ほんほん

ひさびさ千夜、古代史番組、湖北めぐり

ほんほん51

◆この一カ月、千夜千冊を書きそこねていた。いくつか理由はあるが、それでノルマがはたせなかったという説明にはならない。階段の昇り降りがへたくそだったとか、散髪がどうにもうまくいかなかったとかいうのに似ている。ずっと前のことだが、急に俳句が詠めなくなったり、人前で話すとなんとも食い違うということがあったりしたが、そういうことに近かったのだろうと思う。ロシアのことを書いて取り戻すことにした。
◆関口宏・吉村武彦と一緒に『一番新しい古代史』という番組をやることになった。BS・TBSの毎週土曜日のお昼から放映される。3チームが次々に用意するフリップ上の古代史クロニクルを関口さんが入念に辿っていくのを、ところどころで吉村さんが解説を加え、ところどころでぼくが勝手なイメージをふくらませるというやりかたで進む。1時間番組だが、30分ほどのリハのあと、本番用をだいたい90分か100分を撮って、それをプロダクション・チームが多少の取捨選択をして、絵やキャプションを付けて仕上げる。おかげで事前に、吉村さんの著書を読むのが仕事になった。これは仁義でもある。さきほどは岩波新書の『聖徳太子』と『女帝の古代日本』を再読した。
◆古代史の本はキリなくある。記紀・風土記・六国史をはじめとする史書をべつにすると、多くは研究者たちのもので、ぼくは研究者ではないからこれまでバラバラに、かつ好きに読んできた。なかにはとんでもない仮説に走ったものも少なくないが、それらにもけっこう目を通した。数えたこともないけれど、500冊や1000冊はとっくに超えているだろう。さあ、それで通史的にはどうまとまったのかというと、まとまるわけがない。とくにぼくは古代史の流れよりも古代観念の渦のありかたに関心があるので、万葉の歌や折口の文章に耽るのが醍醐味になってきたから、その手の読書がそうとう多い。これは通史的にはなりえない。間歇泉のような息吹とのつきあいなのだ。
◆それでもふりかえってみると、やはり内藤湖南・津田左右吉・石母田正・井上光貞・直木孝次郎・西嶋定生・小林敏男というふうに発表順・テーマ別にアタマの中に並べなおして、定番史観を眺めてきたようにも思う。研究じみてつまらないように思われるかもしれないけれど、いろいろ読んでいくと、そうなるのだ。それがまた歴史観の錬磨には有効なのだ。しかし、こういう並べなおし読書だけでは何も飛躍がない。歴史は通史がまとまればそれでおもしろいというわけではなく、『鎌倉殿の13人』ではないけれど、自分なりの人物像やドラマ性もギャップも想定できて、かつ一挙に細部に入り込んだり、巨きく俯瞰もできるようにならなければ、歴史を展いているという実感がもてない。
◆こうして結局は、火焔土器の本、スサノオをめぐる本、司馬遷、三韓や加耶についての本、仏教的言説、貴族の日記、新井白石、頼山陽を読み、松本清張や黒岩重吾や山本七平や安彦良和の『ナジム』(徳間書店)にも目を走らせるということになったのである。日本の古代史、実はまだまだ謎が解けてはない。わかってきたのはせいぜい3割くらいだろう。番組がどのくらい光をあてられるかはわからないけれど、多少はご期待いただきたい。
◆近江ARSのメンバーの用意周到な仕立てのおかげで、久々に湖北をめぐった。長浜・菅浦・大音(おおと)・石道寺(しゃくどうじ)・木之本を訪れた。長浜はわが父松岡太十郎の故郷なのである。いまの体力からすると3日の行程は少しきついのだが、存分な準備とサポートによって、いろいろ深い体感をものすることができた。劈頭に願養寺(松岡家の菩提寺)と梨の木墓地(松岡家の墓)に参ったのが、ぼくに湖北のヌミノーゼを散らしてくれた。
◆湖北は汚れていなかった。50年前の白洲正子の感嘆がほぼ残っていた。雨模様の夕方に近江孤篷庵(禅寺・遠州流)で時を偲んだときに、そのことがしっかり伝わってきた。しかしその一方で湖北が何かに堪えているようにも感じて、そこに多少のお手伝いをしなければと思った。帰って和泉佳奈子にも話したことである。
◆「東洋経済」が「世界激震! 先を知るための読書案内」を特集した。「ウクライナ危機の行方がわかる」と銘打って、橋爪大三郎・岡部芳彦・斎藤幸平・佐藤優・羽場久美子・輿那覇潤・津上俊哉・鶴岡路人といった面々が顔をそろえて危機を乗り越えるための本を推薦しているのだが、かなり知られた本が多く、やや失望した。橋爪・佐藤『世界史の分岐点』(SBクリエイティブ)、ウォルター・シャイテル『暴力と不平等の人類史』(東洋経済新報社)、輿那覇『平成史』(文藝春秋)、田中孝幸『13歳からの地政学』(東洋経済新報社)、六鹿茂夫『黒海地域の国際関係』(名古屋大学出版会)、ヨラム・パゾーニ『ナショナリズムの美徳』(東洋経済新報社)、福嶋亮太『ハロー、ユーラシア』(講談社)、イワン・クラステラ『アフター・ヨーロッパ』(岩波書店)、羽場『ヨーロッパの分断と統合』(中央公論新社)、秋山信将・高橋杉雄『「核の忘却」の終わり』(勁草書房)、橋爪『中国VSアメリカ』(河出書房新社)あたりがお薦めだろうか。ドゥーギンとプーチンの間を埋めるチャールズ・クローヴァーの『ユーラシアニズム』(NHK出版)が入っていないのは、どうしたことか。

> アーカイブ

閉じる

明治女学校の世界

藤田美実

青英舎 1984

 小諸の水明楼に木村文書が発見された。木村熊二が残した文書のことで、発見されたときはかなりの話題になった。
 木村熊二は明治女学校の創立者である。明治18年のことで、このあと明治25年に巌本善治が2代目の校長になった。ところが明治41年には閉校になる。たった23年間の女学校だった。いまどきでは考えられないが、しかし、その23年間のあいだに、この女学校は時代を変えた。近代日本の女性を次々に送り出した。木村文書はその一端の謎をあかるみに出したきっかけである。さっそく青山なをが『明治女学校の研究』でその最初の謎解きをした。
 けれども、明治女学校を語るには木村文書でも青山なをの研究でも不足が目立つ。全貌はわからない。そこで本書の著者がその解明にとりくんだ。溜息が出るほど詳しい。

 最初のシテ役は木村熊二である。木村は京都に生まれて昌平黌で佐藤一斎に学んだ。その後、静岡学問所や沼津丙学校のある静岡に移って、ここで田口卯吉らと知りあった。
 明治3年に森有礼が少弁務使としてアメリカにわたったとき、外山正一・名和道一・谷田部良吉を弁務館員として選んだのは有名な話だが、そのとき外山が木村を誘った。アメリカで多少の“世界”を知った木村は、妻に鐙子を選ぶ。鐙子は明治12年に植村正久が創立した横浜バンド系の下谷教会で婦人会をつくっていた。アメリカ帰りの木村と、教会婦人部のリーダーである鐙子が一致相談してつくったのが、明治女学校である。
 発起人に植村正久・田口卯吉・島田三郎・巌本善治、教師には津田梅子・人見銀(稲垣銀)・富井於菟がいた。ところがここで鐙子がコレラで急死する。木村は海老名弾正の司式で伊東華子と再婚するのだが、この華子がスキャンダラスな女性だったようで、女学校校長の辞任に追いこまれ、ここで小諸に脱出、小諸義塾をつくる。島崎藤村がにわか先生に雇われた。当時は山路愛山が「信濃毎日」にいて、義塾を支援した。藤村がのちに『桜の実の熟する時』に描いたのは、そのころの木村や華子や愛山の動向である。
 しかし華子は情人と出奔、木村はフェリス女学院出身の東儀隆子を3度目の妻にする。

 次のシテの巌本善治は明治女学校2代目校長である。はじめは中村正直の同人社に学び、ついで麻布に農園をつくって有名になった津田仙の学農社農業学校に入って「農業雑誌」に携わっていた。
 この雑誌については歴史家たちはあまり注目してないが、ぼくは明治文化の隠れたインターチェンジだとおもっている。
 このとき同じ雑誌をやっていた同僚の近藤賢三が『女学雑誌』を始めたのだが、明治18年に創刊まもなく急逝したので、巌本がこれをひきとって独自の個人編集雑誌としていった。この雑誌こそ明治フェミニズムと明治文学の母なる役割を演じた名うてのメディアであった。
 その『女学雑誌』に投稿してきた女性がいた。のちに巌本と結婚をする若松賤子である。華やかなワキの登場だ。賤子はミス・キーダーがつくったフェリス女学院の第1回卒業生で、しばらくフェリスにいたが文章を綴るようになってからは退職、さらに巌本と結婚して『女学雑誌』にバーネットの『小公子』を翻訳連載するにおよんでこれが爆発的な人気を獲得すると、この雑誌を囲む中島俊子・清水豊子・田辺花圃・川合信水・島崎藤村・星野天知・外川残花・青柳有美らのマダム・ド・サロンになっていく。けれども、その賤子もわずか32歳で急死する。
 『女学雑誌』は賤子によって新しい風をおこしたといってよい。ところが巌本は、これを女学的な内容をあらわす「赤表」と文学的な内容を中心とした「白表」とに雑誌の発行形態を二分した。この「白表」がやがて明治26年に星野天知を中心とした『文学界』に移行して、北村透谷や島崎藤村のブームをよび、さらには透谷の自殺につながっていくのだが、それは“何でもありの魅力”を発揮していた『女学雑誌』の命を縮めることにもなり、ひいては巌本の明治女学院の運営にもヒビを入らせることになった。巌本の才気が走りすぎたのであったろう。

 ついで明治女学院のシテとなるのは、この学校に学んだ女性たちである。昔から羽仁もと子・相馬黒光・野上弥生子が“明治女学院の三羽烏”といわれてきたが、本書ではもっぱら相馬黒光に光があてられている。黒光はどこか大陸的で、しかもラディカルで優しいイメージをもっていた。
 黒光はいまはカレーで有名だが、当時はパンで有名な新宿中村屋をおこした女性であり、その中村屋のサロンが明治大正昭和を通していかに多くの文化の交差点になってきたかということは、これまでもさんざん語られてきた。
 しかし、それらに目を通しても、彼女が綴った『黙移』を読んでも、その女学的感覚がいまひとつ掴めなかった。本書はそのあたりを思わず知らず描出してみせた。
 仙台の典型的な没落士族に生まれた黒光は、最初は裁縫学校に通う少女にすぎなかったのに、真山寛(真山青果の父)が校長をしていた高等小学校に入り、その隣にあった仙台神学校の教会で人見銀に出会ったことで何かが目覚めると、たちまち“アンビシャス・ガール”になっていく。仙台神学校(のちの東北学院)は植村正久とともに日本のキリスト教活動のリダーシップをとった押川方義の創立によるもので、近代日本の“北の知”ともいうべきを札幌農学校と分けあった。本書によると、この押川が黒光にあたえた影響も並々ならぬものだったようだ。

 こうした黒光の学校体験こそ重要なのである。実際にも黒光は宮城女学校では上級生たちと問題をおこして退学をする。
 このときの退学者の一人石川梅代が、のちにキリスト者であって老荘思想の大立者ともなった松村介石の嫁さんになる。
 退学した黒光は押川の勧めでフェリスに移り、ここで上級生の東儀隆子と親しくなり(先にものべたが木村熊二と結婚した)、そこで巌本善治の『女学雑誌』のとりこになると、そのホームグラウンドともいうべき明治女学校にさらに転校する。どうも巌本に憧れていたらしいのは、黒光自身が巌本のことを「およそ男性的なあらゆる美」をそなえていたと綴っていることからも推測できる。巌本はカリスマ校長だったのである。
 このさき黒光は相馬愛蔵と結婚をして安曇野に移る。そこには臼井吉見が長編『安曇野』にそのあたりのことも書いた穂高山麓文化があった。『火の柱』の木下尚江、研成義塾の井口喜源治、彫刻家の萩原守衛、岩波茂雄らは、この文化の担い手たちである。黒光は信州の空気を浴びていよいよ動き出す。それが東京に戻っての中村屋の開店なのである。

 本書の内容については、これ以上の案内はやめておく。相馬黒光や萩原守衛についてのエピソードその他は、いつか読んでいただきたい。
 ぼくが本書を紹介したかったのは、女学校というものが時代にもたらす大きさというものだった。いま、帝塚山学院大学で教えているぼくとしては、どんな小さな女学校であれ、その気になれば時代を動かす力が出てくるはずだということである。そこには、学校に一人の木村熊二、教師に二人の若松賤子、生徒に三人の相馬黒光が出現しさえすればよい。