ほんほん

書物こそ梁山泊である

ほんほん52

◆ミカラデタサビ。いろんなことがミカラデタサビである。できるだけ、そう念(おも)うようになった。齢(よわい)のせいだ。侘びたくもあり、寂びたくもある。とはいえ、読みたい本も言い残していることも、かなりある。
◆コロナのせいにしてからのことか、それともオンラインでそこそこ何でもできると踏んだせいなのか、このところ仕事場に来ない連中が多い。7、8年前から、ずいぶん安易に休むようになっているなと思っていたが、たいていは体調のせいらしく、それならまあ仕方がないかと言い聞かせてきたのだけれど、そんなに休んでいるのにかえって本当に体が悪くなるようで、そのうち病院に行く。そんなことをしていてどうするのかと心配していたら、そこにコロナ・エピデミックが到来して、これらいっさいが正当化されていくように解釈されていった。いや、うちの仕事場だけでなく、仕事相手の職場にもそれを感じる。
◆そんなふうにすることが「働き方改革」やSDGsだと言うのなら、そういう明るいヴィジョンにもとづいた「本位のルール」を遵守する世の中とは、ぼくはとても付き合えない。そういう世なら好きに「世捨て人」していたい。これが高齢特有の老いの繰り言だというなら(まあ、そうだろうが)、それでかまやしない。いやいや、松岡さん、実はわれわれも困っているんです、何かヒントをくださいと言うなら、そういう諸君には21世紀の梁山泊こそがおもしろいということを伝えたい。
◆横尾忠則の『原郷の森』(文藝春秋)が途方もなくおもしろかった。横尾さんの書くもの、たとえば日記や書評もいろいろ読ませてもらったけれど、これはそれらを縦横にまたいだ抜群の集大成の、霊界シンポジウムだった。横尾さんが『神曲』の地獄篇よろしく、ピカソや三島や柴田錬三郎や、川端やデュシャンや日野原センセイや、北斎やキリコやウォーホルと忌憚なく言いたいことを言い合うのである。舞台の仕立てはありきたりなのだが、寄って集(たか)っての座談に加わる参加者たちの発言が本人の主義主張を適確に持ち出しているように横尾さんが仕組んでいるので、霊界シンポの議論のやりとりは、どこもかしこも本位を抉(えぐ)った芸術論としても危機を突く文明論としても、格別だった。なるほど、老いの繰り言はこういうふうに繰るとよかったのか。
◆ポール・デイヴィスの『生物の中の悪魔』(SBクリエイティブ)は、情報生命を解いて出色。生命史にひそむデーモンと情報との一蓮托生を、ここまで迫った試みは少ない。
◆森山未來くんと話した。東京オリンピック開会式の「2分間のソロダンス」があまりにすばらしかったので、遅ればせながらこちらから声をかけ、本楼に出向いてもらって話しこんだのだが、3時間ほどずっと喋りづめだったのに、一分の隙もなかった。いや、というよりも、その「一分の隙」にささっと詰めてくる言葉が高速で、すこぶる刺激に富んでいて、なんとも嬉しかった。この男、すでにしてそうなっているだろうが、さらにそうとうのアーティストになるだろう。
◆末木文美士(すえき・ふみひこ)の本を片っ端から読んでいる。読んでいるだけでは足りなくて、三井寺で2年にわたって末木さんに話しをしてもらうことにした。「還生(げんしょう)の会」と名付けた。日本仏教とはどういうものかを語ってもらう。三井寺の福家長吏とともにぼくが聞き手になり、石山寺の鷲尾座主以下の参加者にコメントをしてもらう。東京でも開くつもりだ。近江ARSのメンバーは、全員が『日本仏教入門』(角川選書)を事前共読をした。ぼくはいま、本気で仏教を一から学びなおしたい。
◆こちらは自分の欠陥を補うためだが、ほったらかしにしていたカール・バルトの読み、および内村鑑三とカール・シュミットの読み直しも始めた。危機神学と境界心性とアルチザン政治学を少しばかり体に突き刺しておくためだ。宗教と政治はもとより裏腹で、その裏腹がいまやかなり薄氷のように表裏一体になってきた。どちらがどちらを破っても、何かが波及していくだろう。この脆い関係は国連やSDGsではどうにもならない。あと十数年以内に、表裏一体が世界を惑わせていく。
◆山本耀司の次の秋冬メンズコレクションの招待状は、黒とアイボリーのトートバックに印刷されている。それがこともあろうに、ぼくが以前に書いた「日本はクソである」という一文なのだ。そんなことをしてショーを愉しみにくるお客さんたちはきっと困るだろうに、ヨウジはそういうことをする。どんな服をどんな男たちが着てお披露目されるのか知らないけれど(だから、こっそり見にいくが)、きっとそこは一陣の風が擦過するような梁山泊になっていることだろう。
◆千夜千冊が1800夜になった。23人のファッションデザイナーを扱ったスザンナ・フランケルの『ヴィジョナリーズ』(Pヴァイン)にした。20年前の本だけれど、世界のモードデザインはそこで止まったままなのである。リアルクローズが蔓延したというよりも、ユニクロが勝ったのだ。
◆故あって高倉健の生きざまとインタヴュー映像を追っている。しばらく健さんと向き合っていると(たとえば『ホタル』映画化についての呟き)、当方、とても深い溜息が出るので困っているが、世の中の「稀有」や「マレビト」とはどういうことかを感じるには欠かせない。
◆もうひとつ、追っていたものがある。甲本ヒロトだ。ブルーハーツからクロマニヨンズまで、年嵩(としかさ)がいってからの心境の吐露なども、あらかた見た。頷けたこと、少なくない。真島昌利が鍵、甲本が鍵穴である。
◆次の千夜千冊エディションは『読書の裏側』だ。何をもって裏側としたのかは手にとって確かめられたい。第1章が「配剤を読む」。何を配剤と見ているのかを感じられたい。口絵に町口覚さんのディレクションで、製本屋の圧搾機が登場する。書物はもとよりフェチの行方を孕んでいなければならない。書物こそ梁山泊である。

> アーカイブ

閉じる

男が女になる病気

植島啓司

朝日出版社 1980

 あるものを理解するために「それに似たものをさがす」という精神の運動がある。とくに宗教文化の歴史においては、そのあるものは孤立していない。あるものは各地に飛び火し、その同位元素がつくられ、そこで倍音をふやし、異性体を派生し、その他さまざまな似たものを招じ入れていく。
 著者はそのようなことを求めて本書を書いた。ここでは「あるもの」とはヘロドトスやアリストテレスやヒポクラテスによって「エナレス」とよばれた現象である。エナレスは病気だと思われた。これが表題の「男が女になる病気」にあたる。ホモセクシャルのことではない。それも多少は含まれるが、むしろ宗教人類学医療人類学にとって謎に満ちている。
 本書の叙述はそっけなく、断片的であり、学術的文体としての統一もはかられていないけれど、示唆に富む。こういう書き方だったから、かえって著者の狙いが絞れたのだろうし、こちらも推理の愉しみが広がった。著者は宗教史学者であって、また名うての競馬狂いである。万馬券を何度かあてている。この一冊にもどこかに万馬券が入っていた。

 紀元前7世紀ごろから黒海の北側のステップ地帯にスキタイ人がいた。そこに奇妙な病気が流行しているという噂が古代ギリシアにも届いていた。多数の男たちが生殖不能となって“女”として暮らしているというのだ。これがエナレスの噂である。
 ヒポクラテスの説明では、スキタイ人は馬に乗るために関節に炎症が生じやすく、その治療法として両耳のうしろを瀉血することが奨励されていたのだが、しばしば血管を切ってしまうので、そのうち性交不能となり、その原因を神々に求めてその定めにしたがって女性の服装をなし、女性として振る舞うようになるという。
 両耳の血管が生殖機能と直結しているなんて、まるで中国医学の経絡のようであるが、著者はまさにそのような考え方や治療法が古代エジプトをはじめ、各地にあったのではないかと見る。たとえばエンゲージ・リングを薬指にはめるのは、薬指が心臓につながっていると考えられたからだった。

 古代、こうした「想像上の解剖学」はたいていは“神聖病”として認知されていく。エナレスも、スキタイ人のある者がシリアの町アスカロンのウラニア・アフロディテを祀った神殿を荒らしたのが原因だとみなされた。ウラニア・アフロディテはキュプロスなどを中心に西アジア一帯に広まった女神信仰である。ヘロドトスは、アスカロンの神殿には古代ギリシア文化に先立つ最古層の信仰があるとみなしていた。
 この伝承は、もともとウラニア・アフロディテの信仰そのものになんらかの「男が女になる病気」の因子が孕んでいて、それがスキタイ人に広がっていったと読むことができる。
 そのためかどうか、スキタイのエナレスは女装した占い師として柳の枝をつかった特別の卜占術を駆使するようになったという。

 特別の卜占術とは“怪しい占い”ということで、古代ローマでもビザンティン社会でも、その後のキリスト教社会のなかでも、こうした得体の知れない占術はつねに禁止されてきた。支配体制を整えようとする社会において、制度にあわない占いはつねに排除されてきた。
 しかし制度はイマジネーションを制限しきれない。それらは制限を食い破って人々の精神の運動となり、土地をまたぎ民族をこえて伝播されていく。それが制度に代わって、かえって新たな「思考の枠組」になっていく。
 制度の本質は古今東西どこにおいても、分類であるフーコーは分類が猛威をふるった最初の時代を古典主義時代においたけれど、実際には分類は古代制度にすでに顕著であった。制度とは、何をどこに分類するかだったのだ。この分類に入らないものは“化外”や“怪物”や“魔女”とみなされた
 ところが、人々のイマジネーションとはタフなもので、そのように排除された非分類の系譜にこそ空想がはたらいていく。こうしてデーモンの一族や土蜘蛛の一族が想定され、それに似たものが付け加わっていく。たとえば今日、われわれはオサマ・ビンラディンサダム・フセインが排除されたままであることを知っているが、時がたつにつれ、そこにはビンラディンやフセインの幻の系譜が想定され、きっとそれが増殖していくはずなのである。
 それにしてもなぜ、エナレスに発したとおぼしい「思考の枠組」は女装をともなったのか。

 古代中世のスキタイ人の習俗は、今日なお中央コーカサス地方のオセット人にいくばくが残っている。そこには柳の枝による卜占術が見られる。その占術は女性にのみ特有されていた。
 オセット人の占術師はシャーマンでもある。シャーマンの習俗は世界各地でさまざまなものになっているが、女もいれば男もいた。しかし男のシャーマンが神霊の象徴力をあらわすために“神の妻”となるための女の衣裳をまとったり、“女の声”を発するところも少なくない。とくに驚くべきは、なんらかの理由で女系が絶えたり女権を奪った地域では、男が男のシャーマンを生むために、結婚あるいは擬婚をする例である。
 このような例を考えてみると、スキタイの「男が女になる病気」は病気ではなく、エナレスというシャーマンのことだったかのようにも思えてくる。まだ古代ギリシアが遊牧民や西アジアの宗教儀式を知らなかったため、それが病気や“神の病”として解釈されたのかと思われてくる。
 しかし著者は事態はそんなに簡単ではなかったと考える。むしろそこには擬婚や擬娩の習俗があって、それがさまざまな「それに似たもの」を呼びこんだのではないか。

 こうして本書は、そもそもイメージとメタファーがどのように形成され、それが「似たもの」を食べ、「似たもの」を吐いていく精神の運動として、世界各地にどのように異なった情報をふりまいていくかという事情の一端の“解決”に向かっていく。
 江戸後半期、若衆女郎が流行したことがある。若衆が女郎を装ったのか、女郎が若衆を装ったのかというと、女郎が男装して見世に出た。われわれはこのような現象をひとつの風俗か流行か、もっと悪いときは個性の開花かおもいつきのように見るが、そのようなことはめったにないと思ったほうがいい。
 そんなことは、古代このかた精神の運動のどこかに埋めこまれていた文化遺伝子か、さもなくば、どこかに必ずそれを引き当てる者がいる万馬券だったのである。