立岩二郎
てりむくり
中公新書 2000
ISBN:4121015150

 著者は独自の「てりむくり」の民間研究者である。建築設計出身のようだが、どんな人なのかは知らない。素性はどうでもいい。ぼくがずうっと感じていたことでありながら、ついつい放置してきたことを正面きって取り組んでくれた。
 「てりむくり」は「照り起くり」で、照りは反りのことを、起くりはゆるやかな起き上がりのことをいう。「てりむくり」の典型はいまでも風呂屋や和風旅館の正面の唐破風(からはふ)のカーブの線でよく見かける。左右に広がった屋根の端が反った照りの流れを中央にうけ、そこからむっくり起き上がった柔らかい起くりが構える。中央がなだらかな山、左右に流れた尖がすこし反る。
 これが「てりむくり」である。西本願寺飛雲閣や東照宮陽明門や各地の唐門に端的だ。
 ぼくはこの唐破風がずっと好きだったのである。唐破風にはなんともいえない「絶対矛盾的自己同一」(西田幾多郎)がある。

 日本家屋の屋根は直線的で平面的な切妻をベースにして、寄棟屋根や入母屋屋根などのヴァージョンをつくってきた。
 そのなかにカマボコ型にふくらんだ起くり屋根の曲線と軒先に向かって反っていく照り屋根の曲線とがあった。この起くり屋根と照り屋根の曲線は、相反する関係にある。その凸曲と凹曲との相反する曲線をみごとに連続させたのが「てりむくり」である。神社建築、神輿(みこし)、唐門などの屋根にはたいていこの「てりむくり」が生きている。
 しかしぼくが好きな「てりむくり」は単なる波状曲線ではない。それなら反転曲線にすぎない。ヨーロッパ建築にも、古代ギリシア期にイオニア式の柱頭を飾ったヴォリュートやバロック期の軒先や窓枠を飾ったカルトゥーシュという線がある。流水文様あるいは植物文様のような線で、これが複雑に組合わさった装飾線はたしかにヨーロッパならではの景観を補助してきた。アールヌーボーにもこの線が乱舞した。けれどもこれらはあくまで装飾文様のための線で、それが屋根に出てくることはない。
 日本の屋根の「てりむくり」は箕甲(みのこう)という二層構造の厚みが生んだ独得のカーブなのである。屋根の上側の野垂木の曲線と下側の軒裏の化粧垂木の曲線の幅がつくるものを箕甲というのだが、その曲面ウェハース型ともいうべき箕甲が、まことに優美で永遠な二重曲線性をつくったのだ。ぼくが好きなのはこの二重てりむくり曲線なのである。

 おそらく「てりむくり」が出現したのは弘仁貞観以降のことで、最初は密教寺院の軒先か、あるいは神仏習合がすすんだ神宮寺の全面にあらわれた。
 奈良時代の寺院は仏を安置する金堂中心の建物で、そこには僧堂や礼拝のための空間はつくられていなかった。それが密教導入後は多様な機能をもつ空間構造が要求されるようになったにちがいない。本書によれば、この多様なニーズにこたえる建築の工夫としては、ひとつには正堂の前に礼堂を新たに一棟つくってしまう方法と、もうひとつは正堂の前面の庇を長くのばし、その軒下に生じた空間を拡充していく方法とがあった。後者の方法は元の屋根をそのまま活用する方法なので、別棟を立てるよりもコストがかからない。庇を長くとったぶん孫庇を設ければ、そこに別空間もつくれる。
 どうもこの方法から「てりむくり」も生まれたのではないかというのである。
 ただし、重い瓦屋根のまま長く延長するのは建築的強度に限界がある。そこで途中から檜皮葺(ひわだぶき)の屋根をくっつける。接合する。そしてその檜皮葺の屋根に正面性をもたらすために、破風という様式を工夫した。そこにさらに和漢折衷の感覚が加わった。瓦屋根が本来もっているソリ(照り)に、檜皮のもっているムクリ(起くり)の曲面加工性をたくみに連続させたのである。

 著者は「てりむくり」が中国・韓国にも、インドや東南アジアにも、またイスラム寺院にも見られないことを点検している。むろんヨーロッパにも装飾文様をのぞいてそんな様式はない。
 そうした点検のうえで、「てりむくり」は日本独自の"発明"だと断言する。
 なぜ日本にこのような独自の曲面あるいは曲線が生まれたかという説明は、朝鮮の郷歌と異なる和歌が生まれた理由や、ステップロードの衣装とも東アジアの衣装とも異なる着物が生まれた理由の説明などと同様に、正確にすることは難しいのだが、おそらくは本地垂迹が進み、「寺院の礼堂と同じ役割を担う拝殿が、神のいる本殿の前につくられ」、端的にいうのなら、仏教建築にひそむテリと自然信仰からおこった神祇建築のムクリとが習合したのであろう。まさに絶対矛盾の自己同一だった。

 しかし、いったん生まれた「てりむくり」はその後の日本人の心を捉えただけではなく、明治以降に、国際社会に打って出ることになった日本が日本人の造形感覚の代表的なものとして、これを象徴的にプレゼンテーションしていくことになった。
 すなわち和漢折衷から生まれた「てりむくり」は、明治を迎えて和洋折衷の象徴にもつかわれたのである。
 近代の「てりむくり」は初期には国内各地に出現した、いわゆる「擬洋風建築」にあらわれる。立石清重の設計による松本開智学校はその典型だ。つづいて海外の万国博の日本館にも「てりむくり」が頻繁に活躍した。とくに1904年のセントルイス博覧会では久留正道が寝殿造りの釣殿風のパビリオンに唐破風をつけ、日本フェア会場の入口にも日光陽明門を擬した「猫の門」をつくって、そこに千鳥破風と唐破風をくみあわせた。
 ちなみに久留は1893年のシカゴ博でも平等院鳳凰堂を模した日本館をつくって、フランク・ロイド・ライトに強烈なインパクトを与えた建築家である。
 その後も、妻木頼黄、伊東忠太、岡田新一郎たちが唐破風の「てりむくり」を記念碑的な建築や東京歌舞伎座のような建物に頻繁に登場させるのだが、やがて日本が満州事変に向かうなか、多くの大日本帝国式の記念建築は「帝冠様式」とよばれる照り屋根だけのものになっていく。
 このあたりの事情については、すでに「千夜千冊」第253夜の井上章一『アート・キッチュ・ジャパネスク』にもふれておいた。日本のファシズム建築は、これは強調しておいてよいことだろうが、九段会館(軍人会館)にみられるように、「てりむくり」の矛盾的造形を排除したといってよい。

 戦後、「てりむくり」は現代建築にも蘇ってきた。最も「てりむくり」を導入したのは村野藤吾である。大阪新歌舞伎座、日比谷日本生命ビル、宝塚カトリック教会、箱根樹木園休息所、小諸小山敬三美術館、新高輪プリンスホテルなどには大小の「てりむくり」が組み合わされた。
 村野藤吾は、最初は大阪新歌舞伎座の前面のように、実に36もの唐破風が連続するという大胆を主張するのだが、その後は、「てりむくり」を建築の基本構造のコンセプトにまで深めていった。それは「建築そのものを地表の皮膜の起くりととらえ、立ち上がった起くりはその根源で照りながら地表に還元されていると見立てている」というようなところにあらわれる。宝塚カトリック教会にはこの思想がよく具現化された。
 本書は、村野によって華麗に再生された現代建築における「てりむくり」の表現動向を、その後の世代の建築家の石井和紘、渡辺豊和、葉祥栄、鈴木エドワード、高松伸などの作例の中にも追っている。一方で、神輿や風呂屋や霊柩車などにみられる唐破風の「てりむくり」の実例もカバーする。ともかく本書一冊がまさに照り起くりそのものとしてうねっている。

 ぼくはこのような試みはもっともっとあらわれていいとおもっている。
 「てりむくり」だけではない。たとえば躙口と床の間をもった四畳半に代表される茶室は日本にしか見られないものであるが、そこには朝鮮民家からの影響や中国山水画に描かれた点景にヒントを得ているところもありながら、それでもなお類例を見ない空間様式と
遊芸様式の統合が確立されたという事実がある。
 さきほども書いたように、和歌という様式も、よくよく考えてみると不思議なもので、なぜ五七五七七が確立したのか、そこになぜ枕詞や縁語や歌枕が加わったのか、実ははっきりしていない。
 空間様式や美術様式ばかりではない。親鸞の思想や三浦梅園の思想にも独自なものがある。
 べつだん日本の独自性を探しまわってこれを並べたて、それを誇る必要はないのだが、これまでの研究があまりにもそちらに向いてこなかったという傾向をもっていたことも否めない。
 また、日本文化の独自性を誇ろうとするあまり、井上章一が建築史からはいつもそこを問題にしてきたのだが、勝手な推理や都合のよい応援事象を牽強付会にくっつけて、独自性の証拠にしてきたというザマが多かったことも否めない。
 だから、ともかくも、もっともっと突っ込んでいくべきなのだ。あまりにも見えないままになっていることが多すぎる。

 わかりやすい例でいえば、演歌だ。演歌が日本人のなにがしかの心情を象徴しているだろうことは多くが認めるところだが、さて、どのようにしてあのような演歌の特徴が確立していったのかということになると、中山晋平や古賀政男の研究をはじめ、ほとんど手をつけられていない。
 ぼくが影響をうけた小泉文夫さんはなんとかそこに着手しようとして、途中で急逝してしまった。武満徹さんも演歌を調べるには浄瑠璃から豊後節が出てきたところを考えなければいけないよねえと言っていた。
 実証だけが研究ではない。豊かな想像力も必要だ。もっと以前のことをいうなら、「日本」が「日本流」をつくりだすプロセスに共通なOSのようなもの、プログラミング言語の文法のようなものがあったことも研究するべきである。
 そういう意味で、本書『てりむくり』は記述のやや説明の不足もあるものの、勇気ある一冊だった。その後、あまり話題になっていないようだが、批評批判を含めて、本書がもっと読まれることを期待している。

コメントは受け付けていません。