ほんほん

ひさびさ千夜、古代史番組、湖北めぐり

ほんほん51

◆この一カ月、千夜千冊を書きそこねていた。いくつか理由はあるが、それでノルマがはたせなかったという説明にはならない。階段の昇り降りがへたくそだったとか、散髪がどうにもうまくいかなかったとかいうのに似ている。ずっと前のことだが、急に俳句が詠めなくなったり、人前で話すとなんとも食い違うということがあったりしたが、そういうことに近かったのだろうと思う。ロシアのことを書いて取り戻すことにした。
◆関口宏・吉村武彦と一緒に『一番新しい古代史』という番組をやることになった。BS・TBSの毎週土曜日のお昼から放映される。3チームが次々に用意するフリップ上の古代史クロニクルを関口さんが入念に辿っていくのを、ところどころで吉村さんが解説を加え、ところどころでぼくが勝手なイメージをふくらませるというやりかたで進む。1時間番組だが、30分ほどのリハのあと、本番用をだいたい90分か100分を撮って、それをプロダクション・チームが多少の取捨選択をして、絵やキャプションを付けて仕上げる。おかげで事前に、吉村さんの著書を読むのが仕事になった。これは仁義でもある。さきほどは岩波新書の『聖徳太子』と『女帝の古代日本』を再読した。
◆古代史の本はキリなくある。記紀・風土記・六国史をはじめとする史書をべつにすると、多くは研究者たちのもので、ぼくは研究者ではないからこれまでバラバラに、かつ好きに読んできた。なかにはとんでもない仮説に走ったものも少なくないが、それらにもけっこう目を通した。数えたこともないけれど、500冊や1000冊はとっくに超えているだろう。さあ、それで通史的にはどうまとまったのかというと、まとまるわけがない。とくにぼくは古代史の流れよりも古代観念の渦のありかたに関心があるので、万葉の歌や折口の文章に耽るのが醍醐味になってきたから、その手の読書がそうとう多い。これは通史的にはなりえない。間歇泉のような息吹とのつきあいなのだ。
◆それでもふりかえってみると、やはり内藤湖南・津田左右吉・石母田正・井上光貞・直木孝次郎・西嶋定生・小林敏男というふうに発表順・テーマ別にアタマの中に並べなおして、定番史観を眺めてきたようにも思う。研究じみてつまらないように思われるかもしれないけれど、いろいろ読んでいくと、そうなるのだ。それがまた歴史観の錬磨には有効なのだ。しかし、こういう並べなおし読書だけでは何も飛躍がない。歴史は通史がまとまればそれでおもしろいというわけではなく、『鎌倉殿の13人』ではないけれど、自分なりの人物像やドラマ性もギャップも想定できて、かつ一挙に細部に入り込んだり、巨きく俯瞰もできるようにならなければ、歴史を展いているという実感がもてない。
◆こうして結局は、火焔土器の本、スサノオをめぐる本、司馬遷、三韓や加耶についての本、仏教的言説、貴族の日記、新井白石、頼山陽を読み、松本清張や黒岩重吾や山本七平や安彦良和の『ナジム』(徳間書店)にも目を走らせるということになったのである。日本の古代史、実はまだまだ謎が解けてはない。わかってきたのはせいぜい3割くらいだろう。番組がどのくらい光をあてられるかはわからないけれど、多少はご期待いただきたい。
◆近江ARSのメンバーの用意周到な仕立てのおかげで、久々に湖北をめぐった。長浜・菅浦・大音(おおと)・石道寺(しゃくどうじ)・木之本を訪れた。長浜はわが父松岡太十郎の故郷なのである。いまの体力からすると3日の行程は少しきついのだが、存分な準備とサポートによって、いろいろ深い体感をものすることができた。劈頭に願養寺(松岡家の菩提寺)と梨の木墓地(松岡家の墓)に参ったのが、ぼくに湖北のヌミノーゼを散らしてくれた。
◆湖北は汚れていなかった。50年前の白洲正子の感嘆がほぼ残っていた。雨模様の夕方に近江孤篷庵(禅寺・遠州流)で時を偲んだときに、そのことがしっかり伝わってきた。しかしその一方で湖北が何かに堪えているようにも感じて、そこに多少のお手伝いをしなければと思った。帰って和泉佳奈子にも話したことである。
◆「東洋経済」が「世界激震! 先を知るための読書案内」を特集した。「ウクライナ危機の行方がわかる」と銘打って、橋爪大三郎・岡部芳彦・斎藤幸平・佐藤優・羽場久美子・輿那覇潤・津上俊哉・鶴岡路人といった面々が顔をそろえて危機を乗り越えるための本を推薦しているのだが、かなり知られた本が多く、やや失望した。橋爪・佐藤『世界史の分岐点』(SBクリエイティブ)、ウォルター・シャイテル『暴力と不平等の人類史』(東洋経済新報社)、輿那覇『平成史』(文藝春秋)、田中孝幸『13歳からの地政学』(東洋経済新報社)、六鹿茂夫『黒海地域の国際関係』(名古屋大学出版会)、ヨラム・パゾーニ『ナショナリズムの美徳』(東洋経済新報社)、福嶋亮太『ハロー、ユーラシア』(講談社)、イワン・クラステラ『アフター・ヨーロッパ』(岩波書店)、羽場『ヨーロッパの分断と統合』(中央公論新社)、秋山信将・高橋杉雄『「核の忘却」の終わり』(勁草書房)、橋爪『中国VSアメリカ』(河出書房新社)あたりがお薦めだろうか。ドゥーギンとプーチンの間を埋めるチャールズ・クローヴァーの『ユーラシアニズム』(NHK出版)が入っていないのは、どうしたことか。

> アーカイブ

閉じる

伊東忠太動物園

伊東忠太・藤森照信・増田彰久

筑摩書房 1995

 明治神宮や築地本願寺や湯島聖堂や平安神宮を設計した伊東忠太の設計作品の案内ではなく、建造物に付与された動物装飾だけに焦点をあてた一冊だ。いかにも藤森照信の企画っぽい。写真は増田彰久による。「予は何の因果か、性来、お化けが大好きである」に始まる伊東の怪物文様学の論文もいくつか収録されている。ちょっと南方熊楠、ちょっとバルトルシャイティスだ。
 伊東忠太については、いまなお評価が一定していない。さまざまな議論がおこっている。日本の近代建築は初期の擬洋風時代のあと、ジョサイア・コンドルによって鹿鳴館や三菱邸がもたらされると、その弟子の辰野金吾の日銀本店・東京駅、片山東熊の京都国立博物館・赤坂離宮、さらには妻木頼黄の東京府庁・日本勧業銀行などによって、いわば堂々たる本格洋風複合期を謳歌するのだが、ここでいったん頂点からの転回をはかりそこねた。そこへ登場するのが伊東忠太である。
 卒論に「美は常に其形を変じ、其状を替へて各般の物体中に潜伏するものなり」という哲学をひっさげての登場だった。早くから言葉と歴史と様式の合理と合体を標榜できた。そこで伊東は洋風一辺倒の明治建築に対抗し、ユーラシア全域を背景とする建築に果敢にとりかかっていった。しかしその建築作品と建築思想はいまなおアジア主義の成果だとか、国粋主義的な建築物だとか、国威発揚に走ったとか、いやいやその造形力は日本建築史でも屈指の独創性をもっているとか、毀誉褒貶がはなはだしい。最近では井上章一が「法隆寺=ギリシア起源論」(いわゆるエンタシス論)に象徴されるその荒唐無稽な建築史論に嚙みついた。

 ぼくはどうかといえば、子供のころに京都の祇園閣があまりに変な建物なのでそれに魅かれて写生をしたことが奇縁となってしまったのか、伊東忠太にはずうっと好もしく引っ張られてきたふしがある。祇園閣はもともとは大倉財閥大倉喜八郎(1134夜参照)の別荘で、伊東が設計した。
 伊東の設計とは知らずに共感したものも少なくない。湯島聖堂を初めて訪れたときにもその静謐な色に感動したし(その後、ここでアレックス・カーが川瀬敏郎の花を相手に書のパフォーマンスをしたのを玉三郎と一緒に見て、あらためて湯島聖堂に感心したものだった)、築地本願寺を見たときも、阪急梅田駅のドームに最初に包まれたときも、正直いって奇妙な共感をおぼえた。
 そんなこんなで、伊東忠太は近代ジャパネスクのルーツとしての役割を存分に果たしたわけである。そのことには感慨がある。もっとも、そんなことを言うからおまえはナショナリストなんだよという連中もいるだろうが、こういう輩には胸倉をつかんで、「何がナショナリズムか説明をしてみよ」と言いたい。
 念のため書いておくが、なぜ伊東忠太をおもしろがるとナショナリスト呼ばわりされるかというと、おそらくは伊東が明治神宮や靖国神社や宮崎神宮の設計者であって、かつ神社木造論の提唱者であるからだろう。神社木造論とは、「神社は人間の住宅ではなくして神霊の在ます宮居であり、その神霊の生活は劫久に不変である」(1927「神社と其の建築」)というもので、神社は木造にすべきだという主張である。伊東はこういう思想を披瀝して、頑として譲らなかった。そこが、ナショナリズムならなんでも非難したいという評論家たちの気にいらないところなのである。
 
 伊東忠太は明治元年が1歳である。米沢に生まれた。幸田露伴・尾崎紅葉・夏目漱石・宮武外骨・藤島武二らと同い年になる。
 東京帝国大学の造家学科を卒業して、26歳の明治25年に「建築哲学」という論文を書いていた。32歳で「法隆寺建築論」(これが例のエンタシス論)を執筆して建築史を開拓し、36歳のときにそれを確かめるべく中国・インド・ペルシア・トルコを驢馬にまたがって、3年をかけてユーラシアを踏破した。ギリシア神殿と法隆寺とを結ぶ決定的証拠はほとんど見つからなかったのだが、そのかわりヒンドゥ・仏教建築の大半を見た。こんなに多くのアジア建築の実物を見た日本人はほかにはいない。
 39歳で東京帝国大学の教授となると、43歳で「建築進化論」を発表した。ついで、明治最後の年に真宗信徒生命保険会社という大胆な建物を設計して、自身の成果を初めて造形化した。その後、ぼくが遊んだ祇園閣や湯島聖堂、また一橋大学の校舎群(図書館・兼松講堂)などを次々に発表した。築地本願寺は昭和九年の完成だ。この間、敦煌をはじめとする仏教遺跡探検隊を組織した浄土真宗の総帥だった大谷光瑞とはぴったり結ばれている。

 いまこの文章で伊東忠太の建築デザインを評論する気はないが、一言だけ感想を言っておくと、伊東は外部の造形によって内部が圧し潰されない建築設計をめざしたはずなのに、やはり内部の造形には力およばず、結果としてはむしろナショナリズムを体現できなかった建築家だったとおもう。その造形は、どちらかといえばユーラシア主義ともいうべきもので、ぼくには早坂文雄の作曲技法が聴こえてきたりする。早坂文雄もアジア主義の音楽を提唱して、40代半ばで亡くなる直前に交響組曲《ユーカラ》を完成させた。
 本書はこうした伊東の意匠戦歴から、西本願寺真宗信徒生命保険会社(1912・現在は布教研究所)、阪急梅田駅壁画(1923)、一橋大学兼松講堂(1927)、京都東山の祇園閣(1927)、ホテルオークラの大倉集古館(1927)、本所横網の震災記念堂(1930・現在は東京都慰霊堂)、靖国神社の遊就館(1930)、湯島聖堂(1935)、築地本願寺(1934)などをとりあげ、そのファサードや柱頭や屋根の各所に付着した怪獣や幻想動物のみを解説した。
 この藤森のとった視点は、伊東忠太を壊さず褒めすぎず、恋慕を失わず内奥を問題にせずという“距離”をいかして、なかなか憎いものになっている。ないしはずるいものになっている。

 行ってみるか、写真を見ればすぐわかるように、伊東が執着した動物たちは、すべて異形のものたちである。その異形のイコンにはそれぞれ土地と歴史と民族の記憶とが生きている。伊東はそれを誇らしげに建造物の結節点にあしらった。しかし、いつしかそうした異形や異物は交じり合い、変形しあって、ついにそのイコンとしての機能を近現代になって喪失していった。いまではただの“お飾り”になってしまったものたちばかりである。
 伊東がそれを起源の造形を扶けるかのように、自分の設計した建造物の片隅に蘇らせようとしたのは想像するに難くない。寡黙であって饒舌な異物たちは、日本人が忘れてしまったユーラシアの記憶なのである。アニマの再来なのである。
 それだけに、見ているとなんだか痛ましい気分にさえなってくる。慈しみやいとおしささえ感じてくる。けれども本書に収録されている論文を読んでもわかるように、伊東は大真面目だった。それどころか、現在なお各地の建物からこちらを睨んでいる空想動物たちを眺めていると、そこからはユーモアあるいはブラックユーモアの力さえやってくる。それもそのはずで、伊東は北斎漫画に憧れて漫画も手慰みにした人だった。そういう目でみれば、伊東は水木しげるや楳図かずおや小松和彦や荒俣宏の先駆者だったということになる。
 そこでふとおもうのは、意外なことに、きっと伊東忠太はホルヘ・ルイス・ボルヘスのような資質の持ち主なのではなかったかということだ。ボルヘスは『伝奇集』に見られるように、われわれの想像力の裡にひそむ幻想的構造や複合的物語を探り出してみせた魔術的意匠家だった。そこには「見えないもの」こそが可視化され、すでに「見えていたもの」が入れ子のように折り畳まれた。ボルヘスは言葉の技能を駆使して異能異物の表象をデザインしてみせたのだが、その手法にはどこか伊東忠太のユーラシア主義に通じるものがある。
 なお、これは付け足しだが、朝日新聞社が「20世紀の千人」として全10巻のシリーズを刊行したとき、日本の建築家でとりあげられたのは伊東忠太・村野藤吾・前川国男・西山夘三・丹下健三・磯崎新・安藤忠雄の7人だった。この人選はかなり恣意的なものであるが、7人の顔ぶれのなかではとりわけ伊東忠太の組み込みが、まことにもって異様きわまりない。

「怪奇図案集」 絵:伊東忠太

参考¶伊東忠太を読むには『伊東忠太著作集』全11巻がある。その多くが戦前に『伊東忠太建築文献』全6巻に入っていた。伊東をめぐる本格的評論はいまなおないが、たとえば中谷礼仁『国学・明治・建築家』(一季出版)、五十嵐太郎『近代の神々と建築』(廣済堂出版)などの新たな視点の議論が出てきて、頼もしい。これらの嚆矢ともなったのが井上章一『法隆寺への精神史』(弘文堂)であったろう。なお近代建築史の入門には本書の企画執筆者でもある藤森照信の『日本の近代建築』上下(岩波新書)が手頃。