ほんほん

ひさびさ千夜、古代史番組、湖北めぐり

ほんほん51

◆この一カ月、千夜千冊を書きそこねていた。いくつか理由はあるが、それでノルマがはたせなかったという説明にはならない。階段の昇り降りがへたくそだったとか、散髪がどうにもうまくいかなかったとかいうのに似ている。ずっと前のことだが、急に俳句が詠めなくなったり、人前で話すとなんとも食い違うということがあったりしたが、そういうことに近かったのだろうと思う。ロシアのことを書いて取り戻すことにした。
◆関口宏・吉村武彦と一緒に『一番新しい古代史』という番組をやることになった。BS・TBSの毎週土曜日のお昼から放映される。3チームが次々に用意するフリップ上の古代史クロニクルを関口さんが入念に辿っていくのを、ところどころで吉村さんが解説を加え、ところどころでぼくが勝手なイメージをふくらませるというやりかたで進む。1時間番組だが、30分ほどのリハのあと、本番用をだいたい90分か100分を撮って、それをプロダクション・チームが多少の取捨選択をして、絵やキャプションを付けて仕上げる。おかげで事前に、吉村さんの著書を読むのが仕事になった。これは仁義でもある。さきほどは岩波新書の『聖徳太子』と『女帝の古代日本』を再読した。
◆古代史の本はキリなくある。記紀・風土記・六国史をはじめとする史書をべつにすると、多くは研究者たちのもので、ぼくは研究者ではないからこれまでバラバラに、かつ好きに読んできた。なかにはとんでもない仮説に走ったものも少なくないが、それらにもけっこう目を通した。数えたこともないけれど、500冊や1000冊はとっくに超えているだろう。さあ、それで通史的にはどうまとまったのかというと、まとまるわけがない。とくにぼくは古代史の流れよりも古代観念の渦のありかたに関心があるので、万葉の歌や折口の文章に耽るのが醍醐味になってきたから、その手の読書がそうとう多い。これは通史的にはなりえない。間歇泉のような息吹とのつきあいなのだ。
◆それでもふりかえってみると、やはり内藤湖南・津田左右吉・石母田正・井上光貞・直木孝次郎・西嶋定生・小林敏男というふうに発表順・テーマ別にアタマの中に並べなおして、定番史観を眺めてきたようにも思う。研究じみてつまらないように思われるかもしれないけれど、いろいろ読んでいくと、そうなるのだ。それがまた歴史観の錬磨には有効なのだ。しかし、こういう並べなおし読書だけでは何も飛躍がない。歴史は通史がまとまればそれでおもしろいというわけではなく、『鎌倉殿の13人』ではないけれど、自分なりの人物像やドラマ性もギャップも想定できて、かつ一挙に細部に入り込んだり、巨きく俯瞰もできるようにならなければ、歴史を展いているという実感がもてない。
◆こうして結局は、火焔土器の本、スサノオをめぐる本、司馬遷、三韓や加耶についての本、仏教的言説、貴族の日記、新井白石、頼山陽を読み、松本清張や黒岩重吾や山本七平や安彦良和の『ナジム』(徳間書店)にも目を走らせるということになったのである。日本の古代史、実はまだまだ謎が解けてはない。わかってきたのはせいぜい3割くらいだろう。番組がどのくらい光をあてられるかはわからないけれど、多少はご期待いただきたい。
◆近江ARSのメンバーの用意周到な仕立てのおかげで、久々に湖北をめぐった。長浜・菅浦・大音(おおと)・石道寺(しゃくどうじ)・木之本を訪れた。長浜はわが父松岡太十郎の故郷なのである。いまの体力からすると3日の行程は少しきついのだが、存分な準備とサポートによって、いろいろ深い体感をものすることができた。劈頭に願養寺(松岡家の菩提寺)と梨の木墓地(松岡家の墓)に参ったのが、ぼくに湖北のヌミノーゼを散らしてくれた。
◆湖北は汚れていなかった。50年前の白洲正子の感嘆がほぼ残っていた。雨模様の夕方に近江孤篷庵(禅寺・遠州流)で時を偲んだときに、そのことがしっかり伝わってきた。しかしその一方で湖北が何かに堪えているようにも感じて、そこに多少のお手伝いをしなければと思った。帰って和泉佳奈子にも話したことである。
◆「東洋経済」が「世界激震! 先を知るための読書案内」を特集した。「ウクライナ危機の行方がわかる」と銘打って、橋爪大三郎・岡部芳彦・斎藤幸平・佐藤優・羽場久美子・輿那覇潤・津上俊哉・鶴岡路人といった面々が顔をそろえて危機を乗り越えるための本を推薦しているのだが、かなり知られた本が多く、やや失望した。橋爪・佐藤『世界史の分岐点』(SBクリエイティブ)、ウォルター・シャイテル『暴力と不平等の人類史』(東洋経済新報社)、輿那覇『平成史』(文藝春秋)、田中孝幸『13歳からの地政学』(東洋経済新報社)、六鹿茂夫『黒海地域の国際関係』(名古屋大学出版会)、ヨラム・パゾーニ『ナショナリズムの美徳』(東洋経済新報社)、福嶋亮太『ハロー、ユーラシア』(講談社)、イワン・クラステラ『アフター・ヨーロッパ』(岩波書店)、羽場『ヨーロッパの分断と統合』(中央公論新社)、秋山信将・高橋杉雄『「核の忘却」の終わり』(勁草書房)、橋爪『中国VSアメリカ』(河出書房新社)あたりがお薦めだろうか。ドゥーギンとプーチンの間を埋めるチャールズ・クローヴァーの『ユーラシアニズム』(NHK出版)が入っていないのは、どうしたことか。

> アーカイブ

閉じる

歎異抄

親鸞・唯円

角川文庫 1954

[訳]梅原真隆

 ごく短いものだが、『歎異抄』(歎異鈔)には奥書があり、蓮如が認(したた)めている。「以上に掲げた歎異鈔という聖教は当流大事の聖教なので、宿世の善根もなく仏法に真摯に取り組もうとしていない者には無頓着に拝見させるべきではない」というようなことが書いてある。
 蓮如が慎重になるほどに『歎異抄』が苛烈な内容であると考えられていたこと、それだけにここには親鸞の本懐が述べられているのだから、これを真底大事にしたいという覚悟が伝わってくる。ことほどさように『歎異抄』をどう読むかということは、当初から取沙汰されてきたのである。

 しかし、有名な「善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや」をめぐる悪人浄土の議論をはじめ、『歎異抄』をどう読むかという数々の解釈論争には、今日はぼくは与さない。親鸞自身がそうした解釈論争を嫌ったはずだということもあるが、いまのぼくには久々に『歎異抄』に胡座をかき、渋茶をのみながら向き合うことのほうが嬉しいからである。
 そこでここでは、試みに『歎異抄』の全文をただ要約してみようとおもう。それだけでも充分に、30年ほど前に読んで以来のぼくなりの解釈が行間に滲み出ることになるだろう。
 ちなみに誤解が多いようなので念のため言っておくが、『歎異抄』は親鸞が綴ったものではない。親鸞没後にその教えがしだいに乱れて間違って解釈されているのを、その実情を呆れ嘆いて(すなわち歎異して)、存命中の親鸞自身が実際にはどのように言っていたかを、おそらくは弟子の唯円が編述したものである(唯円かどうかは諸説はあるが)。だから歎異とは、親鸞の歎異ではなく、その法門を継ぐものの歎異なのである。
 では、ぼくの要約。全編がパラドキシカルな表現になっているのを、あえて短絡してみた。周知のように全部で18条があり、それに緒言や総結が付いている。

(緒)昨今を勘案するに、先師の真信が異なって伝わっていることを嘆くばかりだが、われわれは有縁の知識に依らないかぎりは、易行の一門に入ることはできないのだから、ここで生前の親鸞聖人が物語る趣向を伝えたい。
(1)われわれは弥陀の誓願不思議に扶けられ、念仏によって摂取不捨の利益をうける。その弥陀の本願は老少善悪を問うことはない。なぜ善悪さえ問わないか。本願を確信し念仏をすればそれ以上の善根を積み重ねる必要はないからだ。
(2)親鸞が何か本質的なことを隠しているというようなことを邪推する門侶がいるようだが、そんなものはない。また念仏によって浄土に行くか地獄に落ちるかなどということも、私・親鸞はまったく関心をもっていない。善導・法然の教えを守っている念仏無間の者なのである。
(3)世間では、悪人さえ往生できるのだから善人はいうまでもなく往生できると考えているようだが、そうではない。自力作善の善人さえ往生するのだから、まして悪人はなおさら往生できる。なぜなのか。悪人は他力に頼れるからである。悪人こそは本願の正因を宿しているというべきなのだ。
(4)慈悲には聖道門と浄土門の二つがある。聖道門はものをあはれみ、かなしみ、はぐくむものの道で、自力の努力に対する救いだが、なかなか難しい。浄土門は凡夫が願うものだが、かえって自在に救いを頼めるにちがいない。

(5)念仏とは自身でつくったものではなく、すでに与えられたものである。この線に沿って仏果をひらく心をもてば父母孝養の追善にも、その父母の背後の生きとし生けるものにも済度することができるであろう。
(6)親鸞の弟子の「ともがら」には区別はない。そもそも親鸞は弟子をとらない。私の教えに沿って念仏をするものこそが弟子であり、自然(じねん)のことわりというものである。
(7)念仏者は無碍の一道である。
(8)念仏はこれを唱える者からみると非行非善である。念仏は自分のはからいの力ではなく、仏力のあらわれなのである。
(9)救われる手がかりのない者が救われることこそ、真に驚くべきことではあるまいか。この世は苦しく悩ましいものだが、それがわれわれの原郷なのである。また浄土は安楽だといっても、とはいえ浄土を恋しくは思えないものである。しかしわれわれの寿命はいずれは尽きる。このとき急いで浄土へ赴こうとしなかった煩悩具足の者が往生できるということこそ、やはり驚くべきことではあるまいか。
(10)念仏は無義なのだ。

(11)一文不通の念仏による往生を、誓願ゆえの不思議とみるか名号ゆえの不思議とみるかというような区別をすることはない。これらはひとつである。むしろ注目すべきは、名号を唱えるだけの易行ですら、辺地懈慢・疑城胎宮の往生が可能になっているということなのだ。
(12)単に専修念仏を唱えるばかりで経典や釈文を学ぼうとしないのは、あまりに無謀だという見方があるようだが、まことにつまらぬ見方だ。本願というもの、善悪浄穢をもってはいない。
(13)生前、親鸞聖人が「そなたは聖人の言うことを信じるか」といわれたので「はい」と、「親鸞の言うことに違背しないか」といわれたので、また「はい」と言ったところ、「では、人を千人殺してみないか。そうすれば浄土に往生できる」と重ねて問われた。そこで自分(唯円)は「千人はおろか一人も殺せません」と答えたが、聖人は次のように戒めた。どんなことも思う存分できるなら、千人も殺せようし一人も殺せようが、逆に殺さないからといって善意があるからとはかぎらない。殺すまいと思って一人も千人も殺すこともあるはずだ。われわれは、毒を消す薬があるからといって好んで毒を飲んではならないのである、と。
(14)一声の念仏より十声の念仏のほうがそのぶん安心を得られるという計算は、親鸞の教えにはない。念仏の数など親鸞は勧めたことはない。何であれ自身の多少のはからいで何かを得ようとする道には、まだ本来の他力本願の世界観がない。

(15)いったいこの世で煩悩悪障を断ち切って悟るなどということはありえないのではないか。真言の即身成仏、法華の六根清浄のように自己努力によって覚醒できるのはごくごく稀なことで、ほとんどの凡夫にとってはありえないことである。むしろ煩悩具足の身そのままに未来成仏に往生するべきなのである。
(16)ようするに悪業を断ち、廻心懴悔をしなければならないなどという妄想に囚われないことだ。生涯にただ一度の廻心があればよいではないか。
(17)学者ぶって辺地にさまようものがあることを説くのは、親鸞が考えていないことである。むしろ辺地にすら弥陀の方便があると言うべきであろう。
(18)寄進や施物によって証果が変わるなどということはありえない。仏法にかこつけて世間の欲望を煽って同朋を迷わせるのは言語道断である。

 ごくごく集約したが、だいたいはこんなふうなのである。とくに思想的な評釈は加えないことにする。
 ぼくの家は浄土真宗であり、ふつうの家よりはお経を誦んだり、仏壇の前に坐ったり、法事をすることが多かった。そういうことを率先していたのは父だったけれど、その父よりも、毎晩蒲団に入るたびに念仏を唱えていた母が親鸞の弥陀の本願を確信していたように思い出される。

参考¶『歎異抄』のテキスト、現代語訳、解説書、評論はおびただしい数にのぼっている。そこでここでは、浄土真宗改革運動に乗り出した清沢満之が『歎異抄』を精読しつづけたこと、その弟子の暁烏敏、佐々木月樵、曽我量深、金子大栄らが『歎異抄』そのままの人生を送ろうとしたこと、しかしそれらが仏門の中の動向であったのに対して、倉田百三の『出家とその弟子』(岩波文庫)が広く『歎異抄』を世に知らしめたことだけを、記しておくことにする。なおぼくとしては吉本隆明の『最後の親鸞』(春秋社)、中島尚志の『親鸞・悪人の浄土』(三一書房)がおもしろかった、ときがある。