ほんほん

ひさびさ千夜、古代史番組、湖北めぐり

ほんほん51

◆この一カ月、千夜千冊を書きそこねていた。いくつか理由はあるが、それでノルマがはたせなかったという説明にはならない。階段の昇り降りがへたくそだったとか、散髪がどうにもうまくいかなかったとかいうのに似ている。ずっと前のことだが、急に俳句が詠めなくなったり、人前で話すとなんとも食い違うということがあったりしたが、そういうことに近かったのだろうと思う。ロシアのことを書いて取り戻すことにした。
◆関口宏・吉村武彦と一緒に『一番新しい古代史』という番組をやることになった。BS・TBSの毎週土曜日のお昼から放映される。3チームが次々に用意するフリップ上の古代史クロニクルを関口さんが入念に辿っていくのを、ところどころで吉村さんが解説を加え、ところどころでぼくが勝手なイメージをふくらませるというやりかたで進む。1時間番組だが、30分ほどのリハのあと、本番用をだいたい90分か100分を撮って、それをプロダクション・チームが多少の取捨選択をして、絵やキャプションを付けて仕上げる。おかげで事前に、吉村さんの著書を読むのが仕事になった。これは仁義でもある。さきほどは岩波新書の『聖徳太子』と『女帝の古代日本』を再読した。
◆古代史の本はキリなくある。記紀・風土記・六国史をはじめとする史書をべつにすると、多くは研究者たちのもので、ぼくは研究者ではないからこれまでバラバラに、かつ好きに読んできた。なかにはとんでもない仮説に走ったものも少なくないが、それらにもけっこう目を通した。数えたこともないけれど、500冊や1000冊はとっくに超えているだろう。さあ、それで通史的にはどうまとまったのかというと、まとまるわけがない。とくにぼくは古代史の流れよりも古代観念の渦のありかたに関心があるので、万葉の歌や折口の文章に耽るのが醍醐味になってきたから、その手の読書がそうとう多い。これは通史的にはなりえない。間歇泉のような息吹とのつきあいなのだ。
◆それでもふりかえってみると、やはり内藤湖南・津田左右吉・石母田正・井上光貞・直木孝次郎・西嶋定生・小林敏男というふうに発表順・テーマ別にアタマの中に並べなおして、定番史観を眺めてきたようにも思う。研究じみてつまらないように思われるかもしれないけれど、いろいろ読んでいくと、そうなるのだ。それがまた歴史観の錬磨には有効なのだ。しかし、こういう並べなおし読書だけでは何も飛躍がない。歴史は通史がまとまればそれでおもしろいというわけではなく、『鎌倉殿の13人』ではないけれど、自分なりの人物像やドラマ性もギャップも想定できて、かつ一挙に細部に入り込んだり、巨きく俯瞰もできるようにならなければ、歴史を展いているという実感がもてない。
◆こうして結局は、火焔土器の本、スサノオをめぐる本、司馬遷、三韓や加耶についての本、仏教的言説、貴族の日記、新井白石、頼山陽を読み、松本清張や黒岩重吾や山本七平や安彦良和の『ナジム』(徳間書店)にも目を走らせるということになったのである。日本の古代史、実はまだまだ謎が解けてはない。わかってきたのはせいぜい3割くらいだろう。番組がどのくらい光をあてられるかはわからないけれど、多少はご期待いただきたい。
◆近江ARSのメンバーの用意周到な仕立てのおかげで、久々に湖北をめぐった。長浜・菅浦・大音(おおと)・石道寺(しゃくどうじ)・木之本を訪れた。長浜はわが父松岡太十郎の故郷なのである。いまの体力からすると3日の行程は少しきついのだが、存分な準備とサポートによって、いろいろ深い体感をものすることができた。劈頭に願養寺(松岡家の菩提寺)と梨の木墓地(松岡家の墓)に参ったのが、ぼくに湖北のヌミノーゼを散らしてくれた。
◆湖北は汚れていなかった。50年前の白洲正子の感嘆がほぼ残っていた。雨模様の夕方に近江孤篷庵(禅寺・遠州流)で時を偲んだときに、そのことがしっかり伝わってきた。しかしその一方で湖北が何かに堪えているようにも感じて、そこに多少のお手伝いをしなければと思った。帰って和泉佳奈子にも話したことである。
◆「東洋経済」が「世界激震! 先を知るための読書案内」を特集した。「ウクライナ危機の行方がわかる」と銘打って、橋爪大三郎・岡部芳彦・斎藤幸平・佐藤優・羽場久美子・輿那覇潤・津上俊哉・鶴岡路人といった面々が顔をそろえて危機を乗り越えるための本を推薦しているのだが、かなり知られた本が多く、やや失望した。橋爪・佐藤『世界史の分岐点』(SBクリエイティブ)、ウォルター・シャイテル『暴力と不平等の人類史』(東洋経済新報社)、輿那覇『平成史』(文藝春秋)、田中孝幸『13歳からの地政学』(東洋経済新報社)、六鹿茂夫『黒海地域の国際関係』(名古屋大学出版会)、ヨラム・パゾーニ『ナショナリズムの美徳』(東洋経済新報社)、福嶋亮太『ハロー、ユーラシア』(講談社)、イワン・クラステラ『アフター・ヨーロッパ』(岩波書店)、羽場『ヨーロッパの分断と統合』(中央公論新社)、秋山信将・高橋杉雄『「核の忘却」の終わり』(勁草書房)、橋爪『中国VSアメリカ』(河出書房新社)あたりがお薦めだろうか。ドゥーギンとプーチンの間を埋めるチャールズ・クローヴァーの『ユーラシアニズム』(NHK出版)が入っていないのは、どうしたことか。

> アーカイブ

閉じる

民法風土記

中川善之助

日本評論社 1965

 まったく法律には弱い。何も知らないといってよい。おかげでずいぶん損をしたし、苦い思いにも立たされた。けれども、あいかわらず法音痴で通している。
 さいわい最近は“浜ちゃん”という、抜群のリーガル・センスの持ち主の弁護士に出会えて、この情けない状態を陰に日向に助けてもらえるようになった。“浜ちゃん”は世を恐れぬ「釣りバカ」ではなく、世を惧れつつも世を変えようとしている真摯でパワフルな「法バカ」である。ぼくの今後は“浜ちゃん”とともにある。
 ところで法律に弱いぼくも、法学者たちが綴ったものを読むのはめっぽう好きで、いずれ「千夜千冊」にもとりあげるかもしれないが、ゲルマン法の解説書や滝川政次郎の法制史をはじめ、穂積陳重の重厚や末弘巌太郎の洒脱からニコラス・ルーマンの理屈まで、いろいろ遊ばせてもらっている。川島武宣はすでに紹介した。
 中善先生こと中川善之助の文章は、こうしたなかでもちょっと別種の味がある。

 中川善之助は日本の民法学の権威で、とくに身分法学の飛び抜けた第一人者である。だが、書斎法学ではなくて、これが歩く法学なのである。どこを歩くかというと、日本中を歩く。「私は日本中をよく歩く。たいていの所は歩いている」と本人も書いている。
 東京神田の生まれだが、早くに金沢の四高に行ったこと、東京帝国大学で法科を修めたのちは陸奥仙台の東北大学にずっといたというローカリティが、中川善之助の資質をつくったともいえる。それで日本中を歩いた。そこで何をするかというと、村のできかたや持ち合いや家族のつくられかたを見る。そのためには土地のできぐあいや道の意味や峠の力も知らなければならない。だから、村の連中とも話しこむ。そして、その感想を克明に綴っていく。
 いわば、法学における宮本常一なのである。民俗学者宮本常一が「塩の道」だとしたら、中川善之助は「法の道」を生きたまま取り出した。こういう人はあんまりいない。そこが中善の中善たるゆえんなのである。
 本書は杉浦康平が表紙デザインを担当した『法学セミナー』に連載したものを、のちに一冊にまとめた。第1章はなんと黒部峡谷から始まる。そして第2章が奄美の蘇鉄、全部で第18章まであるのだが、そこには秋田や日向や諏訪盆地や讃岐が入る。そしてラストに専門調査で名高い飛騨白川郷が描写されている。これらの旅先を中川善之助は、ずばり「法の現場」とよんでいた。

 ともかくおもしろい。たとえば中善先生は大分県に行こうと決めると目的を二つくらいに絞る。ひとつは高崎山の猿を見る、もうひとつは臼杵に行って末子相続の痕跡を探す。この目的をもって大分に行く。
 しかし、いつも「第3番目」を残しておく。行ってみて思いついたり、土地の人に薦められて浮かんだ目的を未知のまま勘定に入れておくらしい。つまり決めた目的が二つ、未知の目的が一つ。これで旅先に赴くのである。
 大分のばあいは、まず高崎山の猿を見る。若い頃からの憧れだったらしい。これで社会というものの原型を体いっぱいに存分に浴びておく。しかし、夢中で見なければならない。猿だって必死なのだから。ついで臼杵に行く。そこで調査に入る。ところがこれは不首尾におわった。どうも痕跡が立ち上がってこない。そこで第3番目の未知の目的を思いつく。このときは阿蘇見学である。
 阿蘇は初めて。漱石の「行けど萩行けど薄(すすき)の原広し」という句など思い出しながら、中善先生は阿蘇をゆっくり登る。阿蘇谷に入って「仁助咄」を聞き、これはこれはと思って当時の新田耕作の変遷に興味をもつ。江戸末期の開拓農民の苦労話だ。聞くうちに、維新以降にそのことをめぐっていくつもの訴訟や評定や争いがおこっていたことが見えてきた。日本は地租改正によって初めて土地制度と税制度を重ねて連動させたのだが、その連動の問題でその後の日本はたいへんな苦労をしてきた。民法とて、この上に乗ったものである。
 中善先生はここから戸水寛人博士の調査に分け入り、いったい人間と土地の関係において「永代」とか「離散」というのはどういう意味だったかを考える。ふと気がつくと、なんと阿蘇に雪が舞い降りている。「私は見はるかす阿蘇谷の暮れ行く盆地を、倦かず眺める」のである。

 こんなふうに中川善之助は日本を歩いては民法の起源を体験していったのである。
 おそらくこんな法学風土記を書ける法学者は、いま一人もいないであろう。それも仕方がないが、ときにはこういう一冊に目を通すだけの余裕を、憲法論議や有事立法やメディア3法で浮足立つそのさなかにおいても、もってほしいものである。
 南国土佐に赴いて、林法と魚法の変遷を調べたときの文章は、大原富枝の『婉という女』から始まっている。この小説はいつか「千夜千冊」に入れたいと思っている一冊で、野中兼山の末娘を描いた傑作。兼山については、すでに穂積陳重の『法曹夜話』がふれていて、日本の法学には欠かせない人物である。中善先生は土佐の国に入ったとたんにそれを思い出す。それから『土佐日記』を思い出し、日本の民権概念がどうしてこの土地に芽生えたかを考えていくのである。
 中川善之助。この名を知らない日本人はいまものすごく多いだろうが、せめて本書を通して偲んでもらいたい。