ほんほん

ぼくは「本数寄」なのである

ほんほん54(最終回)

◆慶応義塾大学出版会から「世界を読み解く一冊の本」というシリーズが刊行されている。『旧約聖書』『クルアーン』『三教指帰』『西遊記』『カンタベリー物語』『百科全書』『言海』『伝奇集』『一九八四年』『薔薇の名前』の10冊だ。えっ、たった10冊かよと思うだろうが、その10冊に空海、チョーサー、大槻文彦、エーコが入っているのが絶妙な特色だと思ったほうがいい。ただし原著やその翻訳ではない。それぞれ著者が別にいて、これらを解読している。藤井淳の『三教指帰』を読んだが、なかなかユニークな視点になっていた。
◆千夜千冊では「世界を読み解く一冊」をできるだけ選んできた。これまで書いてきた1800冊の中の300冊から500冊くらいが、そういう本だったと思う。吉本隆明は、本はたいてい自分のかかわりとの関係で読むものだけれど、自分が関心のない本にめぐりあうにはどうすればいいかという問いに対して、それは「書物に含まれている世界」が決めてくれるのだと答えていた。すぐれた本は「書き手が世界をあらわしたくて書いているものだ」というのだ。その通りだろう。
◆ボルヘスは、本は記号の集合体であるけれど、そこに読み手がかかわるとその記号は千変万化に息づいていくと言った。エーコは、本はスプーンやハンマーやハサミ同様に500年前とまったく変わっていない形態のものだけれど、それは「スプーンがあれ以上の形をとれないこと」と同様に、実にすばらしい究極の姿なのであるとみなしていたのだ。
◆たしかに「本」はあの形がいい。四角くて、表紙と裏表紙にページがぎゅっと挟まれて、ちょっと重たげで、本棚に並べると背中が何かを訴えている。これは「物実」(ものざね)もしくは「憑坐」(よりまし)なのだ。
◆ぼくが「本」という形をとったブツにぞっこんになったのは、20代半ばに自分の6畳・3畳のアパートで本棚を手作りしたときあたりからで、そのとき、わずかな蔵書を少しずつカバー自装したせいだった。カバー自装というのは、中身は気にいったのに外見が気にいらない本に適当なカバー材を選んできて、そこにレタリングセットや油性ペンでタイトルなどを付けていったことをいう。物実らしくしておきたかったのだ。これで護法童子が走りまわるようになった。これで「本」と一緒に暮らすようになった。
◆そういうふうになったのは、やっぱり10代に本に夢中になったからで、それがもしギターや算数に夢中になっていたら、別の生き方をしていたのだろうと思う。昆虫学者になっていた可能性もあるし、聴診器や注射器が手放せない診療所に暮らすようになったかもしれない。
◆ぼくは家庭用品や生活用品にからっきし関心がない。自分の部屋にそういうものを揃えたくなかった。もっとはっきり言うと、「生活する」に関心がない。生活は好きな仲間と一緒にいたいという、ただそれだけだ。リラダンとタルホの影響が滲みこんだせいだろう。これがわが生き方だ。だからぼくの日々はいまだにロクな用品に囲まれていない。自動車や電子機器はスタッフに頼っているし、たいていの日々は誰かが介添をしてくれている。つまりは生活オンチなのである。このオンチのせいで生活用品が自分の周辺に不可欠だと思えない。
◆では何が不可欠かというと、それが「本」だった。本が炊飯器で、本が大工道具で、本が食い道楽で、本が旅行で、本が恋愛で、本がうたた寝なのである。そんなことだから、当時から部屋には本だけがふえるだけだったのだ。本以外で大事なのはジャケットとタバコくらい。
◆こんなふうなので、そうとうな読書家ですねえ、さぞかし希覯本や珍本が集まったでしょうねと言われるが、そうなのではない。たしかに読書はするが、たくさんの本を読みたいとは当初から思っていなかった。いまも冊数はカンケーない。「読書するという状態」に、科学や文学や音楽の秘密が隠れていると思っているので、その読書状態をなんとか持続させ拡張させていくための日々をおくることが好きなのだ。だから希覯本はいっさい集めない。文庫本でも十分なのである。
◆もう少し正確に言うと「読むこと」が好きなのだ。もっと正確に言うと「読み」が好きなのだ。さまざまな民族言語による言葉が組み合わさって、それが人麻呂やシェイクスピアやジャン・ジュネやガルシア・マルケスや阿木耀子になってきたということ、その多様性のプロセスと成果を読むことが好きなのだ。
◆これはどちらかといえば、植物や動物の進化を読んでいるのに近い。だから批評したり書評したりするのは、実はほとんど気が向かない。千夜千冊も一度も書評をしようと思って書いてはこなかった。空き番だらけの「本の進化の木」をひとつひとつ埋めているような気分なのだ。
◆ただし、またまた別のことを言うようだが、この文明の流れのなかで、言葉や「読み」が進化してきたなどとは思っていない。人類の思索や表現が進歩してきたとも見ていない。そういう進歩史観はもっていない。むしろ言葉が意味からずれ、何かを隠さざるをえなくなっていく様子や、書くことが「逸脱」をおこしていくのを読むことに、大いなる興味があったのである。
◆つまりは、ぼくの「本好き」は「本数寄」なのである。何かを数寄の状態にしていくための本なのだ。遁世の数寄なのだ。それが70年以上もずうっと続いてきた。千夜千冊はやめられないだろう。また、どこかに本棚を作って進ぜるという仕事も、きっと続くだろう。最近は「本の寺」に関心がある。まったくもって大変なビョーキに罹ったものだ。
◆さて一方、この「ほんほん」コラムはそろそろ「お開き」にしたいと思った。ブックウォッチャーを続けるのもどうかなという気にもなったのだ。別のコラムを始めるかもしれないけれど、どういうものかはわからない。そのときはそのときで、どうぞ御贔屓に。

> アーカイブ

閉じる

山の民・川の民

井上鋭夫

平凡社選書 1981

 越後の国の最北の出羽の国の境近くに岩船がある。国境いは朝日・飯豊の連峰がつらなってそのまま一部が日本海に落ちていく。その険しい連峰の麓の岩船地方に、古くから雲上公という貴人の物語が伝えられてきた。

 昔のことである。越後の国で治安が乱れて押込み盗賊が跋扈して村々が困っていたとき、後白河法皇の第三皇子の雲上公左市郎君を国主として招くことになった。雲上公は12人の縁者と多くのお供を連れて保元元年(1156)に下国し岩船の十川(そがわ)で御所を営んだので、しだいに国もうまく治まるようになった。ところが、困ったことがおこった。雲上公も縁者も川狩りが大好きで、瀬波川で舟遊びをしヤスで魚を突いては酒盛りをたのしむ。とりわけ雲上公は河口まで出て沖合を通る船を扇であおいで逆戻りさせたり、くるくる回転させたりしてよろこんでいる。そういういたずらをやめない。さすがに縁者たちもこれを諌めるのだが、雲上公はいっこうにやめようとしない。やむなくみんなで雲上公を川へ突き落とした。
 雲上公の死骸を拾い上げた村人たちは火葬にしようとした。けれども首だけがどうしても焼けない。そればかりかカラカラと笑い、眼光鋭く睨みつけてくる。何をしても焼けない。そこで真言の坊さんをよんで竹筒に臭水(くそうず)を入れてもってきてもらい、呪文と般若心経を唱えて、とうとう雲上公の首を焼いた。こんなことをしたのでは都は黙っていない。縁者がいながらなんということをしたかと、平治元年(1159)に討手がやってきて、12人の縁者も家臣も討たれてしまった。
 これで雲上公一族は滅んでしまったので、村人たちは川内大明神としてその御霊を祀った。いまもこの地方一帯(村上市を含めて)に川内大明神があるのはそのためである‥‥。というような伝承が文字として江戸時代の記録にあったのである。

 さて、ふつうの歴史学者ならこんな話は実証しようもないので放置する。ところが井上鋭夫はこの物語をえんえん研究して、ついに誰も解きえなかった"ある歴史現象"を浮上させた。
 要約すると、こうだった。石井進の要約にもとづいて紹介するが、この伝承はよくある貴種流離譚の類型にすぎず、ここから歴史的な特定をすることは不可能に見える。だいたい後白河時代に雲上公などという人物がいた記録はない。しかし井上は「川狩り」の記述には当時の川の民の実態が描かれていると推測した。春は網でマスをとり、夏は鵜飼でアユをとる。秋は横引の大網や居操の持網をつかい、ヤスで突き刺していく。雲上公の川狩り遊びにはこうした川の民の実態をあらわしているのではないかというのだ。
 雲上公の首を焼くのに山中の真言僧がよばれ、臭水すなわち原油をふりかけて真言を唱えたというのも、このような苛烈な加持祈祷が禁止されていた地域のことから考えると、雲上公の奉じる信仰形態とこの真言僧の信仰形態とのあいだに対立があったと推察される。真言に対立するのは当時は浄土教である。そうだとすると、雲上公一族に仮託されたのは実は浄土教的なるものを信仰する川の民の人々だったのではなかったか。
 調べてみると、この地方にはワタリとかタイシとよばれる農業以外の生業につく人々がいた。ワタリは舟を操って漁労をし、タイシは太子信仰をもって蓑作りや塩木流しや筏流しに従事していた。川内や十川にはそうした習俗がのこっている。ところで一方、原始一向宗が強い太子信仰をもっていたことは宗教史や歴史学がほぼあきらかにしている。そうならばワタリやタイシといった川の民は原始一向宗の人々だったのではないか。

 井上の追求はこれでおわらなかった。近世の文献ではタイシは川の民と記録されたが、中世では実は山の民だったのではないかというのである。
 もともと朝日・飯豊の山系は金・銀・銅の鉱物資源が豊富なところで、その採取や管理にあたっていたのは「法印さま」とよばれた修験や山伏だった。この修験者たちには太子信仰がある。そうだとすると、これら山の民が何かの社会的な分岐点を示す事情によって川の民に変じたか、あるいは両者が交流できたという事情があったと推定できる。しかしさらに調べていくと、修験者がそのまま鉱山を管理しきっていたわけではなく、そこからしだいに鋳物師や木地屋や檜物師が分かれてきて、そのような職人が山野を動くようになったとおぼしい。しかもこの職人たちは「山王に対する王子」にあたるような王子信仰をたいていもっていた。
 それならば、実は山の民にあたるこうした鉱山・材木の採取に従事する職人集団の一部がしだいに修験者の太子信仰にのりかえて、ついに「タイシの徒」となったのではないか。それが地域の特定性や特質性によって川の民と交じっていったのではないか。そう考えられるのだ。これらの研究はやがて『一向一揆の研究』という大著となって実をむすぶ。

 その後さらに、井上はここにもっと重要な問題をもちこんだ。それは空間や土地の問題に関係がある。
 中世、岩船のあたりの南方には広大な摂関家領の荘園が広がっていた。奥山荘という。奥山荘の北には公領の荒河保があって、鎌倉時代の文書によると、この二つの地域で争いがおこって堺論が生じていた。このとき双方の地頭のあいだで和解が設立したのだが、そこには、「今回定めた境界線をこえて荒河の流れが奥山荘をに入ることになったとしても、川そのものの権利は保に属する」ということが明文化されていた。
 同じようなことが瀬波川の権利をめぐっても規定されている。とくにサケの漁は大事なので荘園領がこれを妨げてはいけないというものである。
 荘園制がくずれて郷村制がかたちづくられているときに、どういう変化が村におこってくるのかという研究は最近になってやっと全貌をあらわしたことで、井上がこれを先駆して研究しつつあるころは、ほとんど実情が見えていなかった。井上は粘り強くこの問題にとりくみ、中世の荘園はすべてが不輸不入権をもっているのでもなく、また国司から独立しきっているわけでもないことを証していったのである。
 ここから先は井上がすべてを結論づけたのではなく石井進や網野善彦や田中圭一らが相互に組み立てていったものであるが、結論をいえば、山の民と川の民は交通や運輸の権利をもつにあたっては、小さな共同体をこえて、国司や幕府やときには天皇家に許可をもらって動いていたのではないかというものだ。各地の関所の自由通航権もそのようなトップディシジョンを貰っていたのではないか、そのことを暗示するのが雲上公という貴人の関与を伝承に織りこんでいたことにつながるのではないか。そういうことになったのである。
 すなわち、ここに浮上してきたのは太子信仰や一向宗の変遷という信仰的意匠をもちつつも、中世の山野河川の境界という境界にひそむ山の民と川の民が独自に形成しつつあったネットワークの問題だったということなのだ。

 本書は、井上鋭夫が研究半ばで倒れたあとを、石井進らが惜しんで論文を組み立てて編んだ一冊である。まことにおもしろかった。なるほど、このような論文からこそ、今日はやっと知られるようになった中世社会の実像の一端が掘りおこされたのかという、あたかも推理小説を読みすすむかのような興奮があった。
 いまではおそらく本書に立ち戻らずとも、こうした見解が日本列島全体に及んだうえでどのような解釈のもとに議論したらいいかということが、ずっと手にとりやすくなっているはずである。ぼくが本書を読んだときは、まだそのようなことがわからずに、ワタリやタイシの記号をもとに妄想逞しくして読んだものだった。
 ともかくも境界というものは日本中世史においてはきわめてユニークなものである。たとえば仕切られた空間とちがって道や川や山陵や橋などでは、仕切られた空間でケガレとされることがケガレとはならないという例が多いし、山の民や川の民が劇的に信仰を変えたり権利を所有するということも頻繁におこるようなトポグラフィック・ネットワークなのである。
 それにしても雲上公のような不思議な物語を前にしても、かくも深々とした歴史像が浮かび上がってくるのかとおもうと、地域に根差した研究者の姿に脱帽したくなってくる。

附記¶井上鋭夫は新潟大学と金沢大学を歴任した越後北陸を一貫して研究対象にしていた歴史学者だった。大著『一向一揆の研究』(吉川弘文館)のほか、『謙信と信玄』『本願寺』(至文堂)や『新潟県の歴史』(山川出版社)といった読みやすい本も書いた。しかし、41歳で急逝してしまった井上が一番とりくみたかったのは農民の中世史を深く展開することだったらしい。本書の上梓を推進した石井進は網野善彦と並んでぼくが大好きな歴史学者で、『日本中世国家史の研究』(岩波書店)をはじめ、数々の中世史を解読してみせた傑作がある。同じく本書に解説を寄せた田中圭一は佐渡高校の先生で、鉱山研究の第一人者である。