ほんほん

拾読と老軽ニュース

ほんほん53

◆拾読(しゅうどく)という読み方がある。拾い読み(ピックアップ・リーディング)のことだ。パラパラとページをめくるイメージがあるかもしれないが、そうとはかぎらない。アタマの中のエンジンの「読みモード」スイッチを「早送り」にする。だから速読なのではない。意味の読み取りはノーマルスピードのままなのだ。だから映画のビデオを早送りで見るのとは違う。あれでは会話が聞き取れない。拾読は文字が見えている。
◆最近の拾い読み、いくつか。デイビッド・バリー『動物たちのナビゲーションの謎を解く』(インターシフト)。動物がGPSを持っているのではなく、GPSが分化して動物になったのだ。真木太一編『日本の風』(朝倉書店)。農業気象学のベテランが50をこえる風の意味を「見える」ものにした。風の工学だ。エンツォ・トラヴェルソ『一人称の過去』(未来社)。歴史が「私」の語りによって創造的な可能性を孕みつつも、政治的な曖昧度を広げすぎて一人称の力を失っていく問題を扱った。『全体主義』や『ヨーロッパの内戦』などの歴史学者が歴史語りの人称を問うたのである。鵜飼秀徳『仏教の大東亜戦争』(文春新書)。耳が痛い仏教関係者もいるかもしれないが、この「殺生とは何か」を通らなければ仏教力は浮上しない。
◆また、いくつか。ポール・フルネル『編集者とタブレット』(東京創元社)。紙の本が好きなら必読だ。久しぶりにナンシー関のシリーズ(角川文庫)。『何をいまさら』『何の因果で』『何が何だか』『何もそこまで』など。鬱憤抜きのためにはもってこいである。ぼくは拾読はたいていリクライニングチェアでしているのだが、ナンシー関はそこでは女王さまである。ラニ・シン編『ハリー・スミスは語る』(カンパニー社)。後藤護君が送ってくれた一冊で、黒魔術っぽいけれど、平岡正明っぽい。拾い読みしてすぐに、そうか宇川直宏がずっと以前に話していたあれかと思い出した。野嶋剛『新中国論』(平凡社新書)。香港と台湾を嬲(なぶ)る習近平の意図をまとめたものだが、抉ってはいない。山極寿一『人間社会、ここがおかしい』(毎日文庫)。例によってゴリラが人間を見破っていく。
◆ナンシー関や山極寿一ではないが、何かがおかしいはずなのに、何かがヘンなはずなのに、その原因や正体かがわからないことは多い。科学はそこから始まるのだけれど、このところ「おかしいぞ」が多すぎて、これは文明のせいだとか現在日本のせいだなどと大ざっぱになってきて、まずい。
◆最近のニュース。湊部屋の逸ノ城が優勝したのに盛り上らない。それでいいのか。安倍晋三元首相が応援演説中に銃撃され即死。狙撃犯は母が貢いだ旧統一教会を恨んでの犯行だったようだが、世論のオピニオンは「民主主義への挑戦だ」と言う。それでいいのか。参院選は自民圧勝。維新に中条きよし、れいわに水道橋博士、参政党に神谷宗弊、N党にガーシー。何に向かうのか。コロナまたまた感染爆発して第7波、わが周辺にもちらほら感染者や濃厚接触者が出てきたが、ぼくはいまだマスク着用頻度がきわめて低い。ぼくはこれでいいのか。
◆ロシアとウクライナの歴史と現状について、先だって佐藤優さんに『情報の歴史21』を使いながら本楼で話してもらった。グラゴール文字文化とキリル文化の話、ガリツィア(紅ルーシ)のナショナリズムとイエズス会の話、マイダン革命の奥のウクライナ民族主義者ステパン・バンデラの話などに聞きいった。話は読書指南にもなっていて、防衛研究所の『ウクライナ戦争の衝撃』(インターブックス)よりも、エマニュエル・トッド『第三次世界大戦はもう始まっている』(文春新書)、副島隆彦『プーチンを罠にはめ、策略に陥れた英米ディープステイト』(秀和システム)を読んだほうがいい、あの戦争の背景思想を知りたければ片山杜秀の『皇国史観』(文春新書)に書いてあることを読んだほうがいいと薦めていた。佐藤さんの話は「謎」が組み合わさるようになっていて、あいかわらず愉快だ。
◆最近のぼくの「老軽(ローカル)ニュース」少々。弁当一人前が一度で平らげられない。残して夜中に半分を食べる。メガネのフレームを太めの黒縁にした。気分転換だ。遠近と近々を誂えた。BS「一番新しい古代史」が終了。やたらに評判がよかったらしい。おしっこが一日10回以上になった。ガマンも効かないので、会合などで何食わぬ顔で立つための「芸」が必要になってきた。早く喋れず、声も響かない。息継ぎと発話のタイミングもずれる。それに座布団がないと、どこに坐ってもお尻が痛い。数年前から痩せているせいだ。そろそろ人前に我が身を晒せないのである。でもタバコは着々ふえている。それはそれ、寝床に入ると黒猫ナカグロがゆっくりくっついて寝る。爺さんどうしの二人寝である。
◆15離が始まって半分まで来た。離学衆も指南陣もいい。37期の花伝所がおわった。これまでになく充実している。新しい世代の活躍も目立ってきた。イシス編集学校が「ぼく」の代わりなのだ。これはコレクティブ・ブレインの創発なのだろうか、やっとの人麻呂代作集団の出現なのだろうか、面影編集一座の旗揚げなのだろうか。とりあえずは、こう言っておく。「師範代、出番ですよ」。

> アーカイブ

閉じる

花月のコスモロジー

大峯顯

法蔵館 2002


  頂上や殊に野菊の吹かれをり
  山国の闇恐ろしき追儺かな
  秋風や模様のちがふ皿ふたつ
  もろもろの木に降る春の霙かな
  空山へ板一枚を萩の橋

 原石鼎である。昭和12年の『花影』に入った吉野での句だが、父がこの初版本をもっていて、いつのまにかこのへんの一連の句が記憶の隅を光らせていた。
10年ほど前だろうか、「俳句倶楽部」にこの石鼎の句をとりあげている人があった。なにげなく読んだだけだったが、石鼎をちゃんと捉えていた。石鼎は尺八も吹くのだが、俳句も尺八もいったん山川草木や花鳥風月に染みこんで、そこからまた再生するものだというようなことを書いていた。ふうん、こういうことがわかる人もいるんだと、そのときはそれだけで終わった。
 今年になって、本書を店頭で求めてなにげなく読んでいたら、10年前に読んだ原石鼎についての文章が載っていた。ああ、あれはこの人が書いたのかと初めて刻印した。
 著者はハイデルベルク大学でハイデガーやガダマーらを学んだ存在論の哲学者であって、吉野山に近いところに生まれ、いまもそこの浄土真宗の寺に住んでいるらしく、しかも俳人だった。
吉野に育って14歳から俳句を作りはじめている。
 それなら石鼎の吉野の句に深い理解が示せるはずである。
 しかし、それだけで石鼎がわかるというのも、やや早計で、この著者にはもう少し深い何かの遍歴があるらしいことが察知された。いや、ハイデガーやガダマーをやったから石鼎がわかったわけではあるまい。ドイツ哲学をやっている連中で俳諧がない連中なんてゴマンといるのは、ぼくもよく知っている。
 それよりも、本書に書かれていることでいえば、西谷啓治からこんなことを言われたというようなことのほうが堆積しているのだとおもわれる。40歳になったばかりの著者が「夜半に目覚めると死の不安がよぎってくる」ということを西谷先生に言ったところ、しばらく黙っていた先生が「それは夜だけですか」「昼間でもその感じがくるようになると、もっといいだろう」と言われたという話である。こういう西谷先生の顔に、著者はあるときふと「詩人の無頼」を感じたという。
 ハイデガーだけではなく、ハイデガーにこういう話がくっつかないと、石鼎にはならないのである。ぼくは妙に納得できた。

 著者は飛行機の上からおもいがけず海流を見たことについても書いていた。たいへんな驚きをもって、その海流の流れる模様を見たというのだ。
 家人にその話をしてみると、誰も感心してくれない。そりゃ、海流なんだからそういうもんでしょうという反応なのだ。しかし著者にとっては、この目撃によって得たものはとんでもないもので、それこそがコスモロジーの端緒というものだった。
 浄土真宗の本質を、かつて親鸞は「阿弥陀の往相廻向と還相廻向だ」と言ったものだが、著者は空から海流を一瞥したことにその往還思想すら感じたらしい。
 これだけの話なのだが、この海流と親鸞がふわりと二ッつ羽二重餅のように重なったところがおもしろく、そうだからこそ、この著者はだいそれて「花月のコスモロジー」などといえるのだろうし、石鼎の句を持ち出してぴたりと言い当てる何かを堆積してきたのだろう。
 若いころ虚子や星野立子に会ったときの面影を本書でもふれているけれど、そこにも気負いがなくて、これはさすがにホトトギスらしかった。
 そうした根本偶然を何げなく衝いてくる本書のなかで、ややぼくも説明したくなる指摘もあった。説明したくなるというのは、訂正したいというのでははなく、尻馬にのりましたという意味である。
それは保田與重郎についてのことだった。

 かつて竹内好は、保田與重郎の本質は「空白なる思想」なのに、それを実体的なもの、規定可能なものと捉えて日本主義者とかファシズムに結びつけて論難しようとしたところに、長きにわたる保田批判の失敗があったと反省し、保田は規定不可能なものを考えた人だったのではないかと、それなりに正直に書いた。
 これで保田の“冤罪”が晴れたなどとおもう人はいまいが、少しはホッとした向きもあったにちがいない。そこまでは竹内好の功績である。が、はたして保田は「規定不可能なもの」を考えたのだろうか。そういうふうに言えば保田を言い当てたことになるのだろうか。
 竹内好の反省は、これではまだ半分以下なのだ。ホッとしてはいけないのである。それはこういうことである。
 保田の本質が仮に竹内の言うような「空白なる思想」であるとしても、それはいっさいのイデオロギーにも実体の思想にも所属しないことによって成立したものなのであったにちがいない。そこにあるのは「詩」や「歌」そのものがイデオロギーであって、詩歌そのものが思想であるという立場なのである。ここが見えないと保田議論にもならないし、日本の詩歌を伝統から吸い上げる方法がまったくわからないままに終わる。
 こういうことは、説明しようとすると面倒なことで、説明していること自体が説明から外れそうになりかねない。しかも保田その人が、この面倒から逃げたようなところがあって、実はときどき保田與重郎の擁護などしてやるものかという気分にすらなるときがある。しかし、そのように思われても仕方がないというその仕方に、保田はいたはずだった。そこを言わなければ、良くも悪くも、保田にふれたことにはならない。
 この著者はこのことに気がついてるようで、そこが頼もしかったのだ。著者はとくに説明をうまくしているわけではないのだが、口数を極める保田論よりもハッとさせるところがあって、そのことをついついぼくが説明したくなってしまった。

 ついでながら、ぼくも40歳をすぎてから死が一日に一度くらい、横切っていた(参考:自著本談『空海の夢』)。これは何だろう、そういうものかと思って、まるで庭を野良猫が横切っているように眺めていたのだが、いつのまにか来なくなった。
 はて、その「横切る死」という奴を、西谷啓治は昼も夜も見るようになるといいのにねと言ったとは、これはまた禅僧の遊びのようなことだ。こういう話をぼくも聞いていたら、多少は世の中、おもしろくさせられたかもれない。帰命無量。