ほんほん

ひさびさ千夜、古代史番組、湖北めぐり

ほんほん51

◆この一カ月、千夜千冊を書きそこねていた。いくつか理由はあるが、それでノルマがはたせなかったという説明にはならない。階段の昇り降りがへたくそだったとか、散髪がどうにもうまくいかなかったとかいうのに似ている。ずっと前のことだが、急に俳句が詠めなくなったり、人前で話すとなんとも食い違うということがあったりしたが、そういうことに近かったのだろうと思う。ロシアのことを書いて取り戻すことにした。
◆関口宏・吉村武彦と一緒に『一番新しい古代史』という番組をやることになった。BS・TBSの毎週土曜日のお昼から放映される。3チームが次々に用意するフリップ上の古代史クロニクルを関口さんが入念に辿っていくのを、ところどころで吉村さんが解説を加え、ところどころでぼくが勝手なイメージをふくらませるというやりかたで進む。1時間番組だが、30分ほどのリハのあと、本番用をだいたい90分か100分を撮って、それをプロダクション・チームが多少の取捨選択をして、絵やキャプションを付けて仕上げる。おかげで事前に、吉村さんの著書を読むのが仕事になった。これは仁義でもある。さきほどは岩波新書の『聖徳太子』と『女帝の古代日本』を再読した。
◆古代史の本はキリなくある。記紀・風土記・六国史をはじめとする史書をべつにすると、多くは研究者たちのもので、ぼくは研究者ではないからこれまでバラバラに、かつ好きに読んできた。なかにはとんでもない仮説に走ったものも少なくないが、それらにもけっこう目を通した。数えたこともないけれど、500冊や1000冊はとっくに超えているだろう。さあ、それで通史的にはどうまとまったのかというと、まとまるわけがない。とくにぼくは古代史の流れよりも古代観念の渦のありかたに関心があるので、万葉の歌や折口の文章に耽るのが醍醐味になってきたから、その手の読書がそうとう多い。これは通史的にはなりえない。間歇泉のような息吹とのつきあいなのだ。
◆それでもふりかえってみると、やはり内藤湖南・津田左右吉・石母田正・井上光貞・直木孝次郎・西嶋定生・小林敏男というふうに発表順・テーマ別にアタマの中に並べなおして、定番史観を眺めてきたようにも思う。研究じみてつまらないように思われるかもしれないけれど、いろいろ読んでいくと、そうなるのだ。それがまた歴史観の錬磨には有効なのだ。しかし、こういう並べなおし読書だけでは何も飛躍がない。歴史は通史がまとまればそれでおもしろいというわけではなく、『鎌倉殿の13人』ではないけれど、自分なりの人物像やドラマ性もギャップも想定できて、かつ一挙に細部に入り込んだり、巨きく俯瞰もできるようにならなければ、歴史を展いているという実感がもてない。
◆こうして結局は、火焔土器の本、スサノオをめぐる本、司馬遷、三韓や加耶についての本、仏教的言説、貴族の日記、新井白石、頼山陽を読み、松本清張や黒岩重吾や山本七平や安彦良和の『ナジム』(徳間書店)にも目を走らせるということになったのである。日本の古代史、実はまだまだ謎が解けてはない。わかってきたのはせいぜい3割くらいだろう。番組がどのくらい光をあてられるかはわからないけれど、多少はご期待いただきたい。
◆近江ARSのメンバーの用意周到な仕立てのおかげで、久々に湖北をめぐった。長浜・菅浦・大音(おおと)・石道寺(しゃくどうじ)・木之本を訪れた。長浜はわが父松岡太十郎の故郷なのである。いまの体力からすると3日の行程は少しきついのだが、存分な準備とサポートによって、いろいろ深い体感をものすることができた。劈頭に願養寺(松岡家の菩提寺)と梨の木墓地(松岡家の墓)に参ったのが、ぼくに湖北のヌミノーゼを散らしてくれた。
◆湖北は汚れていなかった。50年前の白洲正子の感嘆がほぼ残っていた。雨模様の夕方に近江孤篷庵(禅寺・遠州流)で時を偲んだときに、そのことがしっかり伝わってきた。しかしその一方で湖北が何かに堪えているようにも感じて、そこに多少のお手伝いをしなければと思った。帰って和泉佳奈子にも話したことである。
◆「東洋経済」が「世界激震! 先を知るための読書案内」を特集した。「ウクライナ危機の行方がわかる」と銘打って、橋爪大三郎・岡部芳彦・斎藤幸平・佐藤優・羽場久美子・輿那覇潤・津上俊哉・鶴岡路人といった面々が顔をそろえて危機を乗り越えるための本を推薦しているのだが、かなり知られた本が多く、やや失望した。橋爪・佐藤『世界史の分岐点』(SBクリエイティブ)、ウォルター・シャイテル『暴力と不平等の人類史』(東洋経済新報社)、輿那覇『平成史』(文藝春秋)、田中孝幸『13歳からの地政学』(東洋経済新報社)、六鹿茂夫『黒海地域の国際関係』(名古屋大学出版会)、ヨラム・パゾーニ『ナショナリズムの美徳』(東洋経済新報社)、福嶋亮太『ハロー、ユーラシア』(講談社)、イワン・クラステラ『アフター・ヨーロッパ』(岩波書店)、羽場『ヨーロッパの分断と統合』(中央公論新社)、秋山信将・高橋杉雄『「核の忘却」の終わり』(勁草書房)、橋爪『中国VSアメリカ』(河出書房新社)あたりがお薦めだろうか。ドゥーギンとプーチンの間を埋めるチャールズ・クローヴァーの『ユーラシアニズム』(NHK出版)が入っていないのは、どうしたことか。

> アーカイブ

閉じる

蘭学事始

杉田玄白

岩波文庫 1978 2000

原文 1815

 ぼくに欠けているもの、それは学問に対する真摯な彫琢を我が身に引き受けるということである。
 そのかわりといってはなんだが、真摯な彫琢に向かった学人の日々に対しては人一倍のリスペクトがある。子供のころに読んだ野口英世、キュリー夫人、高峰譲吉、ファラデーといった偉人伝を別にすると、おそらくルネサンスに立ち向かったブルクハルト、『プリンキピア』そのものに姿勢のすべてが貫かれているニュートン、ダーウィン以前の進化論を闘いつづけた学者たち、エルランゲン・プログラムの幾何学者フェリックス・クライン、曲率を構想したフリードリッヒ・ガウス、そんなところを知るにつれて憧憬は募り、他方、わが身にふさわしくない努力をおぼえたのかとおもう。
 実際に学人に出会ってもリスペクトはますます募った。化石の井尻正二レオナルドライプニッツ研究の下村寅太郎、漢字の白川静マルクス経済哲学の梯明秀は、ぼくの青春に鉄槌と優美をもたらした人たちだった。

 玄白の『蘭学事始』は、その内容もさることながら、最初は学問にとりくむ気概にふれたくて読んだ。
 まだ蘭学というものが世に知られていないころ、たった三人の青年が蘭学にとりくみ、そこでこつこつと始めたことを50年後にふりかえる、本書の内容はそういうものだが、この玄白83歳のときの回顧談は一度読んだらそれぞれの場面が焼き付いて、いつまでも忘れられないものがある。筑摩の「日本の思想」に入った杉浦明平校注のものだった。
 ところが一方で、本書を読んだことがぼくに編集の醍醐味をもたらしてくれたのでもある。ここではそのことを書いておく。

 本書は、いったいオランダの医学がどのように玄白らの手元に入ってきたかということが、最初に述べられる。
 南蛮船の通辞をしていた西吉兵衛が西流の外科をおこした。それが流行し、その流れになる玄甫・宗春・甫仙・玄哲という系譜が玄白に宿った。ほかに栗崎流・吉田流・楢林流など似たものもあったが、自分が若いころに影響をうけたのはむしろ桂川流で、桂川甫三の話をよく聞いたことが役立った。
 しかし、最初に着手しなければならないのは横文字の習得で、西善三郎や吉雄幸左衛門らが幕府の許可をもらって『コンストウォールド』(術語)という辞書に向かい、これを野呂元丈と青木文蔵とが正式に継承した。

 そんなおり、自分の友人に豊前中津の医官に育った前野良沢という奇人がいた。養父の伯父の宮田全沢がものすごい博学で奇人で、これが良沢に次のように教えた。
 すなわち「人というものは、世の中から廃れてしまうとおもような芸能こそ習っておき、いま人が捨てているような事を学ぶべきなのである」と。
 良沢はこのまことに闊達な教え通りに、吉益東洞の医術を修めるかたわら、一節切(ひとよぎり)の稽古や猿若狂言にも打ち込み、ついに秘曲をさえ極めた。
 この良沢にある日、坂江鴎という男が一冊のオランダ語の本を見せて、これを読めれば何かが得られるだろうかと問うた。良沢は国がちがい言葉がちがっても同じ人間のやること、やってやれないはずはないと言い、宝暦の末ころにさっそく青木文蔵の門に入って、その教えをすっかり習得してしまった。

 このように話は続く。前野良沢が颯爽と登場するところがめざましい。
 もう一人、この回顧談の前半を飾るのが平賀源内である。
 明和のころ、カピタンのヤン・カランスと外科医のパブルが江戸に来て手術を見せ、吉雄幸左衛門らを驚かせた。玄白も結局この幸左衛門に弟子入りするのだが、そんなおり平賀源内という浪人者がカランスと同席し、そこでカランスが見せた知恵の輪をたちまち解いてみせた。またその日見せた凝った細工物を、翌日になって複製して持ってきた。カランスは驚き、源内から東洋の本草学の内容を聞き、ここに東西の博物学・薬物化学が合流することになったというのだ。
 玄白はこの源内とつねづね話していたことがあった。それはオランダ人が見せることはとてつもなくすばらしいものが多いのに、われわれはかれらの本の一冊とて翻訳できないでいる。なんとか一冊くらいは翻訳できれば、それこそが日本を変えるのではないか。そういう会話だった。

 こうして東西の医学や博物学の両方に異様な関心をもつものがあらわれ、その一人の中川潤庵が江戸で二冊入手してきたのが『ターヘル・アナトミア』である。
 玄白はこれを見て、魅せられる。文字はさっぱりわからなかったが、図版が躍如していた。自分は貧しいので、藩の家老に頼んで一冊買いあげてもらった。
 この先、いよいよ有名な千住骨が原でおこなわれた夜の腑分けに立ち会う場面になっていく。山脇東洋の教えをうけた腑分けは驚くべきものだった。何が驚くべきものかというと、オランダの医学書の図とぴったり同じものが解剖されたからである。
 腑分けの帰途すぐに、玄白と良沢と淳庵は『ターヘル・アナトミア』に着する決意を夢中で述べあい、論じあい、翌日は良沢の家で相談が始まる。

 ここからの、『解体新書』に向かっての編集方針の確立ともいうべきが興味深いのである。
 まったく前後の皆目もつかない横文字と解剖図に対して、ともかくもそれらの符牒合わせのリストを作り、それに一つずつ訳語を当てていこうというのが最初の手続きになっていく。それがのちの『解体新書』の「形体名目篇」になるのだが、このあたりの苦心苦闘が手にとるように伝わってきて、なんとも愉快なのだ。
 まず、対応、ついで、照応、その次に和風の名付け、そのくりかえし。この手順は一編集者として、とてもよくわかる。
 いいかえれば、ここには西洋の学問の最初の導入確立という快挙の経緯とともに、それにあたって編集的な方法がおおいに取沙汰されて、未知の構図を突破していったということが、同時に語られているということなのだ。
 本書がぼくの学問へのリスペクトにもとづいた一書であり、それとともに編集的なかかわりの意味をもたらしてくれたというのは、まさにここである。
いま、ふりかえっても何かがぞくぞくと泡だつごとくに蘇る。