ほんほん

ひさびさ千夜、古代史番組、湖北めぐり

ほんほん51

◆この一カ月、千夜千冊を書きそこねていた。いくつか理由はあるが、それでノルマがはたせなかったという説明にはならない。階段の昇り降りがへたくそだったとか、散髪がどうにもうまくいかなかったとかいうのに似ている。ずっと前のことだが、急に俳句が詠めなくなったり、人前で話すとなんとも食い違うということがあったりしたが、そういうことに近かったのだろうと思う。ロシアのことを書いて取り戻すことにした。
◆関口宏・吉村武彦と一緒に『一番新しい古代史』という番組をやることになった。BS・TBSの毎週土曜日のお昼から放映される。3チームが次々に用意するフリップ上の古代史クロニクルを関口さんが入念に辿っていくのを、ところどころで吉村さんが解説を加え、ところどころでぼくが勝手なイメージをふくらませるというやりかたで進む。1時間番組だが、30分ほどのリハのあと、本番用をだいたい90分か100分を撮って、それをプロダクション・チームが多少の取捨選択をして、絵やキャプションを付けて仕上げる。おかげで事前に、吉村さんの著書を読むのが仕事になった。これは仁義でもある。さきほどは岩波新書の『聖徳太子』と『女帝の古代日本』を再読した。
◆古代史の本はキリなくある。記紀・風土記・六国史をはじめとする史書をべつにすると、多くは研究者たちのもので、ぼくは研究者ではないからこれまでバラバラに、かつ好きに読んできた。なかにはとんでもない仮説に走ったものも少なくないが、それらにもけっこう目を通した。数えたこともないけれど、500冊や1000冊はとっくに超えているだろう。さあ、それで通史的にはどうまとまったのかというと、まとまるわけがない。とくにぼくは古代史の流れよりも古代観念の渦のありかたに関心があるので、万葉の歌や折口の文章に耽るのが醍醐味になってきたから、その手の読書がそうとう多い。これは通史的にはなりえない。間歇泉のような息吹とのつきあいなのだ。
◆それでもふりかえってみると、やはり内藤湖南・津田左右吉・石母田正・井上光貞・直木孝次郎・西嶋定生・小林敏男というふうに発表順・テーマ別にアタマの中に並べなおして、定番史観を眺めてきたようにも思う。研究じみてつまらないように思われるかもしれないけれど、いろいろ読んでいくと、そうなるのだ。それがまた歴史観の錬磨には有効なのだ。しかし、こういう並べなおし読書だけでは何も飛躍がない。歴史は通史がまとまればそれでおもしろいというわけではなく、『鎌倉殿の13人』ではないけれど、自分なりの人物像やドラマ性もギャップも想定できて、かつ一挙に細部に入り込んだり、巨きく俯瞰もできるようにならなければ、歴史を展いているという実感がもてない。
◆こうして結局は、火焔土器の本、スサノオをめぐる本、司馬遷、三韓や加耶についての本、仏教的言説、貴族の日記、新井白石、頼山陽を読み、松本清張や黒岩重吾や山本七平や安彦良和の『ナジム』(徳間書店)にも目を走らせるということになったのである。日本の古代史、実はまだまだ謎が解けてはない。わかってきたのはせいぜい3割くらいだろう。番組がどのくらい光をあてられるかはわからないけれど、多少はご期待いただきたい。
◆近江ARSのメンバーの用意周到な仕立てのおかげで、久々に湖北をめぐった。長浜・菅浦・大音(おおと)・石道寺(しゃくどうじ)・木之本を訪れた。長浜はわが父松岡太十郎の故郷なのである。いまの体力からすると3日の行程は少しきついのだが、存分な準備とサポートによって、いろいろ深い体感をものすることができた。劈頭に願養寺(松岡家の菩提寺)と梨の木墓地(松岡家の墓)に参ったのが、ぼくに湖北のヌミノーゼを散らしてくれた。
◆湖北は汚れていなかった。50年前の白洲正子の感嘆がほぼ残っていた。雨模様の夕方に近江孤篷庵(禅寺・遠州流)で時を偲んだときに、そのことがしっかり伝わってきた。しかしその一方で湖北が何かに堪えているようにも感じて、そこに多少のお手伝いをしなければと思った。帰って和泉佳奈子にも話したことである。
◆「東洋経済」が「世界激震! 先を知るための読書案内」を特集した。「ウクライナ危機の行方がわかる」と銘打って、橋爪大三郎・岡部芳彦・斎藤幸平・佐藤優・羽場久美子・輿那覇潤・津上俊哉・鶴岡路人といった面々が顔をそろえて危機を乗り越えるための本を推薦しているのだが、かなり知られた本が多く、やや失望した。橋爪・佐藤『世界史の分岐点』(SBクリエイティブ)、ウォルター・シャイテル『暴力と不平等の人類史』(東洋経済新報社)、輿那覇『平成史』(文藝春秋)、田中孝幸『13歳からの地政学』(東洋経済新報社)、六鹿茂夫『黒海地域の国際関係』(名古屋大学出版会)、ヨラム・パゾーニ『ナショナリズムの美徳』(東洋経済新報社)、福嶋亮太『ハロー、ユーラシア』(講談社)、イワン・クラステラ『アフター・ヨーロッパ』(岩波書店)、羽場『ヨーロッパの分断と統合』(中央公論新社)、秋山信将・高橋杉雄『「核の忘却」の終わり』(勁草書房)、橋爪『中国VSアメリカ』(河出書房新社)あたりがお薦めだろうか。ドゥーギンとプーチンの間を埋めるチャールズ・クローヴァーの『ユーラシアニズム』(NHK出版)が入っていないのは、どうしたことか。

> アーカイブ

閉じる

T.A.Z.

ハキム・ベイ

インパクト出版会 1997

Hakim Bey
The Temporary Autonomous Zone 1985・ 1991
[訳]箕輪裕

 ハキム・ベイは正体をあきらかにしていない。ぼくより年上の某運動思想家のペンネームだが、ハキム・ベイの周辺は本名を言わないことを礼節としたようだ。だから、正体を詮索するのはやめておいたほうがいい。少しヒントを言っておくが(笑)、彼はコロンビア大学出身で中東・インド・ネパールを訪ねたのちにタントリズムとスーフィーを研究し、70年代半ばにイラン王立哲学アカデミー(IIAP)でナスル、井筒俊彦、アンリ・コルバンらと共同研究にかかわっていた(これじゃ、調べがつくね)。
 本書のタイトルは正確には、“T.A.Z. The Temporary Autonomous Zone’Ontological Anarchy’Poetic Terrorism”というもので、訳せば『一時的自律ゾーン、存在学的アナーキー、詩的テロリズム』となる。このタイトルで本書のメッセージは存分に奔出しているだろうが、斯界では「TAZ」で通っているので、以下もそう書くことにする。
 最初からこの本があったわけではなかった。1985年に『カオス:存在論的アナーキズムの宣伝ビラ』というものがニュージャージーのグリム・リーパー・プレスで印刷された。これはすぐに各地で海賊版が出たが、5年後、それとはべつにジャック・ケルアック・スクールなどで『一時的自律ゾーン』が朗読された。これらが1991年に束ねられたのだ。束ねたについては理由がある。

 1987年から1991年にかけてコミュニズムが崩壊し、それとともに二分法的な権力も衰退し、保護貿易的国家は武装解除し、民主主義と労働のトレードオフが挫折してしまったのだ。これが、冷戦の終結とソ連の解体と東欧民主主義の出発とクレオール民族主義の乱打がもたらした結末である。
 その廃墟から登場したのは、勝ち誇った資本の論理とグローバル・ネオリベラリズムと市場のエクスタシーばかりだった。世界はことごとくマクドナルドとディズニーをめざすようになった。現存する通貨の80パーセントが生産物とは無関係になりはじめたのだ。
 ところが、これに文句をつける者たちがからっきし無力だった。ただ「歴史の終わり」とか「戦争機械の復活」とか「フロイトの復讐」を呟くだけだった。そこへサイバー資本主義の暴徒が躍り出て、ハイパー高利貸が図に乗った。
 事態ははっきりしていた。どこに問題があるかは明確だった。それ以前、ハキム・ベイはその問題の所在を予告して、ひたすら反撃の狼煙をあげていたにすぎなかったのだが、ここにきてその戦線をTAZと名付けて、これを束ねたマニフェストにすることにしたのであったろう。それが本書である。そろそろ「知らないふり」や「拒絶のそぶり」だけを見せているのはやめなさいというマニフェストだ。
 束ねるにあたっては、元の原稿が80年代後半の世界を前提にして書かれていたものだったので、リライトする手もあったのだが、それはやめたようだ。時代がもっと悪化しているからといって、インターネットがもっと進化しているからといって、サイバー資本主義の暴徒が狡猾な仮面を被りはじめたからといって、すでに指摘した問題の所在が変わったわけではないだろうからだ。

 本書をいま読みかえすと、正直にいえばイマイチだ。カオス論や量子パラダイムやフラクタルな認識を用いたオントロジカル・アナーキーな11のコミュニケは、もはや瑞々しいメタファーには充ちていないとも感じられる。そのへんの感触はティモシー・リアリーを読む感じと似ている。ラディカル・タオイズムやルートレス・コスモポリタンの掛け声も、充分な内容が伴ってはいない。
 けれども、いくつかのメッセージのなかには、今日なおラディカルな提示力をもつ方法思想が生きている。なかでも最も訴求力をもっているのは、やはり「一時的自律性」という考え方だろう。「自治特区」と見ればいい。すでに第1063夜のオートポイエーシスについての議論や第1029夜のアントニオ・ネグリのアウトノミアの議論でも言及しておいたのだが、自律性はシステムとしての普遍性をそれなりにもっている。しかし、その自律性をどのように発揮するのかといえば、生命体ですらその発揮は生と死のあいだでおこっているのだから、これを社会的に動かそうとすれば、やはり一時的な集約こそが必要になる。
 ハキム・ベイはその発揮の場を「ゾーン」と呼び、「一時的自律ゾーン」の可能性を示そうとした。その運動がTAZである。
 一時的自律ゾーンがどこに出現しうるかということについても、TAZは明確な提案をした。たとえばアート・サボタージュだ。これはときに詩的テロリズムとも呼ばれているようだが、パラノイアと脱構築に代わって、アートが妄想によって利益を求めていることに鉄槌をくだそうとした。いわば「アートを証券取引所にするな」というメッセージである。
 たとえばまた、アフリカとイスラムを重ねてみることだった。有機野菜やダイエットやスローライフにこだわるというのは、いわばニュータイプの21世紀的旧石器感覚を復活したいということであるのだろうが、それならそこにはアフリカの神話も中世イスラムの禁欲主義も交じってこなければならない。そこにイヴァン・イリイチを超える新たな自立共生(コンヴィヴィアリティ)があるとれば、それは太古を最新にするということなのである。

 言ってみれば21世紀とは、「未知の世界」(テラ・インコグニタ)をもたないでスタートを切った最初の世紀なのである。何でもアリの21世紀は「フロンティアを失った世紀」なのである。
 そのような21世紀に向けて、TAZはいくつかの新たな見方を提供していた。ひとつはサイキック・ノマディズムの方法をもっと錬磨しなさいというものだが、これは声高に言うほどには新しくない。サイキはもともとノーマッドなのである。もうひとつは、ネットワーク社会に対するもので、ネットワークのなかに「もうひとつのカウンター・ネットワーク」を作りなさいというものだ。ハキム・ベイはこれを「ウェブ」と名付けたのだが、それはインターネットがウェブと総称されるずっと以前のことだった(TAZがレポートされたときはインターネットなんてなかった)。
 ネットがウェブじゃないかなどと、勘違いしてはいけない。そうではなく、ネットが巨大な漁網であるとするなら、その漁網の網目や破れ目をつかって編まれたものがウェブなのだ。ネットの影がハキム・ベイの言うウェブなのである。

 そもそもTAZは時間と空間に一時的自律ゾーンを構成するシナリオのことであるけれど、このウェブ戦略はなかでも予言的だった。本書ではそこだけ読んでもいいくらいだ。ただし、そのメタファーにジョン・ディーやグスタフ・ランダウアーやガブリエル・ダンヌンツィオなどを持ち出す必要はなかった。そのあたりがハキム・ベイの貧困か、もしくは本気な再魔術力である。
 とはいえ、TAZのウェブ思想にはぼくは基本的に加担する。今日のウェブ社会は、仮にブログがどんなに発達しようとも、ラディカルな戦闘性がこれっぽっちもないからだ。ハキム・ベイの評論集『イミディアティズム』にこんな一節がある。かなり神経政治学めいている。
 ……オントロジック・アナーキーは、われわれが目覚めてその日をつくりたくなることを訴える。……そこが仮に国家の陰の傍らであろうとも、そこから「秩序の夢」と「スペクタクルの痙攣」を生みだしたい。……われわれを鼓舞する有意とは、欲望か、さもなくばシャルル・フーリエの情念だ。そこではカオスとエロスがヘシオドスの神格のようにふるまってくれる。……われわれは常在していてはならない。生成の途上にあるべきだ。だからありうべき統治があるとすれば、それは「愛」もしくは「誘引」なのである。……多くの文明は自身を欺いてきた。われわれは遊牧生活に向かうか、そうでなければ反乱するしかない。
 これがオントロジック・アナーキーの結論だ。

附記¶正体が伏せられたハキム・ベイについては解説することがない。アナキズムとサイバーパンクとイスラム神秘思想に詳しいという程度の情報では説明にもならないだろうが、適当に想像してほしい。
 本書を訳した箕輪裕は町田市立国際版画美術館のメディアアートの学芸員である。粉川哲夫とともに数々のアート活動を展開している。本書も粉川哲夫に促されて訳したようだ。その粉川にははやくからアウトノミア運動についての深い理解を示す著書やエッセイがいくつもある。たとえば『メディアの牢獄』(晶文社)などを読まれるといい。