ほんほん

ぼくは「本数寄」なのである

ほんほん54(最終回)

◆慶応義塾大学出版会から「世界を読み解く一冊の本」というシリーズが刊行されている。『旧約聖書』『クルアーン』『三教指帰』『西遊記』『カンタベリー物語』『百科全書』『言海』『伝奇集』『一九八四年』『薔薇の名前』の10冊だ。えっ、たった10冊かよと思うだろうが、その10冊に空海、チョーサー、大槻文彦、エーコが入っているのが絶妙な特色だと思ったほうがいい。ただし原著やその翻訳ではない。それぞれ著者が別にいて、これらを解読している。藤井淳の『三教指帰』を読んだが、なかなかユニークな視点になっていた。
◆千夜千冊では「世界を読み解く一冊」をできるだけ選んできた。これまで書いてきた1800冊の中の300冊から500冊くらいが、そういう本だったと思う。吉本隆明は、本はたいてい自分のかかわりとの関係で読むものだけれど、自分が関心のない本にめぐりあうにはどうすればいいかという問いに対して、それは「書物に含まれている世界」が決めてくれるのだと答えていた。すぐれた本は「書き手が世界をあらわしたくて書いているものだ」というのだ。その通りだろう。
◆ボルヘスは、本は記号の集合体であるけれど、そこに読み手がかかわるとその記号は千変万化に息づいていくと言った。エーコは、本はスプーンやハンマーやハサミ同様に500年前とまったく変わっていない形態のものだけれど、それは「スプーンがあれ以上の形をとれないこと」と同様に、実にすばらしい究極の姿なのであるとみなしていたのだ。
◆たしかに「本」はあの形がいい。四角くて、表紙と裏表紙にページがぎゅっと挟まれて、ちょっと重たげで、本棚に並べると背中が何かを訴えている。これは「物実」(ものざね)もしくは「憑坐」(よりまし)なのだ。
◆ぼくが「本」という形をとったブツにぞっこんになったのは、20代半ばに自分の6畳・3畳のアパートで本棚を手作りしたときあたりからで、そのとき、わずかな蔵書を少しずつカバー自装したせいだった。カバー自装というのは、中身は気にいったのに外見が気にいらない本に適当なカバー材を選んできて、そこにレタリングセットや油性ペンでタイトルなどを付けていったことをいう。物実らしくしておきたかったのだ。これで護法童子が走りまわるようになった。これで「本」と一緒に暮らすようになった。
◆そういうふうになったのは、やっぱり10代に本に夢中になったからで、それがもしギターや算数に夢中になっていたら、別の生き方をしていたのだろうと思う。昆虫学者になっていた可能性もあるし、聴診器や注射器が手放せない診療所に暮らすようになったかもしれない。
◆ぼくは家庭用品や生活用品にからっきし関心がない。自分の部屋にそういうものを揃えたくなかった。もっとはっきり言うと、「生活する」に関心がない。生活は好きな仲間と一緒にいたいという、ただそれだけだ。リラダンとタルホの影響が滲みこんだせいだろう。これがわが生き方だ。だからぼくの日々はいまだにロクな用品に囲まれていない。自動車や電子機器はスタッフに頼っているし、たいていの日々は誰かが介添をしてくれている。つまりは生活オンチなのである。このオンチのせいで生活用品が自分の周辺に不可欠だと思えない。
◆では何が不可欠かというと、それが「本」だった。本が炊飯器で、本が大工道具で、本が食い道楽で、本が旅行で、本が恋愛で、本がうたた寝なのである。そんなことだから、当時から部屋には本だけがふえるだけだったのだ。本以外で大事なのはジャケットとタバコくらい。
◆こんなふうなので、そうとうな読書家ですねえ、さぞかし希覯本や珍本が集まったでしょうねと言われるが、そうなのではない。たしかに読書はするが、たくさんの本を読みたいとは当初から思っていなかった。いまも冊数はカンケーない。「読書するという状態」に、科学や文学や音楽の秘密が隠れていると思っているので、その読書状態をなんとか持続させ拡張させていくための日々をおくることが好きなのだ。だから希覯本はいっさい集めない。文庫本でも十分なのである。
◆もう少し正確に言うと「読むこと」が好きなのだ。もっと正確に言うと「読み」が好きなのだ。さまざまな民族言語による言葉が組み合わさって、それが人麻呂やシェイクスピアやジャン・ジュネやガルシア・マルケスや阿木耀子になってきたということ、その多様性のプロセスと成果を読むことが好きなのだ。
◆これはどちらかといえば、植物や動物の進化を読んでいるのに近い。だから批評したり書評したりするのは、実はほとんど気が向かない。千夜千冊も一度も書評をしようと思って書いてはこなかった。空き番だらけの「本の進化の木」をひとつひとつ埋めているような気分なのだ。
◆ただし、またまた別のことを言うようだが、この文明の流れのなかで、言葉や「読み」が進化してきたなどとは思っていない。人類の思索や表現が進歩してきたとも見ていない。そういう進歩史観はもっていない。むしろ言葉が意味からずれ、何かを隠さざるをえなくなっていく様子や、書くことが「逸脱」をおこしていくのを読むことに、大いなる興味があったのである。
◆つまりは、ぼくの「本好き」は「本数寄」なのである。何かを数寄の状態にしていくための本なのだ。遁世の数寄なのだ。それが70年以上もずうっと続いてきた。千夜千冊はやめられないだろう。また、どこかに本棚を作って進ぜるという仕事も、きっと続くだろう。最近は「本の寺」に関心がある。まったくもって大変なビョーキに罹ったものだ。
◆さて一方、この「ほんほん」コラムはそろそろ「お開き」にしたいと思った。ブックウォッチャーを続けるのもどうかなという気にもなったのだ。別のコラムを始めるかもしれないけれど、どういうものかはわからない。そのときはそのときで、どうぞ御贔屓に。

> アーカイブ

閉じる

天工開物

宋應星

平凡社東洋文庫 1969(原著1637)

[訳]薮内清

 この本は二人の大先輩から勧められた。その二人はあとで知ったのだが、たいへんな親友どうしだった。もう一人、『天工開物』を熱心に説いてくれた人物がいるのだが、その3人目についてはあとで紹介する。

 一人はヨゼフ・ニーダムで、大シリーズ『中国の科学と文明』を著した怪人である。見た目もまるでフランケンシュタインのような大男で、傍らに寄り添っているロー夫人が白雪姫の小人のように見えた。
 ニーダムさんとは2度会って、1度目はぼくがえらそうに道教や山海経やマテオ・リッチの話をしたため、ニーダムさんの話をぞんぶんに聞きそこなった。NIRAが招聘したときのことだったとおもう。2度目、どのように中国の科学技術に入っていったかをちゃんと聞けた。そのなかで、なんといったって『天工開物』だったという話になり、ぜひ読んでごらんなさいと言われた。

 二人目は薮内清さん、本書の翻訳者でもある。
 薮内さんとは少なからぬ縁があった。ぼくが通っていた東京九段高校に大崎正次先生という東洋史の先生がいて、ぼくはこの先生に気にいられた。たんに東洋史に興味をもったということもあるのだが、この先生が都内の高校としては珍しく屋上に天体ドームをもっていた九段高校の天文部の顧問をしていて、何かにつけてお世話になったからだった。ぼくが土星の輪っかを初めて見たのも、このドームでのことだった。
 その大崎先生が東洋天文学の研究者であると知ったのは、京都の薮内清さんに原稿を頼みにいって雑談をしているときである。「ほう、大崎先生とこの生徒さんやったのか。あの人は中国の天文学の権威やで」というのだ。驚いた。野尻抱影よりも権威がいたとは知らなかった。それもぼくが習った先生なのである。
 それから薮内さんとも大崎先生ともしばしば話すようになった。そしてある日、薮内さんから「やっぱり一度は『天工開物』を読むんやな」と言われてしまったのだ。
 薮内清さんがヨゼフ・ニーダムを日本に招いた張本人だと知ったのは、それからしばらくしてのちのことである。そのとき、いまだ『天工開物』にちゃんと目を通していなかったぼくは、内心けっこう焦ったものだ。

 二人の先生には申し訳ないのだが、いまだに『天工開物』を通して読んだことがない。ただ、何度となくページを開き、何度となく図版と解説に首っぴきになった。
 そのうち、宋應星という著者の編集力に惹かれていた。ただの技術百科全書ではない。いろいろ工夫がある。特徴がある。構成は穀類・衣服・染色・調製・製塩という順に始めて、さらに7、8部門の紹介をへて兵器・朱墨・醸造・珠玉というふうに18部におよんで終わっていくのだが、ここには「五穀を貴んで金玉を賤しむ」という方針がある。
 農業技術をトップにおいて、奢侈技術をボトムにおいた。すでに『書経』洪範で「一を食といい、二を貨という」と書いた中国古来の農業重視にもとづいている。
 宋應星が技術百科をたんなる技術百科にしなかったのは、明の世相が空疎な官僚時代であったことに警鐘を鳴らしたかったからである。官僚たちはかなり潤沢な官吏生活をしていながら、その生活資料が生産されていくプロセスをなんら理解していない。
 宋應星はこれに義憤をおぼえた。そのため農業や製塩や鉄鋼などの国の基幹産業をそうとうに特記した。

 従来の方術書や本草書の迷信的記述も排除した。
 宋應星が生きた明末はすでにポルトガルがマカオを中心に交易をしていた時期で、マテオ・リッチも万暦期には徐光啓のサポートによって来朝している。ヨーロッパの科学技術が次々に流れこんでいたわけで、そうした外来技術のエンサイクロペディア『崇禎暦書』も翻訳編纂されていた。
 むろん宋應星はこれらに刺激をうけた。うけたのだが、そこで西欧の科学技術の紹介に走らなかったのである。むしろ自国の技術についての記述を変えようとした。そこが宋應星の自慢だった。
 ただ、ひとつ問題がある。それはこれほどの『天工開物』なのに中国で評判が立たなかったことである。その後の各書への引用も少なかった。これは明末清初という時代の異常も手伝っている。国は"国づくり"に向かえる状態ではなく、"国ほろび"に向かっていたからである。
 そのかわりといってはなんだが、『天工開物』は海を渡って江戸時代の日本を賑わした。そこに17世紀の中国と日本をまたぐ此彼の特質が見えている。これを一言でいえば、当時の明末の"良心"は、『天工開物』や『芥子園画伝』のような書物であれ、朱舜水や隠元のような人物であれ、日本に逃げて実を稔らせたのだ。
 そして実は、『天工開物』をめぐる研究が興味深いのは、日本における影響の変遷が克明に研究されてきたからなのである。

 冒頭に、本書をぼくに勧めた3人目の人物がいると書いた。その3人目とは吉田光邦さんである。吉田さんは『天工開物』の日本における影響の歴史を調査して、先行した三枝博音の研究を引き継いでいた。
 吉田さんは貝原益軒が『大和本草』を著す前に『天工開物』を読んでいることに確信をもっていた。当時のぼくは洋の東西をめぐる博物学の歴史を追っかけていたので、そうした吉田さんの研究をときどき覗かせてもらっていた。そして「日本の技術社会を変えたのは『天工開物』ですよ」と言うのを聞いて、フーンと感心して聞いていた。木村蒹葭堂の名前もそこで知った。蒹葭堂が『天工開物』を所蔵していたのである。
 日本の『天工開物』の歴史は、蒹葭堂がもっていた『天工開物』をもとに翻刻がなされたことをもって嚆矢とする。蒹葭堂の本を明和8年(1771)に大坂の書林菅生堂が訓点と送り仮名をつけて刊行した。これが菅生堂本で、序文を都賀庭鐘が書いている。それによると、蒹葭堂の所蔵本に備前の江田益英が校訂を加えたことになっている。
 この菅生堂本を写真版に撮って研究を始めたのが三枝博音で、それをさらに発展させたのが吉田光邦さんだった。
 『天工開物』には日中をまたぐ編集史がひそんでいる。いや、中国の古典と近世、西欧技術の中国化、それらの日本化という編集史が動いている。ニーダムさん、薮内さん、吉田さんの3人が口々に『天工開物』を称揚したのはそういうことだったのだ。

参考¶大崎正次先生の本は『中国の星座の歴史』(雄山閣)としてまとまっている。ニーダムの『中国の科学と歴史』(思索社)はぼくが20代に買った唯一の東洋科学全集。