ほんほん

拾読と老軽ニュース

ほんほん53

◆拾読(しゅうどく)という読み方がある。拾い読み(ピックアップ・リーディング)のことだ。パラパラとページをめくるイメージがあるかもしれないが、そうとはかぎらない。アタマの中のエンジンの「読みモード」スイッチを「早送り」にする。だから速読なのではない。意味の読み取りはノーマルスピードのままなのだ。だから映画のビデオを早送りで見るのとは違う。あれでは会話が聞き取れない。拾読は文字が見えている。
◆最近の拾い読み、いくつか。デイビッド・バリー『動物たちのナビゲーションの謎を解く』(インターシフト)。動物がGPSを持っているのではなく、GPSが分化して動物になったのだ。真木太一編『日本の風』(朝倉書店)。農業気象学のベテランが50をこえる風の意味を「見える」ものにした。風の工学だ。エンツォ・トラヴェルソ『一人称の過去』(未来社)。歴史が「私」の語りによって創造的な可能性を孕みつつも、政治的な曖昧度を広げすぎて一人称の力を失っていく問題を扱った。『全体主義』や『ヨーロッパの内戦』などの歴史学者が歴史語りの人称を問うたのである。鵜飼秀徳『仏教の大東亜戦争』(文春新書)。耳が痛い仏教関係者もいるかもしれないが、この「殺生とは何か」を通らなければ仏教力は浮上しない。
◆また、いくつか。ポール・フルネル『編集者とタブレット』(東京創元社)。紙の本が好きなら必読だ。久しぶりにナンシー関のシリーズ(角川文庫)。『何をいまさら』『何の因果で』『何が何だか』『何もそこまで』など。鬱憤抜きのためにはもってこいである。ぼくは拾読はたいていリクライニングチェアでしているのだが、ナンシー関はそこでは女王さまである。ラニ・シン編『ハリー・スミスは語る』(カンパニー社)。後藤護君が送ってくれた一冊で、黒魔術っぽいけれど、平岡正明っぽい。拾い読みしてすぐに、そうか宇川直宏がずっと以前に話していたあれかと思い出した。野嶋剛『新中国論』(平凡社新書)。香港と台湾を嬲(なぶ)る習近平の意図をまとめたものだが、抉ってはいない。山極寿一『人間社会、ここがおかしい』(毎日文庫)。例によってゴリラが人間を見破っていく。
◆ナンシー関や山極寿一ではないが、何かがおかしいはずなのに、何かがヘンなはずなのに、その原因や正体かがわからないことは多い。科学はそこから始まるのだけれど、このところ「おかしいぞ」が多すぎて、これは文明のせいだとか現在日本のせいだなどと大ざっぱになってきて、まずい。
◆最近のニュース。湊部屋の逸ノ城が優勝したのに盛り上らない。それでいいのか。安倍晋三元首相が応援演説中に銃撃され即死。狙撃犯は母が貢いだ旧統一教会を恨んでの犯行だったようだが、世論のオピニオンは「民主主義への挑戦だ」と言う。それでいいのか。参院選は自民圧勝。維新に中条きよし、れいわに水道橋博士、参政党に神谷宗弊、N党にガーシー。何に向かうのか。コロナまたまた感染爆発して第7波、わが周辺にもちらほら感染者や濃厚接触者が出てきたが、ぼくはいまだマスク着用頻度がきわめて低い。ぼくはこれでいいのか。
◆ロシアとウクライナの歴史と現状について、先だって佐藤優さんに『情報の歴史21』を使いながら本楼で話してもらった。グラゴール文字文化とキリル文化の話、ガリツィア(紅ルーシ)のナショナリズムとイエズス会の話、マイダン革命の奥のウクライナ民族主義者ステパン・バンデラの話などに聞きいった。話は読書指南にもなっていて、防衛研究所の『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)よりも、エマニュエル・トッド『第三次世界大戦はもう始まっている』(文春新書)、副島隆彦『プーチンを罠にはめ、策略に陥れた英米ディープステイト』(秀和システム)を読んだほうがいい、あの戦争の背景思想を知りたければ片山杜秀の『皇国史観』(文春新書)に書いてあることを読んだほうがいいと薦めていた。佐藤さんの話は「謎」が組み合わさるようになっていて、あいかわらず愉快だ。
◆最近のぼくの「老軽(ローカル)ニュース」少々。弁当一人前が一度で平らげられない。残して夜中に半分を食べる。メガネのフレームを太めの黒縁にした。気分転換だ。遠近と近々を誂えた。BS「一番新しい古代史」が終了。やたらに評判がよかったらしい。おしっこが一日10回以上になった。ガマンも効かないので、会合などで何食わぬ顔で立つための「芸」が必要になってきた。早く喋れず、声も響かない。息継ぎと発話のタイミングもずれる。それに座布団がないと、どこに坐ってもお尻が痛い。数年前から痩せているせいだ。そろそろ人前に我が身を晒せないのである。でもタバコは着々ふえている。それはそれ、寝床に入ると黒猫ナカグロがゆっくりくっついて寝る。爺さんどうしの二人寝である。
◆15離が始まって半分まで来た。離学衆も指南陣もいい。37期の花伝所がおわった。これまでになく充実している。新しい世代の活躍も目立ってきた。イシス編集学校が「ぼく」の代わりなのだ。これはコレクティブ・ブレインの創発なのだろうか、やっとの人麻呂代作集団の出現なのだろうか、面影編集一座の旗揚げなのだろうか。とりあえずは、こう言っておく。「師範代、出番ですよ」。

> アーカイブ

閉じる

オバタリアン

堀田かつひこ

竹書房 1988

 オバタリアンは電話が鳴ると、電話機に近づきながらハイハイとえらそうな声を出す‥。オバタリアンは相手次第で知ったかぶりと知らんぷりを交互に連発する‥。オバタリアンはどんな先生であれ先生という人種には必ず擦り寄る‥。オバタリアンはパジャマで運転できる‥。オバタリアンはいつも不利になると市民の権利を乱用する‥。オバタリアンは夜中に洗濯機をまわす‥。
 この手のオバタリアンの“実態分析”を「別冊フリテンくん」の連載で次々に見せられたとき、ぼくはうーんと唸った。かつて上野千鶴子が『セクシィ・ギャルの大研究』で衝撃的にデビューしたときの感服に近いものがあったからだ。それとともに、こうした社会現象を揶揄しながら、ろくな分析などしないのに分析以上のメッセージを放射するマンガの加速力をうらめしくおもった。
 ついでに告白すると、当時、ぼくは新幹線に乗る前には必ず「別冊フリテンくん」あるいは「かりあげくん」を買っていた。ちなみに最近は新幹線に乗るときのキオスク買い物は新聞とお茶のペットボトルとジャガリコだけになっている。

 さて、堀田かつひこが労せずしてカリカチュアライズしてみせた“醜いおばさん像”は、その後、ばばシャツやユニクロの波及とともに全国的動向として日本中にあからさまになっていった。
 中年女性のすべてがオバタリアンになってしまったのである。それだけではなかった。オバタリアンは“醜い日本人像”をも侵食していって、日本中がオバタリアンになってしまったのだ。
 たとえば、「オバタリアンは3人でタクシーに乗るときも一人が助手席に乗って後ろを向いて喋る」「オバタリアンは入浴剤を変えすぎる」「オバタリアンはどんな粗品でもすぐに手を出したがる」といった4コマが示す“原則”は、いまやどんな日本人にもあてはまる。もはやオバタリアンはオバタリアン・ウィルスとなったかのようなのだ。
 これが返りみれば1990年代だった。80年代の後半に登場したオバタリアンは90年代を席巻しつづけた。そういうことになる。で、それでどういうことがおこったかというと、コギャルがこれを受け継いだ。オバタリアンはコギャルの年齢にまで拡張されたのだ。むろん、こんな現象についていけない者たちもいた。そのかわり、かれらは外出を恐れるヒッキーになっていった。

 本書が単行本になったとき、カバー表4に「オバタリアン症候群とは何か」というお触れが出た。それによると、「ずうずうしくなれる自分が嬉しい」「羞恥心がなくなっていくことと自信がつくことの区別がつかない」「なんであれ自分を正当化しつづける」がオバタリアン症状の3原則だということらしい。
 またまた、うーんと唸った。いまや日本中がこんな奴ばっかりではないか。
 日本人はいつごろオバタリアンになったのか。少なくともぼくの少年時代の“伯母さん”たちはそういう人たちではなかった。どこか慎ましく、かつ静かに勇気を発揮した。オヤジたちもおばさんではなかった。いまや中年男の大半がおばさん化しつつある。いったい何がおこったのか。
 ネオテニー(幼形成熟)ではあるまい。ネオテニーならまだしもよかったのだ。おやじの去勢化がオバタリアンを助長させたという説もあるが、これは男たちのおばさん化を多少とも説明することにはなっても、1億総勢オバタリアン化の説明にはならない。なぜならオバタリアンはまずもって主婦であるからだ。イヴァン・イリイチのシャドウ・ワーク論は、その本質がつっこまれないうちに、主婦の怪物化をおこしてしまったのである。

 おそらくは日本資本主義的な消費文化のとてつもない大驀進が奥の原因にある。オバタリアンは消費のための進軍をすべての街角とロードサイドと昼のホテルで始めたのだから、消費なきところにオバタリアンは出現しなかったはずなのだ。
 子供との関係も奥の原因になっている。オバタリアンは子供を育てていたはずで、その子供との関係の軛(くびき)がどこかで外れたから暴走を始めたのであろう。そうだとすれば、子供の社会に母親の暴走をくいとめる謎がなくなったということか。また、一説にはフェミニズムと環境保護主義がオバタリアンの温床をつくったということらしいが、これはフェミニズム思想環境思想を知らなすぎる誹謗というものだろう。
 そのほか、ごくふつうに予測がつくのは、家庭にとどまる魅力がなくなったということで、そうであるならオバタリアン爆発ということは、一方で家庭における細部が摩滅したことを物語る。
 しかし、どうもこれらだけではなさそうだ。そこで、結局は「男たちがだらしないからだ」ということで説明をはしょる論法が多くなっていくのだが、これではオバタリアンの圧倒的勝利が謳われるだけで、やはり話にならない。

 実はひとつ決定的に欠けていることがある。それは誰もがオバタリアンを攻撃しないということだ。
 漠然とオバタリアン現象をおもしろがっているだけで、誰もがオバタリアンとの対決を避けてきた。むろんオバタリアンと対峙したところで、おもしろいはずはない。疲れるだけだろう。けれども、この対決を避けているかぎり、そのうち誰もがオバタリアンになっていく。オバタリアン攻撃は誰しもの内なるオバタリアン攻撃なのである。
 オバタリアンとは「ずうずうしくもつねに自分を正当化する没羞恥者たちの群」ということである。もし、ここにオバタリアンの特徴が暴露されているというなら、実は答えはかんたんなのだ。それは、オバタリアンを孤立させること、それである。ちがうか。