ほんほん

ひさびさ千夜、古代史番組、湖北めぐり

ほんほん51

◆この一カ月、千夜千冊を書きそこねていた。いくつか理由はあるが、それでノルマがはたせなかったという説明にはならない。階段の昇り降りがへたくそだったとか、散髪がどうにもうまくいかなかったとかいうのに似ている。ずっと前のことだが、急に俳句が詠めなくなったり、人前で話すとなんとも食い違うということがあったりしたが、そういうことに近かったのだろうと思う。ロシアのことを書いて取り戻すことにした。
◆関口宏・吉村武彦と一緒に『一番新しい古代史』という番組をやることになった。BS・TBSの毎週土曜日のお昼から放映される。3チームが次々に用意するフリップ上の古代史クロニクルを関口さんが入念に辿っていくのを、ところどころで吉村さんが解説を加え、ところどころでぼくが勝手なイメージをふくらませるというやりかたで進む。1時間番組だが、30分ほどのリハのあと、本番用をだいたい90分か100分を撮って、それをプロダクション・チームが多少の取捨選択をして、絵やキャプションを付けて仕上げる。おかげで事前に、吉村さんの著書を読むのが仕事になった。これは仁義でもある。さきほどは岩波新書の『聖徳太子』と『女帝の古代日本』を再読した。
◆古代史の本はキリなくある。記紀・風土記・六国史をはじめとする史書をべつにすると、多くは研究者たちのもので、ぼくは研究者ではないからこれまでバラバラに、かつ好きに読んできた。なかにはとんでもない仮説に走ったものも少なくないが、それらにもけっこう目を通した。数えたこともないけれど、500冊や1000冊はとっくに超えているだろう。さあ、それで通史的にはどうまとまったのかというと、まとまるわけがない。とくにぼくは古代史の流れよりも古代観念の渦のありかたに関心があるので、万葉の歌や折口の文章に耽るのが醍醐味になってきたから、その手の読書がそうとう多い。これは通史的にはなりえない。間歇泉のような息吹とのつきあいなのだ。
◆それでもふりかえってみると、やはり内藤湖南・津田左右吉・石母田正・井上光貞・直木孝次郎・西嶋定生・小林敏男というふうに発表順・テーマ別にアタマの中に並べなおして、定番史観を眺めてきたようにも思う。研究じみてつまらないように思われるかもしれないけれど、いろいろ読んでいくと、そうなるのだ。それがまた歴史観の錬磨には有効なのだ。しかし、こういう並べなおし読書だけでは何も飛躍がない。歴史は通史がまとまればそれでおもしろいというわけではなく、『鎌倉殿の13人』ではないけれど、自分なりの人物像やドラマ性もギャップも想定できて、かつ一挙に細部に入り込んだり、巨きく俯瞰もできるようにならなければ、歴史を展いているという実感がもてない。
◆こうして結局は、火焔土器の本、スサノオをめぐる本、司馬遷、三韓や加耶についての本、仏教的言説、貴族の日記、新井白石、頼山陽を読み、松本清張や黒岩重吾や山本七平や安彦良和の『ナジム』(徳間書店)にも目を走らせるということになったのである。日本の古代史、実はまだまだ謎が解けてはない。わかってきたのはせいぜい3割くらいだろう。番組がどのくらい光をあてられるかはわからないけれど、多少はご期待いただきたい。
◆近江ARSのメンバーの用意周到な仕立てのおかげで、久々に湖北をめぐった。長浜・菅浦・大音(おおと)・石道寺(しゃくどうじ)・木之本を訪れた。長浜はわが父松岡太十郎の故郷なのである。いまの体力からすると3日の行程は少しきついのだが、存分な準備とサポートによって、いろいろ深い体感をものすることができた。劈頭に願養寺(松岡家の菩提寺)と梨の木墓地(松岡家の墓)に参ったのが、ぼくに湖北のヌミノーゼを散らしてくれた。
◆湖北は汚れていなかった。50年前の白洲正子の感嘆がほぼ残っていた。雨模様の夕方に近江孤篷庵(禅寺・遠州流)で時を偲んだときに、そのことがしっかり伝わってきた。しかしその一方で湖北が何かに堪えているようにも感じて、そこに多少のお手伝いをしなければと思った。帰って和泉佳奈子にも話したことである。
◆「東洋経済」が「世界激震! 先を知るための読書案内」を特集した。「ウクライナ危機の行方がわかる」と銘打って、橋爪大三郎・岡部芳彦・斎藤幸平・佐藤優・羽場久美子・輿那覇潤・津上俊哉・鶴岡路人といった面々が顔をそろえて危機を乗り越えるための本を推薦しているのだが、かなり知られた本が多く、やや失望した。橋爪・佐藤『世界史の分岐点』(SBクリエイティブ)、ウォルター・シャイテル『暴力と不平等の人類史』(東洋経済新報社)、輿那覇『平成史』(文藝春秋)、田中孝幸『13歳からの地政学』(東洋経済新報社)、六鹿茂夫『黒海地域の国際関係』(名古屋大学出版会)、ヨラム・パゾーニ『ナショナリズムの美徳』(東洋経済新報社)、福嶋亮太『ハロー、ユーラシア』(講談社)、イワン・クラステラ『アフター・ヨーロッパ』(岩波書店)、羽場『ヨーロッパの分断と統合』(中央公論新社)、秋山信将・高橋杉雄『「核の忘却」の終わり』(勁草書房)、橋爪『中国VSアメリカ』(河出書房新社)あたりがお薦めだろうか。ドゥーギンとプーチンの間を埋めるチャールズ・クローヴァーの『ユーラシアニズム』(NHK出版)が入っていないのは、どうしたことか。

> アーカイブ

閉じる

花月のコスモロジー

大峯顯

法蔵館 2002


  頂上や殊に野菊の吹かれをり
  山国の闇恐ろしき追儺かな
  秋風や模様のちがふ皿ふたつ
  もろもろの木に降る春の霙かな
  空山へ板一枚を萩の橋

 原石鼎である。昭和12年の『花影』に入った吉野での句だが、父がこの初版本をもっていて、いつのまにかこのへんの一連の句が記憶の隅を光らせていた。
10年ほど前だろうか、「俳句倶楽部」にこの石鼎の句をとりあげている人があった。なにげなく読んだだけだったが、石鼎をちゃんと捉えていた。石鼎は尺八も吹くのだが、俳句も尺八もいったん山川草木や花鳥風月に染みこんで、そこからまた再生するものだというようなことを書いていた。ふうん、こういうことがわかる人もいるんだと、そのときはそれだけで終わった。
 今年になって、本書を店頭で求めてなにげなく読んでいたら、10年前に読んだ原石鼎についての文章が載っていた。ああ、あれはこの人が書いたのかと初めて刻印した。
 著者はハイデルベルク大学でハイデガーやガダマーらを学んだ存在論の哲学者であって、吉野山に近いところに生まれ、いまもそこの浄土真宗の寺に住んでいるらしく、しかも俳人だった。
吉野に育って14歳から俳句を作りはじめている。
 それなら石鼎の吉野の句に深い理解が示せるはずである。
 しかし、それだけで石鼎がわかるというのも、やや早計で、この著者にはもう少し深い何かの遍歴があるらしいことが察知された。いや、ハイデガーやガダマーをやったから石鼎がわかったわけではあるまい。ドイツ哲学をやっている連中で俳諧がない連中なんてゴマンといるのは、ぼくもよく知っている。
 それよりも、本書に書かれていることでいえば、西谷啓治からこんなことを言われたというようなことのほうが堆積しているのだとおもわれる。40歳になったばかりの著者が「夜半に目覚めると死の不安がよぎってくる」ということを西谷先生に言ったところ、しばらく黙っていた先生が「それは夜だけですか」「昼間でもその感じがくるようになると、もっといいだろう」と言われたという話である。こういう西谷先生の顔に、著者はあるときふと「詩人の無頼」を感じたという。
 ハイデガーだけではなく、ハイデガーにこういう話がくっつかないと、石鼎にはならないのである。ぼくは妙に納得できた。

 著者は飛行機の上からおもいがけず海流を見たことについても書いていた。たいへんな驚きをもって、その海流の流れる模様を見たというのだ。
 家人にその話をしてみると、誰も感心してくれない。そりゃ、海流なんだからそういうもんでしょうという反応なのだ。しかし著者にとっては、この目撃によって得たものはとんでもないもので、それこそがコスモロジーの端緒というものだった。
 浄土真宗の本質を、かつて親鸞は「阿弥陀の往相廻向と還相廻向だ」と言ったものだが、著者は空から海流を一瞥したことにその往還思想すら感じたらしい。
 これだけの話なのだが、この海流と親鸞がふわりと二ッつ羽二重餅のように重なったところがおもしろく、そうだからこそ、この著者はだいそれて「花月のコスモロジー」などといえるのだろうし、石鼎の句を持ち出してぴたりと言い当てる何かを堆積してきたのだろう。
 若いころ虚子や星野立子に会ったときの面影を本書でもふれているけれど、そこにも気負いがなくて、これはさすがにホトトギスらしかった。
 そうした根本偶然を何げなく衝いてくる本書のなかで、ややぼくも説明したくなる指摘もあった。説明したくなるというのは、訂正したいというのでははなく、尻馬にのりましたという意味である。
それは保田與重郎についてのことだった。

 かつて竹内好は、保田與重郎の本質は「空白なる思想」なのに、それを実体的なもの、規定可能なものと捉えて日本主義者とかファシズムに結びつけて論難しようとしたところに、長きにわたる保田批判の失敗があったと反省し、保田は規定不可能なものを考えた人だったのではないかと、それなりに正直に書いた。
 これで保田の“冤罪”が晴れたなどとおもう人はいまいが、少しはホッとした向きもあったにちがいない。そこまでは竹内好の功績である。が、はたして保田は「規定不可能なもの」を考えたのだろうか。そういうふうに言えば保田を言い当てたことになるのだろうか。
 竹内好の反省は、これではまだ半分以下なのだ。ホッとしてはいけないのである。それはこういうことである。
 保田の本質が仮に竹内の言うような「空白なる思想」であるとしても、それはいっさいのイデオロギーにも実体の思想にも所属しないことによって成立したものなのであったにちがいない。そこにあるのは「詩」や「歌」そのものがイデオロギーであって、詩歌そのものが思想であるという立場なのである。ここが見えないと保田議論にもならないし、日本の詩歌を伝統から吸い上げる方法がまったくわからないままに終わる。
 こういうことは、説明しようとすると面倒なことで、説明していること自体が説明から外れそうになりかねない。しかも保田その人が、この面倒から逃げたようなところがあって、実はときどき保田與重郎の擁護などしてやるものかという気分にすらなるときがある。しかし、そのように思われても仕方がないというその仕方に、保田はいたはずだった。そこを言わなければ、良くも悪くも、保田にふれたことにはならない。
 この著者はこのことに気がついてるようで、そこが頼もしかったのだ。著者はとくに説明をうまくしているわけではないのだが、口数を極める保田論よりもハッとさせるところがあって、そのことをついついぼくが説明したくなってしまった。

 ついでながら、ぼくも40歳をすぎてから死が一日に一度くらい、横切っていた(参考:自著本談『空海の夢』)。これは何だろう、そういうものかと思って、まるで庭を野良猫が横切っているように眺めていたのだが、いつのまにか来なくなった。
 はて、その「横切る死」という奴を、西谷啓治は昼も夜も見るようになるといいのにねと言ったとは、これはまた禅僧の遊びのようなことだ。こういう話をぼくも聞いていたら、多少は世の中、おもしろくさせられたかもれない。帰命無量。