ほんほん

ひさびさ千夜、古代史番組、湖北めぐり

ほんほん51

◆この一カ月、千夜千冊を書きそこねていた。いくつか理由はあるが、それでノルマがはたせなかったという説明にはならない。階段の昇り降りがへたくそだったとか、散髪がどうにもうまくいかなかったとかいうのに似ている。ずっと前のことだが、急に俳句が詠めなくなったり、人前で話すとなんとも食い違うということがあったりしたが、そういうことに近かったのだろうと思う。ロシアのことを書いて取り戻すことにした。
◆関口宏・吉村武彦と一緒に『一番新しい古代史』という番組をやることになった。BS・TBSの毎週土曜日のお昼から放映される。3チームが次々に用意するフリップ上の古代史クロニクルを関口さんが入念に辿っていくのを、ところどころで吉村さんが解説を加え、ところどころでぼくが勝手なイメージをふくらませるというやりかたで進む。1時間番組だが、30分ほどのリハのあと、本番用をだいたい90分か100分を撮って、それをプロダクション・チームが多少の取捨選択をして、絵やキャプションを付けて仕上げる。おかげで事前に、吉村さんの著書を読むのが仕事になった。これは仁義でもある。さきほどは岩波新書の『聖徳太子』と『女帝の古代日本』を再読した。
◆古代史の本はキリなくある。記紀・風土記・六国史をはじめとする史書をべつにすると、多くは研究者たちのもので、ぼくは研究者ではないからこれまでバラバラに、かつ好きに読んできた。なかにはとんでもない仮説に走ったものも少なくないが、それらにもけっこう目を通した。数えたこともないけれど、500冊や1000冊はとっくに超えているだろう。さあ、それで通史的にはどうまとまったのかというと、まとまるわけがない。とくにぼくは古代史の流れよりも古代観念の渦のありかたに関心があるので、万葉の歌や折口の文章に耽るのが醍醐味になってきたから、その手の読書がそうとう多い。これは通史的にはなりえない。間歇泉のような息吹とのつきあいなのだ。
◆それでもふりかえってみると、やはり内藤湖南・津田左右吉・石母田正・井上光貞・直木孝次郎・西嶋定生・小林敏男というふうに発表順・テーマ別にアタマの中に並べなおして、定番史観を眺めてきたようにも思う。研究じみてつまらないように思われるかもしれないけれど、いろいろ読んでいくと、そうなるのだ。それがまた歴史観の錬磨には有効なのだ。しかし、こういう並べなおし読書だけでは何も飛躍がない。歴史は通史がまとまればそれでおもしろいというわけではなく、『鎌倉殿の13人』ではないけれど、自分なりの人物像やドラマ性もギャップも想定できて、かつ一挙に細部に入り込んだり、巨きく俯瞰もできるようにならなければ、歴史を展いているという実感がもてない。
◆こうして結局は、火焔土器の本、スサノオをめぐる本、司馬遷、三韓や加耶についての本、仏教的言説、貴族の日記、新井白石、頼山陽を読み、松本清張や黒岩重吾や山本七平や安彦良和の『ナジム』(徳間書店)にも目を走らせるということになったのである。日本の古代史、実はまだまだ謎が解けてはない。わかってきたのはせいぜい3割くらいだろう。番組がどのくらい光をあてられるかはわからないけれど、多少はご期待いただきたい。
◆近江ARSのメンバーの用意周到な仕立てのおかげで、久々に湖北をめぐった。長浜・菅浦・大音(おおと)・石道寺(しゃくどうじ)・木之本を訪れた。長浜はわが父松岡太十郎の故郷なのである。いまの体力からすると3日の行程は少しきついのだが、存分な準備とサポートによって、いろいろ深い体感をものすることができた。劈頭に願養寺(松岡家の菩提寺)と梨の木墓地(松岡家の墓)に参ったのが、ぼくに湖北のヌミノーゼを散らしてくれた。
◆湖北は汚れていなかった。50年前の白洲正子の感嘆がほぼ残っていた。雨模様の夕方に近江孤篷庵(禅寺・遠州流)で時を偲んだときに、そのことがしっかり伝わってきた。しかしその一方で湖北が何かに堪えているようにも感じて、そこに多少のお手伝いをしなければと思った。帰って和泉佳奈子にも話したことである。
◆「東洋経済」が「世界激震! 先を知るための読書案内」を特集した。「ウクライナ危機の行方がわかる」と銘打って、橋爪大三郎・岡部芳彦・斎藤幸平・佐藤優・羽場久美子・輿那覇潤・津上俊哉・鶴岡路人といった面々が顔をそろえて危機を乗り越えるための本を推薦しているのだが、かなり知られた本が多く、やや失望した。橋爪・佐藤『世界史の分岐点』(SBクリエイティブ)、ウォルター・シャイテル『暴力と不平等の人類史』(東洋経済新報社)、輿那覇『平成史』(文藝春秋)、田中孝幸『13歳からの地政学』(東洋経済新報社)、六鹿茂夫『黒海地域の国際関係』(名古屋大学出版会)、ヨラム・パゾーニ『ナショナリズムの美徳』(東洋経済新報社)、福嶋亮太『ハロー、ユーラシア』(講談社)、イワン・クラステラ『アフター・ヨーロッパ』(岩波書店)、羽場『ヨーロッパの分断と統合』(中央公論新社)、秋山信将・高橋杉雄『「核の忘却」の終わり』(勁草書房)、橋爪『中国VSアメリカ』(河出書房新社)あたりがお薦めだろうか。ドゥーギンとプーチンの間を埋めるチャールズ・クローヴァーの『ユーラシアニズム』(NHK出版)が入っていないのは、どうしたことか。

> アーカイブ

閉じる

はみ出し者の進化論

奥井一満

カッパブックス 1984

 本書は教科書が書かないこと、教科書に書けないことで埋めつくされた生物学に関する名著である。
 カッパブックスとかカッパサイエンスなどといった通俗科学シリーズに、名著などありっこないと思ってはいけない。すでに「千夜千冊」で採りあげた渡辺一夫の『曲説フランス文学』はもともとはカッパブックスの『へそ曲がりフランス文学』だったし、「千夜千冊」では次の著者については別の本を採りあげるつもりだが、中村真一郎の『文学入門』、澁澤龍彦の『快楽主義の哲学』、上野千鶴子の『セクシィギャルの大研究』もカッパブックスだった。いずれも名著だ。

 著者はとても愉快な人だし、家の中に十匹以上もいるチワワから見ればかなり怪しい人物だが、「はみ出し者」ではない。
 北里大学の昆虫学者で、カイコやシリアゲムシに関する立派な研究がいろいろある。最近の快挙は、昆虫派の養老孟司にめったに手に入らない高価きわまりない昆虫標本をちらつかせて、北里大学に引っ張ってきてしまったことである。
 その著者が得意の筆法で痛快な進化論の見方を提供しているのが本書だから、ふむふむ、では、よくあるような「1時間でわかる進化論」といった内容だろうと想像してもらっては、困る。
 本書の根底には「いったい科学的な見方は何のことなんだ?」という痛烈な問いが通っているからだ。そこがレッキとした科学者でありながらの「はみ出し者」なのである。
 たとえば、ミミズを切るとピョンピョンはねるのを見て「ミミズが痛がっている」とか、「お母さんライオンが子供を慈愛の目で見ています」といった表現が科学的でないと言われるのは、なぜなのか。科学の言葉が使われていないから、こんな表現が科学者から非難されるのかといえば、そうではない。ミミズのハシゴ状神経系から「痛い」という感覚情報を受容するしくみが発見できないから科学的ではないだけで、だからといって、そのようなミミズに「痛み」を認めないのは人間の判断にすぎないのである。
 奥井さんはそこに疑問をもって昆虫にとりくみ、生物を研究し、科学を考えてきた人だった。ぼくは奥井さんとは何度も話をする機会をもってきたが、どんなに愉快な話をしていても、この姿勢が崩れることはなかった。

 実は本書の内容は、ぼくが奥井さんに10時間近くにわたってインタピューをした内容とほぼ重なっている。そのロングインタピューは1982年の『遊』7月号に「人間は失敗作である」として掲載した。
 しばらくしてそれをカッパブックスの編集者が読んで、これを単行本にしたらどうかというので、奥井さんが一から書きおろした。だからぼくには懐かしい内容であるとともに、口述の内容がどのように一冊の書物に変換されていったのか、その編集術を知るうえでも近しいものになっている。

 話は得意の「うまくいったゴカイ」と「進化の袋小路に入ったミミズ」の分化から始まり、シリアゲムシがノミにジャンプしたのち四足動物にたかるおぞましい吸血虫になっていく話、翅がありながらあえて飛ぶのをあきらめ、3億年を気ままに生き抜いたゴキブリの完璧なまでの機能性のこと、ミツバチとシロアリはなぜ巣作りを思いついて、しかもその中に全員で入りこむことにしたのか、というふうに進む。
 さすがに水際立った話になっているが、しかし奥井さんの真骨頂はこれらの話をしながらも、しだいに人間社会のありかたに鋭い疑問を投げかけていくあたりにある。

 奥井さんの考え方の特徴のひとつは、生物たちを科学の言葉のつながりだけで説明することはできないという点にある。
 たしかに生物というものは多くの原子と分子からできているのだが、その分子が高分子化合物になったあたりで“節目”があらわれて、ある集まり方ができるとそれが細胞になり、この時点で突然に「生命」というものに変貌する。このことをこれまでの科学が完璧に説明できたことはない。
 それだけではなく、その「生命」が生物として集合をくりかえすうちに、別の生物となり、どんどん進化がおこっていく。そこにゴカイとミミズの“別れ”も生じる。だが、このような進化や分化の現象がなぜおこるかということをつきつめて考えていくと、そこには「混みあい」「散らばり」「環境変化への対応」といった程度のことしかおこっていないことにもなる。
 そうなると、スミレがスミレになり、ゴキブリがゴキブリになったのは、そうなりたくてそうなった「ある主張」のようなものがそこで機能したとしか考えられなくなる。つまりあらゆる生物には自己主張があるようなのである。
 しかし、そのように考えることは、従来の科学では許されない。科学は説明しきらないと気がすまないからだ。では科学にも反旗を翻すのではなく、自由に考えるにはどうすればいいのか。
 人間の見方に変更を加えるべきではないのか。そこに奥井さんの言いたいことがある。

 本書には、いろいろ示唆に富むフレーズが出てくる。たとえば、こんなふうである。

◇生物は変わるのがあたりまえで、変わらないほうが特殊な状況なのである。
◇個体とは社会の基本でありながら、できあがった社会に「つねに苦情をとなえている」という存在なのである。
◇人間の最大の矛盾は、生物の一種であるのに、生物としてのルールをすべて排除しようとしていることにある。
◇人間は、ただ死ぬまで生きているだけなのに、こんなに説明の多い生物もいない。
◇ダーウィンの進化論は多くの進化論のなかのひとつであるにもかかわらず、19世紀資本主義社会を存続させる論理にすりかえられ、これだけが進化説のように喧伝された。
◇人間社会とは、ごく限られた集団の組織化された状態を意味しているのであって、生物社会とはちがった存在なのである。
◇人間は種としての社会をつくっているのではなく、種内の階層的構造による社会をつくっているにすぎない。
◇進化論とはすべてが結果論にすぎない。
◇科学を過大評価してはいけないし、科学者を特別視してもいけない。科学を重大視するから、科学にたずさわる側の傲慢さも助長される。科学ははでに檜舞台で踊り続けてはいけないのだ。

 奥井さんは釣りが大嫌いである。ちゃんと質したことはないのだが、ともかく魚を餌でだまして釣るのが気にくわないらしい。魚をつかまえたければもっと直截であるべきだという。裸で飛びこむなり、せめて一網打尽にするなりしてほしい。
 畑で均一な作物をつくることも、奥井さんは賛成しない。作物をつくるのはいいが、そのために雑草や害虫を駆除する以上、それはエゴイスティックな自然操作であると、奥井さんは考える。
 本書はそういう奥井さんの進化講話なのである。名著にならないはずがなかった。

参考¶奥井一満の著作には、『悪者にされた虫たち』(朝日選書)で驚かされた。その後、『ヒトと動物』(思索社)で『遊』のインタビューを決意し、それらがやがて本書や『狂ったホモ・サピエンス』(地産出版)や『タコはいかにしてタコになったか』『アワビがねじれてサザエになった』(いずれもカッパブックス)になっていったのはいとおしむように読んだ。