ウィリアム・ギブスン
ニューロマンサー
ハヤカワ文庫 1986
ISBN:415010672X
William Gibson
Neuromancer 1984
[訳]黒丸尚

 この作品が出たときはいささか驚いた。
 こういう感覚が出てきてほしいとおもっていたところへ、まさにドンピシャの人工虚構現実感覚のカレイドスコープだった。
 ヴァーチャル・リアルなのである。
 なんといっても、冒頭一行目から次のように始まっているのだから、そこが気にいった。「港の空の色は、空きチャンネルに合わせたTVの色だった」。
 これで、この新人作家がレイ・ブラッドベリの再来であることがすぐわかったが、読みすすむとギブスンはブラッドベリではなかった。ブラッドベリよりずっとオーガニック・マシナリーで、かつヴァーチャル・ダンディだった。

 この作品は出現したとたんに「サイバーパンク」というニュージャンルをつくり、あっというまにSFの歴史を塗り替え、そして、またたくまに文学史を飾る古典となった。
 ここにはなにもかもの電子的未来の原点が示されていたからだ。ここから、その後のデジタル・センセーションの大半のアイテムが飛び出していったのである。たとえば、最近でこそ知られてきたが、「マトリックス」という言葉を“共感覚幻想”の意味につかったのは『ニューロマンサー』が最初だった。

 舞台は、ニユー・イエン(新円)が乱れとぶ未来の日本の千葉シティである。
 出てくるものは電子擬態をこらしたマシンの数々、アーティフィシャル・ホルモンを打ちこんだ人造感覚の持ち主たち、本物か虚偽か見分けのつかない映像網、暗号と記号に満ちた会話とシステム、そういったものばかりである。
 1ページ進むたびに、いくつもの電界現象がしくまれていて、筋を追うよりも、そのブレードランナー的疾走感がたまらないようになっている。

 『ニューロマンサー』は生まれるべくして生まれたともいえる。そういう時代の足音が近づいていた。
 まずは1979年に、デビッド・マーの『視覚情報の表象と計算』、ホフスタッターの『ゲーデル・エッシャー・バッハ』、ラブロックの『ガイア』が揃い、それに、ちょっと自慢をいえば、ぼくが『全宇宙誌』を出した。ウォークマン、PC8001、YMOが登場した年でもあった。ここが『ニューロマンサー』の出発点なのである。
 ついで1980年、CD、CNN、トーキングヘッズ、キース・ヘリングとともに『第三の波』がお目見えし、マトゥラナとヴァレラの免疫学的非自己が躍り出した。

 1981年は、エリッヒ・ヤンツの自己組織化理論とMTVと「ウィザードリー」、1982年がATT分割とリドリー・スコットの『ブレードランナー』である。まだ富士通の「オアシス」が75万円もしていたころだ。
 1983年、パイオニア10号が太陽系を脱出したとき、地上ではエイズウィルスが発見され、ファミコンとハッカーが登場していた。そして1984年、32ビットのマッキントッシュやTRONとともに『ニューロマンサー』が登場する。お膳立てはすべて出揃っていたのである。
 タイトルの「ニューロマンサー」はニューロ・マンサー(神経的人間性)とニュー・ロマンサー(新浪漫派)がダブルミーニングになっている。このあたりのネーミングも、当時のニューロダイナミックスやニューラルネットワークの研究前線を反映していた。

参考¶ウィリアム・ギブスンには『カウント・ゼロ』『クローム襲撃』(いずれもハヤカワ文庫)『ヴァーチャル・ライト』(角川文庫)などの著作もある。
またギブスンはブルース・スターリングと組んでも傑作を発表している。その代表作が千夜千冊0008『バベッジのコンピュータ』でも紹介した『ディファレンス・エンジン』である。

コメントは受け付けていません。