清ビデオ事業本部長、あくまでラジオにこだわるTBSラジオの長谷川裕、「はちみつぱい」「ムーンライダーズ」のギタリストをへて音楽著作権の社会に挑みつづけている椎名和夫、IT製品の価格比較をする「価格コム」によってCGMに先鞭をつけた遠藤靖幸、慶応SFCのころに個人サイトで有名を馳せた産業技術総合研究所の江渡浩一郎、郵政省・MITをへて慶応DMC機構でコンテンツビジネスの将来を見据える中村伊知哉、そしてぼくである。
 この顔ぶれを小寺信良と津田大介がかわりばんこにインタヴューしたのだが、二人はメディア・テクノロジー全般をめぐるバロック的な高速思考の持ち主で、ぼくもそうだったけれど、心地よい楕円的尋問をうけている印象をもった。本にするにあたっては、これらのインタヴューの粗い構成テキストを「グーグルDocs」にアップロードして、二人が相互編集をしていったようだ。

土屋敏男、草場大輔、西谷清

長谷川浩、椎名和夫、遠藤靖幸
江渡浩一郎、中村伊知哉、松岡正剛

 最初に「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス」のことにふれておくが、これはある条件のもとにコピー(複製・転写)を自由にするというライセンスのことをいう。痛快なインタヴュアーでもあった津田君のたっての要望で、本書がこのライセンス付きの刊行物となった。
 わかりやすくいえば、本書を好きにコピペして、そこにどんどん自分の原稿などを書き加えてブログやウィキにアップロードしてくださって結構ですという本なのである。ただし非営利にしか使ってはいけない。このようなライセンス方式は、これからのコンテンツ・フューチャーにとってはきわめて重要な意義をもっている。
 ぼくの周辺でも、イシス編集学校の「離」のコースウェアを共有した“千離衆”とよばれる諸君とのあいだで、独自のコモンズが形成されつつある。“千離衆”は現段階で90人以上いる。なかにはかなりの文筆名人やウェブ猛者や技法鉄人がいる。図解センスがいい者もいる。いずれの“千離衆”も、すでに12週間にわたる苛烈な共同エクササイズを経験しているので(まあ、「知のビリーズ・ブートキャンプ」のようなものだと思ってもらえばいい)、相互編集はお手のものだろう。
 何をするかということについてはまだ詳しいことをリークできないのだが、ぼくの重量級テキスト(「文巻」と名付けたもの)や厖大インデックス(「目次録」と名付けたもの)をコーパスとして下敷きにしたうえで、みんなでここに書き加えていこうというものだ。さらには自在な自己編集と大胆な相互編集をほどこしていこうというものだ。おそらく一定期間がすぎると、かなり濃厚で愉快な編集コンテンツと編集コンテキストができあがるであろう。それを何年かにわたって積み上げたい。既存のソフトもおおいに活用させてもらうが、そのためのいくつかのソフトも開発するつもりだ。
 というわけで、クリエイティブ・コモンズはぼくにとっては当然のお勧めである。それが本書に付されたことをよろこびたい。

本書の裏表紙にある
「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス」のマーク
(左から「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス付き」
「著者クレジット表示」「非営利利用のみ」「改変禁止」の意)

 すでにジュリア・クリステヴァが提唱したように(1028夜)、世に流通したすべてのテキストはインターテキスト(間テキスト)になる潜在的可能性をもっている。またインターテキストになることによって、そこに新たなインターテクスチュアリティ(間テキスト性)が創発する可能性をもっている。
 これは書物と書物が結びあうというだけではなく、コンテンツを内包し、コンテンツを出力しているあらゆるメディア間において可能なことである。とっくにテッド・ネルソンが夢想していたことだ。とりわけビル・アトキンソンのハイパーカードのコンセプトが登場してからは、どんなメディア間にも多少の互換性の壁はあるものの、コンテンツを相互移動させるという面に視点を注ぐなら、ある程度の編集センスさえあれば、メディアをまたいでコンテンツを婚姻させつづけることは不可能ではなくなっている。ウィキペディアのような最初から誰でも使えるコンテンツは当然だとしても、機械機能がまったく異なるメディア間でもコンテンツ編集が気楽にできるようになってきた。
 たとえばユーチューブを使えば、テレビ番組を好きに編集してパーマリンクすることはいくらでもできるようになった。そこにDVR(デジタル・ビデオ・レコーダー)があれば、CF部分をすっかり除去することもできる。一見、メディア・テクノロジーと関係がなさそうなヒップホップなども、サンプラーが低価格になったおかげで誰もがブレイクビーツを作れるようになったわけで、それが日本語ヒップホップを含む編集コンテンツ型の音楽を爆発させたというふうにも言える。
 このようにメディアがあるところコンテンツがあり、コンテンツがあるところ自分なりの編集ができ、自分なりの編集ができるのなら相互編集メディアが、ウェブであれ、アニメであれ、音楽であれ、その分野の空き地をめがけて新たに芽生えていくことが可能なのである。
 問題があるとしたら、たいていは著作権に関することで、たとえばソニーが作った「ロケーションフリー」(ロケフリ)を永野商店が「まねきTV」というハウジングサービスに転用したときは、さっそく著作権法の「送信可能化侵害権」で訴えられた。これは「まねきTV」の勝訴となったけれど、こういう問題はしょっちゅうおこる。「録画ネット」や「MYUTA」は著作権侵害で敗訴した。「ナップスター」(ファイル交換ソフトの元祖)のように権利者からの訴訟をうけていったん停止し、その後に別会社によってサブスクリプション型に転換して蘇生した例もある。
 ともかくもそうした障害を乗り越えていく気さえあれば、コンテンツ・フューチャーはおおいにおもしろいものとなるはずなのだ。けれども、では最近のITコンテンツやメディア・コンテンツに目を見張るものがあるかといえば、その量の拡大にくらべて、質の愉快はおそろしく少ない状態なのである。

 では、本書の中からごく少々ではあるが、気になったコンテンツ・フューチャー問題をぼくなりの問題意識で案内しておくことにする。本書はサイドAが「放送と通信の融合」を、サイドBが「コンテンツのメディア文化性」を問うという構成になっているので、この二つに分ける。問題に対するぼくのコメントはこんな感じだ、というふうに読んでもらえばいいだろう。
A1:テレビが「おもしろ番組」にこだわっているかぎり、ここからコンテンツ・フューチャーは出てこない。TV的プッシュ機能にケータイ的プル機能を加えても事態は変わるまい。テレビ屋はテレビ以外の仕事をして、それをテレビに持ち込むのが一番の打開策だろう。
A2:ラジオの「ストリーム」や「アクセス」が声から文字に変わるときに生じる編集を見てみたい。古代このかた、世界史的なコンテンツの革命は、たいてい「声と文字の変換時」におきてきた。そこに注目するとよい。
A3:インターネットは世界の情報を収容するにふさわしいメディアとは思えない。いくつものメディアが放送・通信の垣根をこえたリセプタクル・メディアの様相を呈する必要がある。
A4:メディアをまたいだコンテンツ流通は技術の制約をうけるという見方があるが、コンテンツ・トランジットの際の技術制約こそ、逆に編集的自由を創発させるはずである。その創発力はなんらIT技術と関係がない。
A5:商品だけにロングテールがあるのではなく、コンテンツにもロングテールがある。
A6:放送と通信の溝を「アーカイブ」がつなぐんじゃないかという小寺・津田発言には賛同したい。ただしアーカイブ編集のためのフォーマットが多様に提供される必要がある。

B1:グーグルのページランクや価格コムのランキング表示がコンテンツに関与しているとは思えない。アクセス数が大事なのではなく、何をどのようなスコアとして表示するかという、スコア・クリエイティブが今後は要請される。
B2:CGM(コンシューマー・ジェネレイテッド・メディア)や協調フィルタリング(グーグルのリコメンデーション・システムが最も有名)の可能性を過信することが、いまメディア関連問題では最も危険なことになるだろう。
B3:デジタルな思考の0と1とのあいだのアナログ思考にこそコンテンツがあるはずだという津田発言に、賛同したい。が、そのためにはコンテンツだけではなくコンテキストのための思考ツールを開発しておきたい。それはおそらく「物語の母型」をもつことになる。
B4:ウィキペディアはブリタニカや超ブリタニカを越えないだろう。書きこむほうにブリタニカ以上の知識が蓄積されていないから、これは当然のことだ。それよりも「エンサイクロメディア」を志向してみたほうがいい。もっともウィキペディアがドキュメントモードとスレッドモードを分けたまではよかった。
B5:ウィキ(ウォード・カニングハムが開発したハイパーテキスト共同編集ソフト)の長所は、クリストファー・アレグザンダーのデザイン・パターン論がひそんでいることにあるけれど、それがまた限界にもなっている。なぜなら「意味」というものはセミ・ラティスでできているわけではないからだ。
B6:メディア・テクノロジーが次に挑むべきはアブダクションアフォーダンスであろう。そのうえで「意味を追うソフトウェアシステム」のために、コノテーションとデノテーションを瞬間湯沸かしできる機能の開発に乗り出すべきだ。

 さあ、以上のコメントが何を意図したものかは、ここでは解説しないことにする。小寺・津田の両君にはすぐにピンとくるかもしれないが、多くの読者は本書を手にしてから考えていただきたい。なにしろ今夜は、本書がまだ書店に並んでいない時点なので、これ以上のフライングはできないのである。
 ちなみに小寺君には『できるiPod』シリーズ(インプレス)、『メディア進化社会』(洋泉社)などの著書が、津田君には『だれが「音楽」を殺すのか?』(翔泳社)、『仕事で差がつくすごいグーグル術』(青春出版社)などの著書があるが、二人とも版元の要望なんぞをはるかに振り切った本を書いたほうがずっとおもしろくなるにちがいない。これ、両君へのお節介なコメントだ。