ほんほん

ひさびさ千夜、古代史番組、湖北めぐり

ほんほん51

◆この一カ月、千夜千冊を書きそこねていた。いくつか理由はあるが、それでノルマがはたせなかったという説明にはならない。階段の昇り降りがへたくそだったとか、散髪がどうにもうまくいかなかったとかいうのに似ている。ずっと前のことだが、急に俳句が詠めなくなったり、人前で話すとなんとも食い違うということがあったりしたが、そういうことに近かったのだろうと思う。ロシアのことを書いて取り戻すことにした。
◆関口宏・吉村武彦と一緒に『一番新しい古代史』という番組をやることになった。BS・TBSの毎週土曜日のお昼から放映される。3チームが次々に用意するフリップ上の古代史クロニクルを関口さんが入念に辿っていくのを、ところどころで吉村さんが解説を加え、ところどころでぼくが勝手なイメージをふくらませるというやりかたで進む。1時間番組だが、30分ほどのリハのあと、本番用をだいたい90分か100分を撮って、それをプロダクション・チームが多少の取捨選択をして、絵やキャプションを付けて仕上げる。おかげで事前に、吉村さんの著書を読むのが仕事になった。これは仁義でもある。さきほどは岩波新書の『聖徳太子』と『女帝の古代日本』を再読した。
◆古代史の本はキリなくある。記紀・風土記・六国史をはじめとする史書をべつにすると、多くは研究者たちのもので、ぼくは研究者ではないからこれまでバラバラに、かつ好きに読んできた。なかにはとんでもない仮説に走ったものも少なくないが、それらにもけっこう目を通した。数えたこともないけれど、500冊や1000冊はとっくに超えているだろう。さあ、それで通史的にはどうまとまったのかというと、まとまるわけがない。とくにぼくは古代史の流れよりも古代観念の渦のありかたに関心があるので、万葉の歌や折口の文章に耽るのが醍醐味になってきたから、その手の読書がそうとう多い。これは通史的にはなりえない。間歇泉のような息吹とのつきあいなのだ。
◆それでもふりかえってみると、やはり内藤湖南・津田左右吉・石母田正・井上光貞・直木孝次郎・西嶋定生・小林敏男というふうに発表順・テーマ別にアタマの中に並べなおして、定番史観を眺めてきたようにも思う。研究じみてつまらないように思われるかもしれないけれど、いろいろ読んでいくと、そうなるのだ。それがまた歴史観の錬磨には有効なのだ。しかし、こういう並べなおし読書だけでは何も飛躍がない。歴史は通史がまとまればそれでおもしろいというわけではなく、『鎌倉殿の13人』ではないけれど、自分なりの人物像やドラマ性もギャップも想定できて、かつ一挙に細部に入り込んだり、巨きく俯瞰もできるようにならなければ、歴史を展いているという実感がもてない。
◆こうして結局は、火焔土器の本、スサノオをめぐる本、司馬遷、三韓や加耶についての本、仏教的言説、貴族の日記、新井白石、頼山陽を読み、松本清張や黒岩重吾や山本七平や安彦良和の『ナジム』(徳間書店)にも目を走らせるということになったのである。日本の古代史、実はまだまだ謎が解けてはない。わかってきたのはせいぜい3割くらいだろう。番組がどのくらい光をあてられるかはわからないけれど、多少はご期待いただきたい。
◆近江ARSのメンバーの用意周到な仕立てのおかげで、久々に湖北をめぐった。長浜・菅浦・大音(おおと)・石道寺(しゃくどうじ)・木之本を訪れた。長浜はわが父松岡太十郎の故郷なのである。いまの体力からすると3日の行程は少しきついのだが、存分な準備とサポートによって、いろいろ深い体感をものすることができた。劈頭に願養寺(松岡家の菩提寺)と梨の木墓地(松岡家の墓)に参ったのが、ぼくに湖北のヌミノーゼを散らしてくれた。
◆湖北は汚れていなかった。50年前の白洲正子の感嘆がほぼ残っていた。雨模様の夕方に近江孤篷庵(禅寺・遠州流)で時を偲んだときに、そのことがしっかり伝わってきた。しかしその一方で湖北が何かに堪えているようにも感じて、そこに多少のお手伝いをしなければと思った。帰って和泉佳奈子にも話したことである。
◆「東洋経済」が「世界激震! 先を知るための読書案内」を特集した。「ウクライナ危機の行方がわかる」と銘打って、橋爪大三郎・岡部芳彦・斎藤幸平・佐藤優・羽場久美子・輿那覇潤・津上俊哉・鶴岡路人といった面々が顔をそろえて危機を乗り越えるための本を推薦しているのだが、かなり知られた本が多く、やや失望した。橋爪・佐藤『世界史の分岐点』(SBクリエイティブ)、ウォルター・シャイテル『暴力と不平等の人類史』(東洋経済新報社)、輿那覇『平成史』(文藝春秋)、田中孝幸『13歳からの地政学』(東洋経済新報社)、六鹿茂夫『黒海地域の国際関係』(名古屋大学出版会)、ヨラム・パゾーニ『ナショナリズムの美徳』(東洋経済新報社)、福嶋亮太『ハロー、ユーラシア』(講談社)、イワン・クラステラ『アフター・ヨーロッパ』(岩波書店)、羽場『ヨーロッパの分断と統合』(中央公論新社)、秋山信将・高橋杉雄『「核の忘却」の終わり』(勁草書房)、橋爪『中国VSアメリカ』(河出書房新社)あたりがお薦めだろうか。ドゥーギンとプーチンの間を埋めるチャールズ・クローヴァーの『ユーラシアニズム』(NHK出版)が入っていないのは、どうしたことか。

> アーカイブ

閉じる

日本画の精神

坂崎坦

東京堂 1942

 坦は「しづか」である。明治20年生まれだから、村上華岳・安田靫彦・小村雪岱・九鬼周造折口信夫らと同世代だが、一般にはほとんど知られていない。
 早稲田から朝日新聞に入り、大正6年に『日本画談大観』を問うた。弱冠30歳。それからパリで3年ほど西洋美術を遊学して、晩年のモネが水蓮を描きつづけていたジヴェルニー邸などを松方幸次郎などともに訪れてもいる。
 昭和に入って学芸部長になると多忙をきわめたらしいが、その渦中で『日本画論大観』『画論四種』『フランス絵画の研究』『西洋美術史概説』『ドラクロワ』を書いた。日本の美術史家には珍しく画論を俎上にのぼらせることに堪能だった。その成果が本書に結晶した。次男に坂崎乙郎さんがいる。

 画論というのは、たとえば安西雲煙の『近世名家書画談』などが禅画を吟味しておもしろいにもかかわらず、画論の画論ともいうべきを議論する力量が問われるために、つまりいまふうにいえばテキスト解釈が難しいために、日本人はあまり手を出さない。
 言葉から言葉へ亙って美術を議論できない。これは音楽議論にもあてはまることで、そういうことがあったから、小林秀雄がゴッホやモーツァルトを綴ったときにそこに人々は「批評」があることを知って驚いたのだった。
 もうひとつ大問題があって、日本の絵画史そのものがほとんど画論をもってこなかった。江戸時代以前では、談話記録とはいえ雪舟の『天開図画楼記録』や等伯の『等伯画説』などまことに稀有なもので、これをもって日本人の近代の萌芽とはいえないまでも、ひとつの「出立」を記したといってもいいほどなのである。
 したがって日本の画論の大半はやっと江戸時代が爛熟してからであって、それも元禄の土佐光起『本朝画法大伝』、狩野光納『本朝画史』、狩野永真『画道要訣』をのぞくと、おおかたは文人画が芽生えてからの、ようするに南宗派の画論ばかりが目立っている。しかし、その文人たちの南画論をちゃんと読む者がいなかった。そこを坂崎坦はざっと200冊をこえて読みこんだ。その感想を綴ったのが本書なのである。

 ぼくは中国の画論をずっと読んできた。これは矢代幸雄や福永光司や長廣敏雄というすばらしい先達のおかげで、それなりに埋没できたのだが、長きにわたって日本画というか、大和絵や禅画や、江戸では国画という言い方も多かったのだが、その国画や、つまりは「和画」というもののおもしろみを、それなりの玄人の言葉で味わう機会に恵まれないでいた。
 本書はその渇望を一挙に癒してくれた。恵みの雨というよりも、ゴクゴクと喉を潤す刺激飲料だった。これは読書ならではの醍醐味である。
 たとえば桑山玉州の『玉州画趣』『絵事鄙言』。大雅が「本朝逸格の祖」であることを宣言したのは、この玉州が最初であった。ここには初めて和漢の徹底した切り離しが強調されている。茶の湯が珠光の「和漢のさかいをまぎらかす」をもって草庵の侘茶をおこしたのは、たしかに日本の文化の大きな第一歩であったけれど、そしてそこに「国焼」という和物の大胆な促進がおこったことはその通りなのだが、それはまだ和漢を比較したうえでの「和」であって、ただひたすらの「和」というものではなかったかもしれない。それを南画はぶっちぎった。それを大雅が果たした、というのが玉州の画論の言いたいところなのである。
 これをうけて中林竹洞の『画道金剛杵』や『竹洞画論』が、大雅・蕪村をならべて俳諧とも関連づけ、そこから雪舟という「起源」にさかのぼって跡づけた。これは初めて画論によって「歴史」を動いたというべき論調で、ここに日本人において初の「雪舟から大雅へ」という眼が生まれたわけだった。

 しかし、ここまではまだしも跡づけである。近代の眼に映る意味での「批評」は少ない。
 そこを踏み出したのが田能村竹田の『山中人饒舌』だった。竹田はもとよりその絵は群を抜いてすばらしいけれど、そのうえで画論があった。ぼくは本書で竹田の画論と出会えたことが大収穫だったのである。
 竹田は「墨有つて筆なき狩野派」と「筆有つて墨なき雪舟派」を断じて、この両方から高速で離れていく。こういうことができたのは竹田だけである。ここでは議論はさしひかえるが、のちのアーネスト・フェノロサや、フェロノサによって開眼した天心でさえ、この高速脱出には成功していない。
 その感覚をどう言ったらいいか迷うけれど、おそらくは「恬然」という言葉がぴったりだろう。恬然としての日本の南画。これが竹田が追求したかった日本画の魂だったのである。なぜ竹田がこのような手際を言葉にできたかは、本書では窺えない。きっと木村蒹葭堂との雑談がしからしむるところだったのではないか。

 本書はこのほか実に夥しい画論を次から次へと俎上にあげて、これを片っ端から裁断している。
 そのいちいちをいまは忘れたのが情けないが、渡辺崋山と椿椿山の画論と書簡はその後も親しんで、やはり本書のおかげで身に近くなったものだった。
 ところで、本書はごく最近になってぺりかん社の「日本芸術名著選」に入った。このシリーズはかなり入手しにくくなった日本の芸術論の名著をひとつずつ復刊しようとしたもので、たいそうありがたい。すでに藤岡作太郎の『近世絵画史』、石井柏亭の『日本絵画三代志』、飯島虚心の『河鍋暁斎翁伝』、鶴沢道八の『道八芸談』などが入った。こういう刊行努力こそ、不景気に喘ぐ日本に危機意識をふりまく評論家たちの阿呆なアジテーションより、また、いつまでたっても下手くそな日本文化論を聞かされるより、よっぽど日本の将来に役立っている。続刊を期待している。