ほんほん

ぼくは「本数寄」なのである

ほんほん54(最終回)

◆慶応義塾大学出版会から「世界を読み解く一冊の本」というシリーズが刊行されている。『旧約聖書』『クルアーン』『三教指帰』『西遊記』『カンタベリー物語』『百科全書』『言海』『伝奇集』『一九八四年』『薔薇の名前』の10冊だ。えっ、たった10冊かよと思うだろうが、その10冊に空海、チョーサー、大槻文彦、エーコが入っているのが絶妙な特色だと思ったほうがいい。ただし原著やその翻訳ではない。それぞれ著者が別にいて、これらを解読している。藤井淳の『三教指帰』を読んだが、なかなかユニークな視点になっていた。
◆千夜千冊では「世界を読み解く一冊」をできるだけ選んできた。これまで書いてきた1800冊の中の300冊から500冊くらいが、そういう本だったと思う。吉本隆明は、本はたいてい自分のかかわりとの関係で読むものだけれど、自分が関心のない本にめぐりあうにはどうすればいいかという問いに対して、それは「書物に含まれている世界」が決めてくれるのだと答えていた。すぐれた本は「書き手が世界をあらわしたくて書いているものだ」というのだ。その通りだろう。
◆ボルヘスは、本は記号の集合体であるけれど、そこに読み手がかかわるとその記号は千変万化に息づいていくと言った。エーコは、本はスプーンやハンマーやハサミ同様に500年前とまったく変わっていない形態のものだけれど、それは「スプーンがあれ以上の形をとれないこと」と同様に、実にすばらしい究極の姿なのであるとみなしていたのだ。
◆たしかに「本」はあの形がいい。四角くて、表紙と裏表紙にページがぎゅっと挟まれて、ちょっと重たげで、本棚に並べると背中が何かを訴えている。これは「物実」(ものざね)もしくは「憑坐」(よりまし)なのだ。
◆ぼくが「本」という形をとったブツにぞっこんになったのは、20代半ばに自分の6畳・3畳のアパートで本棚を手作りしたときあたりからで、そのとき、わずかな蔵書を少しずつカバー自装したせいだった。カバー自装というのは、中身は気にいったのに外見が気にいらない本に適当なカバー材を選んできて、そこにレタリングセットや油性ペンでタイトルなどを付けていったことをいう。物実らしくしておきたかったのだ。これで護法童子が走りまわるようになった。これで「本」と一緒に暮らすようになった。
◆そういうふうになったのは、やっぱり10代に本に夢中になったからで、それがもしギターや算数に夢中になっていたら、別の生き方をしていたのだろうと思う。昆虫学者になっていた可能性もあるし、聴診器や注射器が手放せない診療所に暮らすようになったかもしれない。
◆ぼくは家庭用品や生活用品にからっきし関心がない。自分の部屋にそういうものを揃えたくなかった。もっとはっきり言うと、「生活する」に関心がない。生活は好きな仲間と一緒にいたいという、ただそれだけだ。リラダンとタルホの影響が滲みこんだせいだろう。これがわが生き方だ。だからぼくの日々はいまだにロクな用品に囲まれていない。自動車や電子機器はスタッフに頼っているし、たいていの日々は誰かが介添をしてくれている。つまりは生活オンチなのである。このオンチのせいで生活用品が自分の周辺に不可欠だと思えない。
◆では何が不可欠かというと、それが「本」だった。本が炊飯器で、本が大工道具で、本が食い道楽で、本が旅行で、本が恋愛で、本がうたた寝なのである。そんなことだから、当時から部屋には本だけがふえるだけだったのだ。本以外で大事なのはジャケットとタバコくらい。
◆こんなふうなので、そうとうな読書家ですねえ、さぞかし希覯本や珍本が集まったでしょうねと言われるが、そうなのではない。たしかに読書はするが、たくさんの本を読みたいとは当初から思っていなかった。いまも冊数はカンケーない。「読書するという状態」に、科学や文学や音楽の秘密が隠れていると思っているので、その読書状態をなんとか持続させ拡張させていくための日々をおくることが好きなのだ。だから希覯本はいっさい集めない。文庫本でも十分なのである。
◆もう少し正確に言うと「読むこと」が好きなのだ。もっと正確に言うと「読み」が好きなのだ。さまざまな民族言語による言葉が組み合わさって、それが人麻呂やシェイクスピアやジャン・ジュネやガルシア・マルケスや阿木耀子になってきたということ、その多様性のプロセスと成果を読むことが好きなのだ。
◆これはどちらかといえば、植物や動物の進化を読んでいるのに近い。だから批評したり書評したりするのは、実はほとんど気が向かない。千夜千冊も一度も書評をしようと思って書いてはこなかった。空き番だらけの「本の進化の木」をひとつひとつ埋めているような気分なのだ。
◆ただし、またまた別のことを言うようだが、この文明の流れのなかで、言葉や「読み」が進化してきたなどとは思っていない。人類の思索や表現が進歩してきたとも見ていない。そういう進歩史観はもっていない。むしろ言葉が意味からずれ、何かを隠さざるをえなくなっていく様子や、書くことが「逸脱」をおこしていくのを読むことに、大いなる興味があったのである。
◆つまりは、ぼくの「本好き」は「本数寄」なのである。何かを数寄の状態にしていくための本なのだ。遁世の数寄なのだ。それが70年以上もずうっと続いてきた。千夜千冊はやめられないだろう。また、どこかに本棚を作って進ぜるという仕事も、きっと続くだろう。最近は「本の寺」に関心がある。まったくもって大変なビョーキに罹ったものだ。
◆さて一方、この「ほんほん」コラムはそろそろ「お開き」にしたいと思った。ブックウォッチャーを続けるのもどうかなという気にもなったのだ。別のコラムを始めるかもしれないけれど、どういうものかはわからない。そのときはそのときで、どうぞ御贔屓に。

> アーカイブ

閉じる

明治女学校の世界

藤田美実

青英舎 1984

 小諸の水明楼に木村文書が発見された。木村熊二が残した文書のことで、発見されたときはかなりの話題になった。
 木村熊二は明治女学校の創立者である。明治18年のことで、このあと明治25年に巌本善治が2代目の校長になった。ところが明治41年には閉校になる。たった23年間の女学校だった。いまどきでは考えられないが、しかし、その23年間のあいだに、この女学校は時代を変えた。近代日本の女性を次々に送り出した。木村文書はその一端の謎をあかるみに出したきっかけである。さっそく青山なをが『明治女学校の研究』でその最初の謎解きをした。
 けれども、明治女学校を語るには木村文書でも青山なをの研究でも不足が目立つ。全貌はわからない。そこで本書の著者がその解明にとりくんだ。溜息が出るほど詳しい。

 最初のシテ役は木村熊二である。木村は京都に生まれて昌平黌で佐藤一斎に学んだ。その後、静岡学問所や沼津丙学校のある静岡に移って、ここで田口卯吉らと知りあった。
 明治3年に森有礼が少弁務使としてアメリカにわたったとき、外山正一・名和道一・谷田部良吉を弁務館員として選んだのは有名な話だが、そのとき外山が木村を誘った。アメリカで多少の“世界”を知った木村は、妻に鐙子を選ぶ。鐙子は明治12年に植村正久が創立した横浜バンド系の下谷教会で婦人会をつくっていた。アメリカ帰りの木村と、教会婦人部のリーダーである鐙子が一致相談してつくったのが、明治女学校である。
 発起人に植村正久・田口卯吉・島田三郎・巌本善治、教師には津田梅子・人見銀(稲垣銀)・富井於菟がいた。ところがここで鐙子がコレラで急死する。木村は海老名弾正の司式で伊東華子と再婚するのだが、この華子がスキャンダラスな女性だったようで、女学校校長の辞任に追いこまれ、ここで小諸に脱出、小諸義塾をつくる。島崎藤村がにわか先生に雇われた。当時は山路愛山が「信濃毎日」にいて、義塾を支援した。藤村がのちに『桜の実の熟する時』に描いたのは、そのころの木村や華子や愛山の動向である。
 しかし華子は情人と出奔、木村はフェリス女学院出身の東儀隆子を3度目の妻にする。

 次のシテの巌本善治は明治女学校2代目校長である。はじめは中村正直の同人社に学び、ついで麻布に農園をつくって有名になった津田仙の学農社農業学校に入って「農業雑誌」に携わっていた。
 この雑誌については歴史家たちはあまり注目してないが、ぼくは明治文化の隠れたインターチェンジだとおもっている。
 このとき同じ雑誌をやっていた同僚の近藤賢三が『女学雑誌』を始めたのだが、明治18年に創刊まもなく急逝したので、巌本がこれをひきとって独自の個人編集雑誌としていった。この雑誌こそ明治フェミニズムと明治文学の母なる役割を演じた名うてのメディアであった。
 その『女学雑誌』に投稿してきた女性がいた。のちに巌本と結婚をする若松賤子である。華やかなワキの登場だ。賤子はミス・キーダーがつくったフェリス女学院の第1回卒業生で、しばらくフェリスにいたが文章を綴るようになってからは退職、さらに巌本と結婚して『女学雑誌』にバーネットの『小公子』を翻訳連載するにおよんでこれが爆発的な人気を獲得すると、この雑誌を囲む中島俊子・清水豊子・田辺花圃・川合信水・島崎藤村・星野天知・外川残花・青柳有美らのマダム・ド・サロンになっていく。けれども、その賤子もわずか32歳で急死する。
 『女学雑誌』は賤子によって新しい風をおこしたといってよい。ところが巌本は、これを女学的な内容をあらわす「赤表」と文学的な内容を中心とした「白表」とに雑誌の発行形態を二分した。この「白表」がやがて明治26年に星野天知を中心とした『文学界』に移行して、北村透谷や島崎藤村のブームをよび、さらには透谷の自殺につながっていくのだが、それは“何でもありの魅力”を発揮していた『女学雑誌』の命を縮めることにもなり、ひいては巌本の明治女学院の運営にもヒビを入らせることになった。巌本の才気が走りすぎたのであったろう。

 ついで明治女学院のシテとなるのは、この学校に学んだ女性たちである。昔から羽仁もと子・相馬黒光・野上弥生子が“明治女学院の三羽烏”といわれてきたが、本書ではもっぱら相馬黒光に光があてられている。黒光はどこか大陸的で、しかもラディカルで優しいイメージをもっていた。
 黒光はいまはカレーで有名だが、当時はパンで有名な新宿中村屋をおこした女性であり、その中村屋のサロンが明治大正昭和を通していかに多くの文化の交差点になってきたかということは、これまでもさんざん語られてきた。
 しかし、それらに目を通しても、彼女が綴った『黙移』を読んでも、その女学的感覚がいまひとつ掴めなかった。本書はそのあたりを思わず知らず描出してみせた。
 仙台の典型的な没落士族に生まれた黒光は、最初は裁縫学校に通う少女にすぎなかったのに、真山寛(真山青果の父)が校長をしていた高等小学校に入り、その隣にあった仙台神学校の教会で人見銀に出会ったことで何かが目覚めると、たちまち“アンビシャス・ガール”になっていく。仙台神学校(のちの東北学院)は植村正久とともに日本のキリスト教活動のリダーシップをとった押川方義の創立によるもので、近代日本の“北の知”ともいうべきを札幌農学校と分けあった。本書によると、この押川が黒光にあたえた影響も並々ならぬものだったようだ。

 こうした黒光の学校体験こそ重要なのである。実際にも黒光は宮城女学校では上級生たちと問題をおこして退学をする。
 このときの退学者の一人石川梅代が、のちにキリスト者であって老荘思想の大立者ともなった松村介石の嫁さんになる。
 退学した黒光は押川の勧めでフェリスに移り、ここで上級生の東儀隆子と親しくなり(先にものべたが木村熊二と結婚した)、そこで巌本善治の『女学雑誌』のとりこになると、そのホームグラウンドともいうべき明治女学校にさらに転校する。どうも巌本に憧れていたらしいのは、黒光自身が巌本のことを「およそ男性的なあらゆる美」をそなえていたと綴っていることからも推測できる。巌本はカリスマ校長だったのである。
 このさき黒光は相馬愛蔵と結婚をして安曇野に移る。そこには臼井吉見が長編『安曇野』にそのあたりのことも書いた穂高山麓文化があった。『火の柱』の木下尚江、研成義塾の井口喜源治、彫刻家の萩原守衛、岩波茂雄らは、この文化の担い手たちである。黒光は信州の空気を浴びていよいよ動き出す。それが東京に戻っての中村屋の開店なのである。

 本書の内容については、これ以上の案内はやめておく。相馬黒光や萩原守衛についてのエピソードその他は、いつか読んでいただきたい。
 ぼくが本書を紹介したかったのは、女学校というものが時代にもたらす大きさというものだった。いま、帝塚山学院大学で教えているぼくとしては、どんな小さな女学校であれ、その気になれば時代を動かす力が出てくるはずだということである。そこには、学校に一人の木村熊二、教師に二人の若松賤子、生徒に三人の相馬黒光が出現しさえすればよい。