ほんほん

ぼくは「本数寄」なのである

ほんほん54(最終回)

◆慶応義塾大学出版会から「世界を読み解く一冊の本」というシリーズが刊行されている。『旧約聖書』『クルアーン』『三教指帰』『西遊記』『カンタベリー物語』『百科全書』『言海』『伝奇集』『一九八四年』『薔薇の名前』の10冊だ。えっ、たった10冊かよと思うだろうが、その10冊に空海、チョーサー、大槻文彦、エーコが入っているのが絶妙な特色だと思ったほうがいい。ただし原著やその翻訳ではない。それぞれ著者が別にいて、これらを解読している。藤井淳の『三教指帰』を読んだが、なかなかユニークな視点になっていた。
◆千夜千冊では「世界を読み解く一冊」をできるだけ選んできた。これまで書いてきた1800冊の中の300冊から500冊くらいが、そういう本だったと思う。吉本隆明は、本はたいてい自分のかかわりとの関係で読むものだけれど、自分が関心のない本にめぐりあうにはどうすればいいかという問いに対して、それは「書物に含まれている世界」が決めてくれるのだと答えていた。すぐれた本は「書き手が世界をあらわしたくて書いているものだ」というのだ。その通りだろう。
◆ボルヘスは、本は記号の集合体であるけれど、そこに読み手がかかわるとその記号は千変万化に息づいていくと言った。エーコは、本はスプーンやハンマーやハサミ同様に500年前とまったく変わっていない形態のものだけれど、それは「スプーンがあれ以上の形をとれないこと」と同様に、実にすばらしい究極の姿なのであるとみなしていたのだ。
◆たしかに「本」はあの形がいい。四角くて、表紙と裏表紙にページがぎゅっと挟まれて、ちょっと重たげで、本棚に並べると背中が何かを訴えている。これは「物実」(ものざね)もしくは「憑坐」(よりまし)なのだ。
◆ぼくが「本」という形をとったブツにぞっこんになったのは、20代半ばに自分の6畳・3畳のアパートで本棚を手作りしたときあたりからで、そのとき、わずかな蔵書を少しずつカバー自装したせいだった。カバー自装というのは、中身は気にいったのに外見が気にいらない本に適当なカバー材を選んできて、そこにレタリングセットや油性ペンでタイトルなどを付けていったことをいう。物実らしくしておきたかったのだ。これで護法童子が走りまわるようになった。これで「本」と一緒に暮らすようになった。
◆そういうふうになったのは、やっぱり10代に本に夢中になったからで、それがもしギターや算数に夢中になっていたら、別の生き方をしていたのだろうと思う。昆虫学者になっていた可能性もあるし、聴診器や注射器が手放せない診療所に暮らすようになったかもしれない。
◆ぼくは家庭用品や生活用品にからっきし関心がない。自分の部屋にそういうものを揃えたくなかった。もっとはっきり言うと、「生活する」に関心がない。生活は好きな仲間と一緒にいたいという、ただそれだけだ。リラダンとタルホの影響が滲みこんだせいだろう。これがわが生き方だ。だからぼくの日々はいまだにロクな用品に囲まれていない。自動車や電子機器はスタッフに頼っているし、たいていの日々は誰かが介添をしてくれている。つまりは生活オンチなのである。このオンチのせいで生活用品が自分の周辺に不可欠だと思えない。
◆では何が不可欠かというと、それが「本」だった。本が炊飯器で、本が大工道具で、本が食い道楽で、本が旅行で、本が恋愛で、本がうたた寝なのである。そんなことだから、当時から部屋には本だけがふえるだけだったのだ。本以外で大事なのはジャケットとタバコくらい。
◆こんなふうなので、そうとうな読書家ですねえ、さぞかし希覯本や珍本が集まったでしょうねと言われるが、そうなのではない。たしかに読書はするが、たくさんの本を読みたいとは当初から思っていなかった。いまも冊数はカンケーない。「読書するという状態」に、科学や文学や音楽の秘密が隠れていると思っているので、その読書状態をなんとか持続させ拡張させていくための日々をおくることが好きなのだ。だから希覯本はいっさい集めない。文庫本でも十分なのである。
◆もう少し正確に言うと「読むこと」が好きなのだ。もっと正確に言うと「読み」が好きなのだ。さまざまな民族言語による言葉が組み合わさって、それが人麻呂やシェイクスピアやジャン・ジュネやガルシア・マルケスや阿木耀子になってきたということ、その多様性のプロセスと成果を読むことが好きなのだ。
◆これはどちらかといえば、植物や動物の進化を読んでいるのに近い。だから批評したり書評したりするのは、実はほとんど気が向かない。千夜千冊も一度も書評をしようと思って書いてはこなかった。空き番だらけの「本の進化の木」をひとつひとつ埋めているような気分なのだ。
◆ただし、またまた別のことを言うようだが、この文明の流れのなかで、言葉や「読み」が進化してきたなどとは思っていない。人類の思索や表現が進歩してきたとも見ていない。そういう進歩史観はもっていない。むしろ言葉が意味からずれ、何かを隠さざるをえなくなっていく様子や、書くことが「逸脱」をおこしていくのを読むことに、大いなる興味があったのである。
◆つまりは、ぼくの「本好き」は「本数寄」なのである。何かを数寄の状態にしていくための本なのだ。遁世の数寄なのだ。それが70年以上もずうっと続いてきた。千夜千冊はやめられないだろう。また、どこかに本棚を作って進ぜるという仕事も、きっと続くだろう。最近は「本の寺」に関心がある。まったくもって大変なビョーキに罹ったものだ。
◆さて一方、この「ほんほん」コラムはそろそろ「お開き」にしたいと思った。ブックウォッチャーを続けるのもどうかなという気にもなったのだ。別のコラムを始めるかもしれないけれど、どういうものかはわからない。そのときはそのときで、どうぞ御贔屓に。

> アーカイブ

閉じる

史的システムとしての資本主義

イマニュエル・ウォーラーステイン

岩波現代選書 1985

Immanuel Wallerstein
Historical Capitalism 1983
[訳]川北稔
装幀:中野達彦

頑固な資本主義論である。
史的世界システムとしての資本主義しか認めない。
しかし、その半分はカール・マルクスが、残り半分は
フェルナン・ブローデルが述べたことだったのではないか。
それでもなおウォーラーステインの独創があるとすれば、
システム理論の構築にあるはずなのだが、
これは反システム運動論になって、
たとえばルーマンの社会理論に及ばなかった。

 資本主義は歴史的なシステムで、かつて歴史的にシステムといえるものは、唯一、15世紀に発して今日につながる資本主義しかなく、それは「世界システム」となった資本主義だけである。

 これがウォーラーステインの言い分だ。あっけないほど、きわめて明快。それに頑固だ。だからこれ以上、何も付け加えることがない。
 まあ、それではそっけないだろうからあえて説明すれば、「世界システム」というのは、資本制的な分業がゆきわたっている地域・領域・空間にほぼあてはまるもので、その内部には複数の文化体が包含されている。
 この世界システムは歴史的な流れでみると、本来ならば、ローマ帝国やハプスブルク帝国やオスマン帝国のような政治的に統合された「世界帝国」になるか、もしくは政治的統合を欠く「世界経済」になっていくはずのものである。
 一言加えれば、世界帝国は「貢納」のかたちをとりながら辺境の経済的余剰を中核部に移送して、そのシステムの完成をめざしていく。他方、世界経済のほうは「交換」によって経済を拡張していくのだが、そこには世界帝国のような大きな官僚機構を支える必要がないぶん、しだいに余剰がシステムの成長にまわっていくようになる。
 したがって近代以前の世界システムはその成長プロセスで、たまたま世界経済めくことはあったとしても、まもなく政治的に統合されて、たいていは世界帝国に移行してしまう。たとえば産業革命をおこして巨大化したかに見えた大英帝国時代のイギリス経済も、資本主義の条件をいくつも発揚していたとはいえ「植民地をもった国民経済」であるにすぎず、資本主義が体現された世界システムとしての「世界帝国=世界経済」ではなかった。
 これに対して15世紀末から確立していったヨーロッパの世界経済こそは今日にいたるまで、ついに世界帝国化することなく、史的システムとしての世界経済をほしいままにした。
 ウォーラーステインが言うには、これが、これだけがヨーロッパ全域を背景として確立された世界システムで、それこそがイギリスを呑みこみ、オスマン帝国やロシアを呑みこみ、その他の地域の経済活動を一切合財吸収して、しだいに史的システムとしての資本主義、すなわちヒストリカル・キャピタリズムを完成させていったというのである。

 かなりはしょったし、言い方はいろいろあろうけれど、以上がウォーラーステインの主張の概略だ。
つまりは世界システムの資本主義は国民経済の中の資本主義が発展してだんだん世界化したのではなくて、資本主義は当初から世界経済のかたちをとって史的世界システムとして確立されたというのだ。
 ウォーラステインはこれを「万物の商品化」とも呼んだ。これは、たいへんわかりやすい。明快だ。こんなふうに書いている。
 「史的システムとしての資本主義は、それまで市場を経由せずに展開されていた各プロセスの広範な商品化を意味していたのである。資本主義はそもそも自己中心的なものだから、いかなる社会的取引も商品化という傾向を免れることはできなかった。資本主義の発達には万物の商品化に向かう抗しがたい圧力が内包されていた」。
 なるほど、これは説得力がある。たしかに多くの歴史は「万物の商品化」だったといえる。しかし、たったこれだけのことを強調したウォーラーステインが、どうしてまたあんなに経済思想界で流行したのかといえば、マルクス(789夜)とブローデル(1363夜)を下敷きにしたからだったろう。それ以外には考えられない。そのことについてあれこれ言いたいところだが、実は一昨日から歯が痛くて左顎部が腫れあがっていて、どうにも思考が怠慢になる。以下、少々の注をつけて、今夜はやりすごしたい。まことに申し訳ないが、あしからず。

 前夜にも書いたように、ぼくはウォーラーステインをブローデル(1363夜)の『物質文明・経済・資本主義』の途中に、しかも『地中海』をちらちら脇見しながら、かつ川勝平太(225夜)のウォーラーステイン批判を含んだ経済システム論を横目にしながら読んだ。
 これはむろん邪道な読み方で、腰を落ち着かせてウォーラーステインを読んだわけでも、まして学問成果として検討するように読んだわけでもなかったのだが、それはそれで付き合い方としてはよかったかなと思っている。いくつか納得するところはあるにはあるのだが、ウォーラーステインはあまりに図示的であり、また自信に満ちすぎているからだ。
 もともと本というもの、人との出会いと同じようなところがあって、最初にどんな出会い方をして、そのときどんな印象で付き合いが始まったかということが、アトに引く。むろん何かのきっかけでそのスタイルやテイストが一気に変化することもあるけれど、ぼくの経験ではリテラル・ライフ(読み書き人生)での本との付き合いは、人以上にその付き合い方が微妙に決まっていく。それでいいと思っている。
 ウォーラーステインもそういう一人だった。というのも、ぼくは自由主義や民主主義の定義が20世紀初頭まではともかく、その後はあまり役に立っていないように、資本主義についてもその発案的定義ならマルクス(789夜)やゾンバルト(503夜)で十分だと見ていたのだ。実際にもその後、資本主義をどのように見るかということは、いまだに決定的な解釈が確立していない。ケインズ、シュンペーターからハイエク(1337夜)、フリードマン(1338夜)まで、多くの見解が表明されてきたものの、どれも帯に短く襷に長かった。

 ところがそういう流れのなかで、「ヒストリカル・キャピタリズム」(史的システムとしての資本主義)という見方でしか資本主義を語るべきではない、なぜならそれ以外は資本主義ではないからだと、そこまで踏み込んで強調したのはウォーラーステインが初めてだったので、驚いたとともに、ちょっとやりすぎだと思ったのだ。
 一言でいえば歴史主義だし、よく言ってもブローデルの歴史観を反映させ、それをブローデルのように経済や生活にあてはめるのではなく、資本主義システムだけにあてはめたということが、こんな限定的な見方をもたらしたのだろう。だからウォーラーステインの資本主義の定義は、資本がそこに投下され、投資が投資を自己増殖させていくということに求められすぎた。これは資本の論理であって、このことはふつうは資本主義の一部の特徴でしかないのだが、ウォーラーステインは資本の増殖と循環をおこすシステムだけが世界システムの名に値するものだとみなしたのだった。
 しかもこのような見方は、ウォーラーステインがどう弁解しようとも、どう見ても合理的判断者の見本のような「ホモ・エコノミクス」を想定した資本主義論であり、しかも市場の中のホモ・エコノミクスではなく、「資本というホモ・エコノミクス」ともいうべきものによって資本主義を説明しきろうというものだった。これには与せない。アジアや日本の資本主義について言及していないのも気にいらない。
 というところで、今夜は打ち切りです。ごめんなさい。ああ、歯が痛すぎる。これは歯医者を代える必要がありそうだ。

s1364-04-g01.jpg

 

【参考情報】
(1)イマニュエル・ウォーラーステインは1930年、ニューヨーク生まれのユダヤ人。コロンビア大学出身。1976年以降はニューヨーク州立大学の社会学主任教授として、またフェルナン・ブローデルセンター所長として健筆をふるい、経済史学に、またアフリカ研究に大きな影響力をもった。
 ウォーラーステインの著書は多い。とくに、『資本主義世界経済』1・2(名古屋大学出版会)、本書、『近代世界システム』Ⅰ・Ⅱ(岩波書店)がよく読まれた。ほかに『アフター・リベラリズム』『脱=社会科学』『ワールド・エコノミー』『世界を読み解く』『長期波動』『ポスト・アメリカ』『ユートピスティクス』『脱商品化の時代』(いずれも藤原書店)、『大学闘争の戦略と戦術』(日本評論社)、『世界経済の政治学』(同文舘出版)、『ヨーロッパ的普遍主義』(明石書店)、『反システム運動』(大村書店)など。
(2)経済史を読むというのは、専門家以外にはあまり好まれないようだが、宇宙史や生物史、科学史や文化史と同様に、大いに読書のスサビとなるべきだ。ぼくは二人のカールによって、すなわちカール・マルクス(789夜)とカール・ポランニー(151夜)によって始めたけれど、もっと早めに多くのものを読むべきだったと悔やんでいる。たとえばシュンペーター、ジョン・ヒックス、アナール派の面々、山田盛太郎、大塚久雄、宇野弘蔵、速水融、角山栄、川勝平太、長岡新吉など。ちなみに先だって「中央公論」の対談で佐藤優と対談し、そのあと雑談したのだが、大塚久雄にも宇野弘蔵にも通暁しているのに感心した。ぼくは早稲田時代に黒田寛一とともに宇野経済学を読んだにすぎない。